ROSASOLIS

<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
春の気配
今しかできないことだから多少の無理は承知でやる。
体がそれなりに丈夫で良かったです。^^。

気がつけばもうすでに2月も終わろうとしています。
予定では終わっているはずのバラの剪定もまだ途中で
確定申告も放棄したいきもちで、、、
若干焦りを感じています。


夕べは途中からみぞれになり
まだ寒さは終わってくれないことを教えてくれるのですが、
庭を歩けばほらそこに福寿草が陽を浴びてぱぁっと咲いていたり、
あぁ、いつのまに・・・
マンサクの花が咲いていました。
f0160480_2324338.jpg

この花を短冊に切った知恵はどこにあるのでしょう?


今日は忙中閑あり、
久々の面々と会い、まるでひなびた露天風呂で
静かにゆったりと話をしているように時が流れました。

誰も彼も変わってはいないけれど、春はそれぞれの道をあらたに歩く、
のですね。


さて、みぞれと朝日を受けた
手に入れたばかりのヘレボルス
f0160480_23301225.jpg

やっぱりよかったなぁ・・・


あと1回大木さんのところに仕入れに行ってきます。
また良い出会いがありますように!
[PR]
by sakillus | 2012-02-27 23:33 | 自然物 | Trackback | Comments(10)
どうもありがとうございました!
夕べは驚いたことに咲季山草軒のネットショップにアップするやいなや
売り切れが続出するという、とてもありがたい状況でした。
普通ではありえませんからね。笑。

ひとりで、限られた範囲でやっていることですので
量も少なくお恥ずかしい限り。
大木さんの作出される方向(といってもわたしの知っているのはごく一部なのでしょうが、)が、
それは方向の一部かもしれませんが、とても好きなので、
新鮮な気持ちで選ぶことができてうれしいです。

このわずかな期間においても、大木さんのファンの気運をものすごく感じ、
できることならもっと流通させたいと思うのですが、、、からだがふたつみっつ欲しいです。

今日は売り切れてしまったものがほとんどですが、
全部ではありませんが、記念のためにブログに載せます。

f0160480_23265328.jpg
f0160480_23271010.jpg

f0160480_23274358.jpg

f0160480_23284181.jpg

f0160480_23293192.jpg

f0160480_23295577.jpg


f0160480_23302234.jpg

すばらしいダブルデュメトルム交配
f0160480_23313624.jpg

f0160480_2332667.jpg

大木ナーサリー採取種子のデュメトルム、白抜け
f0160480_23342560.jpg

f0160480_23395725.jpg

ウィル・マクルーウィン氏のサイトナンバー付きの H.torquatus
とても小さく発色が良かったです。
f0160480_23423062.jpg

f0160480_2342498.jpg

f0160480_2343765.jpg

f0160480_23443258.jpg

渋くてとても低いところで咲いているプルプラ交配
f0160480_23453167.jpg

f0160480_23455418.jpg

f0160480_23464233.jpg

f0160480_23492849.jpg

f0160480_23495291.jpg

f0160480_23502168.jpg

f0160480_23505167.jpg

f0160480_23511367.jpg

f0160480_23513514.jpg

f0160480_23515724.jpg


 **************

で、前回の記事で「シラネアオイのように花茎のあがる」と感じたもの....
アップしなかったんです。。。
実は写真を撮っているうちにどうしても自分で欲しくなってしまい....^^;
f0160480_23584219.jpg

これでした〜。
この上がり方です。そして、
原種交配の緑の花ってとってもきれいなんですよ!
f0160480_23595945.jpg


もう景色の中に置いてしまいました。
[PR]
by sakillus | 2012-02-26 00:01 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(2)
大木ナーサリー近日中にアップ
今期からご縁があります大木ナーサリーに今日また仕入れに行ってきました。

写真はまだ全然とっていないので恐縮ですが、ハウスの中はあれもこれもそれもどれも
興味深くおもしろく魅力的な花がぞろぞろっとおりまして、驚きの連続でしたが、
この驚きは初めてだったというのがありました。

