「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
印半纏ワークショップ 2016.秋
f0160480_23414086.jpg

海外からのゲストを招き印半纏をつくるワークショップも恒例となり、今回は8人の受講生が製作にいそしみました。
2週間の滞在期間中に2枚の印半纏をつくるというのはかなりハードですが、1枚目のジーンズ地での製作はとにかく形を知ってもらうことに重点をおくのと、なにしろ生地が堅いのでミシンを使うことにして、2日半で終え(1日は長い)、その後皆さんのデザインした柄を配置するための布の割り振りに半日、それから、その布に染めの作業、そして、縫いと、どの段階も時間的余裕のない状態でドキドキしながらやっていましたが、終わってみると意外にスムーズに行ったように思えます。

2枚目の印半纏は袷(あわせ)仕立てにして、事前に宿題としてやってもらっていた「絞り」を裏地にして、これがまた功を奏していました。
f0160480_23335865.jpg

Mrs.D これは裏側なのだけれど、リバーシブルにも着れる
背中の上の柄は猫で
f0160480_2336612.jpg

衿に鼠の柄が!
f0160480_23363845.jpg

表側の背中

f0160480_23382540.jpg

Mrs.K 表側背中はシンプルに鳥ですが、
f0160480_2339782.jpg

裏の鳥の絞りが豪華
f0160480_23403663.jpg

絞りのあまりでスカーフに

f0160480_23415758.jpg


f0160480_23424731.jpg

f0160480_2343228.jpg

Mrs.Sの裏はたいへん手間がかかっています。

f0160480_23443986.jpg

脇で柄がつながるという難易度の高いわざをやったMrs.J
f0160480_234688.jpg

f0160480_23464351.jpg

裏も手間がかかっています。

彼女からはたくさんお褒めの言葉をいただいた。
You are patient. (あなたは辛抱強い)と。
それが仕事ですから。
楽しんで来られる外国の方の要望に応えるのがわたしの仕事です。
その方がどれだけのことができるのかを判断し、時間内にできそうでなければ手を貸す。
しかし、基本的には、言葉の未熟さはありながら、丁寧に教えじっくり待ち、その方の達成感を満たすことができるよう導くのが私の仕事です。

f0160480_23534168.jpg


f0160480_23543884.jpg

そして、 BossのBryanです。「藍 古 庵」とあります。
f0160480_2356260.jpg

裏地は和手ぬぐいを柿渋で染めたものをはいで。



      つづく
[PR]
by sakillus | 2016-11-26 23:59 | 手縫い | Trackback | Comments(2)
一気に黄葉がすすむ
f0160480_23292726.jpg

しばらく前から木の葉が毎日毎日はらはらと降ってきて小径を落葉の絨毯にしています。
木々の紅葉、黄葉は人間の忙しさには関係なく光合成の営みを終えたものから落ちてゆきます。

気がつけば家の前の木たちは秋のメインイベントへ
f0160480_23365385.jpg
f0160480_23352171.jpg


一番いい時期はせいぜい1週間程度、どんなものでも長続きはしません。
でも、短い期間だからこそその瞬間が胸にきざまれます。

*********************************************

マメにブログアップできなかったので、記録のために
少し残しておこう。

f0160480_23435048.jpg

11/6日のパーゴラあたり、かなり密に見えますがちゃんと道はあります。
f0160480_2345034.jpg

ツワブキ 南国錦は洗練された柄
f0160480_23461251.jpg

サフランが増えました。
f0160480_23471272.jpg

ダルマギクは日本海側の海岸などに生える野生の菊ですが、野生のものとは思えない大きさの花です。けっこう好きです!
名前で損をしているような・・・
f0160480_23511218.jpg

椿 初嵐・嵯峨
f0160480_235388.jpg

ウィリアム・R・スミスとユウガギク
f0160480_2353509.jpg

ジャック・カルティエとブロンズフェンネル
f0160480_23555973.jpg

ネリネ プディカ Nerine pudica
南アフリカ原産の原種のネリネです。
わたしたちがしばしば見かける園芸品種のネリネ、あるいはヒガンバナとはだいぶ違い
楚々とした雰囲気、冬の霜や寒風は避けなければならないので、冬はおもいきって室内かなと思いますが、なかなかいい雰囲気です。
[PR]
by sakillus | 2016-11-14 23:59 | 植物 | Trackback | Comments(12)
帯留展 〜studio fujino~
藤野にあるstudio fujinoはこれまで2回ほどブログで書いてきましたが、今回は帯留展(11/5~13)ということで、わくわくして行ってきましたよ。
f0160480_721062.jpg

今回も女店主であるfさんの決めの細かさ、洗練度、レベルの高さには驚きました。
この展示用の白いパネルも今回のためにつくったという。
f0160480_7231555.jpg

