ROSASOLIS

<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
さようなら キャリエール!
花後に枯れ枝が目立ってはいました。早咲きなので花は5月下旬には終わっていたとすると2ヶ月。
キャリエールは枯れてしまいました。

バラをはじめて初めての年に買った記憶があるので、かれこれ10年以上は経っているわけです。
前の家から移植して持ってきました。主幹は直径5センチほどにもなっていたかもしれません。
これを枯らさずにすむために何ができたろうかと考えます。
主幹の地上部の下の方で思いきり切る。根の周辺の土を替える。
そのぐらいしか浮かびません。

f0160480_2345233.jpg

   2011年5月 満開の頃

長年連れ添ってきたバラの枯死は痛いに決まってはいるけれど、自分でも意外なほど冷静なことがわかります。
それはやはり、今年甚大な被害をもたらした大震災、原発事故のせいかもしれません。恐ろしいほど多くの犠牲者を出したこと、家も仕事も奪われてしまった人々のこと、大地も海も台無しにしたことなどを考えると、わたしのバラの1本は驚くほど軽いものです。

さりとて一つのいのちはいのち。大切であったことは間違いはありません。
しかし、、、なくなったものはかえってはこないし、べつのバラでもいいかなという想いもあります。
これまで何千という花を咲かせて楽しませてくれたこと、軽やかで甘い匂いを運んでくれたこと、さまざまなことに感謝をしています。

マダム・アルフレッド・キャリエールはまちがいなくすばらしいバラです。
ありがとうございました。
そして私が長生きすれば、また出会うこともあるでしょう。
その日までさようなら!

f0160480_2362435.jpg

   同じく2011年5月 
 
 *********************

☆memo


f0160480_2383634.jpg

枯れ込んだキャリエールと左側にはオノリーヌ・ドゥ・ブラバン

f0160480_2310150.jpg

掘り上げた根
少しガンシュはあったがそれだけの理由ではなさそう。
元気な時は深く根を張っていたはずだが、おどろくほど貧相になっていた。
はっきりとした理由はよくわからない。
複合的かも。
ここは軒下で猫などもよく排泄する場所、そんなことも理由のひとつかも。

これまで格子を覆っていたキャリエールがなくなったが風景が寂しいというわけではない。
格子の左翼にはパークスイエローがのしてきている。
この薔薇だけでも、格子全部を覆えるだけの勢いがあるのだ。
このあと植えなくてもいいぐらいだが、でも何か植えよう。


  ******************

はるか Mme Alfred Carrièreへのレクイエム
Anna Maria Jopek " Daleko"





 
[PR]
by sakillus | 2011-07-30 23:24 | 薔薇 | Trackback | Comments(8)
トウモロコシ
畑の草の勢いがすごいです。
なかなか草取りをする時間が取れなくてそのまま放置していましたが、
中からキジが3羽飛び立つのを見たら、やはりキジが姿をくらまし遊んでいる状況はまずいかなと
昨日は草刈りをがんばりました。

畑の収穫はこれまで葉もの、じゃがいも、そして今はトウモロコシです!

f0160480_1953373.jpg

採りたてはなににも増してのごちそうで、プリプリと実がはじけます。
甘みも十分。買ったものではこうはならないのですよね〜。
これさえあればおやつはいらないぐらい、わたしはトウモロコシが大好きです。

草取りで手にまめができてもまぁいいかとおもえます。


f0160480_19574078.jpg

庭ではマツムシソウが咲き始めました。
f0160480_19581781.jpg

やっぱりいいですねぇ。色といい風情といい園芸品種にはない可憐さがあります。


f0160480_19592139.jpg

キタノは桐生砂とツーショット ^^;
[PR]
by sakillus | 2011-07-27 20:01 | | Trackback | Comments(6)
猫騒動の巻 その2
f0160480_2026863.jpg

  ランプのような キレンゲショウマ 
  少し前の開花ですが、これもよいです。
  濃い黄色ではないのですが、こっくりした色です。


キタノ、続きです。

隣の町からうちにきものの仕立てを習いに来ているFさんという方がおりまして、
稽古日にこの件を話したところ、後日彼女から電話がありました。
やはり、どうしてもキタノのことが気になるらしく、隣町で近年できた動物病院に
電話して聞いてくれたようなのです。
その動物病院はとても良い先生で値段的にも良心的なのだとか。

