ROSASOLIS

<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
原子力規制委員会って? 推進委員会?
f0160480_631455.jpg

キキョウが咲き始めました。


*********************

8/2 追記 メモ

海渡雄一弁護士 緊急インタビュー「中村佳代子・更田豊志氏の原子力規制委員就任は違法!」である。

中村佳代子・更田豊志氏は今回の委員会基準に対する法に違反しているため、
日本弁護士連合会では告訴する予定とのこと。

国会提出まで時間がないため我々国民にできること。
→国会議員に対して働きかけをする。(今回の採決に対して否定してくれるよう要請すること)
 次の選挙では、このような採決に対しどのような行動をとるか注意して見て、判断しましょう!

 とにかく脱原発に動いている議員を後押しするべく声をあげていきましょう!
 それと、やはり国民の意識を変えることが必要。もちろん自分も含めて。
 何が大切なのか? 感じる心が必要です。

仮に最悪、今回の人事が同意されたとしても、脱原発へのすべての道が閉ざされるわけではないとのこと。
国会で脱原発法をつくるなども可能。
日弁連では上の「中村佳代子・更田豊志氏の原子力規制委員就任は違法!」の訴訟をすることによって、その人たちの決定も違法と訴えるとのことです。
でも、裁判には必ずしも勝てるわけではありません。
でも、あきらめないようにしましょう。

広瀬隆さんも田中俊一氏に対し、福島県の住民を過剰に被爆させた罪により(この言い方は正確ではないかも)告訴をするとのことです。

  
来週あたり、首都圏反原発連合と野田首相の会談なる模様
これはひとつの成果なり。
首都圏反原発連合の人々は冷静で熱くしたたかだ。
「2012/07/31 首都圏反原発連合と、脱原発をめざす国会議員との対話のテーブル」
双方の危機意識、当事者意識に雲泥の差。




   ******************


このほど決められようとする原子力規制委員会、
そのメンバーたるやまさに原子力ムラにどっぷり浸かっている人物たちがほとんどのようです。
国民に充分内容を知らせていないにも関わらずその人事を急いで決めようとすること、
この委員会の権限はとても強大で、
この方々の一存でこれから原発を存続させることも新規につくらせることも
通ってしまうという恐ろしいものです。


特に委員長候補の田中俊一という人は年間「100ミリシーベルトまでは問題ない」と主張していました。たいへん危険きわまりない人物です。

厳選に中立に選ぶと言っていた細野大臣、
全く信用できません。
信用できないのは前からわかっていたことだけれど、その厳粛な言い方を笑っている場合ではなくなりました。

この人事誰がどうやって決めたのでしょう?
全く知らされていません。
我々の知る権利は?

時間がありません。
もうじき国会同意人事として国会に提出されようとしています。

これでこれまで「責任を持つ」という自分の発言にナルシシズムを感じていた野田首相も
責任も持つことができなくなります。

このような横暴が通るのなら民主主義は終わります。

どうすればよいのか呆然としてしまいます。

選挙区の国会銀事務所に電話するとか、、、本当にどうすればいいのか・・・

少なくとも署名をお願いします!

       署名はここ


   ****************

f0160480_646175.jpg

白いフロックス
[PR]
by sakillus | 2012-07-31 06:40 | 世界、社会 | Trackback | Comments(4)
ヤマユリ
f0160480_17485839.jpg

ヤマユリ


  ****************

先日、「オーガニックローズ 358」の集まりでは、
楽しい企画を催してくださったyukikoさん、kajinyさん、
それから築地書館の社長、Hさん、お世話になりました。

旧交を温めた方々、初めての方々、お世話になりました。
またお会いできますように!


  *****************
f0160480_1754663.jpg

気づかないうちに咲いていたヤマユリは匂いでわかります。
その甘い豊かな匂いは遠くまで漂い
近づいてみると圧倒的な花姿

今年もまたひとつ心に響く花が咲きました。
特別な花です。


夕方、暮れようとする頃また見に行ってみると
見たことのない蛾が花びらの奥のほう、突起しているところにいました。
そこもまた蜜源なのでしょうか?

