「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
夏の庭
f0160480_0285237.jpg


この夏も鬱蒼とした?草木のおかげで、なにもないところより2、3度温度が低く保たれた
我が庭でした。
この夏は酷暑と冷夏が繰り返し襲いました。酷暑続きの去年よりはいくらかましだったものの、
ついこの間も室内で34度とうちでは珍しい高温をマークしました。
その暑さもどうやらピークを越え、かすかに聞こえるスズムシの音がほんの少し秋の到来を運んでいます。

夏の庭仕事は暑さに加えて蚊の大群がやる気をそがせます。それに加えて忙しさがあるので
どうしても滞りがちになり、庭は荒れ気味になってしまいます。
地に生える草を抜くことよりも、生い茂ったボリュームを減らすことにエネルギーを使います。
思いがけないところから生えてしまっている木を切ったり、つる性のものにまたつる性のものが絡み付く様は恐ろしいものがあります。
夏にさっぱりとした庭を維持するにはもっと植物の分量を減らして暑さや蚊に耐え苦行のように
維持するしかありません。しかし、それは無理というもの。
夏に涼やかな庭でもそのうち見学に行こうとよく思ったものでした。

f0160480_0442555.jpg

トトロのようなホウキグサがまた今年も生えてきました。^^。
今は本当に花がありません。
が、それはそれでかまいません。
すこし葉焼けをおこしたクサソテツなどは新たな葉が出ようとしています。
少しずつ手を入れていると、ボリューム的にピークだった頃より減って来てすこし安堵します。
夕方は伐採した枝などを燃やしたりして・・・庭仕事は本当に体力がいりますね。

f0160480_0524978.jpg

かろうじて咲いているヤブランの花が涼しげです。


ところで、ここ何日かわたしはちょっと憂鬱気味です。
本当に大事な技術や人物は大きな力によって潰される。そのことを深く考えさせられます。

わたしの心の師は現在の人間のことを「さなぎになる前の五齢の幼虫」に喩え、蝶になってくださいとよく言われていたと最近知りました。
蝶は卵から孵ったあと、一齢から五齢の時を過ごし、さなぎになり最後に成虫になり一生を終えます。
自分の幼さを思っても、また、上にたつ人々の欲にかられて大切なことをぽっかりと落としている
様などを見ますと、本当に人間はまだまだの存在なのだなぁとおもいます。

人間というものがこの地上に生まれて、進化しているのか退化しているのかわからなくなります。
この先はるか先に人間は今の形をしていないかもしれない、いろいろな環境が、このたびの放射能漏れなども影響するかもしれない、などと思ったりします。

ずっと先のことは知り得ないとしても、私は自分の一生という短い時間の中で進化してゆきたい。そう強く思います。
恥ずかしさがあり、なかなか言えなかったこともこの間の中で今でははっきり言えるようになりました。
何に対して誠実でありたいかといえば、わたしは地球に対して、亡き師に対して、そして、自分に対して誠実でありたいと思います。
[PR]
by sakillus | 2011-08-25 01:09 | 庭づくり | Trackback | Comments(4)
ハナ三態とキタノ続報
8/21 追記  現在「動物取扱業の適正化」について、環境省がパブリックコメント(国民の意見)を募集しています。
関心のある方はぜひご覧になってご意見をお寄せください。期限は8/27日までです。

動物を「商品」としてしかみない悪質な業者が横行しています。
【良心に従って】が効かない人々には法や条例によって規制するしか現状ではありません。
よろしくお願いいたします。

 One Action for Animals


f0160480_19143991.jpg

Lucifer
ルシファー:「光を運ぶ」という意味
lux:光
〜fer:運ぶ

f0160480_19174284.jpg

Gabriel  (画像が暗い)
英語ではガブリエル、ヘブライ語ではガヴリーエール
「神のことばを伝える天使」の意味だが、ここではガブリツクこともアリエルのほうが近い

f0160480_19212115.jpg

石の上にも3年
「辛抱強くこうやって3年もやっていればかわいさゆえに人心を掌握できる」ということわざ


   ***************

キタノは「ギンちゃん」に改名しました。

少し前にめでたくFさんの家にもらわれていったキタノ君は名前も「ギンちゃん」に変わり、
ひきつづき回復に努めてもらっています。

足のほうはうちにいた時点でほとんど枯れて取れそうだったのが、病院で先生に見せたら
はさみでちょきんと切っていただきました。
その後は足の手術はすることなく、足先の処置のみで、あと去勢手術をしました。
いろいろ検査も受け、猫エイズのみ弱妖精陽性だということですが、
精密検査まではすることはないだろうということでしませんでした。
猫エイズのウィルスは感染は血液だということでかみつくなどのことがなければ
それほど恐れることはないということです。

