ROSASOLIS

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
にしだみき作陶展
f0160480_2134525.jpg


2011年 10月5日(水)〜23日(日)

わたしのバラ友さんのクミンさんが運営されています、ギャラリー楓さん
にしだみきさんの陶芸展が催されます。


にしだみきさんはこれまで主に人形をつくってこられましたが、今回は人形のほかに
植木鉢をつくりました!

実はこの間、わたくしめと鉢をつくる際にどんなものにしようか、
あれこれ打ち合わせをし、試作をし、このような運びとなりました。

わたしも鉢の植え込みはそれほど経験があるわけではないので不安もありましたが、
とにかく少ない知識もつたない技術も総動員して事に当たってきました。

今回のことは、当然のことながらひとりではできないことで、
にしださんにとってもわたしにとっても小さな?冒険だったとおもいますが、
若く躍動的なにしださんに触発されることも多く、また、その素直で明るい人柄に
応援されながら、胸の高鳴るおもしろい経験でした。

このようなコラボを企画してくださったギャラリー楓さんには感謝感謝です!

f0160480_2159321.jpg


ここで、にしだみきさんの「ごあいさつ」です。

   この一年、咲季山草軒の矢崎さんと色々とやりとりをしながら植物を植え込む鉢を作り、
   山野草が植え込まれた鉢と陶人形を組み合わせた写真を何パターンか撮影していただいて、
   これまで屋外の展示の際に人形たちがどうしてあんなに居心地が良さそうだったのか、
   その理由が少しわかりました。
   矢崎さんが植え込んでくれた鉢は、まるでちいさな地球のようで、そのそばにいる人形は、
   「自然と人間」は対立して向き合うものではなく、自然という大きな恵みの中で生かされて
   いる住人のひとりなんだ、ということを視覚的に私に思い起こさせてくれました。
   成形の作業は、私自身の意思というよりも、陶土を触れているうちに見えてきた形の輪郭を
   少しずつはっきりとさせていくというようなことが多く、まるで土自身に意思があるような
   感覚になるのですが、それも、土自身が、自然の一部としての私という人間に働きかけて
   いるのだなぁと考えると、そう不思議なことではないのかもしれません。
    私にとっての「ものづくり」は、そうした気付きを作品を通して表現すること、また今回の
   ような出会いによって自分自身を成長させることであり、それをそのまま自分の生きかたと
   してこれからも積み重ねていきたいと思います。

   今回の楓企画展でたくさんのインスピレーションを与えてくださった矢崎さんに感謝です。
                                     にしだみき


わたしのあいさつです。

   「土の出会い」

   この度ギャラリー楓さんのご縁で、新進気鋭の若き陶芸作家、にしだみきさんとコラボレ
   ーションする機会を得ました。にしださんの造る陶人形は明るく動きがあり、ひそやかな息づ
   かいさえ聞こえてきそうです。こだわりのない造形は不思議な生きものを産み、天衣無縫と
   いう言葉がぴったりです。
   今回にしださんは植物のために小さな家をつくってくれました。そこに植物を住まわせるた
   めに、わたしはケト土という普段はほとんど使わない土を部分的に使いました。ケト土は粘
   性が強くさらにこねる作業をすると、実際には見たことのない、にしださんの粘度を形にす
   る作業がよぎりました。陶芸も植物も土なしには存在できない、そんなあたりまえのことを
   あらためて感じます。そして、にしださんの勢いある作業を思い浮かべ、それと呼応できる
   ように植え込みたいと思ったのでした。
                                 咲季山草軒 矢崎恵子


f0160480_2202589.jpg


にしださんの人形は、植物とともにあると、まるで人形が植物を欲していたかのように
いっそういきいきとしているのがわかります。


展示会場のギャラリー楓さんは熊本なのです。
九州の方、もちろんそれ以外の方もぜひぜひお出かけくださ〜い!
[PR]
by sakillus | 2011-09-28 18:12 | 創作物 | Trackback | Comments(2)
吹掛け花ツリフネソウ
おしゃれな感じさえする、とても興味深い花を咲かせる吹掛け花ツリフネソウは、
今年で2年目の開花です。

