ROSASOLIS

<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
守る
f0160480_2221929.jpg

f0160480_22223111.jpg

サラシナショウマ 
雄大なこの姿、惚れ惚れします。丈夫で育てやすい。銅葉のサラシナショウマもあるけれど、この緑葉が一番育てやすく信頼できます。


  ........................................................................................

アメリカにはプレッパーと呼ばれる人が300万〜400万人いるのだそうです。
プレッパーとは何かというと、「災害あるいは予期せぬ主に国による暴動、はたまた世界の終末などに備え、食料や自営のための武器、弾薬などを備えている人々」のことです。
アメリカ人は国家権力やマスメディアを信じない人々が多いからです。それはもっともで、むしろ日本人は信じすぎだと思います。

私は取り立ててすごく備蓄しているというほどではないにしろ、食料はある程度備蓄?していますし、車のガソリンもなるべく1/3以下にはしないようにしています。
また、現代ではあらゆる危険が迫ってくる、例えば食べ物もそう、農薬、放射能、電磁波、自然の脅威etc... 自然の脅威は自分ではどうすることもできないけれど、避けて通れるものは避けたいものです。
我が身の安全は自分で守りたいものです。

あの天下の大うそつき、安倍晋三は「国を守る」とでかでかと打って出たものの、それを信じている人はどれだけいるのでしょう?テレビでは北朝鮮の脅威をこれでもかと煽り立てていたというから、それから守ってくれると信じている人がいる? ミサイル防衛なんてできない、ミサイルを打ち落とすことなんてできない、PAK3なんて届かないし数足りないし、周りのビルが邪魔して打てないなんてことは少しでも情報を取ればわかることです。


それよりも本当に大真面目に考えやらなければならないことは原発を止め、再稼働をやめ、燃料棒を一刻も早くドライキャスクに格納し廃炉へと決行することです。

新潟柏崎刈羽原発について、住民の避難経路を確保すべきだと言っていた泉田知事は残念ながらダークサイドに堕ちましたが、避難経路の確保という意味でそもそも無理な地域も確実に存在することも認識しなければなりませんし、九州の川内、玄海原発も、四国の伊方原発も、もし事故が起これば日本中が汚染され、福島の事故で8割がた海に流れたという不幸中の幸いはありえません。

使用済み核燃料は今まで六ケ所村の再処理工場に運んでいましたが、そこはすでにほぼ満杯になりもう運べません。だから各原発で保管する以外になくなり、リスクは上がっています。

原発の知識では第一人者である広瀬隆さんによれば、伊方原発、高浜原発のプルサーマル発電はいっそう危険であるばかりでなく、使用済みMOX燃料は500年も危険過ぎて地下に埋めることのできないものだと言います。500年埋められないですよ。もちろん、プルトニウムやウランの危険がなくなるのはずっと、ず〜っと、はるかず〜〜〜っと先のこと.....

それから、今までほとんど語られることのなかった使用済み高レベル廃液というのがあります。東海村、六ヶ所村に保管されており、この高レベル廃液はかなり危ない放射能のレベルで、1立方メートルでも漏れれば半径120kmの範囲の人が死ぬと言います。
もうクラクラしてきます。

広瀬隆さんは今地球は激動期に入っており地震が多発することは間違いない、こんな時にあるだけでも問題、一刻も早く廃炉にすべきだと言います。もっともなことです。
国を守るというのならこれから先にやっていただきたいものです。といっても今の与党にそれをやる意思のないことははっきりしています。
私たち国民一人一人が危機意識を持ちなおかつ平常心で争う姿勢を見せることが大切と私は思います。

権力欲とは恐ろしいものですね。モリカケ疑惑から避けたいがために国会を解散し600億円かけて選挙やって、丁寧に説明する機会=国会も開かない、いったいあの人たちは何を何から守っているのでしょう。
欲は恐ろしいものです。そんなことより自然を見たり、人と人との間に流れる愛、人と植物、動物、自然との間の愛を感じることのほうがずっと大事です。何があってもこういう気持ちは持っていたいものです。


