「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
残念なバラシーズンとそれでも咲く薔薇
f0160480_2154652.jpg

庭で(バラにとって)ほとんど一番良い位置にいるWilliam R.Smith
わたしがしょってたっている、みたいな意気込みが感じられます。
赤みの枝と濃い緑の葉、クリーム色から桃色を帯びた色に変化する花、
強健でほぼマンスリーに咲く優秀なバラです。


今週も雨!なんということでしょう。
それも大雨ですね。
昔若い頃、どの季節に失敗するのが一番悔やまれるか?という
質問に我が友人たちは「やっぱり夏だねぇ。」と答えたものでした。

しかし、わたしは今、まちがいなく今の季節に失敗するのがと
答えるでしょう。
んでも、秋も・・・長雨と短い秋も耐えられない気がします。
やはり秋は清く清々しい空気を思う存分に味わって、
樹木の葉もじらされたあげくほんの数日で色が変わる、その瞬間を大切に待っていたい。
やがてくる長く寒い冬への準備をゆっくりしたいのです。



今期の気候って、、、ないじゃないですか〜!
もちろんまだこれからも咲くけれど〜。
f0160480_21154111.jpg

Cardinal de Richelieu

それでも、こんな雨の中お越し下さった皆様、本当にどうもありがとうございました!

わたし的には良い感じで訪れてくださったので、
ゆっくりお話ができてよかったとおもいます。

明日も雨らしいですが、どうなんでしょうね?
咲季山草軒としましては来週以降の日、月もやっていますので
よかったらおいでください。
まだ見頃のはずですから。
f0160480_21213180.jpg

熊本ファウンド、つるごじゃ
f0160480_2121561.jpg

Devoniensis


f0160480_21233386.jpg

デルフィニウム バイカラークラウド

飛燕草 
青紫と白でバイカラー

しかしなぜクラウド、雲なのかな?

f0160480_21265828.jpg

クレマチス ドクターラッペル
f0160480_21283427.jpg

モンタナ ローズバッド
f0160480_21292978.jpg

Blue for You
優秀なバラですね。


************************

話は変わり、
子どもに「年20ミリシーベルト」撤回を求めるオンライン署名 第2弾

ネットからの署名は簡単です。
福島のこどもたちにはなんの罪もありません。
チェルノブイリの事故後数年経ち、子供たちへの甲状腺ガン、白血病などの被害がひどかったことは報告されています。
今われわれ大人たちが動かなければ、あとでどうなるかわかりません。


それにしても、長崎大教授とやらの山下俊一氏の「福島での講演」はひどかった!
「安心して暮らして大丈夫」とか、「長い先のことはよくわからない、だからあなた方が
ここに住み続けてどうなるかを示してほしい」みたいなことを、人体実験しろみたいなことを
よく言えるとおもいます。
まるで人間の皮をかぶった悪魔としかおもえません。
こういう人をリスク管理アドバイザーとして雇った県の責任って重大です。
でももう、こういう人の話を信じる人ってほとんどいませんよね。
どこでどんなことを言ったかを今では証拠として残せるので、その点ではよいですね。
裁判で訴えても良い話だとおもうのです。
罪深いですよ。
[PR]
by sakillus | 2011-05-29 21:30 | 薔薇 | Trackback | Comments(2)
ケーキ 新作
f0160480_16451011.jpg

バナナのタルト
f0160480_16454420.jpg

キャラメルアップルクランブルというのだそうです。
煮たりんごが中にはいっていて、上の部分がサクサクしています。

娘はこのところ毎日なにかしら焼いています。
このふたつは新作です。
本人としてはまだ改良すべきところありなのだそうですが、
味見をしたわたしとしては、なかなかおいしかったです。
このままいくと太りそうな気配?
まぁ、いいか、バラ友さんからこの間「やせたのでは?」と言われたので。^^:

 ーーーーーーーーーーーー

はい、庭です。
f0160480_16531665.jpg

これも食べ物のような、おいしそうなクレマチス フスカ
やっと開花でした!うれしい♪
ところで、これで満開なのでしょうか?


f0160480_16545372.jpg
f0160480_16551011.jpg

シランがいい感じです。


f0160480_16554256.jpg

ルージュモン
かわいいです。ロマンチックですね。


f0160480_16562784.jpg

エアーシャー・スプレンデンス
これもなんと愛らしいのでしょうか!