花後の種を触ると、ぷつんとはじけ種がいっせいに飛びます。
その種はなかなか発芽率がよろしく、多数お出ましになりました。
大きくなるとかなり腕を横に広げるので、半分以上抜いてしまいました。

今年は軸の赤いものも現れて、見るからに濃い花が期待できそうな予感。
それは案の定濃い花でした。

まず通常の吹掛け花

f0160480_13231416.jpg


そして、赤軸は、
f0160480_13243315.jpg


おぉ、これもナイスですね。

f0160480_1324532.jpg

これはミツバチが飛行しています。
この袋状の中に次々入ってはせっせと蜜を手に入れています。


赤つながりで、
f0160480_13263935.jpg

赤花オケラでした。
これもユニークですね。
[PR]
by sakillus | 2011-09-26 13:28 | 植物 | Trackback | Comments(4)
荒れた庭をなんとかしたい
f0160480_23143690.jpg

  イワカガミダマシは思ったよりも強かった。早池峰ウスユキソウも多少バッタに食われましたが
  健闘しています。


初秋らしからぬ猛暑や台風など、ここしばらく庭に手を入れられなかった日が続くと、
やるせないほど荒れてきて、落ち着かなくなります。
ちょっと前にはジューンベリーはモンクロシャチホコとおぼしき虫にあれよあれよという間に葉を食べられ、なんとか脚立に乗り、申しわけないけれど捕殺してはみたものの、
半分以上は葉がなくなってしまいました。
来年の花及び実に影響があるでしょうか?がくっ。

丈の伸びるものは草姿が乱れたりなどして見苦しくなりがちです。
ある程度間引いて態勢を保つなどしていますが、、、来年度への反省として
もっと早い時期での切り戻しも検討したいもの。

バラは、地植えのものはこんなものかなぁとおもいますが、鉢ものは
ちょっと葉が少ないですね〜。こんなとき全部地植えにしてしまいたい欲求が生まれます。


f0160480_2317276.jpg

庭では食用になるものも適当にあります。
蕗はもともと生えていたもので、取れども取れども繁殖力がすごく、
そっちのほうが勝っています。もっとも春から初夏にかけて3〜4回は収穫して
料理しますから、家計のお助けにもなります。
その他、シソや茗荷はこれも毎年出てきます。
茗荷の繁殖力も恐ろしいほどで、翌年には5倍ぐらいにふえるのではないでしょうか?
これも何度も収穫していただきました。
わたしは薄くスライスして塩と赤梅酢をかけたものが好きです。
麺類にもよく合います。
シソも今日は葉と実を収穫してそれぞれ適当に保存食にしました。

いずれも鑑賞用としては悪くもないという程度ですが、以前、蕗が一番いいですね、なんて
嫌みとも本気ともとれる(きっと本気で思っていた)ことを言われたこともありましたが、
まぁ、蕗の大きな葉っぱはわるくもありません。

庭にちょっとした食用ものがあると余裕ができますよね?なんとなくね。
畑は畑でありますが、こっちはなんといっても草取りがたいへん!
来年は借りている畑、2枚のところ1枚に減らしま〜す。

f0160480_2329319.jpg

水場ではヨメナとミズヒキがいい感じです。
左の木はカイナンサラサドウダンツツジ
[PR]
by sakillus | 2011-09-23 23:32 | 庭づくり | Trackback | Comments(0)
台風と9、11と安全保障
今回の台風15号は足が早く、東海、関東に上陸して後、今は太平洋に抜けた模様です。
皆様の地方は被害はありませんでしたか?