問題もまだないわけではなく、抗生物質の影響か排泄に難があるのですが、
なんとかクリアーしてくれればいいなぁと願うばかりです。

いろいろとご心配や励ましのお言葉どうもありがとうございました!

ps.私の風邪はその後予想外に悪化し、ここ3、4日寝たり起きたりの日々を過ごしておりました。
やっと今日になり復活しました。
ちょっと仙台で食べ過ぎ気味だったので、あまり食べられなくてちょうど良かったです。
(負け惜しみか〜)
皆様もどうぞお気をつけて〜。
[PR]
by sakillus | 2011-08-19 19:39 | Trackback | Comments(4)
青軸レンゲショウマ
f0160480_15164340.jpg

青軸レンゲショウマ


f0160480_15201989.jpg


通常のレンゲショウマの軸(茎)が泥軸と呼ばれる茶色なのに対して、
軸の部分も緑〜青〜なのを青軸レンゲショウマと言います。希少種です。
花は通常のレンゲショウマよりほんの少し淡くていっそう幻想的な感じがします。

花茎は長くすっと伸び全体の姿が端正です。
暑さの続くこの時期にひんやりと一服の清涼剤ですね。


f0160480_15225466.jpg

f0160480_15231591.jpg

カリガネソウ
去年地植えしたものが今年はすごく丈高くなってしまいました。
雁が飛んでいるような姿ということで、趣のある花ですね。
上に伸びているのはアンテナみたいですね。

f0160480_15252599.jpg

シュウカイドウも立派になりました。

f0160480_15255174.jpg

ウィンドラッシュ
初期のERです。夏のウィンドラッシュもいいですね!


f0160480_15264657.jpg


☆蓮情報  本日の朝の様子です。
あと3〜5日で咲くかなぁ・・・?


   ‥‥‥‥‥‥‥‥

ここ何日か喉がいたく咳も出、背中もだるいのでなんだかなぁとおもっていましたが、
それを風邪と認識するまで時間がかかりました。^^;
普段めったに風邪を引かないもので。
基礎体力はあるほうなので大事に至らないように保てています。
健康ってありがたいですね。


   ‥‥‥‥‥‥‥‥

私は、日本のTPP参加に反対しています。これを締結したら本当にいろいろ危険です。
管首相は当初これに参加するつもりでしたが、震災、事故で先送りしていました。
次の首相候補の野田氏はこれに参加したい模様。原発現状維持。
国民に人気の高いと言われる前原氏は絶対米追従、服従。
どうしてこういう人しかいないのでしょうか。危険でいやな感じです。
[PR]
by sakillus | 2011-08-15 15:31 | 植物 | Trackback | Comments(4)
仙台へ
先日、毎年恒例となっている仙台への墓参りに行ってきました。

墓、大丈夫なのか?一応お寺に前もって電話したところ、ひどいところの家には電話したというので、
実家にはなかったということで、一応大丈夫だったのだろうということにして・・・

で、現地は、大丈夫でした。ほっ。一応お父さんにもお願いしといたけん。^^。
ここは青葉城の隠し砦だったから地盤は強いと姉語る。

それで、話は変わり、その日は仙台七夕だった。忘れていた。
仙台は旧暦でやるので1ヶ月遅いのだった。
f0160480_18193188.jpg

前準備もたいへんだったろうとおもう。
正直なところ、これまでこのお祭りはそれほどそそられなかったが、
今年の七夕飾りは気合いが入っているとおもう。

f0160480_18215659.jpg


ぶれてしまったのでたいへん残念だが、この飾りは一番下にたくさんの学校の名前が書かれてある。
たくさんの生徒たちが祈りを込めて折った折り鶴なのだ。
銀一色の鶴が厳かである。





