ROSASOLIS

<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
クリスマスローズその他
f0160480_23423482.jpg

これも背丈の低いところで咲いて、しだいに少し高くなります。
白がピュアホワイトというのでしょうか、新鮮な白です。

f0160480_2344377.jpg

グリーンダブル
梅の花びらが風情を添えています。
f0160480_23464027.jpg

バイカラーのグレープ色が咲き誇っています。いい感じです。
f0160480_2346306.jpg


f0160480_23501870.jpg

原種系チューリップのヘレネが予想外?に愛らしくキュンとなりました。
ピンクの目立つ色ではありますが、コクがあり全く嫌みがありません。






f0160480_23513770.jpg

これはヤシャビシャクという落葉小低木です。
珍しいもので、通常は山地の高木の上に着床するのだそうで、なかなか見つけにくいもののようです。
和名は「夜叉柄杓」です。できる果実の形が緑色に熟する毛の生えた楕円形で、その形から名づけられたとのことです。
柄杓はひょうたんのことで、ひょうたんのことを古くは「ひさご」と呼んでいたそうです。

かわいらしい花です。

f0160480_23595914.jpg

ショウジョウバカマ
カッコイイです。
f0160480_01580.jpg


Moreよくやった!沢田研二
[PR]
by sakillus | 2014-03-31 00:03 | 植物 | Trackback | Comments(0)
コブシ 
f0160480_23232668.jpg

f0160480_23234094.jpg

f0160480_23235689.jpg

f0160480_2324819.jpg

f0160480_23233032.jpg


  コブシ

あんまりすごいものだから雨の中急いで撮りにいきました。
降るように咲いています。


何を思うか思わないか、
何を告げようとしているのか、
ずっと見てきたのだものね。
[PR]
by sakillus | 2014-03-28 23:26 | 自然物 | Trackback | Comments(2)
チビッコ クリスマスローズ
花木が咲いてくるのを感動的に眺めている日々ですが、去年の情報と比べてみると
やはり1週間以上遅れています。
大雪の影響は大きかった!

クリスマスローズも同じです。
今が一番の見頃なのです。
f0160480_0105065.jpg

これはわたしが「チビッコ」と勝手につけているもので、
ほんと、かわいいんです。
手前にあるクロッカスはやや大型なのですが、比べてみてもちいさいというのがわかるでしょう。

f0160480_0121398.jpg

f0160480_01346.jpg

これは地味〜な子
なんかプルプラの地がはいっているようなヘレボですね。
デュメのハイブリッドのはずなのですが。
こういう鈍色もけっこう好きなのです。

f0160480_0135385.jpg

これはグラデーションになっている子
きれいですね。
ギボウシに隠されてしまうところに植えたので、掘り上げて鉢に植えました。
f0160480_016486.jpg

おなじみ元気印の多花性


f0160480_0173086.jpg

f0160480_0174859.jpg

枝垂れ梅が満開になり、今は満開を過ぎはらはらと散ってきています。
f0160480_0183519.jpg

今年はマンサクが本当に長い間咲いてくれて、永遠に咲いているんじゃないかなんて錯覚するほどでした。
だからもう終焉になって来たこのごろは惜しむ気持ちです。
[PR]
by sakillus | 2014-03-28 00:20 | 植物 | Trackback | Comments(0)
クリスマスローズ
f0160480_22382226.jpg

今育てている中でどれが一番好きか?と聞かれると答えに窮しますが、
これはとても好きです。
H.torquatus ボスニア産の種からです。
年数も経ち充実してきました。
カップ咲きの形も良いですが、色ですよね。
f0160480_2242456.jpg

渋いけれど新鮮な色です。赤味のピコティもあります。
ちょっと神秘的な色をしています。
f0160480_22435333.jpg

これはバイカラーダブル
ちょっと写真ではよくわかりませんが、内側は渋い緑で絞りのような筋のような模様があります。
大株にしたら見事だろうなぁとひとりでにたにた
f0160480_2246132.jpg

f0160480_22464734.jpg

これも好きなんですよ。
赤い筋に哀愁があって、遠くに引っ越した友人を思い出すのですね。
G d Dさん、お元気ですか?

f0160480_2250294.jpg

実際はもっと黒いかな
f0160480_22505657.jpg



まだ咲いてないのもあります。


ところで、我が家の屋根は45度の急斜面で、先日の大雪では雪崩のごとく大量の雪が落ちてきます。その下の植物が見えたのはかなりの日数を経てからのことで、
植物によってはかなりダメージを受けました。
その筆頭がこの沈丁花
f0160480_22545474.jpg

うぅぅ・・・・・痛かったね
太い枝が中心の幹から避けるように、ほとんど首なしニックのように取れかかっていました。
さすがにそれはだめだろうということで切って、
でも、支柱を打って立ち上げました。
f0160480_2257681.jpg

ふっか〜つ!
形は悪くなったし、近くにあるシャクナゲ モーニングマジックもダメージを受けたので、
今年はオープンガーデンやめだと思ったのですが、
復活を見てゆくのは学びがあります。

