ROSASOLIS

<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
蓮仕事
梅仕事、という言葉があるので、勝手に「蓮仕事」と呼んでみました。

といっても、バラの年間作業に比べればまったくたいしたことはないのです。
この時期に前年の根を掘り上げ取り除き新たに肥料をちゃちゃっと加えるだけ。


葉が上がりあの立派な花が咲く
その前はずっとず〜っと泥の中で泥にまみれて生きています。
その泥はヘドロのようなもので決してきれいなものではありません。

3月、この時期にうちでは簡易な池なのですが、その中に手を入れると
まださすがに手が冷たくなります。
泥は案外気持ちよく幼い頃泥遊びをした快感が蘇ってきます。

手にしたのは去年の根
しなしなと黒くしわしわで、スカスカの備長炭のような根が
役目を終えてそこにありました。


あぁ、なんてわかりやすいのだろう・・・
精根つき果たすとはこのこと
あの神々しい花を咲かせるのはたいへんなことなのだ。

こういうふうに生きてみたいものですね。


f0160480_843063.jpg

これはしょうじょうばかま
f0160480_9933.jpg

これはミミガタテンナンショウでいいとおもいます。
去年はもっとあっさりしていた。
高尾山にもいっぱいありました。

f0160480_844865.jpg

イカリソウ スルフレウム
光を受けてうたい踊っているみたい♪

f0160480_874142.jpg

バラもぼちぼち展開してきました。
湖南バラ

f0160480_881564.jpg

いろいろ球根ものが咲いてきました。

 ☆スプリングエフェメラルと呼ばれる、カタクリやイチゲ、イチリンソウ、ニリンソウ
  など、夏前に葉が地上部から消えてしまう植物は葉のあるうちに肥培しておくと良いです。
  糖分が効果あるということで、ブドウ糖1000倍薄め液を2週間に1度程度あげると
  良い。わたしもせっせとあげています。
  植え付けてから何年も咲かない「何か」があるので来年こそは!笑。
[PR]
by sakillus | 2013-03-27 08:13 | 植物 | Trackback | Comments(12)
バレリーナ
f0160480_2335217.jpg

f0160480_23401244.jpg

f0160480_23361269.jpg

f0160480_23362842.jpg

f0160480_23364551.jpg

f0160480_23365951.jpg

f0160480_23371340.jpg

f0160480_23373085.jpg

f0160480_23585795.jpg


   Magnolia x loebneri 'Ballerina'


この花が咲くのを見ると心が明るくなる人が少なからずいる

わたしは「希望」という言葉にさして希望を感じてはいないが、
 
「絶望」という言葉もなかなかつらい

そのふたつのあいだに、この花は浮かんでいる

かつて心の師が教えてくれた「無から有が生まれる」という真実を はっと思い出し

転んだ手のひらとなにもない地面のあいだに生まれるであろう なにかを握りしめ

静かにその握りこぶしを高くかかげる
[PR]
by sakillus | 2013-03-23 23:53 | 自然物 | Trackback | Comments(0)
弥生三月、マルスは暴風月
3月15日、我が国のペテン師、愚鈍な凶暴者であるアベ首相が、自民党の公約「TPP参加には反対」を見事に破棄し、交渉に参加すると公表したことにうちのめされてしばらく懊悩する日々を送っています。

「強い交渉力で」と言ったところで、参加を公表した日から90日間は交渉に参加する権利はないこと、そして、ようやく交渉に参加できる時にはもうほぼ交渉は終わっているということ、そもそもこれまで参加各国が決めてきた事柄になんの変更も加えられないことなど、とっくにわかっているにもかかわらず、嘘を平気でつくのですね。おかしいですねあの人は。

  *******************

3.11以後は極力自己満足的なブログは書かないと決め、怒りやもろもろの感情を一度は降ろし、
客観的な目でものを考えようと(なるべく)してきたつもりですが、(それでも感情がそのままでてしまうこともしばしばありました)
今はどういう書き方をすればいいのかわからないでいます。