f0160480_16582769.jpg
f0160480_16585432.jpg


湖南バラ(左)の葉っぱはとても瑞々しく、
ロサ・パルストリスの赤い枝と若々しい緑の葉が抜群の組み合わせ。

f0160480_1714129.jpg

ゲラニウム X オクソニアヌム' シャーウッド'
初めて見ますが、とても驚きでした!
なんと繊細で愛らしく、不思議な形をしているのでしょうか!
こんなゲラニウム、見たことないです。
f0160480_17646100.jpg

これは親戚?ゲラニウム・オクソニアヌム、それとムラサキ、アサギリソウなど
f0160480_1785528.jpg

水場のカキツバタが涼しげです。
[PR]
by sakillus | 2011-05-27 17:09 | Trackback | Comments(8)
5月は多忙
f0160480_2223050.jpg

Cardinal de Richelieu
やっとほかのバラたちも咲いてきました。


オープンガーデン、前半に来てくださった皆様、どうもありがとうございました!
バラのシーズンって意外と雨にやられますよね?
そういえば去年も、、、
はるばる来てくださる方にはご迷惑をおかけいたしますが、
個人的には雨の庭は好きです。

雨のない日々が続いた今年、
降れば大雨の今年。
なかなか人間のおもうようにはいきませんが、それでも、
地上に、植物に潤いを与えてくれる雨はありがたいものです。

f0160480_22263546.jpg

  Bouquet d'Or
f0160480_2229444.jpg

  
f0160480_22302395.jpg

やはりはっとするほど美しい cl.Mrs Herbert Stevens
f0160480_22314149.jpg

花弁のゆるいバラって好きなんだなぁ Lady Hillingdon

障害物競争をしてゆくようにひとつひとつこなす5月
それも折り返し地点を過ぎ、少しほっとしています。

f0160480_2233639.jpg

  ツリバナ、カイナンサラサドウダン
f0160480_22355950.jpg

  斑入りイワミツバの花が咲きました。
f0160480_22365838.jpg

よくこのライムグリーンの葉のことを聞かれます。
這性のヴェロニカなのですが、正式名称を忘れました。
ヒューケラや、個性的な黄色と赤のオダマキ、アクイレギア・ロンギッシマ

f0160480_22412192.jpg

この写真だとわからないかもしれませんし、
わかってもそうおもう方は少ないかもしれないけれど、
わたしはこのシーンがとても好きです。
サンギナリア・カナデンシスがカイジュウノ耳のような葉を残し、
そこにコリダリス・フレクスオサ ペレデヴィッド を加えました。
もう少しすればツクシカラマツが、
秋にはエゾリンドウが咲きます。
ことし初開花のサイハイラン、手前にはクロユリ、ヒメシャガ、
右にはレンゲショウマ、
すでに眠っているクロッカス、

ひとつの梅のウロとその周辺に共存するものたち!

いろいろなものがそれぞれバランスをもって共存する庭、
すこやかに育てばそれだけで美しいとおもいます。
[PR]
by sakillus | 2011-05-24 22:49 | 植物 | Trackback | Comments(8)
いよいよ明日からオープンガーデン
期日:5/22(日)・23(月)・29(日)・30(月)
時間:a.m10:30~p.m16:00頃(雨天決行)

場所:山梨県上野原市野田尻470−2


f0160480_21404288.jpg

Alister Stella Gray 蕾もいいですね!

明日5月22日からいよいよオープンガーデンの始まりです!
今年は植物の仕事もあり、これまでより少し庭に時間をかけられませんでしたが、
地面をそこそこ植物で埋められてくると、ある意味雑草の出る幕が減るため、
手間はその分減ったようにおもいます。

今は緑も瑞々しく、バラはまだその多くがこれからというところですが、その前の
期待感がある庭もいいものだと自分では満足しています。
f0160480_2146758.jpg

Deuil de Paul Fontaine の蕾って芸術的ですよね!
繊毛から刺が自然に一体化しているというのでしょうか?
寸胴ともいえる少し太めの萼筒から花茎の流れもきわめて個性的。

f0160480_2227710.jpg

赤い花はいわゆるツボサンゴ
ヒューケラ・キャラメル、アリウム・カラタビエンセ、
アルケミラ・モリス など



f0160480_22284379.jpg


 上の画像のすぐ上
アリウム・カラタビエンセ、アルケミラ・モリス 



f0160480_22305863.jpg

Mme.Georges Bruin
f0160480_22313581.jpg

アヤメ、鉢に植えたセントランサス・ルベル コッキネウス
f0160480_22335528.jpg

この家の猫に替わってご挨拶申し上げます。
庭の主人もそれなりにがんばりましたので、
よろしかったらおいでください。
           チロ拝
[PR]
by sakillus | 2011-05-21 21:52 | 庭づくり | Trackback | Comments(4)
オープンガーデンを間近に控えて
・・・焦っております。