それで、診てみないと何とも言えないが、手術代もそうとうお安くなりそうだということでした!
最初の病院ではン十万だったのが、ン万円まで下がりました。
そのうえ、Fさんも費用の援助を申し出てくれました!
いい人なんです。うるる。おまけに有能なんです。
それ以前にも心あるご一家がおりまして、手術代の援助金を申し出てくれた方々がおりました。
こうなると出し合えばなんとかなる射程距離にはいりました。笑。
キタノはついています。

その「kくん動物病院」に予約して娘に連れて行ってもらうと、
帰宅後の報告後では、さらに良い結果が待っていました。

三つの選択肢があると。
1、大腿部から切ること。
2、足先だけを切ること。
  この先生の見立てでは、足先は完全に死んでいるが、その上の部分は長い時間はかかるが、
  再生できるだろうということでした。
3、なにも切らないで、いずれ足先が落ちるまで待つこと。

どれが良いとは一概にはいえないということでした。
2、3の選択でも、しばらくひどい傷があるので、そこからの感染を気をつけねばなりません。
そして、毎日傷を洗い細胞の再生を促進させる薬をぬり。包帯を取り替えなければなりません。
切ったところと地面などがすれるため、そこからの感染も気をつけねばなりません。

しかし、大部分の足が復活できるかもしれないということはなによりの喜びでした。
まだいろいろな不安材料はあります。
猫エイズや猫白血病の検査もしなければなりません。去勢も。
キタノの行動もつかめないところがあり、行方不明になってしまうこともあります。
でも、うちを頼るしかないという点では安定しているので、お腹がすけば帰ってくるでしょう。

しばらく病院に通わなければなりません。
でも、殺さずに済むこと、生かす方向へ動けたことはとてもうれしくほっとしました。

毛がたくさん生えていた時はまさかとおもっていましたが、キタノはとてもやせていました。
こんなに背骨をごつごつ感じる猫もいませんでした。

キタノは運が良かったとおもいます。
野良猫の日々は過酷で、こういったダメージがあれば、だいたいの猫はまず命を落とすかもしれません。
まわりの人々のおかげで助けることができました。
ありがとうございます。
私ひとりだけだったら状況が違っていたでしょう。
困った猫にいつでも手を差し伸べられるわけではありません。
こういう展開になったキタノにはしっかり生きてもらいたいものだとおもいます!
f0160480_20573714.jpg

  包帯をまかれたキタノ君。
  わたしはときどき名前がこんがらがって「タカオ」と呼んでしまう時もあります。
  う〜ん、ローカルな話題だぁ。

f0160480_2102169.jpg

  蓮 蜀紅蓮 が咲きました。
  今年の蓮は再生の印と感じました。




  
[PR]
by sakillus | 2011-07-23 21:06 | 動物 | Trackback | Comments(12)
猫騒動の巻 その1
f0160480_19255215.jpg

  キタノ 今年の5月

この猫は去年の夏ぐらいでしょうか、うちに時々やってきては、彼の「春」を
朗々と詠っていました。
毛並みは良いしかわいい顔をしているので、飼われているか、もしくは、かつては
飼われていたのが、メス猫を追いかけて放浪してしまったのかと思っていました。

うちにはメス猫が数匹いるのでしばしばやってきていました。
それで人間は「また来たの〜?」とよく言っていたので、
名前は勝手に「キタノ」と命名。

   *****************

しかして皆様、ここからは心してお読みください。(おおげさ)

今から約10日ほど前、毛並みも荒れたキタノとおぼしき猫が、
いや、毛並みどころか、様子がおかしい!
キタノは右後ろ足がおかしい!!
なにかひものようなもの、よく見ると畑で使うネットがぐるぐるに巻き付いた状態で
すっかり血行を妨げていました。毛も抜けうみが出ています。
ここにくるまでおそらくしばらく動けなかったのでしょう。
すでに足先は黒くなっていて死んでいる状態でした。
わたしも相当なショックを受け、何でそうなったかを考えたり、
とにかく餌をあげました。
とてもお腹がすいているようですぐに平らげました。

そのとき思いました。そうか、キタノは飼い猫ではなかったのだ・・・
わたしはひもをほどこうとしたかったのですが、なにしろ容易ではありませんでした。
それに、野良猫だとすると噛み付くことを想定しなければなりません。
わたしはかつて、それでかなりひどい経験をしたことがあります。