大木さんは原種交配を熱心になさっておられ、
これまでにない、山野草のようなみずみずしさをつくられ
わたしもかなり心揺さぶられましたが、
きょうはさらに驚いたことがありました。
ふと眼をやったその苗の花茎の持ち上がり方がとある植物のそれに似ていたのです。

シラネアオイです。

初めてその花茎の持ち上がりから開花までを丹念に見ていったとき、
それは驚愕でした。
高嶺の花
雪解け水をたっぷり含み
ゆっくりと頭を持ち上げるそのみずみずしさ

それはサンカヨウもそうでした。

f0160480_21503373.jpg

シラネアオイ
f0160480_21505734.jpg

サンカヨウ


わたしは自生地で咲くヘレボルスのことはほとんどなにも知らないのですが、
原種を交配親につかったヘレボルスの行方を大木さんは本当にいのちあるものに
(植物なのだからいのちがあるのはあたりまえなのですが)
息を吹き込んでいらっしゃるのだなぁと感心した次第です。


明日かあさってのアップどうぞご覧になってください。
今回は逸品ぞろいです。
値段的にもわりとリーズナブルかと思います。

咲季山草軒ネットショップ
[PR]
by sakillus | 2012-02-23 21:58 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(2)
昨日夕方からさっさっさっさっと雪が降り
あっという間に少しばかり積もりました。
f0160480_992436.jpg

雪のにあう椿や
f0160480_9103552.jpg

これまたにあうサワフタギ

f0160480_9114065.jpg

北側の山
今日は晴れなので瞬く間に消えてしまいそうです。

一瞬の化粧ですね。


  ***************

f0160480_9134264.jpg


これはすぐに売れてしまった横山交配の渋い紫のダブルですが、
なかなかどきっとした花でした。
この形を見たときなぜかサルナシの実のようだと思いました。
ころんとしたとても小さな花なんです。



サルナシといえば数年前の秋、実のなる頃、
サルナシは完熟するとしないでは味に雲泥の差があります。
だから今日か明日かと毎日熟れ具合を見ていたとき、
サルナシのフェンスに乗っかっているやつがいる!

  ハナ!?

ハナが大きくなってる!あれ?サルナシなんて食べるのかなぁ?と
近づいてみると、一足飛びに逃げる小動物!

  狸だったのでしょうか?・・・・
ヤツも熟れ頃を見計らっていたということ?笑。
うまいねぇ

f0160480_9202065.jpg

こちらは大木交配1番
次に咲いた花ですが、光に透かしてみるととても可憐でいとおしかったです。



f0160480_9215412.jpg

今朝の猫たち
陽を浴びています。
後ろでミカはすんごい舌を出してますね。
[PR]
by sakillus | 2012-02-18 09:24 | 自然物 | Trackback | Comments(6)
大木ナーサリークリスマスローズ(ヘレボルス)販売
咲季山草軒では、超人気の大木ナーサリークリスマスローズ(ヘレボルス)販売をいたします。

珠玉の逸品ぞろいです。

植物でも庭でも実物よりも写真のほうが良い場合はときとしてあるものですが、
今日一日一所懸命撮ってまいりましたが、自分の腕なりカメラ?では
どうも実物の良さを出せてないのではないかとはがゆくなったりしますが、
それでも気合いを入れて撮ってみました。

大木さんのヘレボってなんというのでしょう。
ふとピアニストが出てきて、そうホロヴィッツの繊細さや優しさ、
でもそれだけではなくて、グレン・グールドの自由さもある気がしました。
しかも、山野草の瑞々しさがあるものやはたまたおしゃれでスタイリッシュだとも思うのです。