現在の状況は、バラはまだあまり咲いていません。
早咲きのバラが格子に揺れています。
晴れていれば刻々とほころんできますが、他のバラたちはまだかたいです。
f0160480_23334695.jpg

f0160480_23331155.jpg

Parks’ Yellow Tea-scented China
今年はとてもいい感じです。
ツリバナの花とのコラボがナイスです。

f0160480_23595290.jpg

これは何に焦点をあてたかったというとエビネです。
どこだかよくわからないかも。中央には白花トリカブトがおわします。
左のチョウジソウもいいですね。
f0160480_031086.jpg

イチハツ、ギリア・カピタータ


  ★ ところで緊急連絡です!

娘がここのところよくケーキなどを焼いています。
それで、急遽オープンガーデンにそれをお出しすることにしました。

名付けて、 Rhino cafe (ライノ カフェ)

f0160480_075948.jpg
f0160480_082273.jpg

f0160480_0271234.jpg

手作りケーキ

   レモンのシフォン
   バナナのシフォン
   ガトーショコラ
   抹茶のパウンドケーキなど‥

月曜日は娘がいるので、コーヒーか紅茶セットをお出しできます。
日曜日は不在なので、ケーキをお買い上げいただき、お飲物は置いておきますので
セルフサービスとさせていただきます。


      
       メニューは日替わりです。



国産小麦粉
てんさい、きびざとう使用

これがなかなかおいしいのです♪
どうぞよろしくおねがいいたしま〜す。
f0160480_0165921.jpg

アネモネ・ムルティフィダ ’ルブラ’・・初開花

f0160480_0193731.jpg
f0160480_0202615.jpg

左はオダマキウッドサイドブルーの実生なのだが、こんな花は初めてです。いい感じです。
右はカラフト八重オダマキ
f0160480_0222896.jpg

はっきりいって緑ばかりなのでした。

  でも、どうぞおいでください!!


そうそう、忘れていました。
現在クレマチスがいい感じです。
f0160480_764561.jpg

アラバスト
f0160480_772099.jpg

華燭の舞
f0160480_7192983.jpg

モンタナ・スノーフレークなのではと。
f0160480_7203231.jpg

カイナンサラサドウダンは明日になればもっと赤くなるかな?
f0160480_7212171.jpg

緑の中の紫ホウチャクソウ、シビレマス。
f0160480_7215120.jpg

アマギシャクナゲも咲いてきました。
f0160480_7222523.jpg

もう一度、Parks'とツリバナ
[PR]
by sakillus | 2011-05-20 00:24 | 庭づくり | Trackback | Comments(4)
たくさんのご来場、ご協力、どうもありがとうございました。
f0160480_68417.jpg

Rosa spinosissima lutea


昨日は「野花 咲き続けてほしい —大地窯から被災地へー」のイベントがありました。思いがけずたくさんの人々が訪れてくださり感謝に堪えません。
どうもありがとうございました。


f0160480_69920.jpg


また、遠方よりつくられた品々を持って参加してくださった方々、演奏をしてくださった方々、本当にどうもありがとうございました。


f0160480_6101646.jpg




それから、被災地からわたしの親友が、これもまたおもいがけず駆けつけてくれました。彼女は前日から我が家に泊まっていたので、この間のことをたくさん話してくれました。


被災地でも道1本を隔ててなんでもないところと言葉にもならない惨状が広がっていること、人々がどうやって耐えてきたか、子供たちはどうしていたか、彼女自身がどうやって暮らしてきたか・・・


