ROSASOLIS

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
大文字草の苔玉
大文字草は,自然の中では渓谷の沢沿いや岩場に生えており、空中湿度の比較的高いところとなります。
ゆえに栽培においてもそのことを心がけながらすると良い結果が生まれるのではないかと思います。
鉢の下に人工芝を置くという手法もあるようです。

少し前のテレビ「趣味の園芸」で辻幸治さんが大文字草の「小山飾り」をつくったということをちらっと目にし、
たいへん興味深かったのですが、うちではテレビがないので見られません、ネットの動画アップも見当たらなかったのであきらめました。

「小山飾り」というのは久志某氏という著名な山野草栽培家が考案した方法で、冷却効果があり、夏に暑がる種の栽培用につくられました。
特殊な鉢(皿みたいなもの)と特殊な用土を使い、ちょっとした土木工事のように私には感じられ、まぁ、そこまでしなくても・・・と遠慮してしまうのです。
あくまでも、わたしは、です。

あれです。盆栽などで、針金使って幹や枝を曲げることに対する違和感と似たようなものでしょうか。(なんという生意気な)
もう少し簡略なやり方があるのではないか、辻さんはどのようにやったの見たかったのですが、見れないものはしかたがありません。

そんなこんなで苔玉を作ってみました。



f0160480_22555232.jpg

ホントに「玉」になってますね。笑

小さなお皿の上に乗っかっていますがひっくり返してみると、
f0160480_22581487.jpg

鉢底ネット使ってますが、水はけを考慮して底には軽石大を入れています。
(なんか地味やな、こんなの興味ある人いるのかしら?)

そんなわけでこれから普通の鉢と生育を比較したいと思います。
ちなみにこの品種は「波山」といって、花色は深い赤です。
葉が濃く、小さなとげとげがあり軸の赤さとともに個性的です。
f0160480_233787.jpg

良い色と質感です。

もう1個作ってしまいました〜。
f0160480_234497.jpg



f0160480_2381864.jpg

ペニセタム ファイヤーワークス (パープルファウンテングラスの改良種だそう)
f0160480_2395831.jpg

紫陽花の花芽もできてます。
花芽は8月頃にできるということなので,剪定は花後早めに、もう今の時期は切らない、
鉢栽培では冬の強風で花芽が飛ばされることがあるので注意です。
f0160480_23123116.jpg

トクサ

f0160480_23124778.jpg

ウィンドラッシュ
f0160480_23143711.jpg

ウィリアム・R・スミスはあいかわらず途切れず咲いています。
[PR]
by sakillus | 2015-10-30 22:53 | Trackback | Comments(2)
初霜
ゆうべは寒かったですね。今朝は畑に霜が降りていました。
それもそのはず、二十四節気では24日が「霜降(そうこう)」
歳時記どおりでした。季節はすっかり冬支度をしています。
f0160480_2134628.jpg

ユウガギク、野趣あふれすぎかも・・・
f0160480_215366.jpg

中国女王山菊とナカガワノギク
f0160480_2154892.jpg

冬梅之子はなかなかがんばっています。
f0160480_216322.jpg


f0160480_218710.jpg

ササリンドウやセイヨウイワナンテン トリカラー
セイヨウイワナンテンは初めて使ってみます。
常緑でまとまった感があるので、散らかり気味のところにはいいかと思いました。
f0160480_2194760.jpg

リンドウは日が当たらないと開きません。
f0160480_2112389.jpg

ついでにメモ代わりに残しておきましょう。
ササリンドウもイシヅチリンドウも花自体はほとんど変わりません。
葉を見ると違いがわかります。手前がイシヅチ、葉が小さいのです。

f0160480_21142373.jpg

イヌビワ
f0160480_21145173.jpg

赤花オケラ

f0160480_21152495.jpg

椿 雪灯篭
f0160480_21173728.jpg

茶の花
f0160480_21183077.jpg

クロマテラが上のほうでぽつんと咲いていました。

f0160480_21191669.jpg

コブシが黄色くなるやいなや次々落葉していきます。
毎日毎日掃除しても(毎日はしない)たまっていきます。







[PR]
by sakillus | 2015-10-26 21:20 | 自然物 | Trackback | Comments(0)
RED
f0160480_2139894.jpg

大文字草 京小町

REDというとその昔プログレ少女だったわたしは、やっぱりキング・クリムゾンのあの曲が鳴り響きます。(と前にも書いたかもしれませんが,十代の記憶って強い)
といっても,それにうなづく人はほとんどいないでしょうね。笑。それももうン十年以上前.
なんか危機感あふれる曲でしたが、彼らはなにに危機を感じていたのか、あるいはそうでもなかったのか。
ま、そんなことにはいっさい関係なく、
最近は赤い花や実が多々、いや少々にぎわしている我が庭、いくつか挙げてみましょう。ピンク系も含む。
f0160480_2150227.jpg

