「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
最後のひとり
f0160480_8482413.jpg

  ギボウシ タマノカンザシ 
  やや黄緑を帯びた葉色が野性的で清々しい
  地植えして2年もすれば大株になる


人類史を研究されている篠田謙一氏によると、近年の研究で、数十年前までの通説、「人類は100万年以上前にアフリカを出て世界各地に広がり、長い年月をかけて黒人や白人へと進化した」を覆し、「世界中に広がる人類の歴史はそれほど長くない。人類は6万年ほど前にアフリカから出発し、その時には今の私たちと同じ体格・能力を持っていた」と語っています。

ヒト細胞の中の、母からこどもに伝わるというミトコンドリアDNAを分析することによって、「世界中に生存している(た)人類の祖先はたったひとりのあるアフリカ人女性にたどりつく(ミトコンドリアイヴと言われる)」のだそうです。

それは、その女性が最初の人類であったということではなく、その女性の母もいただろうし、同時期に生きていた他の人類もいただろうけれど、現在の人類のミトコンドリアDNAとつながるという意味において最初の祖先だということになるでしょう。


東アフリカを出た祖先たちはアラビア半島を越えてオーストラリアへ、アジアへ、ヨーロッパ、そして日本にもたどり着きます。日本にたどりついたのはおそらく4万年ほど前だろうといいます。
その後人類はベーリング海を渡り北米へ。しだいに南下して最後に南米の南端にたどりつきます。
それが1万年ぐらい前です。その後にアジアにいた人々がメラネシアに広がってゆきます。
ハワイなどはすごく遅くて今から千年ほど前なのだそうです。

わたしは若い頃、日本人はいつ頃どこからきたのかとか、宇宙はいつどうやってできたかというようなことにすごく興味をもっていた時期があって、サイエンス雑誌なので気になる特集があるとしばしば買って読んでいたものでした。
f0160480_8502842.jpg

   タマノカンザシ 蕾


しかし、今日はアカデミックなことを書きたいわけではないんです。
篠田謙一さんのお話の中で興味深いことがありました。
南米の先端、ナバリーノ島にヤーガンという部族がいます。かろうじて生き残っています。
19世紀までは裸族だったということです。今純粋なヤーガンはクリスティーナ・カルデロンというひとりの女性しかいない、つまり最後のヤーガンです。
彼女にはこどももいますが混血しているので純粋なヤーガンではないのです。

そういった立場で彼女は言葉を伝えているということです。

篠田さんは彼女に聞きたいことがありました。最後のヤーガンとして人類にどんなことを言いたいかということです。
そこで彼女はなんと答えたかというと「酒を飲むな。」でした。
あまりにも無邪気な言葉に気が抜けるかもしれません。

まるで居留地に押し込められたインディアンのように、ヤーガンはある程度暮らしを保証されていますが、逆に言えば彼らが本来していた暮らしをすることを邪魔されているとも言えます。

これまでなかった酒を昼間から飲み始めました。発酵することができないほど寒い地なので酒はそれまでなかったのです。
彼女のまわりの人間、こどもたちもそうしてだめになっていったというのです。

かつて、裸なんて野蛮だから服を着ろとも言われた。しかし、服を渡されてもそれを洗うとうことを知らされていなかったがゆえに病気が流行り死者も出ました。

「酒を飲むな。」

実に示唆に富んだ言葉です。
今までなかったもの、快適なもの、便利なものには気をつけなければならない。
そういうことを言いたかったのだろうと篠田氏は言います。

われわれ現代日本人にもそういったものがあふれています。
原発などはもっとも顕著なものでしょう。

今わたしたち日本人はすぐには最後のひとりとなることはないでしょう。
が、過酷な天災、人災に遭い、今後土台を覆されかねないTPPがやってくる。
多国籍企業が土足で踏み込んできます。すでにゆうちょはアフラックの下請けになり・・・

ここでわたしは大切なものを守らなければならないと思ってきました。
参院選、いや、その前の衆院選で自民党が圧勝するかもしれないと感じられたころからいっそう強くなりました。

まずは言葉、日本語です。それから手仕事。(←わたしの第一の仕事)
もちろんほかにもありますが、人にはそれぞれの役目があるので自分が最大限やっていかなければならないことはそれだと感じています。

TPPでは公の文書は英語でと言われています。日本語が障壁になるからという理由で公用語を英語にしろと言われない保証はありません。
わたしたちがあたりまえに享受してきたありがたいものが壊れてしまうかもしれません。

わたしには日本語に対してはきわめて特殊な言葉であるという認識があります。たやすくは言えませんがそのことを20年を越えて身に染みつかせてきました。
手仕事も約30年、わたしの指先と脳はたしかな結びつきでわたしのいのちを支えてくれています。

f0160480_8512128.jpg

白花姫ギボウシ
f0160480_8514687.jpg

   珍しくツーショット
f0160480_8524997.jpg

   縁側にのぼって
[PR]
by sakillus | 2013-08-23 08:53 | 自然物 | Trackback | Comments(0)
スラブチチという街

