ROSASOLIS

LABO 味噌仕込み
先週穏やかな休日、月は新月の日に少し前につくった麹を使って味噌の仕込みをやりました。

f0160480_21395625.jpg

このもふもふの麹、思った以上のできあがりです!
これは玄米煎り麹

プロの麹づくりにはほんの数%灰を混ぜるのだそうで、
私たちが使った炭焼き窯には灰もあるし、炭も見えるか見えないかレベルでもある、ということは微生物が繁殖するに良いと言えます。
f0160480_2147261.jpg

そのうえ炭焼き窯の内部はドーム型、球を切ったような形なのでなにかをかもすには理想的な形です。
ものはすべて眼には見えなくとも分子レベルでは振動しており、もの同士の振動のひびきあいには
もってこいと言えるのではないでしょうか。

工房の主である友人のケンジロウは仕込んだ麹に灰をまぶすより、窯の内部で炭を炊くことにより
均等に灰がかかると考え、それはうまくいきました。

玄米は麹菌の繁殖にむずかしいとプロでも言うものをこうもうまくいくとは、まさに驚きでした。
玄米を発芽玄米にしていることや鉄鍋で丹念に煎っていたこともよかったのでしょう。

玄米は白米より麹菌の繁殖は難しくても、その後味噌の大豆を分解しうまみ成分を出すためにはタンパク質が必要であり、そのために栄養分の薄い白米より玄米のほうが優れているという考えがありました。

f0160480_21414474.jpg

手前は麹をほぐしたもの

f0160480_21583454.jpg

薪ストーブで蒸された大豆は臼の中でつぶされます。
二人組になって調子よくするといいんですよ。
f0160480_2202493.jpg

つぶされた大豆、この状態で食べても甘くておいしい。
大豆は近隣の津久井産(だと思う)
f0160480_222810.jpg

麹に塩をまぜた塩きり麹と大豆を混ぜ合わせます。

f0160480_223265.jpg

桶の中に丸くしたものを投げつけるように入れました。
これはこのあと陶器の瓶に移され、自然の中の秘密の貯蔵庫に寝かせられたようです。
動物に開けられなければいいのだけれど。

だいたい2つの薪ストーブで蒸し器3台 × 2でやってますが、
量があるので夕刻までかかりました。
その間にくんせいをつくったり、シカ肉のスープをつくったりお祭りのようなものなので
愉快に過ごしています。
今回は若い方もけっこういてそういう人に体験してもらうのはうれしいことです。
f0160480_2293597.jpg

高校2年生の女の子とか手前の子は小2だったり。
うちの娘も中学校ぐらいからこうやって大人の中に入っていろいろやってい
て、それは彼女の人生に大事な経験でした。
だから、若い人たちにも後年いい経験になるといいなぁと思います。
f0160480_22123852.jpg


f0160480_2213172.jpg

薪もたくさんつくらなければなりません。
Fちゃんは20代で、いつもきものを着ているユニークな人です。
木枯らし紋次郎みたいだねって言っても知りません。

ということで、仕込みが終わり、さて、秋にはどうなっているか、楽しみです!
[PR]
# by sakillus | 2017-03-04 22:19 | 文化伝承 | Trackback | Comments(6)
ようやく咲いてきたクリスマスローズ
つい先日の強風は春一番だということで、寒い寒いと思っているうちにも春は訪れるのだと当たり前のことですが思います。
密かに咲いていたロウバイを見つけたとき、つもった木々の雪にほんのり桃色を見るとき、
極寒ようにめいっぱいかけた蒲団にやや暑さを感じるとき。笑

庭のクリスマスローズも少しずつ咲いてきて、これからが本番です。
f0160480_22385712.jpg

我が家の多くは大木さんのものです。
f0160480_22451779.jpg

f0160480_22453566.jpg

これは去年の販売で気に入って自分用にしたもの。
去年と少し花が違いますね。

f0160480_22555312.jpg

f0160480_22561452.jpg

透明感のある淡い黄色

f0160480_2325389.jpg

f0160480_233971.jpg

大きな鉢に3種類植えたこれらは花がたくさんでかわいい。
もう3つは多いかな、2つにしようかな。


冬の間は餌がなかろうと、ふるくなったみかんやリンゴをよく庭に置いています。

f0160480_2343269.jpg

そうすると、日ごとに中身が減っていておもしろい。
f0160480_2355630.jpg

きれいに食べました。
[PR]
# by sakillus | 2017-02-19 23:06 | 植物 | Trackback | Comments(0)
LABO 麹仕込み
わたしたちはもう何年も味噌を手作りしていますが、やり始めたのはもう20年ぐらい前のこと、途中中止の期間もありましたが、近年また復活してやっていました。
これまでは、私個人的には自分で麹をつくったこともありましたが、大々的に全体で麹を仕込むことは
今回が初めて。いよいよパワーアップしたLABOの味噌づくり。

