ROSASOLIS

印半纏ワークショップ 1
1年に1〜2回開催されている友人ブライアンの印半纏ワークショップに講師として参加しました。
最近facebookも地味にやりだしてそっちにはアップしたのだけれど、やはりブログの方が私は向いている気がする。
ということでこっちにも記録として書いておこうと思います。

今回も2週間で2枚、1枚目は形を覚えてもらうため、2枚目がいよいよ各自でデザインした印や絞りなどを染めて形にするものです。
今回も多種多様で驚くような力作の数々ができました。イギリスから4人オーストラリアから2人、U.Sから2人、海を渡って習いに来た方々は皆愉快で
愛すべき人柄でした。
主に2枚目の印半纏を紹介して行きましょう。
f0160480_22352878.jpg
f0160480_22351765.jpg
f0160480_22352878.jpg
Jackyは水紋の柄を筒描きで描きました。筒描きというのはホイップクリームを絞るようなものの中に防染の糊が入っていて、
搾り出しながら描いて行きます。
特に彼女のこだわりは身ごろと袖の柄をきっちり合わせること。
私の仕事は当人のサイズに合わせて柄合わせの位置を決めることも含まれます。
しかし、身ごろと袖、しかもこのような細い幾重にも柄が合うのは難しいいことなのです。
ちょっとした加減でずれたります。プロがやってもそうなることがあるので、素人ならなおさらです。
私が「完璧に合わない可能性がある」ことを伝えると、彼女は「絶対に合わせる」と譲りませんでした。
その根性が次回、オーストラリアから奨学金を得てまた11月に来日することを得たのでしょう。

1回でパーフェクトに合うことはできませんでしたが、袖を縫い直し見事に合わせました!素晴らしい!
f0160480_22353523.jpg

f0160480_23110059.jpg
Joはとても器用な人です。1枚目は日本の古布と藍染を剥いで作ったもの。バランスよく配置されているし
裁縫もうまいです。
f0160480_23194778.jpg
ブライアンベアーというこのクマのぬいぐるみは彼女が作りました。
ブライアンより彼女自身に似ているように見えますが。
f0160480_23105184.jpg
f0160480_23232141.jpg

2枚目は繊細な柄に挑戦しました。こう言う細かいのは糊置きが難しいんじゃないかなと思います。


つづく



[PR]
# by sakillus | 2018-05-22 23:25 | 創作物 | Trackback | Comments(0)
バラが咲いてきました
f0160480_06280681.jpg

f0160480_06311757.jpg
f0160480_06325256.jpg
Petite Lisette
今年はだいぶ大きくなり結構咲いてくれます。可愛くて香りも良いです。これもダマスクですね。
f0160480_06321496.jpg


f0160480_06342547.jpg
Jacques Cartier
f0160480_06363489.jpg
Tuscany Superb
ずっと待ってました。香りはそれほどでもないけれど黒みがかったビロード質の花弁は迫力あります。
やっぱりこういった色は庭が引きしまりますね。
f0160480_23430795.jpg
咲き進むとビロード感は減り、黄色のおしべが見えて対比が美しいです。


[PR]
# by sakillus | 2018-05-18 06:39 | 薔薇 | Trackback | Comments(4)
Damask Rose / Mme. Zöetmans
f0160480_00132152.jpg
f0160480_00132869.jpg


Mme. Zöetmans
咲き始めは淡いピンクを帯びることもあり、次第にベージュを帯びた白色になって行きます。
大変美しいバラです。
やっぱりリベンジしてよかった。
それとこのバラはやはりDamask Rose
香りがとても良いのです。

うっとり見とれてカメラをパシャ、うわぁ〜
パシャ、うわぁ〜、パシャ、うわぁ〜
だいたい5回ぐらい繰り返しています。


Damaskというとシリアの首都ダマスカスから名前をとったと言われます。
バラと中東との関係は古く、ガリカやダマスクローズを中心としたオールドローズの基も、
小アジア、中近東に起源があると言われています。

今シリアは大変な戦火に見舞われ、シリアだけでなくパレスチナも惨憺たる状況で
人権という言葉がないがしろにされています。
5月14日はイスラエル建国70周年、昨日5月15日はパレスチナからすると「大災厄 ナクバの日」です。
1948年イスラエルが建国され初代首相、ペングリオンは
パレスチナの地の8割をイスラエルのものにすると決めていました。

私はとても不思議に思います。かつてナチスによって大量虐殺という悲劇を受けた同じ人民が
パレスチナの人々に対し同じような非人道的な虐殺の歴史を繰り返してきたことを、
そしてそれは今も続行中であること、それをおかしいことと思わないことが。

パレスチナは国土の大半を奪われ散り散りに分断されライフラインはめちゃくちゃ、働くことも満足にできず、
上下水道も破壊されているようでまともな生活が営める状態ではないと言います。
先だっても死者58人、負傷者2700人を出す攻撃がありました。
国際的な支援もあるようには見えません。

いったいいつになったら、どうやったら平和が訪れるのでしょうか?