その蛾は焦げ茶色と銀色のような金色のような羽を持ち
たいへんきれいでした。
黄昏の幻のような時でした。

f0160480_1811375.jpg

[PR]
by sakillus | 2012-07-25 18:02 | 植物 | Trackback | Comments(6)
18歳と0歳
f0160480_21525473.jpg

かつて7月20日に拾われてきたミカは今年で18歳になりました。
若いねぇ、若いねぇと言われて久しかったミカも頭頂には白髪も見え、
ここにきて急に足腰がよわくなってしまいました。うぅぅぅぅ
ウィルス性の鼻づまりなどもあったりしますが、
できるだけ長くしあわせに生きていってもらいたいなぁと思います。
f0160480_21593328.jpg


こちらもまもなく18歳
f0160480_2159534.jpg

f0160480_221220.jpg

そして0歳登場

ミクリが産まれるまでは自分が愛されているという自信と余裕のハナは
いつも充実した顔をしていましたが、
ミクリの誕生後は注目がいっせいにそちらに向くので、
あきらかにしゅんとしてこころなしか毛並みも少し悪くなりました。
こういうところすごくわかりやすい。

この写真は6月26日ですが、この頃はだいぶ調子が戻ってきて
平常心で向き合いことができるようになりました。
うちの猫もリスのようではないけれど、なかなか立派なしっぽを持っているでしょう。


ミクリは外を見るのが好きなようで空なども飽きずに眺めていました。


ミクリは風が好き
庭で母に抱かれて風を浴びる
細くやわらかな髪の毛がたなびく
いつまでもこの子に野生が宿っていますように
[PR]
by sakillus | 2012-07-22 22:11 | 動物 | Trackback | Comments(4)
鳩山氏
べつに鳩山由紀夫議員を贔屓にしているわけでも擁護するわけでもありませんが、
夕べの「再稼働反対抗議行動」に参加した鳩山由紀夫氏に対してすぐさま
その行動を打ち消すような冷ややかな対応はどうかと思います。
これもマスコミの誘導ですね。

先日IWJにてのインタビューは良かったので、興味のある方はぜひ視聴を
期間が過ぎれば会員限定記事となります。

わたしは新聞もやめ、IWJを応援すべく会員になりました。

 「岩上氏による鳩山由紀夫議員のインタビュー


こちらにも期待
新会派 みどりの風 

亀井亜紀子議員と民主党 舟山康江議員、行田邦子議員、谷岡郁子議員による参議院新会派結成記者会見」




f0160480_7355257.jpg

畑ではようやくトウモロコシが実ってきました。
草取りは後手後手になってしまいます。ふぅ〜。

f0160480_7364293.jpg

ステンドグラスというギボウシ
タマノカンザシ系?と思ったらやはりそうでした。
変わった花の咲き方をしています。
甘い芳香があります。
明るい黄緑色の葉は日差しにも強く優れた品種です。
f0160480_7371810.jpg


f0160480_737402.jpg

雨後 きらきらとしている緑
[PR]
by sakillus | 2012-07-21 07:06 | 世界、社会 | Trackback | Comments(2)
夏はボウボウとの闘いか?
庭にはボウボウという怪獣がいて、ヤツは温度と湿度を栄養源にしているので、
特に7月8月は勢いを増すのであります。プハー

今朝もボウボウと一戦交えましたが、その場ではこちらが勝ったと思っても
別の場所でプハプハ息を吹きかけているのです。
終わりなき闘い・・・であります。

f0160480_22441157.jpg

今朝は東側小径あたりをすっきりさせるべくがんばりました。
小径にもはみ出す植物が多くいっそう狭くなってしまいます。
レンガの間にも多種様々な草がはびこっています。
全部を抜かなくてはいいと思っているものの、
草の見本市ではないのでやはりある程度きれいにしておく必要がありましょう。