その友人は高校1年で同じクラスになったときからのつきあいですが、特別な光をもっていた人でした。自分自身の苦しみはほとんど語らない、でも、その全身から被災した東北の人々がどれだけ耐えてきたかを代弁しているようでした。おもえば、私にはとても大切な友人が宮城県には何人かいるのでした。そのことは自分にとってもなにか象徴的なことのようにおもえました。

f0160480_612394.jpg


今回の多大な損害を、謙虚で粘り強い東北の方々が引き受けてくれたとおもえるのです。であるならば、そのはかりしれない喪失や苦労、努力を、生きているわたしは生かさないといけないとおもいました。

f0160480_6121583.jpg



また、それほどひどかった原発や電力の仕組み、政治、経済、学者のどうしようもなくひどい癒着もこのひどい被害によってあぶり出されました。今後ももっとあぶり出されなければならないとおもいます。


f0160480_616421.jpg




放射能は粒、でも、わたしたちひとりひとりの人間もまた「粒」であるように今回のイベントを通して感じました。


ヴェロニカさんという精神的支柱を核に、しかし、それを支えるまわりの陰の力なしにはこのようなイベントは成立しませんでした。また、おでかけくださった人々の志なくしては。
ネットで、ハンドルネームでしか知らなかった方々との出会い、以前植物苗を買ってくださった方々との出会いも貴重でした。


そのようなひとりひとりのおもいはたしかに「粒」であると感じました。
放射能の粒は利権の粒。どちらも粒でありながら、比較できないほどの違いがあります。

であるならば、祈りによって利権の粒を消さなくてはなりません。と、そうおもいます。
それは簡単ではないかもしれませんが、ものづくり手がひとひとつものをつくりあげてゆくその行程にも似て、かならずや不可能なことではないとおもうのです。
また、この機会を逃してはならないとおもうのです。


f0160480_6174695.jpg




そういう流れで、先日ネットで紹介されていた田中優さんの提案はとてもおもしろく有意義だと感じましたのでここに貼ることにします。
原発やその利権にからむ仕組みにくわしい氏の説明は端的でわかりやすく、また、この国の産業の空洞化も電磁波の危険さも、そして、これからどういう社会が実は可能なのかを説いています。ちょっと長いですがぜひ見ていただきたいとおもっています。




では、ということでいろいろありがとうございましたということでこの報告を終わりにしたいとおもいます。
[PR]
by sakillus | 2011-05-16 06:21 | 自然物 | Trackback | Comments(12)
アブラムシ、雨に消える
バラの状況です。
f0160480_002596.jpg

パークス・イエロー・ティーセンティド・チャイナがようやく咲き始めました。

今年は葉の様子が、色合いや形などそれぞれの特徴がよくわかります。
それはつまり健康に育っていると言っていいのではないでしょうか。
蕾のつき方も含めて、おおむね状態は良いです。
f0160480_03299.jpg

ヨランド・ダラゴン
f0160480_04375.jpg

ジュノー
f0160480_043553.jpg

ベル.イジス
f0160480_05630.jpg

フランソワ・ジュランビル

あぁよかったと実は今は胸を撫で下ろしているのです。笑。
なぜならば、おとといまではけっこう・・・多くのバラでアブラムシにそうとうたかられていたんです。。。
なにも防御していなかったし、どういうわけか、するつもりもなく、、、
そのあとどうなるか見たかったんですね。

毎年蕾がつきはじめるとけっこうアブラムシはやってきます。
時に木酢液などを撒いたりもしていましたが、今年はそれもやる気がなくて・・・

そんなアブラムシまみれの葉が、今朝見ると、ほとんどいません!!
どうやら雨のせいのようです。
いやぁ、ここまで極端に雨に消えるということは体験していなかったので驚きでした。

また晴れたらやってくるのでしょうか?

てんとう虫もやっと成虫になってきました。今年はすくないような気がします。
それって放射能のせい?

ま、とにかく今は状態が良いのでこのまま何事もなく咲いてほしいです。


f0160480_0141363.jpg

サワフタギとそれ越しに見るシャクナゲ‘モーニング・マジック’
f0160480_0152058.jpg

近づいて‘モーニング・マジック’を見る
f0160480_016114.jpg

サワフタギ、満開
幸せな気分になります。
藤もサワフタギも甘くよい香りが充満しています。
虫たちを呼び起こします。
[PR]
by sakillus | 2011-05-13 00:19 | 薔薇 | Trackback | Comments(6)
5月のイベント2 オープンガーデン
f0160480_23331222.jpg

  ラベンダー・ラッシー


  オープンガーデンのお知らせ

去年にひきつづき二度目の開催です。

日に日に新緑の様相は変わってゆき、そのいのちの鼓動を感じる今日この頃です。
人の手によって植えられたものも、植物が望んで生えてきたものも等しく
伸びています。^^;