わたしはよく存じ上げませんが、それらは大木さん本人の持っているものでもあるのかなぁと思いました。

育種家であるなら当然でしょうが、めざす方向がはっきりしていて、好き嫌いも
わりとはっきりしているのではないかと思いました。

とにかくわたし自身すっかりファンになってしまいました。

f0160480_23472013.jpg

大木交配1 グリーンフラッシュペイルパープルダブル(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)


f0160480_23494528.jpg

大木交配2 グリーニッシュホワイトピコティ(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)



f0160480_235126.jpg

大木交配3 小輪グリーニッシュイエローピコティ(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)グラデーションの血あり



f0160480_23523796.jpg

大木交配4 パープルバイカラーダブル



f0160480_23532628.jpg

大木交配5 渋ピンクグリーンリバーシブルダブル(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)



f0160480_2354597.jpg

大木交配6 グリーニッシュクリームセミダブルラージネクタリー(ムルチ交配)




f0160480_23555229.jpg

大木交配7 グリーン白抜けピコティシンブル(ムルチ交配)



f0160480_2357107.jpg

大木交配8 グリーニッシュイエローダブル(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)



f0160480_23575666.jpg

大木交配9 小輪クリームピコティダブル



f0160480_23592971.jpg

大木交配10 小輪グリーンフラッシュホワイトピコティ(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)



f0160480_001721.jpg

大木交配11 ゴールド系イエローシングルゴールドネクタリー(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)



f0160480_012337.jpg

大木交配12 小輪バイカラーピコティシングル(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)



f0160480_044368.jpg

大木交配13 パープルバイカラーダブル



f0160480_055735.jpg

大木交配14 渋く淡いピンクのバイカラーダブル(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)




f0160480_064824.jpg

大木交配15 極小輪グリーニッシュクリームイエローダブル(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)



f0160480_083094.jpg
大木交配16 極小輪グリーンパープルダブル(ムルチ交配)



f0160480_093952.jpg
大木交配17 グリーニッシュイエローピコティ(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)




f0160480_0102495.jpg

大木交配18 イエローダブル(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)




f0160480_0111889.jpg

大木交配19 グリーニッシュイエローダブル(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)ボッコネイの血もあり



f0160480_0123564.jpg

大木交配20 グリーニッシュホワイト(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)グラデーションの血あり




f0160480_0133143.jpg
大木交配21 渋グリーンパープル(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)



f0160480_0141595.jpg

大木交配22 渋いスレートパープル(プルプラセンス交配)



f0160480_015219.jpg

大木交配23 グリーニッシュクリームバイカラー(ダブルデュメトルムハイブリッドF2)




以上です〜。

どうぞご覧になってください。
咲季山草軒ネットショップ
[PR]
by sakillus | 2012-02-16 00:02 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(0)
福寿草 紅撫子
f0160480_7245415.jpg

福寿草 紅撫子
なかなか衝撃的な花でした。
ふぎれ弁・・・花弁の先端がナデシコのようにギザギザになっている
見事です。

f0160480_726254.jpg

個体差もあるんですね。
それもまたおもしろい。
[PR]
by sakillus | 2012-02-14 07:27 | 山野草 | Trackback | Comments(4)
自分の体は自分で守ろう!
世の中危険なことは多々あります。
大自然の猛威などもそうですが、
わたしたち人間がこの地球という大きな器に住まわせてもらっている以上
どんなにたいへんなことであってもそれを受け入れるしかないとわたしは思っています。
しかしながらその大自然の猛威も、もはや現代では人間の意図的なふるまいによって
被害が甚大になっていることは否定できないところにきています。

危険なことのなかでも最近特に妙に思えることのひとつに
ワクチンがあります。
そのなかでも「子宮頸癌ワクチン」
なにか怪しいものを感じます。

検索すればその危険性について述べているブログはたくさんありますので、
関心のある方はぜひ探ってみてください。

わたしはテレビを見ないので知りませんでしたが、
原発事故以降、コマーシャルの自主規制があったとき、
AC広告でよく流れていたとか。
新聞紙上では見たことがあります。

それ相当の費用のかかるものが期間限定で無料に(国の補助で)なったり、
タレント、元タレント議員をつかった情緒的な宣伝といい、
義務化へ流れる動きさえあると聞きます。

なぜそんなに急ぐのでしょう?