うちではほとんど大丈夫でしたが、フランソワ・ジュランビルの大きな竹の支柱が倒れました。笑。

f0160480_2255847.jpg


これはこの6月の様子。
一番花がにぎやかだった頃です。
雨量がかさみ地面が緩んでしまったのでしょうね。
それになにしろ重かったと!

直すのもやっかいだぁと思いながらも、
ほとんど動じていない自分がいます。

きっと3、11以降、わたしは変わってしまったのでしょうね。


f0160480_22593616.jpg

これは姫ツキミソウ
かわいいですね。


   **************

ところで話は変わり、皆様はあの9、11がテロ攻撃ではなく、
アメリカ政府、CIAの内部犯行だということをご存知ですか?

今日は直接的にそれではないのだけれど、それにも深く関する
ある女性、山崎淑子さんのインタビューをご紹介したいと思います。
全部でVol.21まであってとても長いのですが、9、11に関する一つの証言と、
その後山崎さんが不当にも冤罪をかけられ、どうしてなのか理由もほとんわからないまま、
アメリカの拘置所に勾留されたということ、
たいへんな身体的、知的弾圧を受け、体も死にかけながら、でも、屈しなかったこと、
その姿にわたしは打たれました。

山崎淑子さんのインタビューです。
でも、とても長いので、はしょって重要と思われるところをお話しますとね、
2001年、その9.11があったとき、彼女はツインタワーの隣のビルに
事務所を借りる契約を結んだ直後でした。
それで、実際事故のあった時はそのビルの様子も見える自宅周辺にいたのですけれど、
事故後借りる予定のビルに通うため、倒壊したビルの様子も見ているわけです。

それで、あたふたと砕かれた残骸がかたづけられたり(証拠隠滅)、地下に向けて何日も
放水されていたこと(核爆発説を唱える人もいます)、事故直後にテレビの放送で「これはテロだ。」と断言されていたこと、
事故直後すぐさま、愛国的というのか、対テロのほうへ雰囲気づくりがマスコミを通して
準備されていたことなどがまず語られています。

その後一時日本に一時帰国した時に、突然不条理にも山崎さんはアメリカ政府によって
逮捕、拘留されてしまうのですけれど、どういう罪状なのかもわからない。
それはしばらくしてわかったところによると、アメリカには「共謀罪」という
恐ろしい法律があって、もちろん彼女は無実なのですが、誰かが「山崎さんと共謀した」と
言えば、そのことによってのみでも罪を着せられてしまうというものなんです。

なぜ、そのようなことに巻き込まれたということを私が推測すると、一つは9、11を実際に体験してそのおかしさを見てしまっていることと、もうひとつ、
彼女は日本に帰って来た時に、講演会で、真実なのだけれど言ったら危ないことを言ってしまったのです。
(このインタビューはVOL.9)


それはつまり、米の公式発表では、9、11がコミュニケーションミスでペンタゴンさえ攻撃されてしまうほど大ボケだったこと、(実際には攻撃されていない)
もしくは公式発表が嘘だとして、テロが起きることを知りつつ、
それを許してしまったのかもしれないということ。

どっちにしても、日本は米軍が日本に駐留していることと、米の核の傘下にあって他国の攻撃が
仮にあったとしても、守ってくれるだろうと思っているけれど、そんなことはない、
自国で9、11の時でさえ守れなかったのだから、日本だって守れない、もしくはそれを許したほうがなんらかの利益があるかもしれないということで、守らない、というひな形ができてしまっていると。

それを防衛省が聞きつけてこれはヤバいと思ったのではないでしょうか。
実際ある報道の方から、それを言っては命の保証が・・・的なことを言われるのです。

それで、不条理な冤罪、彼女はそれを「拉致」と呼びますが、のべ1年9ヶ月(かな?)ほどの
とても過酷な勾留と服役を経て、ほとんど死にそうな状態で九死に一生を得て、
今は自分の罪をはらす活動をされているようです。
その不屈の精神にうたれましたねぇ・・・