庭はその主が心地よく過ごせればよいものなのかもしれません。
しかしながら、なにをもって心地よいのかということに少しの呻吟をしてしまう自分がいます。
それはこの庭を手がけてからずっとおもっていることです。
わたしは土地に対するこだわりが強いのだとおもいます。
だから、このくにの心地よさを求めてゆきたい。他の国の心地よさはひとまず
ここでは必要なことではありません。(他の国の心地よさを再現したいとはおもわないということです。)

まず、植物が気持ちよく過ごしているということが大事で、それは適材適所にあるということはもちろんのことですが、それでも植物の適応力、それに助けられることもないわけではありません。
気持ちよく育ってそこにあればそれだけで美しいとおもえます。

ふと想うときがあります。庭なんて落葉樹と少しの常緑樹、適当な下草、バラもちょこっとあってなるべく手をかけなくてもよいような庭があればそれで十分なのではないかと。
それでも、夢中になって雑草を取ったり、何をどこに植えようか、その位置、角度なども微妙なところまで試しながら植えている。いつなんどきどんな変化が訪れたか目を皿のようにして眺めたりと、こういう情熱っていったいなんなのだろうとおもいます。
それは楽しみと言ってしまえばそうなのでしょう。
無心になにかをやれるというのは本当にしあわせなことなのでしょうね。

f0160480_23483815.jpg

   藤


前置きが長くなってしまいました。
オープンガーデンの日時です。

期日:5/22(日)・23(月)・29(日)・30(月)
時間:a.m10:30~p.m16:00頃(雨天決行)

場所:山梨県上野原市野田尻470−2


f0160480_23504468.jpg

f0160480_23511237.jpg

  湖北ヤマシャクヤク(らしき)も咲きましたよ。
  ことしはいっそう株が大きくなり雄大な感じです。
  すばらしいとしか言いようがありません。

どうぞみなさまおいでください!!

なお、まことにもうしわけありませんが、手が足らず、お茶などをお出しすることが
まずできないとおもいます。あしからずです。
山野草の販売もいたします。

f0160480_23552765.jpg

  チロにこづかれて逃げているハナでした〜。

More 場所の詳細はこちら
[PR]
by sakillus | 2011-05-09 23:42 | 庭づくり | Trackback | Comments(8)
心に残る花、そして幸せな風景
お天気はうららか、しかしわたしは毎日あわただしく過ごしています。
気がつけば咲いている花々、瑞々しい木々たちに潤いをいただいています。
いくつもいくつも心に残る花を見やり、季節の循環をおもいます。
山を車で飛ばせば新緑がまぶしい。
大自然の木々はなんとおおらかなのでしょうね。
f0160480_22283373.jpg

糸葉シャクヤク
深いワインレッドの花弁は決して厚くはなく光を透かすと
汚れのない赤、完璧に美しい赤でした。
細葉との抜群のバランスも見事でした。
f0160480_22311056.jpg

カラス葉エゾハナシノブ
この青紫も見事
f0160480_2232934.jpg

斑入りイワミツバの中に埋もれて?
f0160480_22341346.jpg

青ミヤマオダマキ
f0160480_22351694.jpg

イワカガミダマシ
本当に愛らしい花でした。
夏越し難しいかなぁと思っていたのですが、東京の方でもできたとか!
f0160480_22362722.jpg

イカリソウ リシッチェニー×甲斐源平
ベージュ色というのかな、イカリソウにしては大きめの花で
色はリシッチェニーの影響が濃いようです。
f0160480_2238594.jpg

これは甲斐源平
f0160480_2240367.jpg

ミニシャクナゲ レン
明るい黄色が暖かい。


  上をふと見上げると
f0160480_22451653.jpg

ツリバナの花がたくさん、たくさんで、
空の光を受けた姿を見ているだけで幸せな気分になりました。
f0160480_22463026.jpg

f0160480_22491453.jpg

この花は地味な色でありながらなんと愛らしい花なのでしょうね。
f0160480_22502186.jpg

マンサクの清々しさ
f0160480_22511436.jpg

ノムラモミジも
[PR]
by sakillus | 2011-05-07 22:51 | 植物 | Trackback | Comments(2)
 野花 咲き続けてほしい —大地窯から被災地へ—
草木のめまぐるしい生長、こちらの山々はすっかり緑の絨毯になりました。
さて、5月はイベントが2つあります。その1がこれです。
ヴェロニカさんの大地窯森林プロジェクト植樹のお披露目とともに、被災地へなにかできることはないかと考えた結果以下のようなことをすることにいたしました。
近隣、また近隣ではないが関わりのある方々と手作りもの、演奏などの合同イベントをし、
その売り上げの中から一部を被災地に寄付することにいたしました。
f0160480_17382482.jpg