私が今読み始めて一言一言が腑に落ち気づきをいただくクリシュナムルティ(1895~1986年)に次の一節があります。
その言葉は国家権力や世界で起こっていることと無関係ではなく、私たちの心が穏やかで気づいていて、
まず私たちの心が大きなものに対し信頼し愛を持てるということが世界が変わる一歩であると思うことから記しておきたいと思います。


本当は生はとても美しく、私たちがこのようにしてしまった醜いものではないのです。そして、その豊かさ、深さ、とてつもない美しさは、あらゆるものに対してー組織的な宗教、伝統、今の腐った社会に対して反逆し、人間として何が真実なのかを自分で見出す時にだけ、堪能できるでしょう。模倣するのではなく発見する。それが教育でしょう。
                                                      クリシュナムルティ 「子供たちとの対話」より


f0160480_23344838.jpg

f0160480_23351243.jpg

ウィリアムRスミス
f0160480_23371263.jpg

ロックヒルピーチティー
f0160480_2337483.jpg

お茶の花

f0160480_074361.jpg

清澄シラヤマギク
[PR]
by sakillus | 2017-10-28 23:38 | 世界、社会 | Trackback | Comments(4)
仕覆 つづき
残り数日で作った簡易仕覆です。
f0160480_728361.jpg

No.2の茶入れ、ふりだし、茶杓

ちょっと感じがつかめてきました。笑
けっこうかわいくできたかなぁ

仕覆は、中に入れるものを測って型紙をうまく作れるか否かがとても重要です。それから仮縫いをして修正していきます。
そのやり方をマスターできるまではもっと私は教わるか自分で研究しなければなりません。なんとなくはわかってきました。

ふりだしは何?というと、中にこんぺいとうのようなお菓子を入れておくものです。
f0160480_7325589.jpg

これは次回出品のものですが、こんな感じ
f0160480_7385572.jpg

茶巾と茶筅
布の糸が太くどんどんほどけてきて縫い代がなくなるような布だったので、裏側に接着芯を貼ってやっとおさまりました。

f0160480_7355872.jpg

このセットの実際の茶わんはこれです。わたしは中の渋めの色が特に好き
f0160480_737471.jpg

これはふくさ状につくった布にくるんで
f0160480_7374143.jpg

No.2の茶箱は2段式です。
f0160480_7382759.jpg

全部を入れてみたところ 

f0160480_7412050.jpg

No.4も全部入れてみました。
このセットは布には本当に苦労させられましたが、終わってみるとまぁいい感じになったのでほっとしました。

本日初日です。

漆の仕事は小林慎二さんという方です。本物はべつになります。
小林さんの展示会は今青山の「うつわ楓」で同時開催されています。



長谷川奈津さんの展示会は今日が初日です。
あわせてご覧くださるとうれしいです。



f0160480_727350.jpg

大文字草 四国京子
この感じは可憐で雅なかんじもあって好きだなぁ
[PR]
by sakillus | 2017-10-20 07:49 | 手縫い | Trackback | Comments(6)
仕覆
陶芸家、長谷川奈津さんは隣町、藤野に住む方で少し前から陶芸とは別件で知り合っていました。
茶箱〜この中にコンパクトにお茶道具一式が詰まるセットをつくるのだが、その袋を作ってもらえないかとのお話をいただいたのは約1年前のこと、それから今年5月におおかた中に入るものができ、いよいよ本格的に製作、という段階にきてはたと悩みました。

長谷川さんからは、今までもこのシリーズは数回作ってきて、カジュアルな感じでいいと言われたものの、単なる巾着のようなものではいやだという思いがありました。(それまではそんな感じで作られてあった)
で、どうするか?お茶道具の本格的な袋物は仕覆なのだろうけれど、わたしは作り方を知らない、
いつも縫い物をしているのだから、あなただったら習わなくてもできるわよと周りから声は聞こえてきます。いやぁ、そんなことないですって。本をパラパラめくると作れそうな気もしますが、えぇい、せっかくの機会なので習いに行こうかなということで、ネットでさくっと調べて電話してみたひとつ目のお教室は、今回のリミットと個数を伝えると絶対無理、プロに頼んだほうがいいとあえなく断られました。さて困った。仕覆の教室はそれほどあるわけではなくて、次は銀座でやっておられる教室に理由を話して伺ったところ、かなり厳しいがやってみましょうと快諾してくれました。