f0160480_21205038.jpg

これは工房に隣接してある石釜の炭焼き釜、長らく使われることのなかったこの石釜を利用して麹を熟成させようという試みです。
f0160480_21223684.jpg

麹を熟成させるには適度な温度とかなりの湿度が要求されます。
温度は30度前後で、湿度は正確ではありませんが80%以上?
ちょうどお風呂のような環境が適しています。
窯の内部はけっこう広いので程よく暖めることもたいへんです。

この日は朝から暖め班ががんばっていました。炭で暖めているので、一酸化炭素中毒にやられた仲間もいました。ひゃぁ、デンジャラスです。
その使った炭もかつてこの石釜で焼かれた炭が使われたということです。

麹に使う米は白米じゃありませんよ。
1週間前から仕込んでくれた発芽玄米、3分搗き玄米、それに釜煎り玄米という強烈なラインナップ!
ドキドキ うまくいくでしょうか。いや、この仕事はきっとうまくいく、そうさせるという強い気持ちはありました。

f0160480_21322639.jpg

これは米を蒸しているところ
この小さなストーブは効率よかったが、時間はけっこうかかりました。

f0160480_21362028.jpg

これはホイロというもので、お茶をつくる作業、手もみをする道具です。
お茶を煎るには遠火でゆっくり手もみする必要があります。
それももう20年近く前やったこと。このホイロがまた日の目をみようとは!
なんだか感無量
わたしたちは、日本に伝わってきた民間の重要な文化を伝承させようとしていたのです。

f0160480_21431751.jpg

蒸し上がった米をこのホイロの中にいれてさまします。
40度ぐらいになったところで種麹菌(粉状になっているもの)をふりかけてまぜます。
まぜているうちにぽろぽろな状態からやや粘り気が出てきました。
f0160480_21453470.jpg

このガン状のものは温度計で赤外線で瞬時に測れるのでありました。
f0160480_21472780.jpg

長い木の箱(じつは桐のタンスの棚でした)に3センチ以内になるよう平に乗せて
f0160480_2212133.jpg

石釜の中に入れます。

こういった作業を9回ぐらいやりました。なにしろ20kgのお米を使うのです。
最後はすっかり暗くなる頃になりましたが、終わった時は静かな充実感がありました。
最後まで集中力がとぎれなかったのがよかった。

f0160480_225991.jpg

これは釜煎り玄米だなぁ。かもせ〜、かもせ〜!

だいぶ前から計画し1週間前から米の仕込み、薪割りや窯の保温、保湿、
いやぁ、すごいエネルギーを注ぎ込んでいるのだもの、失敗させませんよ。

その後、わたしは行けませんでしたが、米は自らの発酵熱で40度ぐらいになり、窯の内部温度は28度、湿度は80%ほどにキープしたといいます。
そして、仕込みの2日後、現地からの報告で順調に醸成しているとのこと!
中には麹菌が米を板状にかたまらせるぐらいになっているとのことで、感極まりないです。
お疲れさまと心から言いたい。


そして、次の作業、いよいよ味噌仕込みは新月の日

[PR]
# by sakillus | 2017-02-14 22:13 | 文化伝承 | Trackback | Comments(0)
コインになったシクラメン
f0160480_09427.jpg

今年も咲季山草軒では今のシーズンはクリスマスローズの販売に大忙しだ。
短期間ではあるが密度が濃く、ひとつ、二つの山は終わったけれど、まだ気は抜けない。
もうひとつが終わるまでは、たとえ交感神経優位状態が続こうとも、待ってくださるお客様がいるかぎりがんばるのだ。

