「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

ふたたび 言いあらわせない色


f0160480_17211825.jpg


f0160480_0584069.jpg


   クリンソウ

繊細なはなびらは光を透かす色

   今様(いまよう)  当世流行の紅花で染めた色
  
   苺色(いちごいろ) 苺の実の色

上の画像は銅葉サラシナショウマとささやくように
下は光の中で踊っているかのように 

       抱きしめたくなる



f0160480_122656.jpg

f0160480_125260.jpg


   エンゴサク

上はチャイナブルー
下はパープルリーフ


エンゴサクの花の付き方は変わっている。
川の岩場、穏やかな流れに群れて生息している小さなさかなのようだ。
それら小さなさかなは色はダークだが、こうした透明な色を宿しているのかもしれないとおもった。

   エンゴサク
       
         透明な色

そこだけ、わたしの目には、こころには水が流れている。


そして、藤

f0160480_155419.jpg


これはうちに咲いている藤だが、今、山では藤が花盛り。

  藤、朴の木

甘く濃密な匂い

       朴の木

大きな葉とそびえたつ樹高、それに見合う花の大きさ
空を見上げるようにあおぎみる  
    
       めまいがしそうだ
[PR]
# by sakillus | 2008-05-05 17:42 | 植物 | Trackback | Comments(0)
言いあらわせない色


f0160480_0532791.jpg

f0160480_16455810.jpg



クレマチス モンタナ ローズバッド

微妙な色だ。
この色を単純に言いあらわすことはできず、「色の手帖」の力を借りる。

  退紅 褪紅 (たいこう)
     紅花で染めた薄い紅色の名

  灰桜 (はいざくら)
     灰色がかった桜色

ときおり花弁の中ほどに入る薄緑の筋
同じく薄緑のしべ

     ローズバッド    Rose bud


     灰桜
               退紅 


f0160480_0492764.jpg


チベットの色彩は鮮やかだ。
   装束、建物、壁画、石窟画、幡(教幡)

特に赤胴色(しゃくどういろ)、深非(ふかひ)、臙脂(えんじ)、赤(あか)が
目につく。

この花は濃色ヒマラヤユキノシタ
葉はあまりおおきくない。
北側の庭でそこだけチベットを少し想わせる色を持ち咲いている。
[PR]
# by sakillus | 2008-05-05 17:10 | 植物 | Trackback | Comments(0)
緑いよいよ濃く

地植えのバラはとにかく勢いがすごく、蕾の数も以前の家の頃に比べると格段の差に
みられます。


f0160480_213748.jpg  
  Hibernica


f0160480_2319100.jpg 


           

  
    Bourbon Queen




f0160480_295779.jpg
  




 


  紫玉




f0160480_2144690.jpg
The Night

そして、ほぼ Old Blush とみられているごじゃりあんが開花しましたが、
その姿はいままでになく妖艶!

f0160480_223962.jpg

f0160480_2234159.jpg


f0160480_2245294.jpg



どうよ、アタシの底力と言わんばかり!
花弁には明らかなチャイナの印の白い筋が。





f0160480_2395854.jpg



道路に面した植栽です。
とにかく緑が濃くなってきました。


猫の大好きなホワイトキャットミント、
イチハツ、大きくなりすぎているジャーマンアイリスなどなど・・・
奥には開花前の 薔薇
[PR]
# by sakillus | 2008-05-03 02:35 | 植物 | Trackback | Comments(13)

朝、たけのこを堀りに来ませんかとのお声がかかりました。
毎年たけのこはどなたかは必ずくださいました。
持ち主が掘ってくださるので今までは自分では掘ったことがありませんでしたが、
今日は掘ってみることになりました。
鍬を持って急な斜面へ・・・
足場が悪いため落ちないようにバランスをとるのは容易ではありませんが、
たけのこは地下茎でつながっているため、その地下茎を切れば掘りあげるのはそう難しいことではありません。
でも、わたしは初心者なので、浅いところで切ってしまったりして、
ちょっともったいないことをしてしまうこともままありました。
家に帰るとすぐさまぬかを入れてゆでて、水にいれておけば日持ちするというのでそうしました。
夕飯は筍ご飯にしました。旬の香りもすがすがしくおいしくいただきました。


さて、庭の方は10日前、1週間まえとは全く違う様子で、スキスキのように見えた我が庭もかなり茂ってきました。


f0160480_21263092.jpg


   草丈60㎝の 西洋オダマキ ウッドサイドブルー
   種から蒔いたのですが、葉っぱはこんなにいろいろ

f0160480_21381963.jpg



f0160480_21445091.jpg  



イワガラミの新鮮な緑

 

f0160480_21592577.jpg  







クレマチス モンタナ ローズバッド


f0160480_2222289.jpg  







シャクナゲ モーニングマジックも2,3輪花開いてきました。




園芸品種に先駆けてシャクヤクの中で一番早かったのは山シャクヤクでした。

f0160480_21492844.jpg



繊細な花弁、よくみるとすじがうっすら入っています。
今年この白花を加えたのですが、今まで何年間か咲いたことのない赤花も
これからまもなく咲きそうです。
軸も葉の色も違います。やはり花の色に添うようです。
花の命は短く、それでも三日ほどは保ってくれました。
落花後もそのまま形が温存されていました。

f0160480_21541171.jpg
[PR]
# by sakillus | 2008-04-28 21:39 | 植物 | Trackback | Comments(19)