 チェルノブイリ原発 メルトダウンの25年後 Part 2/2

旧ソ連は、チェルノブイリ原発 事故後、そのすぐ周辺地域であったプリピャチの市民を1200台のバスで移動させました。
行き先はチェルノブイリ原発から50キロの汚染の少ない地域、そこにわずか2年でスラブチチという新しい街を作りました。
上の動画では7:45辺りから出てきます。

そこでの空間線量は(ある地点で。おそらくこの記録が作られた2年前と思われます。)0.133。
この値はアルファー、ガンマ、ベータすべて含まれるものだと思います。

0.133という値は十分に低くないと個人的には思いますが、そもそもの場所に比べれば格段に低いものです。

ここでは食べ物も測定されていて、基準値以上のものは売ることができません。
市民は検査も治療もすべて無料で2年ごとの定期検診もあるということです。

旧ソ連、そして現在のウクライナにできたことが日本ではできていません。

田中康夫氏はかねてから、除染は無駄なのだから、その膨大な費用を住民たちに新たな移住先の提供とこれからの暮らしに使えばいいと述べていました。
飯館村だったら一人当たり5000万円もらえることになります。
除染はまったく効果がないわけではないでしょうが、その多額な費用とわずかな効果のことを考えればあたらしい街に村ごと移動する方が精神的にも肉体的にも無理がないことは自明です。
それなのに国も東電もそれをやろうとはしません。
あくまでも放射能被害を過小評価して、福島の地にとどまることを是としています。
避難母子に国も家族も「帰って来い」コール・・・まったく悲しくなります。

ちなみにその膨大な除染費用は東電が払うべきもので、国は「立て替えて」いて、東電に請求していますが、東電はのらりくらりとかわしています。
甚だしい危機感の欠如は東電も国も同じ。
他国に原発売りに行ってる場合じゃないですよね。

f0160480_2344032.jpg

屋久島ギボウシ
咲いたらとても美しくびっくりしました。
色は淡めで縁が白いのです。
f0160480_2365281.jpg

小型ギボウシの寄せ植え
右のやや大きいほうは白花姫ギボウシ
これももうすぐ開花で期待大♪




それにしても今日は「空」が変だった。
午前10時頃民間機っぽい飛行機が数機立て続けに横切る。
しばらく消えない飛行機雲を残して・・・
ケムトレイル、やられたかもと思った。
まったくもって不愉快なり。

この間も書いたけれど、関東の空は米軍が握っていて本来は日本のものであるはずなのに
この空は飛べないことになっているから。

夕方はヘリが轟音とともに数機。
何処へ行くのやら
[PR]
by sakillus | 2013-08-17 22:12 | 世界、社会 | Trackback | Comments(9)
白い花を想う
f0160480_044948.jpg

白鹿の子ゆり

暦の上では立秋を過ぎたとはいえ今が一番暑い頃、
連日とても暑い日が続いています。

ここではないけれど、体温越えの39度も経験しました。
ぎらぎらと激しい日射し、熱風はなかなか危険な雰囲気が漂います。

とはいえ、樹木茂る我が家はおかげさまで天然の暑さよけが機能し、
今年も扇風機でなんとかやっていけています。


f0160480_020111.jpg


それにしても蚊が多いのは小さいけれど池があるせいでしょうか?
来年はメダカを検討しよう。

それで蓮は今年は咲かないかもしれません。
それはまぁ残念ですが、すごく残念というわけでもありません。

今年はヤマボウシがすす病になってしまったとか、
アマギシャクナゲの花が少なかったとか、
同じく残念なことはあったけれど、そういうこともあるさと、
一年ごとの好不調ではそれほど一喜一憂しない気持ちになっています。

アマギシャクナゲは蕾がたくさんできているので来年はきっとたくさん咲くだろう、
今年はレンゲショウマがよかった。
蓮もきっと来年は咲いてくれるだろうと、
2、3年をひとつのサイクルで見るようになっていることに
自分でもほっとしています。

f0160480_0285227.jpg

キレンゲショウマ


でも、先日二日間異様な暑さのとき、
とある木の葉が茶色くなってしまった。
あまり暑さに強くない木なのでちょっと心配です。
その隣りの激しく威勢の良い薔薇はもうやめようかな。
そこへ、まだ小さな苗木程度のほかの木を移植しようかなと思っています。

来年咲くはずだった白い花はこの暑さでだめになってしまった。
甘い香りを残していました。


まだ咲かなくていい。
五年を要してもいい。
しかし願わくば枯れないでほしいと願っています。
[PR]
by sakillus | 2013-08-15 00:35 | 植物 | Trackback | Comments(0)
Twitter的つぶやき 8/7
f0160480_053799.jpg

  九重山はこの時期も良いね。ひっくり返ったお花が愛らしい


facebookは怖いのでやるつもりはなかったが、仕事の都合上見ておく必要があり登録だけしてみた。でも、誰ともつながる気もなし。個人データはでたらめ。居住地は「地球」と入れてみたが反映されず。「地球」いけないの?