つい先だって、毎年恒例の大木ナーサリーさん、クリスマスローズピックアップに加えて、
ほんの少量ではあったが原種シクラメン コウムを仕入れてきた。
シクラメン コウムといえば、日本でもよく知られたものだが、それの改良種なり、亜種があったり、改良種の選抜種があったりと、多彩になっている。

そんな中で1品種ひとつだけあったのが、1枚目の画像、Cyclamen coum kuznetvii だ。
これまた初めてみる品種だったが、優しい色合いの桃色が気に入り、花つきもよく、
苗自体もよかったので、これは自分用にさせていただいた。
種を播くんだも〜ん!

f0160480_0194486.jpg


バラの植物ラテン語をほんの少しかじったので、名前から少しだけ情報を得ることはできる。
kuznetvii  の最後にiiがつくのは人名だ。

でも、読み方はわからない。
一応海外のサイトを調べてみると、なんか変?

コインが出てくる。。。

ウクライナのコインらしい。もうそれ以上の情報はわからない。

でも、すごいね!(単純な反応)
というわけで、名前をつけられた方のこともわからなかった。

f0160480_0295050.jpg

葉は丸く少し模様がある。
とにかく花がふっくらしていて花色がいい。


f0160480_0304575.jpg

我が庭のクリスマスローズ、開花一番手はニゲルを除けばこのクリームイエローの優しいこの子

f0160480_0314721.jpg

ニゲルも個体差がけっこうあって、このニゲルはAshwoodの種から

f0160480_0324226.jpg

こちらも大木さんので去年気に入って自分用にした。楽しみだなぁ〜

f0160480_034449.jpg

梅の花もほころび始めた。
ほんの少しだけ春が見えてきた。
[PR]
# by sakillus | 2017-02-09 00:37 | 植物 | Trackback | Comments(2)
復活LABO!餅つき大会
f0160480_23355661.jpg


「新年あけましておめでとうございます。これからもよろしくお願いします。」という友人の言葉で始まった。
その日は旧暦の元日だったのだ。それは、わたしの長年の友の、長いまどろみ期間を抜け、今後の活動への晴れ晴れしい幕開けの言葉でもあった。

f0160480_23364767.jpg


その人ケンジロウは主に鉄を使った造形をする人で、鉄という素材に眼を付ける、気付くというのも思えば深いものがあるのだが、鉄をやる人はドスンと重力が強いというのかただものではない人が多い気がする。といってもそう多くを知っているわけではないのだが。
彼に言わせれば、「鉄は地球の真ん中でドロドロになった状態で流動的にあるもので、鉄があるから磁気が生まれ、オーロラだってそのおかげで見えるんだから。」とのこと。

f0160480_2337245.jpg

   右がケンジロウ、左の方は、我が家を設計してくれたノグチさん


初めてであったのは高校3年の時で忘れもしない、本当に空気が渦を巻いていた、ように見えたのだから。それから、本当にいろいろなことを教えてくれて、
40年、おさななじみみたいなもんだから、というけれど、わたしは朋だと思っている。人が生きるとはどういうことか、根源的なことをハッとすることを言う人で、この人がいなければ、今のわたしはないと間違いなく言える。
長い間には心底むかつくこともあったが、師と呼んでもいいのだ。
生きることに、心から楽しめることにまっすぐで、それから、つくるものも
天の才を持っていた。

f0160480_2339267.jpg

f0160480_23392067.jpg


その彼がうつを煩って活動がゆるやかになり、借りていた工房も畳むことにした。道具類もけっこう知り合いにあげて、、あとで後悔していた。自宅の庭を工房のようにしていたが、狭いのでやれることも限られていただろう。
去年の今頃はまだそれほど調子がもどっていたようには見えなかった。
が、どういうわけか、いつだろう?初夏頃には元気になっていて、いままでにないアクティブさを発揮していた。笑
おぉ、やっと、やっと抜け出せたのか!?彼のことを好いて期待している人はけっこういるので静かに動向を見守っていたかもしれない。しかし、「うつ」は波があるのでどうか? が、去年はそれ以降快調に過ごしていたようだった。

f0160480_23395224.jpg

f0160480_2340685.jpg

f0160480_23402067.jpg


そして、一度離れた工房に再び戻って来た!今度はかつても一緒にやっていたやはり鉄のFujiiちゃんと、若くてたのもしい整備士、岳君と3人で運営する。そのうえ、この辺りは移住者が近年すごく増えているのだが、またたくまに関係が広まり彼を支える若い人が増えたことは大きかった。
やはり彼のひとを惹き付ける求心力は郡を抜いている。