子宮頸癌はヒトパピローマウイルス約200種のうち、15種がガンになる原因とされています。

子宮頸癌ワクチンは一部のHPV(ヒトパピローマウイルス)からできているそうですが、しかしながら15種のうち2種にしか効かないのだそうです。

また、子宮頸癌は(引用開始)実際には、これらの発がん性HPVに感染しても90%以上は、免疫により体内から自然に消失するため、子宮頸がんに進展するのは、約0、1~0、15%とごくわずかです。
また、子宮頸がんになるまでには通常、数年~十数年かかると推測されています。(引用終わり)
ソース元

このワクチン接種により、ゆゆしき副作用が伝えられ、最悪は死亡にいたることもあったそうです。
わたしは特に恐れているのは、このワクチンに含まれるアジュバンドと言われる免疫増強剤です。

(引用開始)サーバリックス社の子宮頸癌ワクチンは沈降性アジュバンドの代表的な水酸化アルミニウムが入っており、これはマウスを使用した実験において、脳内の運動ニューロンを死滅させることが知られています。
人間の脳は、マウスの5倍脆弱です。ワクチン接種が、脳機能の一部を破壊してしまう危険性があります。(引用終わり)
ソース元
また、(引用開始)ワクチンには、水銀系保存料・チメロサールが含まれていて、神経系の病気(自閉症・ギランバレー症候群など)の副作用の恐れがある。また、ポリソルベート80といった不妊剤が含まれている。(引用終わり)ソース元
ということも指摘されています。

もちろんわたしにはそれらの指摘が本当なのかどうかはわかりません。が!
直感としてとても怪しいと思うのです。

なぜ不妊剤まで?そんなことあるわけがない?国がそんなものを奨励するはずがない?
医者が?

いやいや、わたしは3、11以後世界がどのような勢力によって牛耳られているかを
自分なりにとにかく情報を集めていました。
結果、人間を不妊にさせててもかまわない、むしろそうなってくれたほうがよいと思っている人々がいて、(現在67億人の人間を10億とも5億ともしたいと思っている)そのような人々がこの世の支配層になっているということは否定しようもなくなりました。

例えばポリオワクチン接種にご熱心なこの人はこんなことを言っています。
この人はようするにパシリってやつですね。

エイズウィルスさえ、人間の手によってつくられたという話もあります。
ソース元
「エイズ感染が最も広がっている地域は、予防接種が徹底的に行なわれた地域と一致しているのです。」

陰謀論ではありません。世界は陰謀に満ちているのです。

生殖にかかわることです。ワクチン接種に関してはくれぐれも調べてください。
勧められているから、不安だから、、、流されずに選択してください。

おもえば、なぜこれほど不妊症が増えたと思いますか?
男性の精子の数はなぜそれほど減ったのでしょう?
うちの市には産婦人科がありません。

これからは自分の体は自分で守る、
国のやることはあてにしない(できない)
自然災害よりもむしろ人的災害のほうがはるかに怖いのです。
とにかく「知る」ということを積極的にしないと
あぶない世の中になってきています。
「ニューワールドオーダー」は急ぎ露骨になっています。

   *******************

わたしたちにできることはとにかく人とつながること、
いつも会えない人でも、遠くにいる誰かのことを思う、
わたしも毎日誰かのことを思い、
また誰かが思ってくれるかもしれません。
そのようなつながりを思うことが心を強くします。
[PR]
by sakillus | 2012-02-12 07:51 | | Trackback | Comments(2)
寒肥
昨日は冬には珍しく相当量の雨が降り、
庭はしっとりと水気を帯びたので、
こんな日は微生物が活動しやすいかと思い、
今朝は地植えのバラに寒肥を施しました。