弱っているものこそまず救う、ですよね。
弱いものの立場に立つ。そのことを強く思います。
[PR]
by sakillus | 2014-03-21 23:10 | 植物 | Trackback | Comments(6)
初春のコリダリス
f0160480_234562.jpg

去年植え付けて様子をみているコリダリス ペール・ダヴィッドです。
冬の間も葉を残し、ここにきてじわじわと生長しています。
これは2/28日の様子

f0160480_23465047.jpg

これは今日3/20日の様子
調子が良いので嫌気性ぼかし肥料を少しだけ浅く埋めておきました。


ここは冬の間朝方などで凍結するところです。
この品種は大丈夫のようですが、
自生地において標高の高いところの植物で冬の間雪に埋もれているようなものを
そこそこ寒い低地、つまり氷点下になり、凍結と解凍(?)を繰り返すようなところで
育てていると枯れてしまうことがあります。
雪の下って案外暖かいですよね。寒風からも守られますし。
この道理を忘れてるというか気づかないと痛い目に遇うことがあります。^^;(誰が?)

そういう植物を育ている時はなるべく凍結しないように気をつけたいものですね。(はい)


f0160480_23532860.jpg

ここのクロッカスと水仙はホント、植えてないんですよ。
[PR]
by sakillus | 2014-03-20 23:56 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
ようやく春が来る
f0160480_23373127.jpg

このところやけに眠かったり視神経が疲れていたり、いろいろ思うこともあり、
ブログの記事が書けません。
元気は元気なのです。が、ブログ書く暇はやはり夜になるので、その頃まとめるエネルギーがないのです。
そんなことで今日は写真のみ。
雪はまだ屋根の下などは残っているのですが、他はだいぶ春めいてきました。
枯れ枝を短く切ったり、多すぎる落ち葉を少々取り除いたりしています。

f0160480_23441490.jpg


f0160480_2344454.jpg


f0160480_23455122.jpg


f0160480_23461267.jpg

これがまた小さくてかわいいんだ。

f0160480_23464445.jpg

[PR]
by sakillus | 2014-03-15 23:48 | | Trackback | Comments(2)
寒風
3月は強風月。
この何日か強くかつ寒い風が吹いております。
寒さに慣れた体でも昨日今日の寒さにはついあとずさりをしてしまいます。

雪が払いのけられた我が庭のクリスマスローズはまだほとんど開花していません。

f0160480_23503439.jpg

おっとこんな地味ヘレボ。
嫌いではありません蕾が丸っこくてかわいいね!
奥の赤味の葉は常緑のイカリソウです。

f0160480_23514081.jpg

これもデュメのハイブリッド。やっとここまできた。

f0160480_23532634.jpg

風が吹いているのにハナはお日様を浴びに好きな場所に。
でも、このごろいっそう目が見えなくなってきているので心配なんです。
なんとか歩いてはいるけれど、ぶつかりそうになったり、目標地点にすぐいけなかったり・・・

f0160480_23555956.jpg

   もうすぐ20歳ですから、わたし

   植木鉢 ^^;


f0160480_23564615.jpg

枝垂梅も咲き始めました。




もうすぐ3年
ドイツZDFテレビ 「フクシマの嘘 其の弐(隠ぺい・詭弁・脅迫)」

日本ではこれまで以上に情報が隠されますから、これまで以上に気をつけてみていきましょう!

はっきりいって日本の民主主義は地に堕ちています。
日本の「報道の自由度」は世界の中で59番目に落ちています。
国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」発表
[PR]
by sakillus | 2014-03-08 23:57 | 自然物 | Trackback | Comments(6)
地温
f0160480_040574.jpg

やっと、やっと雪が融けて地面が見えるようになりました。

とはいえ、北側や急勾配で落ちる屋根の下などはまだまだかき氷屋ができるほどあります。
(・・・やらないけど)

が、まわりを見渡すと除雪した道路を除き、よそではうちほど融けてないんですよ。
たとえば隣家や斜め向かいの畑などでは
f0160480_0443571.jpg
f0160480_0454596.jpg

同じ日の同じ時間に撮ったものです。

やっぱり地温が違うのだと思います。
まぁ、うちは植物が多く、植物の周りから融けますからそのせいもあるのでしょうけれど、
草ぼうぼうの土地と比べてみてもまだそっちは融けていません。

バイオマスですよね。微生物が生きている証拠だとおもうのです。
やったね!
落ち葉をそのまま残しておいたのもよかったと思います。


f0160480_049261.jpg

雪におさえつけられていたクリスマスローズもじきに小さな身を起こして開花
すごいですよね、何十センチもの雪に圧をかけられ本当に小さくぺしゃんこになっていたのが
すぐこう蘇るのですから!

f0160480_0502713.jpg

f0160480_0505491.jpg

なんてことはない雪割草ですが、赤い色にきゅんとなります。
かわいいねぇ
[PR]
by sakillus | 2014-03-03 00:52 | | Trackback | Comments(10)