ROSASOLIS

<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
いただきもの
このところ予想外のビッグなプレゼントをいただいております。
まずはハナのお悔やみ用アレンジ

f0160480_049948.jpg

箱をあけるとまずバラのいい香り!
このバラは何でしょうね?
バラの実も!!小さいのは野バラと思われますが、橙色の大きなこの実はなんでしょうね?
わかる方がいらっしゃいましたら教えてね。

ハナのオレンジ色に合せてオレンジ色を多用してくれています。
作ったのはやはり相模原市の「宿り木」さんです。さすがだわぁ〜〜。
オキナワスズメウリの実も久しぶりに見たわぁ。

Rさん、どうもありがとうございます!


それから、植物のお客様からなのですが、、、

f0160480_115689.jpg


ひぇ〜っ!これは貴重なユリの本のオンパレード!!
そのお客様いわく、「ユリを栽培していて清水基夫さんのことを知らないのは、、」
このあとちょっと口ごもりました〜
たぶんこう言いたかったのだろうと思います。
「モグリですよ」

はい、モグリでした、わたし。笑

左上と右下の本は特に貴重な本で、けっこう古い本ですが、ユリの研究者としては第一人者のこの方、清水基夫さんの本を上回るものがないそうで、今でもみなこれらの本から引用しているものが多いそうです。ふむふむ
みんさん、ユリのことでわからないことがあったら聞いてくださいね。調べてお答えするわ。笑

ほかにもたいへん珍しい赤花のウバユリの球根を
大量にいただいたり、その他もめずらしいものをいくつか。

ウバユリはわたしも大好きなユリですが、たいがい白です。
ちょっと写真はありませんが、あのユニークな咲き方はインパクトが強くわたしも欲していました。
赤花はなんでも熊本にしか自生していないようでたいへん貴重なものです。きゃ〜っ

驚いたことにウバユリは花を咲かせるとその個体は消滅するのだそうで、なんでそのような生き方を選択したのだろうかと思います。
その株から木子が出ることはあるようですが、それでも花が咲くのはずっと先だろうし、
種子からまた始めたら発芽からまた5年とかかかるのでたいへんだなぁと思います。

Yさん、貴重なものをいろいろとどうもありがとうございました!!


f0160480_1215534.jpg

彼岸の頃には必ず咲くヒガンバナ
f0160480_1222489.jpg

マツムシソウ
f0160480_1225034.jpg

これも珍しい緑色トリカブト
[PR]
by sakillus | 2017-09-28 01:23 | 栽培 | Trackback | Comments(2)
空に昇っていったハナ
f0160480_07011.jpg

   2012 10/12


今の季節すっかり日が没した頃、スズムシがいっせいに鳴き出します。
レクイエムというのは死者に対して送る曲であろうけれど、魂を鎮めるのは死者と同時に残された者にも必要です。

ハナへはどんな曲が似合うかをいくつか試したあと、夜静かに外にこだまするスズムシの音が一番似合うと思いました。

f0160480_08942.jpg

   2005 9/3




9月9日朝6時半、23歳、人間にしてみれば約108歳という長寿を生きたハナがついに天に召されました。
その1週間ほど前から急激に食欲をなくし小さくなっていったハナ、もう長くはないのだと覚悟し、なるべくそばにおけるだけおいていって、ついに食べ物を摂らなくなり、水さえも摂らなくなり、9日の朝2階から下におろす時、足を強くバタバタさせて、それから、体温がいっそう下がり、肉球さえも冷たくなっていきました。
本当に危ないと思い、娘に電話で状況を話している最中、2回足を伸ばし、おそらくおしっこもその時して、その後は動きもどんどんなくなり、ロウソクの灯が消えるように逝きました。6時半、ハナはタイミングを見計らって、娘やみくりや友人の来れる日に死にました。