情報をとられているということを意識した方がよいと思う。たまに嘘の個人情報を入れたほうが良いのではと思う。

Twitterは時々していてもいいかなぁと思うことがあるが、メールにいろいろ来るのがちょっとと思い、やはりわたしはブログを基本にしたい。

でも、今日はTwitter的につぶやいてみたい。

f0160480_0144115.jpg

   ギボウシ ステンドグラスの花

麻生太郎の「ナチスに学んだら」発言はその後本人が誤解だと言い訳しているが、詭弁にすぎない。
この男は本当に誰にも知られずにこっそり変えたいタイプなのだろう。
今、前泊博盛氏の「日米地位協定入門」を読んでいるところなのだが、彼の祖父.吉田茂が1951年「サンフランシスコ講和条約」を締結し、独立を回復したはずだったが現実的には今に至るまでできていない。なぜか?

米軍は今でも日本にあり、沖縄では様々な異常事態が起こっており、関東の広大な空は米軍に支配されたままである。

「サンフランシスコ講和条約」とほぼ同時に調印された日米安全保障条約、そして、日米行政協定。(のちの日米地位協定であるが、この協定こそが講和条約や安保条約に書き込めないもっとも属国的な内容が盛り込まれている)

日米安保条約の調印は異様だった。この調印の場所も時間も直前まで教えてもらえなかった(P.54)教えてもらえたのは前日の夜11時頃だという。

それは英文でできていたので急いで日本語文を作成した。まるで今のTPPみたいだね。
ということは、首相吉田茂とごく少数の側近、官僚しか知らなかったということ。
吉田に「急いで調印するのはさけるべきだ。」という声もあったが吉田は耳を貸さなかった。

その場所と時間を教えてもらえたのはその日の正午。このきわめて売国的な密約を吉田茂はひとりで強行し、たったひとりでサインしたのである。


f0160480_0485147.jpg

   ハルシオンの花


だから、麻生がこっそり憲法を変えてしまいたいと思うのはDNAなのだなぁと思った。
それにしても、それにしてもひどい・・・
そのうえ麻生には前科がある。今年アメリカに渡り「水の民営化」を勝手に約束していたこと。


顔を見ればある程度のことはわかる。あの醜く歪んだ顔の人は時にとてもフレンドリィだ。
あぁいう人には気をつけねばならない。でも、今回の発言は国際的に許されるものではないだろう。


つまらないねつ造スキャンダルを追っているつまらない雑誌は原発企業の広告収益があるから。
政府、官僚とつるんで。記者の顔や表情をみればわかるよ。
買わないのが一番。それにしてもくだらない。

「潮、婦人公論、文藝春秋、ダイヤモンド、新潮、ウェッジ…原発広告漬けのダメ雑誌ランキング」

いろいろなことに惑わされないように、わかちあえるよう、我が身を日々浄化させたい。

f0160480_0573775.jpg

 早くも咲き始めたカリガネソウ


f0160480_058432.jpg
  
  Spirits of freedom
f0160480_0591218.jpg

  Rock hill Peach Tea


f0160480_102049.jpg

f0160480_11316.jpg

  
  ファーストフロスト
[PR]
by sakillus | 2013-08-08 01:07 | 循環 | Trackback | Comments(3)
蓮華升麻
f0160480_21222718.jpg

f0160480_21224767.jpg

レンゲショウマが今年はとてもよく咲いてふっくら咲いてきれいです。
f0160480_21251073.jpg

f0160480_21243240.jpg

あぁ、どきどき、どきどき  早朝で暗かったかな?
自分が見た感触が出てなくて残念
f0160480_21265751.jpg

蓮華というように、この華は小さいながら蓮のようにあの世のというのか典雅な雰囲気が漂います。

もう少ししたら白花も咲きます。



f0160480_21323842.jpg

これは春の頃のミカです。
最近急に衰えがみてとれるようになってきて、4、5日具合が悪くほとんど食べない日が続いたので動物病院に連れて行ったら、腎臓の機能がもう10%以下ぐらいしかないんだそうです。

19歳です、人間でいえば92歳とか。
点滴をしばしばしていますが、ずっとするのはどうかなぁと思っています。

あぁ、永遠ではないのだ、うちの子は両方とも19歳。
よくがんばっています。
なるべく体によいご飯を心がけるようになりました。
ふぁ〜っ

ちなみにこの図は、本当にオトシには見えないのだけれど、
家に入ろうとしたらチロがいたのでちょっとびっくりしているところです。
[PR]
by sakillus | 2013-08-03 21:39 | 山野草 | Trackback | Comments(4)