   中国黄花イカリソウ


野花 咲き続けてほしい
—大地窯から被災地へ—

日時:2011年5月15日(日曜日)
会場:大地窯(雨天決行)


震災を経て、
痛んでいる心を
新緑と草花と、土の匂い、虫に向けてみませんか?
大地窯にて、演奏会やチャリティーバザーを行います。
お気軽にご来場下さい。


●チャリティーバザー参加予定者
ヴェロニカ・シュトラッサー(焼き締め湯呑み)
尾崎稔成(ガラス)http://www2.ocn.ne.jp/~noelglas/
越智光彦(写真)
宮崎響子(帽子+ミニヨガ教室)http://fairyhats.exblog.jp/
咲季山草軒(山野草)http://sakisansou.ocnk.net/
能登原秋子(型染め小物)
奈知未佐子(漫画)http://sun.ap.teacup.com/rengemiti/
市川工務店(木工小物)
un fil(手芸)http://tortoicat.petit.cc/
犀の角(手相占い)http://sainotsuno.exblog.jp/

●飲食関係
龍泉寺・養福寺の特製けんちん汁
養福寺お母さまのお菓子

●演奏会参加予定者
佐藤公哉、権頭真由、園田空也・・「表現(hyogen)」
http://sound.jp/hyogen/intro.html
二上みち(笙)http://ameblo.jp/hutakamimichi/
TOSHI(ギター)
あだち麗三郎(ドラム&サックス&ギター)http://www.reisaburo.net/
西井夕紀子「もび」http://unsi.exblog.jp/

※イベントでの収益の一部は、被災地に義援金として寄付いたします。
義援金先につきましては、後ほど報告させていただきます。

_____________________________________________
■演奏会プログラム(演奏時間・・各グループ20分前後、カンパ制)

森の中に、多様なジャンルの若きミュージシャンが集います!

(午前の部)
11:00〜二上みち(笙)
12:00〜表現(hyogen)+西井夕紀子
13:00〜TOSHI(ギターひきがたり)
13:30〜あだち麗三郎(ギターひきがたり)

(午後の部)
14:30〜二上みち(笙)
ー14:46〜黙祷ー
15:00〜表現(hyogen)+西井夕紀子
15:40〜TOSHI(ギターひきがたり)
16:00〜あだち麗三郎(ギターひきがたり)
16:30〜参加者全員による即興演奏!
_____________________________________________
■宮崎響子先生の森のヨガ教室(約30分)

新緑の中、美味しい空気をたくさん吸って、ハタヨガでリフレッシュ!

1回目 11:30〜
2回目 14:00〜
_____________________________________________
■アクセスについて

①送迎車で
JR四方津駅下車、改札を出た付近でお待ち下さい。

※送迎車は予約制ですので、ご利用の方は前日までに下記の大地窯の連絡先に必ずご一報下さい。


○送迎車時刻表(無料・予約制)

四方津駅発→大地窯着
10:40 →11:00         
14:10 →14:30

大地窯発→四方津駅着
13:50 →14:10
17:00 →17:20

②お車で
上野原ICより国道30号線を経由し、15分。
※駐車場は大地窯手前徒歩3分のところにあり。
(「仁王像入口」の看板が目印です。)

③バスで
JR上野原駅下車、北口のバスターミナルより、「不老下行き」にお乗りいただき、終点の「不老下」下車です。
「不老下」から大地窯までは徒歩約15分です。(料金480円)
ただし送迎車と時刻が重なるので、送迎車をおすすめします。

○富士急山梨バス 時刻表
上野原駅発→不老下着
10:39→11:04
13:48→14:13

不老下発→上野原駅着
15:26→15:51
16:25→16:51
17:31→17:57

④タクシーで

JR四方津駅より、乗車時間約15分、料金は2000円ほどです。

_____________________________________________
■大地窯連絡先

住所:山梨県上野原市野田尻1553
電話:0554-66-2829
mail:oochigama@excite.co.jp

c0150665_1015174.jpg

ご来場お待ちしています!

   ★ ご案内DMを送ってほしいと思われる方はコメント欄に鍵コメントでお名前、住所を
お書き下さい。
[PR]
by sakillus | 2011-05-03 17:41 | Trackback | Comments(6)