外国のメディアもイスラエルとパレスチナはどっちもどっちであるかのような報道をすることがあるようですが、
武力は全く対等ではありません。
丸腰の人間に対し、イスラエルは容赦なく射殺してきます。
日本の報道はそもそもからっきしなってないですが、このパレスチナーイスラエルに関し、
西側の報道は偏っているとしか思えません。

展望の見えないパレスチナ
遠く離れて離れてはいても、私にはどうすることもできないとしても、ただ、無関心でいられません。


メモ:ユダヤ人のパレスチナへの入植(強奪)にはキリスト教シオニズムの影響が強いということも忘れてはならない。
キリスト教福音派は原理主義であり、聖書に書かれていることを信じている。
パレスチナの土地にユダヤ人が入ることを歓迎している。それは聖書に、それによって最終戦争=アルマゲドンが起こり
キリストが復活し、空中軽挙が起こるということを本気で信じているアメリカ人は多い。
福音派はずっとイスラエルを支援してきたし、今もアメリカの大富豪はイスラエルに多大な寄付をしている。



[PR]
# by sakillus | 2018-05-16 01:07 | 薔薇 | Trackback | Comments(0)
屋久島シャクナゲとシャクナゲ モーニングマジック
シャクナゲ モーニングマジックは屋久島シャクナゲ交配ということで、今年は両者の比較をしてみることができました。
まずは屋久島の方
f0160480_08160750.jpg
咲き始め。

f0160480_08165723.jpg
その後淡い色、白に近い色になります。

一方モーニングマジックは、
f0160480_08180681.jpg
咲き始め。
光に輝いて美しいです。
f0160480_08184181.jpg
アップはこんな感じで、

こっちも咲き進むと淡い色になります。

見分けがつかないほど似ています。
が、見た感触が屋久島の方がふわっとやわらかいかなと思います。
そんなところが野生種と園芸品種の違いでしょうか?

でも、モーニングマジックはエクセレントです!
屋久島は暖地では栽培が難しいと言われていますが、モーニングは全く問題ない。
それにしても、名前がもう少し何とかならなかったのかと残念です。笑



今年はどこでもバラの開花が早いようですね。
我が家でもそうなんですが、一番ちょっと変じゃないと思ったのは、遅咲きであるフランソワ・ジュランビルがもう咲き始めていること!
例年なら5月下旬〜6月初頭にかけて咲くのに。どうした?
何か生理不順を起こしているような気さえします。(写真はぶれたのでなし)

f0160480_08344775.jpg
Sidoney

Jean-Pierre Vibertの作出ですね。とてもゴージャスに咲いています。香りもゴージャス。

この花を見ると私の頭の中ではブリジットバルドーがうたう「Sidonie」という歌がなっています。
   
Sidonie a plus d'un amant   彼女には恋人がたくさん

            
f0160480_08410752.jpg

Rock Hill Peach Tea
f0160480_08421305.jpg
大好きなStanwell perpetual
f0160480_08434850.jpg
クロユリも美しいです。
f0160480_08442189.jpg



f0160480_09265631.jpg
ヤマアジサイ 丸山ボタン

早咲きのようです。2012年に発見されたという新品種です。
宝石のように美しい
とても変わった咲き方をしています。花径は5〜6cmとそれほど大きくないものの
十分見ごたえがあります。



[PR]
# by sakillus | 2018-05-09 08:35 | 植物 | Trackback | Comments(2)
湖北ヤマシャクヤク
f0160480_0131966.jpg

この湖北ヤマシャクヤクとの付き合いも長くなりました。

実のところ、湖北というのは中国の湖北だろうと思っていますが、情報がほとんどなくよくわかっていません。が、日本の通常のヤマシャクヤクに比べ数倍大きく雄大で神々しいのです。

うちに限ったことなのかもしれませんが、今年は面白い在り様を見せてくれました。
初めて開花してからずっと花は1本で咲いていました。ところが去年一昨年と根が大きくなり
2本咲くようになりました。つまり花茎が2本上がるということ。

その状態を彼女たち自身は快く思っていないことを私は感じていました。
なぜなら、私にとってこの花は特別な花であり、女神のようだと思っていたからです。

f0160480_0213581.jpg

            早朝は閉じています。目覚める前のうなじ


今年、花はまた1本で咲きました。 どうしたことかと株元を見ると、芽は地上部に出ているのに
そこから伸びていません。はは〜ん、とどめたのだなと思いました。
なかなか主張が強いですね。 女神は二人いらないのさと言わんばかり。

こういうことがあるんですね。植物って面白い。今年はまた私と庭の植物が次のステップに移ったと感じました。どれだけ癒され救われてきたかを彼女たち、彼らたちはわかっているのだなと思いました。
私はなんと大所帯なんだ!

f0160480_0282682.jpg

f0160480_0284229.jpg

花粉がすごいのでミツバチはウハウハの状態
f0160480_07413786.jpg

f0160480_0492175.jpg

f0160480_0493853.jpg

私は世間の休日に関係なくべらぼうに忙しくしていますが、ひょこっと小さい人が来てくれました。
女の子らしくなったように見えるかもしれないけれど、騙されてはいけません。
絶好調に野性味丸出しなのでした。
まったくひどい。笑 どれだけひどいか覚えていようと大人たちは思いました。

f0160480_0564039.jpg


f0160480_0581522.jpg

ごじゃりあんも咲いたよ〜

f0160480_10718.jpg

[PR]
# by sakillus | 2018-05-03 00:27 | 植物 | Trackback | Comments(8)
サラサドウダンとクレマチス
f0160480_7213265.jpg

開花時期が重なりとても嬉しいです!
クレマチスはアラバストという品種、数年前の大雪、斜度45度の屋根から落ちる雪崩状の雪にショックを受けてそれ以来まともに咲けませんでした。
今年はバッチリ!

f0160480_7233626.jpg

手前の白いクレマチスは似ているけれど、都築という品種、これも同様でした。
それぞれの植物の特性ってあるものですね。

f0160480_7251553.jpg


f0160480_7263178.jpg

Parks'Yellow も一層満開に
[PR]
# by sakillus | 2018-04-28 07:27 | Trackback | Comments(2)