いろいろなところを見るとあれも気になるこれも気になる
これをやろうと思っているのにあれをみてしまったからにはやらないとまずいかと思う。
まるで待ち合わせの場所に行く必要があるにもかかわらず、
道で困っている人がいてそれを助けないわけにはいかない気分。
昔アメリカの大統領で(誰だったか)そういう逸話がありましたよね。

右端に三脚が見えているのは、パーゴラにのそっとかかっているコブシの枝を数本切った時に
使ったからです。


朝でもさすがに今日などは蒸し暑くなってきていて、
1時間半も作業をしていると服は汚れ汗ばんできます。
今日はここまで。


しかし植物は涼しげに
f0160480_22562938.jpg

ワイルドオーツ  
しずくがきれい
f0160480_22581979.jpg

ウィリアム・R.スミス
二番花もけっこう咲いてます。
f0160480_2259266.jpg

カワラナデシコ
f0160480_22595931.jpg

夏椿 7月12日
今年はとにかくこの夏椿がきれいで長く楽しめました。
f0160480_231178.jpg

ソバナ
f0160480_2314026.jpg

野洲ハナセキショウ
小型の植物ですが花が妖精みたいで愛らしいです。

f0160480_234351.jpg

光合成細菌
2回目をつくりました。
右がそれです。左のは1回目。二回目は赤くなるまで待ちました。!
瓶にまだシールが貼っているため、中央部分の色の濃いのはそのためです。
下のほうの色を見てくださいね。

匂いは1度目と同じ梅酢のような軽く酸味のあるフルーティないい感じです。
[PR]
by sakillus | 2012-07-13 23:05 | | Trackback | Comments(10)
おはよう
今朝は地区の草刈り、清掃の日。
朝早く起き、いつものようにデッキ前の格子を開けます。
f0160480_9524986.jpg

半開きのこの感じがなかなか良かったのでパシャリ。
でも、ぶれてますね。^^;
格子は4枚あり、両側は固定ですが、中央2枚は可動式です。
夜間は締めます。
それが、外側から見ると正体不明の箱のように見えます。
それが建築家の意図でした。

3時間竹箒をふるって帰還。
と見ると、ベラ ドンナがいい感じで咲いているではありませんか!
f0160480_9561692.jpg

ところが、クモの巣がかかっていてその上に葉っぱが乗っかっていたので、
持っていた竹箒ではらうと、
Oh my God !
2本花茎が折れてしまいました。え〜ん。
慣性の法則でしょうか。。。力が有り余っていた?
わたしはなんて野蛮なのでしょう。。。

なので室内に飾りました。
う〜ん、いい匂いが充満します。
f0160480_101063.jpg

この花弁の返りが大振りではなく、繊細にくるっとなっているところがいいですね。
大きなロッドではなくて竹ぐしで巻いてみました〜、てな。


   ****************

f0160480_1031019.jpg

このマツムシソウは同じ種を播いたほかの子よりも一年遅れて咲きました。
とても充実しています。
自然界ではきっとそのようにいっせいにではなく、遅れることによって
種の保存をはかるということがあろうかと推測します。
f0160480_1045313.jpg

そのマツムシソウとラボンダンス

f0160480_1053964.jpg

天城シャクナゲの新葉がみずみずしく
手前の小さな花はゲラニウム オクソニアヌム
f0160480_1064851.jpg

毎年咲いてくれる姫ギボウシ
f0160480_1072653.jpg

ヤマアジサイ 富士の滝

f0160480_1075657.jpg

いいですね。ソバナ
f0160480_1082245.jpg

白花カワラナデシコも清楚でいいですね。
[PR]
by sakillus | 2012-07-08 10:08 | 植物 | Trackback | Comments(2)
涼夏 
7月に入っても涼しい夏が続いていましたが、昨日はいきなり強い日差しがやってきて、
その温度差にまいってしまいました。

庭はいよいよ緑が繁茂してきて少しすっきりさせたいものですが、
日中は日中でやることもあり、暑さもあり、夕方6時過ぎてからばさばさ草を刈ったり、
傍若無人なヤブガラシやカヅラの類いをひきずりひっぱり・・・

力強い自分でした。^^;