転んでもただでは起きないことを自認していますが、普通なら転んだ右手で石ころでもつかみ投げつけたい衝動に駆られる、しかし、今は石ころさえない状態です。

3度目の開国ならぬ、3度目の最大にして最悪な不平等条約、これからそんな世界に小さい人たちを放り込ませなければならないのかと思うと胸が痛くなります。


参加を破棄してもらうしかありません。

  *******************

写真もぽつぽつ撮っていたのですが、しばらくアップする機会を失っていました。
記録のためもあり、今日はちょっとまとめてアップしましょう。
日ごとに変わる庭の景色に、それでも気持ちは明るくなります。


クリスマスローズは今が盛りです。
少し前の頃から

f0160480_2156466.jpg

f0160480_21562799.jpg

f0160480_21565495.jpg

デュメトルムハイブリッド ダブルです。
みずみずしくて大好き 赤味のさしているところもいいです。

f0160480_21585242.jpg


f0160480_21595822.jpg

こんなのもあったんだね。
大木さんのには間違いないのだけれど、どうしてあるのか不明。^^;
あぁ、そうか!きっと以前普通に買ったものだったのがちょっと変化したんだわ。
葉っぱが濃くていいなぁ
f0160480_2213660.jpg

H.odorus
f0160480_2225066.jpg

f0160480_22215730.jpg

H.torquatus Bosnia
f0160480_2254392.jpg

グレープバイカラー
f0160480_2262898.jpg

その周辺
f0160480_2272379.jpg

以前自分で交配させたこの株はとても元気

f0160480_2282040.jpg

f0160480_2222485.jpg

これは今年自分用にしたプルプラ交配です。
アイボリー色なのとプルプラ交配らしい花弁の柔らかさがとても好きです。
f0160480_22102740.jpg

こんな鉢、これはすり鉢なんですね、に植え付けました。

f0160480_22113453.jpg

アプリコットシングル

f0160480_22131656.jpg

枝垂れ梅
f0160480_2214167.jpg

斑入りショウジョウバカマ

f0160480_22141784.jpg

元々目には問題のあったハナなのだけれど、
最近いっそう眼が悪くなったハナ
若くないからねぇ・・・でもよくがんばってるよ、えらいね!
[PR]
by sakillus | 2013-03-20 22:15 | 植物 | Trackback | Comments(2)
かねがね残念におもうことは
3/20 追記

福島第1原発冷却システム停止問題 ネズミの感電が原因か
フジテレビ系(FNN) 3月20日(水)18時47分配信
福島第1原発で停電が起きて、冷却システムが停止していた問題で、電源盤の内部の壁などに黒い焦げ跡があり、ネズミが感電し、ショートさせた可能性があることがわかった。
東京電力は、会見で「(電源盤の内部に)小動物が落ちていることがわかりました」と語った。
東京電力によると、冷却システム停止の原因とみられている3号機・4号機の仮設の電源盤7つのうち1つで、ケーブルなどを接続する端子と壁に焦げ跡があり、黒くすすけていたという。
またその下では、ネズミのような小動物が死んでいたこともわかり、端子の間にネズミが入り、感電したことで、電源盤がショートした可能性もあるみて、さらに調査を進めている。」



冷却システム停止の原因が一匹のネズミのせいだとしたら、あまりにも脆弱すぎ!

  ***********************

国はいざというときのために「安定ヨウ素剤」を各自治体にくばっているべきではなかったのか?

国民なんてどうでもいいという今の政党も前の政党もそうだから、
そんな判断なんてしないのかな。

自民党に投票した人は自分がどういうことをしたか考えてもらいたいよ。


f0160480_1342345.jpg



 ☆ 放射線防護の仕方 (緊急事変)

N95マスクは用意しておきましょう

心配だけですんでよかったね、となりますように。
[PR]
by sakillus | 2013-03-19 13:43 | | Trackback | Comments(2)
青森、山梨、長崎の甲状腺検査は本当に行われたのかな?
つい最近のニュースですが、放射能の影響が少ないと見られる、青森(青森市)、山梨(甲府市)、長崎(長崎市)において、
3〜18歳の甲状腺が行われ、その結果が56%と高かったことから、
「福島の42%の甲状腺異常は高くない、それは原発事故に由来するものではない」
という意見が発表されました。
 