そうこうしているうちにキタノはどこかへ行ってしまいました。
でも、またきっと来るとおもいました。

その日は日曜日だったので、かかりつけの動物病院はお休みです。
餌を食べに来てはどこかへ行くという日々が2、3日続きました。
やっと病院の営業時間内に捕まえることができ、娘に連れて行ってもらうと、
帰ってからの返事は暗澹たるおもいにさせられるものでした。

断足するか、(これはかなり高い費用でした)・・・今後もかなりつらいので
安楽死という方法もありますよと。

天を仰ぐというのでしょうね。なんで、なんで、そんな・・・
その費用は出せませんし、もし、なんらかの手を打って出せたとしても、
それは釣り合わないようにおもえました。
次に生まれてくる時はきっと飼われるといいね、などと輪廻のことを考えたり・・・
とにかくどよ〜んと暗い気持ちでしたが、
すぐさま安楽死というのもどうかと思いました。
足先はだめだとしても、なんとか腐敗がとまってくれれば!
しばらく様子を見ることにしました。
f0160480_19515924.jpg

  植えた覚えのないところで咲くヤマユリ
  
 つづく
[PR]
by sakillus | 2011-07-21 19:54 | 動物 | Trackback | Comments(6)
最近の作業
薔薇のシーズンはあれだけ降った雨も梅雨があがるや一滴も降りません。
夏にある夕立のありがたみをつくづく感じます。

鉢はもとより、地植えでも植えて間もないものや、紫陽花などは油断ができません。
ふとみると「危ないところだった」状態のものが少なくありません。

水によって生育が促されるこの国の植物はときに水なしでは生きられず、
水のありがたみを、植物はもちろん、それを育てている人間もしみじみ感じます。
f0160480_19361330.jpg

  Le Vesuve この時期でもよく蕾を付けています。
f0160480_19374624.jpg

  Baronne Henriette de Snoy

庭は鬱蒼としてきているので、いらないものを抜いたり切ったりいろいろしていますが、
鬱蒼とした様は相変わらず。
この時期でも丈夫なものは抜いて株分けをしたりしています。

  ☆ようやくわかったこと。
北側の一部分はモンパ病が出るので、大事にしていた木が枯れたのは(何がとは言いたくない)
そのせいとわかりました。
まったく魔のゾーンです。
ヨーグルトのなにか発酵させたもの(推測)が効くというので、
嫌気性ぼかし肥料を所々に入れました。
うちの嫌気性ぼかし肥料はヨーグルト(乳酸菌)を元ダネにしているので。

f0160480_19482738.jpg

   クレマチス ビクター・ヒューゴ   椿を駆け上って
   これはいい色
f0160480_19494678.jpg

   大好きなシキンカラマツ


f0160480_19503975.jpg
f0160480_19511735.jpg


ヒトツバショウマは涼しげ、タコツボッティは葉に隠れないように
日向に置いたのだけれど、、、暑いだろうね。

f0160480_19525819.jpg

   Spirit of Freedom  夏の日差しを受けて


人間(私以外)も猫も体調を崩しています。
どうぞ皆様もご自愛ください。
[PR]
by sakillus | 2011-07-17 19:56 | 植物 | Trackback | Comments(8)
カシス
生まれでてくる子どもは、親を選んでくるということを言う人もいる。
私自身はそのような感覚はまったくないが、わたしの子どもは「選んで来た。」と言う。
娘は赤ちゃんの頃からある年齢の頃まで天真爛漫であまり手もかからなかった。
その明るさはずいぶんと私を救ってくれた。

お腹が大きかった頃は、どういう子が生まれるのだろうと想像してみたりしていた。

今から1ヶ月以上も前のことだが、とある若い女性が訪ねて来た。
我が娘はある頃から突然手相を観られるようになった。
まったく勉強をしたわけではなかったのだが、なんとなく感じるようになったのだという。
それは別人が観ているようだと言う。
少し前から知人だけではなく広く観るようになり、とある縁でその女性は遠方からお越し下さったのだった。