この報告(岩上安身さん、さすがのインタビューです)を見ると、日本がどれだけ米に支配されてるかの一端が見て取れます。
日本は戦後米に占領され、それは今でもより強固に水面下でしっかりと占領されているのだなぁとおもいます。

それに、日本の政府のやることは日本を弱体化させるようなことばかり!
原発はやはり必要と言ってみたり、円高対策と称して、結局はアメリカ国債を買う。
この間も4、5兆円で、またきっと買うのでしょうね。
これって貸した金返ってきませんから。貢いでいるだけなのね。
ほとんど財政破綻している米はTPPを迫ってくるけれど、自由貿易と言っても
向こうは買う気はないですからね。これに参加するなんて笑止千万です。

政治には絶望することのほうが多いですが、おもうに政治家も生身の人間。
思ってはいてもできないこと、言えないこともあるでしょう。
国民の我々がもっと現実を知り、地に足をつけて強くなって、
政治家にまっとうなことをしてもらうように援護射撃をするような気でなければいけないのではない
かなぁと思う今日この頃です。

それと、9、11関連ではアーロンルッソ氏のインタビューも必見です。
映画監督です。氏はこのインタビューの半年後に亡くなられています。
「ある友の9、11事前予告」

f0160480_017419.jpg

やっぱりすばらしいサワフタギ
[PR]
by sakillus | 2011-09-21 23:03 | 人物 | Trackback | Comments(2)
「My GARDEN」 秋号
f0160480_6421067.jpg


9月16日発売の秋号、いよいよといいましょうか、なんと!といいましょうか、
我が庭が載ります!
それも一挙8ページ!

取材は去年の11月でした。紅葉の一番の頃にピンポイントで撮りたいということで、はらはらしたことが昨日のことのように思い出されます。
もちろん雑誌の取材は初めてでしたし、準備にかけられる時間も限られていました。
なによりこの庭をつくり始めて年月がそれほど経っていなかったので、
これで良いのだろうかという不安はもちろんありましたが、体当たり勝負。笑。

おもしろかったのは編集者のSさんが、この庭をつくった人はどういう人なのかということに興味を持ってくださって、わたしも植物に関わる自分史を、大袈裟かもしれませんが振り返りました。

内容は見ていただくとして、これまでこのブログでもほとんど触れなかったことにも切り込んでいます。
ドキドキの仕事場、わたしの手織りのきもの、これはある人々へのレクイエムの意味を込めたもので、また、自分でテーマこそ決めたものの、ほとんど即興で織った二度とできないしろものでした。

取材をしてくださったSさんは、わたしの変遷やバラをはじめ植物への気持ち、
庭づくりのことなどを聞き取りとてもコンパクトながらよくまとめてくださいました。

また、写真家のFさんは瞬時にあれもこれもお撮りになるので、こちらもはらはらしましたが、
それがまた、雑誌の取材に対する自分の予想以上のおもしろさへとつながったようにおもいます。
おふたりともハンターのようですよね。

また、バラやほかの植物のための土づくりのこともどうぞご覧になってください。
なにはともあれ感慨深いものがありよい記念になりました。
ありがとうございました。

いっしょに掲載されている皆様ご存知のkajinyさんこと梶浦さんの土づくりの秘訣もわかりやすく解説されていて、暮らしぶりにも迫っています。
HISAKOさんこと鵜飼さんの「ローズガーデンカレンダー」も、バラを本当に愛するHISAKOさんのやさしく細やかな視点で書かれていて、情報も満載、ためになります。

f0160480_1115561.jpg

Lady Mary Fitzwilliam 9月13日

f0160480_1134839.jpg

スカビオサ ‘デビルスビッド’
f0160480_11552100.jpg

キスジギボウシ
f0160480_6465921.jpg

白花トリカブト
毒草で知られるトリカブトですが、花は本当に美しい
なにゆえにそんなに毒を持つのでしょうね?
f0160480_1162220.jpg

秋明菊
f0160480_117195.jpg

cl.Clotild Soupert
とても丈夫でまったく病気になりません。
粉粧楼とは大違いですね。
[PR]
by sakillus | 2011-09-16 01:04 | 掲載・本 | Trackback | Comments(14)
頭の中では
f0160480_033281.jpg