   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

本日(3/15)この件に関するニュースソースが急になくなりました。

なので、ジャーナリスト 木野 龍逸さんによる記事と環境省のソースを2件載せることにします。
「安心神話」振りまく環境省の甲状腺検査は意味がない(木野 龍逸)」

環境省 当該記事


   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


私はこのニュースに触れたとき、違和感を覚えました。
もし、それが本当ならば恐ろしいというレベルではすまないことだけれど、
長崎でそんな割合〜?、嘘だろう。

なぜならば、2000年の長崎の7~14才の子どもの調査では、甲状腺異常はきわめて少ないことを、あの山下俊一みずから公表していたからです。
それは、0.8%というきわめて低い数値でした。


そこで、わたしは自分の耳で確かめることにしました。

まず、自分の県である山梨県庁に電話

これこれこういう調査があったのだが、わたしはどこの学校で検査があったのか知りたいので
教えていただきたい旨を話すと、
そもそも、この検査の主体は「環境省」なのですが、
環境省からは話が来ていないといいます。

次に本丸、環境省に電話

同じく、甲府市内のどこの学校で検査したのか知りたい旨を伝えると、
「今担当者がいないのでわからない。」と言います。
「またあとで、明日以降に電話ください。」とも。

そこで、わたしは、「担当者は一人だけなのですか?」と聞きました。
「そうです。」との答え。


翌日、甲府市役所へ電話
昨日と同じ内容の質問
学児科というところにつながる
「環境省から話は来ましたか?」と聞くと、
教育委員会の方へも聞いてくれたのですが、
「その話は当方では把握していません。」とかえってきました。

いよいよあやしいです。
環境省のお役人がいきなり学校や保育園に聞くでしょうか?
そもそもこの調査結果はあまりにもアバウトで、どこの自治体が何%なのかの内訳もありません。
男女比も年齢別人数も。比較というならなぜ0~3歳を除いたのでしょう?

もう一度環境省へ
昨日と同じ内容の質問をする。
電話に出た人は昨日の人とは違う人
「どこの学校でというのは答えられません。」
私「なぜでしょう?」
環境省「プライバシーにかかわることですので。」
(出ました。都合の悪いことはプライバシーに任せる)
私「個人的なことを聞きたいわけではありません。学校というのはプライバシーに関係ないはずですが。」
環境省「ただいま担当者がいませんし。公表している以上のことはお話しできません。明日以降に電話してください。」
私「いいです。明日かけても同じです。・・結局担当者ってそもそもいないんじゃないですか?
と聞くと、ぷつっと切られてしまいました!

このことが何を示すのか。これだけでは早急にこたえは導き出せません。
しかしながら、わたし個人としては、
そもそもこの調査自体がなかった可能性が否定できないのではないかと思っています。
仮にあったとしても、すごい改ざんがあったのは間違いないのではと思います。
もしも、もしもその結果が本当ならば、どんな理由でそんな高い数値が出たのか調べてみる必要があるでしょう。


なぜ今このようなニュースを流すか?
それは、確信犯的御用学者である放射線影響研究所の長瀧重信元理事長の誤意見のように、
福島の甲状腺異常を放射線由来であることを隠蔽すること、情報のかく乱があるのでしょう。
加えて将来起こる可能性のある関東に住む子どもの放射線由来の病気を隠蔽するのだろうとの意見もあります。

私も含めてのことですが、人間って易きに流れる、自分の都合の良い方に話を解釈する、
悪い結果を導く話には耳を塞ぎたがる、あまりにも理解を超えることは、それが自分にとって都合の悪いことであるならば、 思考を停止させてしまいがちな側面があります。
だから、あまりに信じられないことでも、「もしかしたらそうなのかも、ほかでもそんなに高いのだから福島の甲状腺異常って普通のことなのかも」と思ってしまうのです。

わたしたちは正しい情報が欲しいだけなのに!!
国にも東電にも責任はあるが、自分で判断しなければならないのだから、
デマを流すな!