6月末から7月初旬の庭の花たちです。
f0160480_124694.jpg

タカネバラが自分の庭で咲くと感激します。
Rosa nipponensis
花には個体差があるようで、これは花弁の縁に尖っている部分があります。
香りはほのかでつつましい感じです。

f0160480_1133857.jpg

このバラは「テリック」とバラ友さんの命名のバラ
テリハノイバラとツクシイバラの交雑と考えられるようです。(でしたよね?)
花期はツクシのように遅く、つる性の枝を持っています。(うちのは)
フェンスの外側の擁壁になが〜く枝垂れています。
f0160480_11691.jpg


f0160480_1174276.jpg

f0160480_1175696.jpg

ラボンダンス 二番花
一番花より若干小さいですがふわふわとよく咲いています。

紫陽花もいろいろ
f0160480_1193472.jpg

この大きい昔からよくあるタイプ、この庭に元々ありました。
花色が優しいので悪くないと思っています。
f0160480_1205791.jpg

その紫陽花とフランソワ・ジュランビル
f0160480_1214437.jpg

ヤマアジサイ 紫紅梅
f0160480_1222242.jpg

笹の舞
基本的に白色ですが、この花は淡く水色になっていますね。
とても愛らしく清々しい花です。
[PR]
by sakillus | 2012-07-05 01:23 | 植物 | Trackback | Comments(2)
6月29日 東京の夜は美しかった
マスコミが異様なほど取り上げない、毎週金曜日に行われている原発反対官邸前のデモは6月29日、ついに20万人(主催者発表)という人々で埋め尽くされました。

6月29日 首相官邸前デモ写真。pdf (ぜひクリックを!)

これほど美しい東京の夜景、わたしはついぞ見たことがありません。
胸が熱くなりました。

組織ではなく個人個人が我慢できない想いで参加したのだと思います。
わたしは参加できませんでしたが、同じように参加したくてもできなかった人が
何十万、何百万人といるのではないでしょうか?

こういう大事な行動をちゃんとマスコミが報道しないので、広瀬隆さんをはじめとした人々が
ヘリコプターをチャーターし、正しい報道をしようとしました。

さすがに、この夜の報道はいくつかのメディアでは取り上げたようですが、
日本国民は本当に怒っているという重大な事件をまともに取り上げないマスメディアは異様です。

増税、TPPなど一連の動きを見るにつけても、この国のトップは国民のほうを向いていないのは明らか。
この夜の野田佳彦という男は悲しいかな、「大きな音だね」との感想。まるでうるさいハエが家の中にいることのよう・・・

ある方がチーム仙谷、自民党より自民党に近い政治家、野田、枝野、細野ら平気で嘘をつく人たちを「サイコパス」と呼びました。

サイコパスの特徴は、

良心の異常な欠如
他者に対する冷淡さや共感のなさ
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が全く無い
過大な自尊心で自己中心的
口達者

というのがあるそうです。

これを読んでとても納得してしまいました。
東電の会長や経団連の会長などもそうでしょう。

増税に反対した小沢一郎らに対して「涙を見せ、声を詰まらせるように残念だ。」と語った野田佳彦の行動を見るにつけてもまさにあてはまっているのでおかしくなってしまいます。
それで大飯原発再稼働に対し「わたしが責任を取る。」
どうやって?・・・
地球規模で危機を招いている福島の事故はこれまで人類が遭遇したことのない恐ろしい事故で、
まだまだどうなるかわからないというのに。

私たち国民は良心のある政治家とともに自分たち自身でこの国を守っていかなければならないと
あらためて思います。

次の選挙、3、11以降どの政治家がどのような行動、言動をとったかしっかり憶えておきましょう。

福島みずほ 社民党、田中康夫 日本新党、じきに新党を結成する小沢一郎グループなど、ちゃんと国民に眼を向けている政治家がつぎの選挙で躍進してくれることを祈ります。

f0160480_6141783.jpg

[PR]
by sakillus | 2012-07-02 05:42 | 世界、社会 | Trackback | Comments(2)