この秋は大文字草に萌え〜のわたくし、紫雲です。
なにが紫やん、という感じの、どちらかというと黒赤ですね。
軸の赤さが際立っています。(非常出口を連想してしまった)
f0160480_21593221.jpg

ややふっくらした弁でフギレ(ギザギザのこと)があります。
f0160480_2211698.jpg

大文字草を並べてにたにたしています。
f0160480_222413.jpg

福玉 鈍い桃色にやや緑が入ります。
f0160480_2241145.jpg

中国女王山菊
f0160480_226362.jpg

椿紅妙蓮寺が早くも咲き始めました。
f0160480_2274116.jpg

大実ゴールテリア(チェッカーベリー)
この実ね、まん丸じゃないんですよ!
しもやけがすぎてグローブになっちゃったみたいじゃないですか?

f0160480_2211926.jpg

そして、赤じゃないけれど、ゴールテリアみたいなハナ
にゃんてかわいいんだろう〜


   .........................................................


それから、いよいよ通知が来ることになったマイナンバーですが、これの申請はあくまでも任意です。書留で送られてくる通知を受け取り拒否することもできますが、全国民に番号が振られるのはまちがいないことでその番号はつきまといます。受け取り拒否するよりも、申請をしないことの選択が有効です。

と、結論を先に書いてしまいましたが、このマイナンバー制度、幾多の疑問や危険性が指摘されています。数年後の2021年には預金講座への義務化が予定されています。
2020年のオリンピック会場の入場の際にも個人識別のためマイナンバーが使用されるようだとも言われています。
何が危険で不愉快かというとやはり超管理システムになるということですね。
それほど複雑な情報は入れないようですが、多岐にわたる個人情報が集約され個人情報が管理され、悪用される危険(なりすましなど)もあるこの制度は、これが機能すれば世界で最も進んだ個人情報管理システムになってしまいます。

わたしたちは牛でもなければ子羊でもありません。

手続き上便利になるといってもたとえば住民票を取るのはそんなに不便でしたか?
住民票や戸籍を1年になんど取りにいきますか?
この制度にかかる費用は3兆円ともいわれ、すでに取り入れている韓国や米国では、結局その負担は国民にしわ寄せがくるわけで、たいへんな負担になっているとのことです。
そのしわ寄せは,中小企業や低所得層にますます税金としての負担がかかると言われています。

そのうち、カードを忘れる人が多発するから体にICチップとして入れましょうとか言い出しそうです。
それを狙っている勢力がまちがいなくあるからこそ恐いのです。
それこそREDです。

わたしたちは家畜ではありません。
この程度なら大丈夫,日本はまだ平和だとなんでも受け入れるうちに麻痺してきて、きづいたら我が子が,孫が戦地に赴くことになっていた、情報管理にがんじがらめになっていたとなりかねません。

先般の安保法制の特別委員会採決においても、本来ならあれは採決になっていません。
最後のいざ採決の場面で「速記をやめた」場合、スポーツでいうなら「タイム」中であるのを同様、記録も残っていない状況では正式なものとはならない、「委員会の議事進行の実体がない不存在」なのです。
そのうえ、採決の混乱の時、鴻池議長を取り囲んだのは参議院議員ではなく衆議院議員や公務員のひとたち、本来そんなことはあってはならないことです。
おまけに前日横浜で開催された地方公聴会での内容報告が省略されたなどという前代未聞の事態もあり、不当な手続きで行なわれた採決は「不存在」で無効だと指摘する声もあります。(公聴会で弁をふるった水上貴央弁護士)

こんななんでもありの政府与党、官僚の暴挙をゆるしておくわけにはいきません。

と、脇道にそれましたが、少しでも多くの人がこのカードの申請を遅らせ,管理国家、監視社会に小さな抵抗を。
志ある方はぜひともに実行しましょう。
[PR]
by sakillus | 2015-10-23 22:40 | 植物 | Trackback | Comments(0)
庭はまだうっすらと夏の余韻を残しながら手をあまりかけられないまま雑然とした状態であります。
やはりこの時期も花は少なくまだ紅葉へはいたらず、この葉はあぁだった、こうだったと花期の頃を思い出しています。紫陽花などは花殻を残しているので、とっくに褪せた色を愉しみつつ来年の花を想います。