それから、長谷川さんといきさつを話し、本格的な仕覆の数は大幅に減らしたものの、本来ならその数とて無理がありました。なにせ仕覆づくりは思いのほか行程が多く縫い方も全然べつで時間がかかるのです。
その無理を承知でなるべく教室の回数も増やしてもらい苦行の末に〆切までのめどが立ちました。
(まだ終わっていないけれど・・・)


f0160480_21414567.jpg

No.1 茶箱

f0160480_2142171.jpg

No.1 茶碗

これらはきちんと仕覆

f0160480_21424565.jpg

No.1 茶筅、茶杓、茶巾


f0160480_21534385.jpg

ぼけてるけれど、こんな感じで茶碗、茶入れ、ふりだし、茶巾、茶杓、茶筅が入ります。

f0160480_21471438.jpg

No.4 茶箱

これもきちんと仕覆  この布には泣かされました。。。

f0160480_21491037.jpg

No.4 茶入れ ふりだし

これは仕覆をふまえてなんちゃって仕覆

f0160480_21503227.jpg

No.3 茶箱

これは自分で型紙つくってなんちゃって仕覆 紐も縫って作りました。

まだ残りがあるのでがんばります!!

長谷川奈津さんの器は使いやすく品があり、〜〜過ぎない感じがいいなぁと思います。

f0160480_10372688.jpg

これは今回の出品ものではなく、わたしが持っているもので、「和楽」という雑誌にも載ったものだそうですが、茶碗としてもご飯茶碗としても使えます。釉薬の色がきれいです。



f0160480_21523051.jpg



  長谷川 奈津 陶展

2017年 10月20日(金)〜10月24日(火) AM 11:00~PM7:00

              茶
              箱


漆    小林 慎二

焼き物  長谷川 奈津

織り・布合わせ いしいゆみこ

仕覆   矢崎 恵子


       桃居
    東京都港区西麻布2-25-13
       03-3797-4494
[PR]
by sakillus | 2017-10-13 22:05 | 手縫い | Trackback | Comments(2)
今度の選挙は改憲勢力対反改憲勢力の闘いだ
f0160480_18351565.jpg

イワシャジン

f0160480_18354912.jpg

桃花八重シュウメイギクは今年も愛らしい
f0160480_18365676.jpg

下垂するタイプのホトトギス 天の川

f0160480_18373245.jpg

キイジョウロウホトトギス


  .............................................................................................


まるで実態のない希望の党というブラックジョークのような名前を引っさげて登場しあれよあれよという間に民進党をほぼ解体させてしまったという前代未聞の小池百合子劇場は今もまさに絶賛公演中です。
普通考えたら政策も実態もわからない党に、歴史のある党が吸収されるなんてことはありえないことなのですが、それをマジックのように成功?させてしまったのは、小池百合子や民進党代表前原誠司、長島昭久、細野豪志に同様のバックがあるからでしょう。

民進党時代から「党内には3人のスパイがいる」と言われて来た議員がいて、それこそこの3人でした。
また、小池百合子はワシントンのグローバリストから寵愛を受けていて、賞味期限の切れた危ない安倍晋三を捨て彼女に切り替える算段はできているのでしょう。

事実小池百合子はジェイコブ・ロスチャイルドの子飼いであるジョージ・ソロスと接触してきたり、ジャパン・ハンドラーのリチャード・アーミテージ、マイケル・グリーンとも、何度か接触しています。

マスメディアは本来ならば権力者に疑問を投げかけなければならない存在ですが、日本のそれは当初からそれを放棄していました。もちろん記者の中には気骨ある人もいるでしょうが。
ゆえに今回の選挙は自民VS希望の党みたいなディスインフォメーションを流しますが、賢明な国民はご存知のように自民と希望の党は対立軸にはならず、補完勢力でしかないというのが妥当な見方です。