彼女はとても喜んでくれて、娘にとってもいろいろな方の人生を知ることは学びにつながり
よかったと言っていた。

その女性は、そのときうちで売っていたブラックカラント、別名カシスを記念にと言って買っていった。

話は戻り、彼女を見て、どういうわけかこの人が私の子どもであっても不思議ではないなとおもった。そう思うなにか近しさのようなものがあった。しかし現実は実際の娘が子どもである必要があった、のだろうか?
偶然と必然という話はややこしい。口論になることもあるのだが、どちらかというとわたしは、やはり必然に軍配を上げる。
f0160480_21485184.jpg



カシスは生食ではクセがあり向かないということだが、わたしはかなり好きだ。
これを見るといつもその女性のことを思い出す。
カシスと彼女は少し似ている。

そんな不思議なことがあった日。庭が一年で最もにぎやかだった頃。
[PR]
by sakillus | 2011-07-15 21:50 | 人物 | Trackback | Comments(6)
「国家の罠」を興味深く読む
f0160480_22454741.jpg

   夏椿



当時テレビでは「ムネオハウス」が連呼されていた。
鈴木宗男氏はビジュアル的には得しているタイプではないと思う。
声も高い方で、否定したり弁解する姿は氏の無実を素直に信じるには値しないように見えた。
私も含め日本国民は皆彼を疑い揶揄していたとおもう。

佐藤優著「国家の罠—外務省のラスプーチンと呼ばれて」は、そのいわゆる「鈴木宗男事件」で、佐藤氏自らも起訴され有罪となったわけだが、そのとき何が行われていたかを克明に記している。

国家は鈴木宗男氏をはめるために、佐藤氏については、鈴木宗男議員の手足となりロシア外交を進めていたがために落とされなければならなかった。そして、背任と偽計業務妨害の容疑により逮捕されたのだった。
かくして512日間に及ぶ拘置期間中の検事とのやり取り、心の動き、裁判の方向付け、なぜ鈴木氏および自分が「国策捜査」の罠にはめられたかの思索などが書かれている。

精神的、肉体的なタフネス、おそるべき記憶力、知への渇望は驚くばかりだが、なにより、寝返ることなく否認し続けたこと、鈴木氏を裏切らなかったことに、安堵を覚えた。

「国策捜査」は最初から有罪が決まっていることだ。
国家は、「ターゲット」を逮捕しマスコミによりクロと宣伝してもらえば、まず第一の目的は達せられる。被疑者ははじめから負けは明らかなのだが、寝返って自分の非を認めたふりをし反省したふりをすれば、むしろこれからの人生は生きやすくなるし、早くシャバに出られる。でも、彼はそれをしなかった。

佐藤氏は「国益」(北方領土4島の返還と2000年までにロシアと平和条約を締結させること)のためにロシアとの外交をしていたわけだが、自分が有罪と認めれば、外交の歴史事実が曲げられてしまう。また、鈴木宗男氏に対する裏切りも許すことはできなかった。

この本を読んで強く思ったことは、人には「信じられる人」と「信じられない人」がいるということだった。
寝返った人を一概に批判はできないとしても、人は将来の生きやすさのため、家族のため、金のためなどいろいろなことを守るために妥協する、嘘をつく、濁りを持つ。
「信じられる人」は多くはないかもしれない。それは誠を持っているかどうかと同じとおもう。

佐藤氏の不幸中の幸いは、担当検事の西村氏が誠を持っていた人だったということで、お互い立場上は敵なのであるが、信頼関係が芽生え大きくなっていったこと。検事は時として被疑者に惚れることがあるというが、西村氏も佐藤氏に対し似たような感覚をもっていたのではないか?
また、読んでいて心地よかったことは、佐藤氏の他人に対するまなざしがどの職業、立場の人であっても平等に見られる人であるということ。拘置所職員に対してや、確定死刑囚に対しても。

とある確定死刑囚、本来名前を知ることはないはずなのだが、たまたま知ってしまったその名は(それは隣の独房に入れられている人だったのだが、)30年以上前、自衛隊と銃撃戦をかわし世間を騒然とさせたたリーダー格の人だった。その人は囚人からも拘置所職員からも一目置かれているということで、その人のありさまはなかなか清々しいものだった。

f0160480_2248391.jpg

   水場を内側から見て


「国策捜査」ははじめから有罪と決まっていること、と言えば最近重なるのは、原発の「ストレステスト」やらで、これは原発推進の人からも反対の人からも疑問視の声が上がっているのだが、テストをする人たちも、これまで推進してきた人々であること、コンピューターのシュミレーションにすぎないこと、だから、いずれクリアーすることが予測できることなどから、(だからはじめから無罪?)多少時間は延びるとしても、再稼働にゴーサインが出るのはまちがいないかもしれない。