そんな中、ちらほらっと見える小さな実は印象的。
f0160480_021493.jpg

これはスズランの実
f0160480_0214170.jpg

これはホウチャクソウ
f0160480_0225663.jpg

まばらではあるけれどカラフトイバラ
f0160480_0242164.jpg

ホウズキはすけすけ

f0160480_0252921.jpg

これは番外 畑のタカキビ
食べられるまで脱穀とかたいへんなのだけれど、炊くと肉のような食感があり、
なかなかおもしろく使える。
f0160480_0273774.jpg


f0160480_028476.jpg

レンゲショウマ
f0160480_9505149.jpg

ブロンズフェンネルの種はすごく香りがよくて頭がすっきりします。
お菓子にいれてもおいしそう、料理にはいろいろ使えそうです。

f0160480_0292297.jpg

f0160480_0293619.jpg

ハナもなんとか元気にしています。
f0160480_0301047.jpg

珍しいミカとチロのツーショット

  ☆チロは今度のGarden&Garden Vol55にちらっと登場しています。
  「庭にかわいいお客さま。」という新連載コーナーです。
[PR]
by sakillus | 2015-10-18 00:32 | 植物 | Trackback | Comments(2)
大文字草
f0160480_23383128.jpg

琴音です。
この品種は近年作出されたもの、花が大きくゴージャスな感じでありながら花色が淡く清々しいので、
くどい感じはありません。

大文字草は、山地の日陰がちの湿った岩場や渓谷の岩上に生える多年草で、湿度は高いほうが育ちやすいのですが、かといっていつも過湿でいいのかというとそこが案外むずかしく、やはりたまに乾かすことも必要と感じます。育て方はそれぞれあるとおもいますので、わたしも精進したいと思っています。
実は大文字草、あまり得意ではないのです。
でも、気をつけながら維持を心がけたいです。
f0160480_23471678.jpg

その後花がだいぶ上がってきました。
葉色は濃く大きく丈夫です。

f0160480_23481228.jpg

伊予白翠
清らかな白の花です。この品種の葉も濃く大きいので琴音と似ていると思うのです。
f0160480_2349323.jpg


f0160480_2350186.jpg

音羽
これは花が小さく多花性です。
子どものかんざしみたいでかわいいですよね〜!
軸が赤くてこれも丈夫そうです。

f0160480_23511650.jpg

黄金の舞
f0160480_23514660.jpg

斑入り黒花です。
黒といっても赤黒ですが・・・
花自体は元々の大文字草に近く多花性です。
[PR]
by sakillus | 2015-10-11 23:53 | 山野草 | Trackback | Comments(2)
あけびと土壌測定
f0160480_2318087.jpg

アケビは庭のところどころに勝手に生えているのだけれど、
こういったつる性植物は放っておくと他の植物にからんだりして生育を阻害する、
ゆえに切ってしまうので、今までは実がなることはなかった。

珍しく難を逃れ見事実に成っていたのを見つけた。!
おぉ、びっくり。これはいいものだね。
これからもっと色づくことだろう。
そしたら食べよう♪

f0160480_23221696.jpg

近くではさるなしもそろそろ食べごろを迎えている。
さるなしは小さなキウィみたいだけれど、完熟すれば味はずっと濃くておいしい。
ただし、完熟しないとだめだ。

ある年は小動物が食べごろを見計らってほとんど食い尽くしたことがあったが、
今年は大丈夫だと思う。

季節はすっかり秋
朝晩めっきり涼しく、というより寒くなってきた。
スズムシも長くなった夜に鳴いている。

f0160480_23265756.jpg

石鎚リンドウ

f0160480_23272354.jpg

リンドウ瑞光 上のイシヅチリンドウの変異種
暖かな色で気に入っている。


   *******************************

つい先日締め切った「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」にわたしの近辺も参加した。
なにかの参考にでもと載せておくことにします。

採取方法など同じような条件にすることが指示されている。「なるべく(3.11以後)動かしていないところ」とか、採取容積や場所など。

測定は町田放射能測定室


山梨県大月市富浜町鳥沢 ウェルネスパーク:Cs-合計=46.79Bq/kg

上野原市、畑土手(うちの畑):Cs-合計=16.49Bq/kg

談合坂サービスエリア(上り線):Cs-合計=96.25Bq/kg

甲府市屋形:Cs-合計=5.95Bq/kg


ということで我が畑は2012年12月よりも減っており(かつては約70Bq/kg)
かつて800というたいへんな数字がでていた談合坂サービスエリアは全く違った結果になり、
かつて誰がどのように測ったかはしらないが、現在はとにかくやたら高いわけではなかったので
ひとまずほっとしています。

なお、東日本土壌ベクレル測定プロジェクトでは東北、関東など17都県で調査されます。
もうじき結果が出ると思いますので、気になる方はチェックされると良いと思います。
[PR]
by sakillus | 2015-10-01 23:43 | 3.11以後 | Trackback | Comments(4)