量は相変わらず少なめ、ちょちょっと掘って、
嫌気性ぼかし肥料を片手でひとつかみ、ごそっと持ち地中に入れます。
もう一カ所同じことを繰り返し、土をかぶせ、
そのうえに生ゴミ堆肥をマルチのようにのせておきました。
f0160480_2223717.jpg


嫌気性ぼかし肥料は、その時によって匂いが違います。
今回のはフルーティで芳醇な匂いがします。しめしめ。
これは「いいでき」な感じがします。


もう今はほとんどなにも花がありません。
我慢の冬、待ちの冬、うっすら桃色を秘めている冬

そんな時に、あ!スノードロップでした!
f0160480_2227161.jpg

こんなに寒いのによく咲いているね?

   わたし、驚いていただくことを身上としております。

去年はいつ咲いたか調べてみると、2月2日だったらしい。

   それだけ今年は寒いのです。

それにしても見ようによってはひょうきんな顔をしているね?

   あ、そうですか?
[PR]
by sakillus | 2012-02-08 22:31 | 栽培 | Trackback | Comments(4)
ヘレボルス 少々追加、一部値下げ!
咲季山草軒ネットショップ

f0160480_1532568.jpg


横山交配ダブル グリーニッシュクリームです。
本日追加しました。

f0160480_154399.jpg

うっすら淡いピンクのピコティも素敵です。

とても繊細で上品、うっとりします。

そして、値下げしましたので、どうぞよろしくお願いいたします!
f0160480_156358.jpg

グリーンシングル
縁が白抜けでした。
小輪で小型タイプですので鉢にももってこいです。

 ☆春の山野草苗も入荷です
[PR]
by sakillus | 2012-02-07 15:08 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(0)
節分 寒い〜
f0160480_2149533.jpg

   マツムシソウのロゼット状はいよいよ迫力あり


今朝7時半の気温はマイナス7度。
おそらくこの冬一番の冷え込みでしょう。
最も低くなる明け方はきっとマイナス10度ぐらいになっているのではないか。
おぉぉぉぉ


f0160480_21524380.jpg

ここのところ気温を測るのが好きで、
友人からいただいた大切な温度計で一日に何度も測ります。
これは、クリズマスローズを管理しているせいもあるのですが、
なぜか楽しい日課です。

また、同じ温度だとしても、
日の出ている時と出ていない時、
風のない時と強く吹いている時ではだいぶ体感温度が違います。

大寒というのは、Wikipediaによると、
「太陽黄経が300度のときで1月20日ごろ。
(恒気法では冬至から1/12年(約30.44日)後で1月21日ごろである。)
期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立春前日までである。」
とあります。
立春前日というと今日までということになりますが、
今年は今頃が一番寒いと感じます。

f0160480_15492016.jpg


   シモバシラ(という植物)にも霜柱が地味に立って


温度といえば、皆様の平熱は何度ぐらいですか?
わたしは、近年測っていないのでわかりませんが、
今でも36、5度ぐらいあるのではないかと思います。

医者にかからない体づくりをめざしているので、平熱は下げないようにしています。
低体温の人が増えているとのことですが、
体温の低下は万病の元と言われています。
免疫療法の安保徹氏も、ガンの治療にはとにかく体を温めてと言っています。

体を温めるにはどうすればよいのでしょう?
湯たんぽ、深呼吸、過度な無理をしない、
日に当たる、足湯、食べ物を工夫する・・・etc



風邪を引いた時でも、熱が出るのは風邪のウィルスをやっつけるためなので、
安易に熱を下げるのは逆に風邪を長引かせるといいます。
体は本来対抗措置を持っているのですね。

 ☆参考 安保徹インタビュー 「ガン治療のウラ 7/8」「ガン治療のウラ8/8

f0160480_23545892.jpg

   福寿草 みちのくもほころびかけてきた
[PR]
by sakillus | 2012-02-03 22:12 | | Trackback | Comments(4)