それから、自分ではなにもできないけれど、かつて幾度かは遊びに行ったところだから
見ておこうとおもっていた。閖上の浜の辺りを。

海に近づくにつれどきどきしてくる。
だいぶ離れたところにも船が乗り上げ横倒しになっているところもあり一瞬目を疑ったが、
それが今では日常の姿なのだ。
カメラを使う気にはほとんどなれなかった。
かつて、それぞれの家でそれぞれの営みがあった所は、そのほとんどがかたずけられ
大地がむきだしになっていた。
新興住宅地が、区画割りが済んでさてこれから家を、という真っ白な状態と似て非なる
重い更地である。

f0160480_18334734.jpg

二枚だけ撮った写真

f0160480_18343411.jpg

あまりにも美しい夕日だったから。
空から射し込む光はそれでも普通に、もしくは奇跡のように
現実をさらすのだね。
[PR]
by sakillus | 2011-08-11 18:41 | 自然物 | Trackback | Comments(4)
藍の巾着
f0160480_08076.jpg

先日うちにおいでくださったすみごんさんから、
こんな素敵な藍染めの糸で編んだ巾着と
いろいろ使えるネックレス状のものをいただきました。
巾着は透明なビーズが涼しげです。

藍は一年中使えますが、夏こそ涼しげでいいですね。

さっそくこの間お伴させましたよ。


 ☆すみごんさんの手仕事は厳選された材料をもとにいろいろ工夫され、手間をおしまずつくられます。
 「un fil」をよかったら覗いてみてくださいね。女心をくすぐりますよ〜。
[PR]
by sakillus | 2011-08-11 00:28 | 創作物 | Trackback | Comments(0)
夏草
ここのところすっきりとした晴れ間はありませんが、
かえって気温は低めで楽ですし、ざぁっと雨が降るので水やりの手間が省け助かります。

と、雷がきました。
雷、嫌いではありません。

f0160480_12501259.jpg

レンゲショウマ
暗いところで咲いていると涼やかでなおかつ灯りがぽっとともったよう。

半日陰よりはもう少し暗めのところが無難です。
性質は強いですが、夏の強い光にあたると葉焼けをおこします。

f0160480_12532046.jpg

ヤナギラン
2年前に行った池の平湿原にたくさん生えていたので、庭で見たかったのです。

これも性質は強健。自生地よりも背高になってしまいました。

f0160480_12581660.jpg

夏のトクサは涼しげですね。カキツバタと。

f0160480_12585328.jpg

去年までは白のエキナセアがあったのだけれど、、、?
これなんですか?貧相なルドベキアみたい。先祖帰りしちゃったのかな?

f0160480_1305374.jpg
う〜ん、これはなんだったかな?
場所的にはヒメイトシャジンがあったところなのだけれど、、、
ちょっと葉が細くないなぁ・・・


f0160480_1323265.jpg

定番のキキョウ



f0160480_1332387.jpg

サギソウ 銀河
すごい造形ですね、よくできています。

f0160480_1354920.jpg

カラマツソウ デラバイ
シキンカラマツに似ていますが、ひとつの花ではシキンカラマツのほうがきれい、
こちらは数で勝負。

f0160480_1374258.jpg

ホスタ ブルーカデット

   *******************


庭について、わたしは視覚的に惹かれることもありますが、それと同時に、もしかすると
それ以上にそのものの けはい、とか情緒に惹かれます。
ビジュアル的に追い求めるのは嫌いなんです。色とか形とか。
特別追い求めなくてもそんなこと、自然にあれとこれは良いなとかまずいなとか
おもうのではないでしょうか?

日本人は本来ものの奥に潜むものを感じて来た民族だとおもいます。
そのようなDNAを捨ててはいけないとおもうし、少なくともわたしは捨てたくありません。
[PR]
by sakillus | 2011-08-06 13:08 | 植物 | Trackback | Comments(8)
f0160480_20523669.jpg

  よりそう
  蜀紅蓮(左)と淀姫蓮


今年もこの時期に蓮が咲いていたことにとても救われました。

キタノがどうなるかわからなかったこと、
キャリエールが一気に枯れ込んだことなど、
無常という言葉が頭をよぎりながらも、
いや、終わりは始まりのはじまり、また生まれるのだと、再生できるのだと
おもえました。


f0160480_214156.jpg

  クリスタルビューティ 1日目
f0160480_205709.jpg

  クリスタルビューティ 2日目
f0160480_20574426.jpg

  クリスタルビューティ 3日目



この蓮はまだ下の方に蕾あります。
[PR]
by sakillus | 2011-08-02 21:04 | 植物 | Trackback | Comments(0)