この淡いピンクの花、どこから種がきたのでしょうか?
ツルボでしょうね?
今もまだ花が少ないので、一点わずかな華やぎがあってうれしいような。

この辺りではシダの類いが胞子でずいぶん子どもを増やしました。
クサソテツやクジャクシダ、
クジャクシダは夏の間も他の木々などに囲まれて葉焼けを逃れました。
自然につくられるこんな風景がいいなぁと感じます。

一方で、庭づくりの単純な作法は邪魔なものを排除するということだとおもうのですが、
みるからに鬱蒼としていながら、どうにも手を出せずにいるところがあります。

我が家はよう壁で囲まれ、それの一番高いところは7、84、5mはあるでしょうか、そんなところです。その上を頑丈なフェンスが立てられ、安全が確保されています。
そのフェンスの外側にススキや、どうして生えたのだというようなカエデ、
サンショウ、あるとあらゆるつる性植物!

これらなんとかしたい! のに、なかなかできません。
フェンスの外側は足の踏み場は狭く、なにより危ない。
内側も、密集しているしフェンスが邪魔なので手が届きにくいときています。

頭の中ではフェンスの外側からバシバシ切っている図を描くのですが・・・
登山のようにウエストにロープ巻いてカラビナでフェンスにくくりつけるか?とか、、、
でも、落ちた時のマイナスを考えるとそんなこともできないし、
だいたいそんなことを考えること自体どうなのよって・・・

あぁ、わたしは鳥人間になりたい!


f0160480_0521613.jpg

サワフタギは本当にすばらしい状態になりました!
樹全体の姿をお見せできなくて残念です。笑。
[PR]
by sakillus | 2011-09-11 00:52 | 庭づくり | Trackback | Comments(4)
佐藤福島県知事はリコールさせるべきでは?
f0160480_0294258.jpg

これは花も実もあるサワフタギの実ですが、
今日の話は花も実もないひどい話・・・


福島県がなぜ山下俊一なる危険きわまりない人物を福島県放射線健康リスク管理アドバイザーに起用したのか解せなかったのですが、県知事である佐藤雄平という人物は一蓮托生、こちらもひどい人物でした。

年間の許容被曝量を20ミリシーベルトまでひきあげるという文部科学省の暴挙の裏には、この佐藤県知事の要請があったというのだから驚きですし怒り心頭です。さらには県民の内部被爆量をはかるホウルボディカウンターを受けさせないよう病院に(県外も含めて)指示したというのだから、怒りを越えてやるせないです。この人物、山下氏とともに県民みな人体実験にするつもりでしょうか?

佐藤雄平氏が県知事に当選したのは2006年、前の知事の佐藤栄佐久氏が「収賄」という罪をねつ造されたがために辞職せざるをえなくなったことによってでした。都合の悪い人間が潰されるということはよくある話で、佐藤栄佐久氏はまさに、「参院2期を経て、知事に就任2年目の事故で、原発が抱える根源的問題を直観、原発や原子力行政を学び、その在り方に批判的になっていった」がために潰されたのでした。

名字がおなじなので混同しないようにしたいものですが、佐藤雄平氏は叔父である渡辺恒三氏の力を得て県知事に当選しました。渡辺恒三氏は民主党の最高顧問でもあり、地下式原子力発電所政策推進議員連盟の顧問でもあります。この重大な事故の後でも原発を推進するという冷酷で罪深い人物です。