f0160480_0103342.jpg

   2009 12/31


ハナの思い出は胸の中にたくさん、たくさんあります。
しばらく写真を見ることができず、やっと、パソコンに残っている朗らかでやわらかくあたたかいオレンジ色のかわいい姿を見ることができました。
ハナは最初から眼に傷があり自動車事故にも遭いどうなることかと思った時もありましたが、奇跡のように長く生きました。
庭であたたかな陽を浴びたり風を感じることの好きだったハナ、今ハナのいない庭や部屋は静かで少しさびしい。

f0160480_0111545.jpg

   2010 1/2
f0160480_0121074.jpg

   2010 4/11


ミカの時は亡がらを離れたところに埋めたから、わたしはとんだ失敗にあとで気がつきました、だから今度は庭に埋めました。皆で大泣きしたあとハナを土中に埋めた時、元気だった頃のハナの姿とともに魂が空に立ち昇っていったのが感じられました。それをプラーナというのだとどういうわけか感じ、それが正しいかどうかはわたしは判断がつきません、そういう、なにかが教えてくれるということはあるのでしょう。ハナの魂はエネルギー領域に行き、いつかどういう形でかまた会えることを待ちたい。ハナがもしまた生まれてくるのなら、なにか印をもっていて欲しい、わたしは必ず見つけるから。

生きとし生けるもの、必ず死ぬから、わたしはいつまでも悲しんでるわけではないし、自分自身また変化の時がきていると感じます。わたしが人や動物や植物や物事と縦横に出会う中で私を成長させたもの、癒してくれたもの、ハナとの出会いは確かに特別で貴重なものでした。何かが生まれなにかが消滅する、ハナはこの地上での役目を終え生と生の間の世界に入っていきました。また会えますように。

ハナ、楽しかった、おもしろかった、ハナ 本当に今までありがとう!


f0160480_013082.jpg

   2010 5/15

f0160480_0133466.jpg

   2010 5/21

f0160480_014320.jpg

   2011 12/2

f0160480_0151638.jpg

   2012 3/21

f0160480_0143126.jpg

   2012 6/15

f0160480_0163139.jpg

   2012 10/21


f0160480_0171715.jpg

   2016 3/17



June Tabor  「sudden waves」
[PR]
by sakillus | 2017-09-18 00:17 | 動物 | Trackback | Comments(16)
ハナは23歳になったけれど
f0160480_2151959.jpg

イザヨイバラ
9月に入りめっきり気温が下がり秋らしくなりました。この夏はすっきりとした夏らしい晴れ間が異様に少なかった年として記憶されるでしょう。
もっともここ数年はすっきりとした夏空は極端に減ってしまったのではと思います。
2017年9月の満月は9月6日ということで、おしいです!今日は立待月、十六夜ではありませんね。
f0160480_21144216.jpg

それでもイザヨイバラは夏中よく咲いています。


9月6日は23年前ハナが初めてうちにやってきた日でした。
その日から23年.長く楽しかった日々
人間の年齢で言えば108歳ぐらい?
f0160480_21175037.jpg

ハナ 9/3

いのちあるもの、いつかは終わりの時を迎えるように、今ハナのいのちの灯火は消えようとしています。この5日間ぐらいで急にそうなりました。
昨日今日はもう食べ物もいらなくなりました。
6日まではよく飲んでいた水もすこしだけ飲むだけでどんどんやせて小さくなっています。
足はよろよろで歩くことも難しくなりました。

ハナはおもっていた以上によく長く生きたので、もうあまり無理はしなくていいよと
私は言いました。
f0160480_21222983.jpg

9/5
f0160480_21224554.jpg

9/5
天使のような顔をしています。

f0160480_21234821.jpg

チロは最近ハナのことを案じていて、なにかあると寄ってきてはかいがいしくしています。
f0160480_2125160.jpg

家猫っぽくなるまで時間かかたね、チロ

昔の猫は死ぬ時にどこかへ行ってしまうこともよくありましたが、ハナはもう外にはいけなくて
どこかへ行くことはないだろうからほっとしています。行方はわからなくなるのは辛いから。

f0160480_21281872.jpg

タムラソウとギボウシ
f0160480_2128455.jpg

ヤブラン
[PR]
by sakillus | 2017-09-08 21:30 | 動物 | Trackback | Comments(10)