これは藤野では有名な白磁作家、副島さんのもの、
雪輪をイメージしたような数々にはいつか、、と思ってしまう。
f0160480_724324.jpg

緻密な手描き、薩摩ボタン   うさぎのきものに合せたい〜〜。
f0160480_7254915.jpg

椿もねぇ、特にひだりのぼかし花弁はいいなぁ
f0160480_7264646.jpg

どれもこれも写真がくらいしぼけぼけでがくっときますが、
これはs fのご主人 藤崎均さんの緻密な木工細工

f0160480_7283366.jpg

番外ですが、古代イスラームやエジプトの銀化ガラスを彷彿とさせるガラス
fさんが今年であったイチオシのガラス作家、わたしもこういうのは大好き!
来年は展示販売がありそうなので期待

f0160480_7302893.jpg

これも繊細ですてきな江戸切子

それから、
f0160480_731191.jpg

大好きでずっと注目しているクロヌマタカトシさんの白鳥

クロヌマさんはまだたいへんお若いのだが、そのし〜ンと静まりかえった雰囲気は写真家星野道夫さんにも通ずると私は感じていて、おおいなる自然と伏流水でつながっているような繊細さ、清らかさ、明るさがあります。
人間の木彫もいいし、動物が、なんてこう美しく現せるのだろうと本当に感心するのです。
彼のブログの数ヶ月前のチェス盤も圧巻でうわぁ!となります。実物見たいけれど、早々に売れたそう。
f0160480_740440.jpg

この狼も、遠くの狼と対話しているような気になるのです。
なお、この狼の帯留は一緒に行った友人が買いました〜

この帯留めにはどんなきもの?ということで、妄想すると、深い緑の地色にツンドラというような針葉樹の森、あるいは遠くのやまなみに満月、帯は狼を邪魔しないようなモノトーンでと、
きものは物語をつくる楽しみもあります。

f0160480_7425962.jpg

この方は石が好きなのだそうで、私もそうよぅ♪

今回初めてであった作家さんたち、ご夫婦でアクセサリーなどをつくっておられる
初雪ポッケさんもず〜っと見ずにはいられませんでした。
f0160480_7473134.jpg
これ欲しかった。

f0160480_7471547.jpg


f0160480_748543.jpg

このそろばん動くの〜
f0160480_7483416.jpg

左のペンも欲しくてどうしようか迷った。笑


f0160480_7504158.jpg

f0160480_7505886.jpg

室内の居心地の良さは写真では出せませんが、外、庭もすっきりと気持ちよい空間です。


それで結局私はどうしたかというと、
f0160480_752319.jpg

このアメジスト(紫水晶)を買いました。

f0160480_753527.jpg

自分の持っている「発掘」と題された個性的な帯は好きなのだが、なかなか合せにくく
一度も外にはしめて行けないでいた。
それに合せる帯留めに焦点を合わせてみました。
発掘というと本来は人間の営みを掘るものでしょうが、石も地中にあるので無関係ではないかな?



とにかく、今回の帯留展で、帯留めの奥の深さ広さにあらためて感心させられました。
作家さんも30代、40代のような若い方が多く、この時代にやってゆく意気込みも感じ、
ぜひこれからも素敵な作品をつくっていただきたいと願わずにはいられません。

[PR]
by sakillus | 2016-11-08 07:55 | 創作物 | Trackback | Comments(4)
今年の大文字草、赤毛ヤブコウジ
f0160480_233853100.jpg


これは「音羽」という大文字草、1年経ってだいぶボリュームが出ました。
花弁が大文字草っぽい「大」の字とは違い桜のような均整のとれた、ふぎれのある花弁が愛らしい。
f0160480_23391747.jpg

大文字草は地植えするより鉢栽培のほうが簡単だと思います。
地植えでは半日陰で乾燥しにくい場所をみつけるのはなかなか難しく、風通しもよいほうがいいし、日当り悪すぎても花数が減りそうだしと、年間を通して良い条件に恵まれるところはなかなかないです。
でも、鉢なら移動できるので、水やりさえまちがわなければ、(夏が異様に暑くならなければ)
うまくいくと思います。

ただしどうしても地植えがよいという場合は、何処が条件に合うか場所を試しながら、失敗も経験してやられるのがいいと思います。


f0160480_23435848.jpg

「京小町」
これも京の舞妓さんみたいでかわいいです。

今年特によかったと思えた品種はこの、
f0160480_2345199.jpg

「緋の舞」 これは花色が緋色、やや黒みのあるクリアーは赤です。この花弁は大文字草らしく「大」の字でしかも踊っているようなところが印象的。

f0160480_23545949.jpg

f0160480_2356792.jpg

この「白波」というのもよかった。
純白におしべの先がちょこんと赤いのです。それが愛らしくて。
f0160480_072590.jpg

「かぐや姫」これもかわいいです。

f0160480_206114.jpg



f0160480_23574974.jpg

インパクトの強かった赤毛ヤブコウジ(ビロードヤブコウジ)学名:Ardisia mamillata
中国南部原産の常緑多年草です。中国名は「虎舌紅」という迫力ある名前

ビロード状の毛が赤いんですね。緑の時もあり、寒くなると赤くなるようです。
こういった赤味の葉と質感はなかなかないのでぐっときますねぇ。

f0160480_004217.jpg

実がまたよいのです。実のついている期間がすごく長いようです。


f0160480_052956.jpg

サラシナショウマ(カッコイイ!)アリスター・ステラ・グレイ、ユウガギク


この間はミクリが来て、わたしの庭仕事を手伝ってくれました。
シャクナゲの黄色くなった葉をむしる仕事、雨落ちあたりの落葉を掃除することなど。
「ばぁば、たいへん!」が口癖で、どうしたのかというと、「葉っぱがこんなにある!」とか、
「あそこにも黄色の葉っぱがある!」とか「落葉がこんなにたまった。」とか。
f0160480_012534.jpg

堆肥場を教えたのでそこに捨てに行くのだ。
f0160480_0125591.jpg

[PR]
by sakillus | 2016-11-03 00:15 | Trackback | Comments(2)