LABOというのは彼が造形をやりだした初期の頃から名づけた名前なのだが、
この日はLABOの再起動オープン、正月餅つき大会だったのだ

f0160480_23405119.jpg

f0160480_2345435.jpg


新しい仲間、かねてからの仲間、三々五々30人ぐらい来たのではないだろうか。世の中は厳しいこと暗雲たれ込めることも多い、でも、そんな中だから楽しめ喜びを分かち合う大切さを供に持ちたい。
「こんな人いないからさ.でも、コツはね、あんまり甘やかさないことだよ。」古い仲間が新しい仲間に激励の言葉を送る。そうなんだよね、こんな人いないからとわたしも思う。

そして、ケンジロウのかねてからの悲願でもある「天然文明」へと歩みを進める。そこはひと言では語れない。人間と地球資源、宇宙とのかかわり、何をどう用いどう生きてゆくのか。(べつにあやしい宗教などではありません)

f0160480_23452894.jpg

f0160480_23455238.jpg

f0160480_23461618.jpg


ちなみに2月はミソづくりにさきだつ麹づくりから始める。
ここでかつて炭焼きをしていた方が残した炭焼き窯があるからそこで麹を仕込む。麹づくりには適度な温度と湿度が必要だからだ。

f0160480_2348852.jpg

f0160480_2348334.jpg

ガラス作家のタカハシさんはこんなプレゼントを!
 [ Holly LAbo KENJIro]

  
  ☆番外
f0160480_23463724.jpg

演奏もあってそれにのって悦に入りおどるみくり
f0160480_23473588.jpg

[PR]
# by sakillus | 2017-01-31 23:56 | 人物 | Trackback | Comments(4)
転用するのが好き
暦のうえではほぼ大寒とあってさすがに寒い日々が続いています。
そのうえ強風でも吹こうものなら体感温度も一気に下がり、この時期は庭仕事には厳しいです。

そんな時は室内でぬくぬくと、でもなく少々かじかみながら楽しいことを考えます。

楽しいこと、、ふふ、今マイブームなのが「きもの」です。
なにを今更と思われるかもしれませんが、なぜなんだろう?なぜかそうなのです。
いただいた気楽さもあり、意外と普段に着ています。つまり洋服の上に羽織って。

f0160480_23175944.jpg

これは去年ヴェロニカさんからいただいた羽織なのですが、ご本人もきっとだれかからもらったのでしょう、わたしが着たほうがいい、ということでありがたく頂戴いたしました。
f0160480_23193272.jpg

鹿の子絞りの手間のかかった仕事です。
羽織紐が少々気に入らなかったのですが、
スペインのアンティークショップでこんなものを見つけました。
f0160480_2320437.jpg

ラインストーンのブレスレットです。
ブレスレットをすることはほとんどないのですが、あ、この長さ!
羽織紐にぴったりではないか?
f0160480_23215941.jpg

はい、ぴったりでした♪
ただ重さで装飾部分は下を向いてしまうのですが・・・

f0160480_23225838.jpg

同じくスペインのアンティークショップであったフィリグリーのペンダントトップ
フィリグリーとは、スペインでは有名な、細い金属線を溶接して作られる金工用語で、非常に細かい細工が可能で、スペインはイスラムからの文化の影響で、昔からフィリグリーの装飾具が盛んに作られていたということです。
これは聖母マリアを表しているとのことなのですが、どちらかというと王様に見えてしまいます。

これをなにに使うかというと。
f0160480_23273719.jpg

これです。帯留でした〜。
ただ、帯締めを通す金具はないので、糸で縫い付けねばならないかなと思っています。


きものは修業時代に練習をかねて自分のものも縫いましたし、染織をしていた頃に織ったきもの(長着)もあり、自分でもよくこんなすっとんきょうなものを織ったなぁというのもあり、そんなきものを救済してくれる帯を探しています。

帯はほとんど帯専門の仕立て屋にまわるため、わたしは個人客のものしかきませんでした。
だから今帯がおもしろい!!
[PR]
# by sakillus | 2017-01-26 23:31 | きもの | Trackback | Comments(2)