ここに、松崎道幸氏という医学博士の「今、福島の子どもたちに何が起きているか? ー甲状腺障害、
呼吸機能、骨髄機能をチェルノブイリ事故から考察するー」という意見書
があります。

さきほどの山下俊一の子どもの調査に関する報告もあります。
ここに何が書かれているか?
どうぞお読みください。

チェルノブイリ事故からわかっていることはたくさんあります。
そして、機会があれば、映画「チェルノブイリハート」も観てください。
ご存知の方も多いとは思いますが一応、、チェルノブイリハートってチェルノブイリの心という意味ではありませんよ。心臓に穴が開いて生まれた子もいる、という話です。(くどいか?)

残念ながら土壌汚染に関しては関東もかなりひどいです。

幼い子どもを持つお母さんたちが、疎開することにどれだけ苦労をしているか、
今でも、したいけれど周囲から冷たい眼で見られたり、止められたり、帰ってこいと言われたり、
疎開してからの苦労もたいへんでしょう。
お金があるから疎開できるわけではありません。
問題は子どもの命なんです。

f0160480_22593748.jpg

[PR]
by sakillus | 2013-03-14 22:14 | | Trackback | Comments(12)
レモン、シトロン、蝶の羽
f0160480_6594293.jpg

これ、去年は白でした。
タグにそう書いてあるのでまちがいはありません。
が、今年はこんな淡いイエローです。おぉ・・・

さわやかな酸味のある柑橘類を思わせる花色に加え、
花弁のしなしなっとした感触、
まるで蝶の羽のような!

f0160480_73593.jpg

思わずガッツポーズをしたくなります。
なぜならばこの株は去年、とある理由で大木さんからただでいただいたものだから♪
f0160480_742940.jpg

にゃははは・・
後ろの常緑、といっても冬はかなり赤味がましているイカリソウ・リシチェニィとも合うね♪

f0160480_754117.jpg

こちらはアンティークなたたずまいが気に入って
去年仕入れた大木さんの中から自分用にしたものです。
ちょっとさびしげな様子も惹かれるんですね。
f0160480_714011.jpg



f0160480_773799.jpg

これはまたべつのダブルホワイト。
少しふっくらした質感が気に入って。
f0160480_782278.jpg

f0160480_783833.jpg

3番目に咲いた子はかなり紅がのっているばかりかグラデーションになっていました。わぁ〜い。
f0160480_794010.jpg


f0160480_795510.jpg

手前の子もさりげないですが気に入っています。
[PR]
by sakillus | 2013-03-14 07:10 | 植物 | Trackback | Comments(0)
TPP交渉参加、とはいえ交渉の権限がない
時間がないので、是非これを読んでください。
 
カレイドスコープ「売国総理、14、15日にもTPP交渉参加表明か!?


[PR]
by sakillus | 2013-03-12 19:23 | 世界、社会 | Trackback | Comments(2)
f0160480_0465154.jpg


3月11日 長かった一日が過ぎました。

主権なき我が国の首相は宗主国、いや本当はグローバリストたちに言われるがまま
原発を再稼働する旨を発表しています。
放射能被害が隠蔽され、たいした被害なしと流布されることとは対照的につぎつぎと起こる謎の死や病死、体調不良に加え、こどもの甲状腺異常には憤りと将来の不安を呼び起こされます。


元来いきものは種の存続を本能的に望み実行するものであり、もちろん人間も例外ではありません。
国の為政者はそれを保護するのは当然のことであるのに、もはや政府も官僚もその「基本的人権」を無視しかなぐり捨ててしまいました。

モニタリングポストの数値をわざと低く出るように細工する。
福島では甲状腺の二次検査をさせてもらえない。
全国的に給食では汚染された食材が使われている。
(毎日10ベクレルの食べ物を食べた子どものほとんどに2種類以上の病気が発生していることがチェルノブイリ事故後確認されている。→「汚染や健康影響への過小評価はやめ、被爆回避に関する人権を求める」専門家へのインタビュー2013.3.11)