この期に及んで、わたしはお金のためにまだ推進しようとする人々の気が知れない。
もしも、それほどお金が大事なら、だとしても、原発でなくてもよいはずだ。
あらたな自然エネルギーでも不可能ではないだろう。
既得権益にしがみつく頭が硬直している人々だ。そして、「信じられない人々」だ。
[PR]
by sakillus | 2011-07-12 22:52 | Trackback | Comments(0)
栂池自然園 3
花の中では今回一番強烈な印象を抱いたキヌガサソウ
f0160480_2301662.jpg

群生していました。
水につかっているのではなく、
シラネアオイと同じように半日陰で斜面のところに。
でも、かなり水を含んでいるでしょう。
f0160480_2324579.jpg

花数は少なかったけれど、たいへん清楚なムラサキヤシオ
これも見たかったのです。

ムラサキヤシオ:Rhododendron Albrechtii


さて!この景色は知らなかったです。
自然園の中で一番奥まったところに「展望湿原」なるものがありました。
そこにたどりつくと、
f0160480_23115492.jpg

おぉ〜!!これはすごい!
目の前に広がるのは白馬岳の大雪渓
なかなか写真だと迫力が伝わらないかもしれませんが、
皆、感嘆の声をあげます。
f0160480_23143641.jpg

前日まで連日雨が降っていたせいもあり、山から蒸気がもうもうと立っています。
f0160480_23161612.jpg

それらが雲になり流れてゆきます。

帰宅後、この大雪渓にも歩くルートがあることが判明。

私「娘よ、なぜかうちにはアイゼンが二つもあるのよ。」
娘「危ないって〜。雪崩とかあるよ〜。」
私「危ないとわかっていても進むのが登山よ。」
娘「遺書書かなきゃならないじゃない〜。」
私「我が人生に悔いなし。」
娘「あるよ〜。」
私「わたしも〜。」

てなわけで大雪渓は行かないでしょう。

展望湿原は、
f0160480_2324321.jpg

f0160480_23245825.jpg

f0160480_23263183.jpg

イワイチョウの群生
葉がおもしろいですね。水辺の葉をしています。

f0160480_23265987.jpg

イワイチョウの花

イワイチョウ:Fauria crista-galli ssp. japonica


展望湿原をあとに道を戻ります。

やや、この花はもしかして!?
f0160480_23324996.jpg

チングルマではないですか〜!
感激。これも見たかったのです。
f0160480_23334259.jpg

チングルマ 群生 かわいい〜
なぜか木道の脇にたくさん生えていました。

チングルマ:Geum pentapetalum
学名、ゲウムなんだぁ・・・なるほど、ダイコンソウ属なんだね。
f0160480_23371145.jpg



今回ここを訪れたのは第一に単純に見たい植物があったから。
第二は、高山植物を育てることを念頭に入れて、
それをどうすれば可能にすることができるかを考えるにあたり、
とにかく自生地を見ないことには話にならないかなとおもったからです。

湿地でも、流れる水であることから、停滞したところではよくないだろうこと、
斜面の方がよいかもしれないこと。ロックガーデンなどのように。
鉢栽培の方が低地では無難かもしれないこと。
水のやり方注意。
と、つぶやいてみました。


長らく見てくださってどうもありがとうございました。^^。
[PR]
by sakillus | 2011-07-09 23:43 | 自然物 | Trackback | Comments(10)
栂池自然園 2
栂池自然園

データ
白馬乗鞍岳の東南山脈に位置する。
標高:1860~2020m
広さ:約100ha

高層湿原とは、分解されず堆積した泥炭や枯れた植物などが、周囲よりも高くなったため、
地下水の供給を受けず、雨水のみで維持されるようになった湿原のこと。


f0160480_2248883.jpg

山にはまだ所々雪が残っています。
雪解け水と雨水が滝となって落ちているのがわかります。

栂池の積雪は6mを超えると言われているそうで、それが完全に解けるのが例年6月なのだそうです。
その頃、雪解け水と雨水によって育っている、ような植物たちが目を覚まします。
f0160480_2322062.jpg