それにしても希望の党のあの「政策協定書」はひどかった。
選挙は無所属で出るよりは支持母体のあるほうが当然有利だからはしごを外された議員たちがこぞって、しかたなく希望の党に合流する気持ちはまったく理解できないわけではないけれど、だからといってたとえば、

2.現下の厳しい国際情勢に鑑み、現行の安全保障法制については、憲法に則り適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する。

4.憲法改正を支持し、憲法改正論議を幅広く進めること。

8.希望の党の公約を遵守すること。

9.希望の党の公認候補になるに当たり、党に資金提供をすること。

など、これをのんで、こういう冷酷なやり方の踏み絵を踏むことができるのでしょうか?政治家としての自分の信念は?

少し前の山尾しおり議員の排斥も含めてこれは巧妙に仕組まれた民進党解体劇と言わざるを得ません。

この危うさをいち早く察知し立憲民主党が立ち上げられたことは救いでした。心ある民進党議員は今すぐにでも希望の党から足抜けをして、改憲勢力からの脱出を望みます。

改憲で一番危ないのはなんといっても緊急事態条項です。
これに関してほとんどの人はあまり頓着していないと思うのですが、自民党の改憲案、今回の選挙公約にはこれが組み込まれています。
緊急事態条項はナチスの全権委任法と同様すべての立法は国会ではなく内閣によって決められることになり、国民の基本的人権は阻害されます。財産権が反故にされ、戦争へと一般国民も動員することも可能になるでしょう。

いや、そんな大袈裟とおもうなかれ、アメリカは戦後日本の軍事をアメリカの手下として使うことをずっと画策してきました。そういうことはアメリカの公文書を調べればわかることで、その研究結果は出ています。今では有名となった日米合同委員会しかり、日米ガイドラインしかり、もっと前から、アメリカの走狗であった岸信介は日本憲法を変える事を画策していましたがならず、その孫の国難安倍晋三は祖父の代からの望みを今まさに叶えたいと思っているのです。

水面下では日本とアメリカの軍事の指揮権系統の統一化は進み、つまり、指揮権はアメリカに握られているということで、いよいよ日本人をアメリカのために世界各地に送り込もうとしています。
それに日本の何のメリットがありますか?
アメリカは日本を守ってくれる?幻想です。

ですから、今度の選挙は最後に踏みとどまれるか否かの重大な選挙となるでしょう。
改憲勢力を2/3以上にしてはいけません。
反改憲勢力、社民共産、立憲民主党、その他反改憲勢力の無所属で156名以上取らなければなりません。!!!
改憲勢力を2/3以上にしてしまうと憲法改悪が発議されます。




f0160480_184258100.jpg

[PR]
by sakillus | 2017-10-07 18:43 | 世界、社会 | Trackback | Comments(8)
Blue Planet II


英国BBCの制作する番組、わたしはファンで「シャーロックホームズ」や「名探偵ポワロ」、アーサー王に使えた魔術師の物語「Merlin」その他、宇宙や地球のドキュメンタリーなどたくさんの愉しみを得てきました。

このBlue Planet II は、イギリスのBBCワールドワイド社とAMC Networksの合弁で運営されているBBCAmericaが製作したようですが、美しい海とそこに棲むいきものの眼を奪われるような美しいドキュメンタリーです。美しいものに触れたり見たりすることは、わたしたちのこころの栄養になります。
群れる、ひとりで泳ぐ、鯨がジャンプする、海から透けて見える太陽、水の輝き、ドルフィンジャンプ、珊瑚礁と彩りの小さな魚たち、海面の模様、すべてが美しくすべてが正しい。

わたしは底の見えない海はちょっと苦手なのですが、こういう美しい海や美しい動きをする海のいきものはいいですねぇ。残念ながら海は人間によって汚されてしまいましたが、それでも海は万物を生んだ母、そんな気がします。
[PR]
by sakillus | 2017-10-06 00:05 | Trackback | Comments(0)