これ以上この人たちの暴挙を許さないためにも福島県民は佐藤知事をリコールさせるべきではないでしょうか?また、県民以外のわたしたちも怒りをあげてよいのではないでしょうか?
原発事故ではっきりしたのは、国家とは暴力装置で、国民の幸せよりももっと守りたいものがあるということ、マスコミは真実を伝えないということなどです。

ソース元:カレイドスコープ 2011.9.02
なお、この中で「福島のお父さん」と言われている学者武田邦彦氏については、わたしは良い仕事をして来たのではないかとおもっていますが。
[PR]
by sakillus | 2011-09-08 00:33 | 人物 | Trackback | Comments(4)
剪定できず
f0160480_19135073.jpg

ヒメシャラはどの枝もたわわに実をつけている。
強光は得意ではないようで、たくさんの実をつけて大丈夫だろうかとおもう。
でも、なんとかなっている。


バラの枝を剪定というのか少し刺激を与えたく切りたいのだが、(すべてのバラというわけではなく)
なかなかタイミングが合わずにいる。
忙しさをあまり口にしたくないのだが、やはり忙しかった。
それと大雨続きでこう雨では切り口も心配だ。

秋の花に向けて、いつ頃咲かせたいというわけではなく、(狙ってもできたためしなし)
少し切ったほうが新陳代謝が進む。
月はこれからどんどん丸くなるのに。

自分流をめざしてはいない。
勘を働かせることが大事とおもっている。
勘が働く時にはカミが宿る。
カミを宿らせるためには心身ともに素直に。
方向を持って。


f0160480_1920190.jpg

このひとはいつでも素直だ
[PR]
by sakillus | 2011-09-04 19:20 | 薔薇 | Trackback | Comments(4)
いただきます
f0160480_17143714.jpg

はい、いただきます。

福島県産の幸水(確かそうだったと思う)梨です。

年齢がそれなりに嵩んでくると細胞分裂がそれほど活発ではなくなり、
放射能に対する感受性が鈍くなるというので、わたしひとりいただきます。
娘は別県産のものを。

もっともわたしはチベット体操をしているので(していなくてもか?)細胞分裂は
年齢にしてはわりと活発かとおもいます。
でも、福島の方には本当に申し訳ないという気持ちで.....
いただきます。

上弦の月みたいでなんだかいいですね?
[PR]
by sakillus | 2011-09-03 17:20 | 植物 | Trackback | Comments(4)
1/60兆
f0160480_19121196.jpg

アオハダの赤い実


若かった頃は「アイデンティティ」という言葉がその辺にうようよ漂っていた。
「わたしがわたしであるところのもの」を確立しなければいけないと焦り、
半ば強迫観念にまでいたるようになり、逆にその観念が自分をがんじがらめにし、
萎縮させていたようにおもう。
かくして、わたしの10代後半から20代はけっこう重かった。

それから30を過ぎてあるものとの出会いがあり、私は徐々にその観念から解放されるようになった。
今ではアイデンティティや自我など、それがどうした?という程度のものにすぎないと思っている。
わたしとあなたが違うことは当然だ。それをわざわざ言わなくたっていいのだ。

そんなことよりも生きてゆくうえで大切なことは、自分の役割を感じることだとおもう。
それは考えただけでわかることではないし、実践の中で得ていくものだとおもう。
そして自問自答し修正する。それは言葉で、「わたしはこれをするために生まれてきた。」
とはっきり言えることではないようにおもう。
曖昧かもしれないが、曖昧な中に確かなものがあるのだ。

人間の体は60兆個の細胞でできているのだそうだが、
ある細胞は神経となり、あるものは心臓の一部を担う。またあるものは足の筋肉かもしれない。

役割ということでいえば、わたしはそういう1個の細胞として生きたいと願っているし、
そう生きてゆくつもりだ。
人類という中のひとりの人間として。

地球上にどれだけの生き物が存在しているのか全くわからないが、
その中のひとつの生きものとして。
[PR]
by sakillus | 2011-09-02 19:26 | 自然物 | Trackback | Comments(2)