ここから先は山道
登山靴でなければ危険です。
7月に雪の上を歩くことになるとは!

f0160480_22534499.jpg

これも見たかった植物
エンレイソウ
なんと、ここのエンレイソウは白花ではなくて黒花!
渋いです。

エンレイソウ:Trillium smallii

葉を大きく四方に広げている植物が多いですね。

f0160480_2257344.jpg


ベニバナイチゴ

これは落葉低木です。
色合いが素敵です。

ベニバナイチゴ:Rubus vernus
f0160480_225919100.jpg

ムシカリもいました。
あまり大きく育ってはいません。
我が家にあったムシカリの方がずっと大きかったのに・・・

ムシカリ:Viburnum furcatum
f0160480_231528.jpg

後ろを振り返るとビジターセンターが見えます。

f0160480_235661.jpg

ミツバオウレン

ミツバオウレン:Coptis trifolia
f0160480_2353440.jpg


f0160480_2363237.jpg

f0160480_237273.jpg

シナノキンバイが明るく愛らしい

シナノキンバイ:Trollius riederianus var. japonicus
f0160480_2374948.jpg

ズダヤクシュをここで見るとは!
けっこう暗いところに生えていました。

ズダヤクシュ:Tiarella polyphylla
f0160480_23113842.jpg

f0160480_231407.jpg

イワカガミ
これもあちこちにありました。
鮮やかな色がよく目立ちます。

イワカガミ:Schizocodon soldanelloides

f0160480_2395760.jpg

f0160480_23101624.jpg

ひっそりとしているモウセン池

もうちょっとつづく
[PR]
by sakillus | 2011-07-07 21:40 | 自然物 | Trackback | Comments(2)
栂池自然園 1
どうしても自生地で見たい植物がありました。

当初予定していた場所は上高地辺りの土砂崩れで通行止めになり、
急遽ほかの場所を探すことに。
候補地は見つかったものの、なかなかぐずついた天気続き、仕事の都合で行けませんでした。
それと今回は娘と行く予定で、二人の行ける日が限られていてそれもなかなか決行できない理由でした。

が、行ってきましたよ〜。
栂池自然園です。
長野県小谷村にありますが、新潟、富山との県境の辺りでもあります。
f0160480_23592725.jpg

見える山は小蓮華岳
f0160480_02195.jpg

一帯は湿原になっており、木道がよく整備されています。
しばらくはアップダウンのない楽な道が続きます。
f0160480_04613.jpg

一面のリュウキンカ

リュウキンカ:Caltha palustris var. nipponica
f0160480_044058.jpg

ミズバショウがまだあちらこちらに群生していました。
本当に清い水の中で育っています。

ミズバショウ:Lysichiton camtschatcense
f0160480_053282.jpg

コバイケイソウの葉はよくできています。

コバイケイソウ:Veratrum stamineum
f0160480_0681.jpg

見たかった花、その1
シラネアオイです。
笹の葉の根元など、半日陰のところに生えていました。
斜面などに。

シラネアオイ:Glaucidium palmatum
f0160480_075018.jpg

見たかった花、その2
キヌガサソウです。
葉が本当に大きくかっこよく花もとても美しいです!
美人だぁ・・・

キヌガサソウ:Paris japonica
f0160480_092245.jpg

見たかった花、その3
サンカヨウの開き始め
ユニークでしょ?
f0160480_0101248.jpg

そしてその花
これもいいなぁ

サンカヨウ:Diphylleia grayi

葉の感触が皆似ています。
やわらかいんです。
f0160480_0113174.jpg

ダケカンバ
風雪に遭って斜めに生えています。
ここの樹木はみなまっすぐに育つことはできません。
深い雪に覆われるのでしょうね。
f0160480_013854.jpg

ダケカンバの樹肌はすべらかでとても気持ちいいです。

ダケカンバ;Betula ermanii
f0160480_0162357.jpg


f0160480_0322125.jpg

オオシラビソこそ栂
今年は数年に一度の花が咲く年なのだそうです。

オオシラビソ:Abies mariesi


   つづく
[PR]
by sakillus | 2011-07-07 00:17 | 自然物 | Trackback | Comments(4)