福島への帰還運動が活発なようですが、まだまだ帰れるレベルではないばかりか、避難した方がよいという事実。
etc,etc・・・

原発から話は飛びますが、携帯電話の電磁波にわざわざ人に有害なマイクロウェーブが使われていたり、(電子レンジも・・・以前、オウム事件のときマイクロ波で殺されたという一件がありましたが、マイクロウェーブは人体に悪影響があることが知られています。だから長電話するような方はイヤホンを使うなどのほうが良いようです。)
効果の不確かなばかりか重篤な副作用のある子宮頸癌ワクチンを無料にしてまで接種させようとすること。
食べ物にはかなり有害な添加物やアスパルテームのような有害な人口甘味料が使われていたり、
国策核融合実験や膨大なエネルギーを必要とし膨大な電磁波を垂れ流し、標高2500、3000m級の南アルプスにトンネルを掘ろうとするリニアの開発を誰が必要としているのか?
(JR東海は電力会社とつるんでいると思う)
そして、我が国を世界のほんの1%の人々に売ろうとするTPPへの交渉参加を決めようとする?

・・・なんだかむなしいです。
なんでここまで劣悪になったのか。とても残念です。
 
きのう、アイヌ人の血を引くオキという演奏家はこう言っていました。
「我々日本人もかつて殺され文化を奪われた先住民のようになるのだ。」と
まさに。TPPとはそういうものです。
これは国家間同士の提携ではなく世界のほんの一握りのグローバリストたちが世界を支配するためにつくられたおそろしく狡猾であくどいシステムです。
それに尻尾を振って交渉参加を表明しようとする愚か者。

少なくとも我々の体は自分たちで守らなければ、ということと、日本語を守らなければということ。
TPPをどうすれば止められるのでしょうか?!

f0160480_0515665.jpg

タイトルの「芯」とう言葉は文を書いた後で唐突に思った言葉。
我々日本人は本来素晴らしいこの国土、島国に見合うべく、芯を持ったひとになるべきではないかと思いまして。

他人から何をどうおもわれようと自ら信ずる道を歩むことにより芯が強くなる。
そう思います。
そして、その自ら信ずる道がまともかどうか常に検証すること。
芯=心
[PR]
by sakillus | 2013-03-12 01:02 | Trackback | Comments(0)
デュメトルムハイブリッド 〜グリーン〜
f0160480_2111515.jpg

原種の遺伝子の濃そうなデュメトルムハイブリッド
これも大木さんのです。

こじんまりとまとまっていて、凝縮しているというか、密に出ていますね。
花は親の血を引く緑色でうつむいた花をあげてみても
翡翠のようなきれいな色で縁は若干白抜けしています。
一花を愛でる、それもありますが、株ごと楽しむのが合っていそうです。

f0160480_2151786.jpg

この場所はほんの数段の階段になっているところで、あまり株が高くなったり広がったりするのは
好ましくないのです。

なのでこの株はとてもよいと思っています。

緑の花は地味なのではないかと思われる方もいます。
が、わたしは地味とは思いませんし、
仮にそうだとしてもよいのです♪
自分がほくそ笑めばよいのですから。



ところで、今年は花粉の出が遅いのか少ないのか?と思っていたのですが、
この2、3日で急に炸裂しましたね。
体質が変わって楽になったかとおもったのは間違いでした。うぅ・・・
[PR]
by sakillus | 2013-03-07 21:12 | 植物 | Trackback | Comments(2)
ひなまつり
f0160480_9461257.jpg


今日は実紅里の初節句です。

水疱瘡もほとんど治ったようでよかった。

f0160480_16324452.jpg

紙はおいしいかい?
f0160480_1633946.jpg

f0160480_16332399.jpg


刻々と変わる君
どの一瞬もいとおしい



f0160480_9481163.jpg


これも大木さんのデュメトルムハイブリッド
小さくてみずみずしく可愛い♪
[PR]
by sakillus | 2013-03-03 09:46 | 人物 | Trackback | Comments(6)