人気ブログランキング |

ROSASOLIS

れいわ新選組に投票してきました。

大西つねきという人をはじめ知りました。
長い動画ですが経済の仕組みをわかりやすく説明してくれて驚きました。

日本は借金大国であるというのは、政府が借金をしているだけで私たち国民の借金ではないということ、日本は世界一のお金持ちであること、GDPはお金が動いているだけ、GDPが高ければ、株価が高ければ豊かというのは間違い。何を持って豊かと言えるのか。今の資本主義の仕組みでは、お金は必ず富める者に行き、弱者は椅子取りゲームのように次々破綻して行くシステム。結局弱いものから、地球の自然を食いつくし、そこに元々いた動植物を傷つけ搾取するしかありません。


それを変えるにはどうしたら良いか? 彼にはヴィジョンがあります。
J.Pモルガン(銀行)で働いていた彼が提示する
奪われない経済システムとは

お金の話の苦手な私でも納得。


れいわ新選組のことはマスコミではほとんど無視するようです。
でも、10人の候補者はガチで現政権に挑む素晴らしい人材の宝庫。

私は21日はいないので昨日不在者投票をしてきました。投票用紙に「鉛筆」で書くというのも疑問が残りました。

今、私たちの在り方、国のあり方が問われています。ずっと問われていました。今変えていきましょう!

もちろん一番大事なのは、私たちの「こころ」です。政治で何もかも変えられるわけではないし、薔薇色になるわけではありません。

私たちのこころが、弱いものに目を向け、声なき地球や動植物の声を聞き、共鳴するこころが必要です。それが集合意識となり世の中を変えてゆく力となると信じています。


「会場が震えた」 大西つねきれいわ新選組 参院選個人演説会 / 希望とワクワクを配るツアー@大阪 7/7





# by sakillus | 2019-07-10 07:34 | Trackback | Comments(0)
元気にしています。
今年の梅雨はとても梅雨らしく大地や植物などが潤いこれまたありがたいことだと思います。

人間にとっては多少鬱陶しくも感じられるかもしれませんし、洗濯物が乾かないなど不都合なこともあろうかと思いますが、
意識の持ちようによってそれらも軽減されるのではないかと思います。
だって、雨って美しいし、とても貴重なものですものね!

*でも、九州の豪雨は被害が出ませんようにと願います。

私自身は今水っけが必要と感じていて、今年の梅雨はとても感じが良いのです。
このところあるワークをやっているせいか、大地との共感を強く感じています。
f0160480_07080929.jpg
富士吉田浅間神社 手水舎
龍っていいですよね!

最近はブログの方は怠っていますが、元気にしています。笑
どちらかというとfacebookでの投稿が多いですね、最近は。

紫陽花も良く咲き、今は7月中旬からのオーストラリア出向に向けて
それまでにできることを淡々とやっています。
どこまでできるか。

そう、オーストラリアのクラフトをやっている方々が半纏のワークショップに招いてくださったのです。
私もいよいよ自分の印半纏を急いで作っていますが、間に合わないかも。
いいや、現地でも作れるし!と

f0160480_07131475.jpg
f0160480_07132276.jpg

まだまだこれからさしこが!
f0160480_07194881.jpg
夜遅くから始めるので結構かかっちゃうの

これらの意味はいずれ。


f0160480_07212530.jpg
笹の舞

f0160480_07214136.jpg
日向絞り

f0160480_07215877.jpg
f0160480_07223810.jpg
津江の緑玉(りょくぎょく)
f0160480_07332166.jpg
斑入りノリウツギと黒姫

f0160480_07330561.jpg
もう紅葉を始めてしまったナナカマド
いつも秋まで葉があったためしがない。
f0160480_07343329.jpg
f0160480_07344293.jpg
ナツツバキが梅雨空にとけてきれい
f0160480_07352112.jpg
イワラも元気にしています。







# by sakillus | 2019-07-01 07:35 | Trackback | Comments(8)
ようやく花盛りになってきた!
樹木と山野草の庭になりつつある我が庭も、今ばかりは薔薇もありますると主張、薔薇やハニーサックルの香りに包まれ至福の時です。
f0160480_22294634.jpg
Jacques Cartier.  十六夜薔薇
f0160480_22322013.jpg
f0160480_22323168.jpg
Princesse de Lamballe
 この花も好きだなぁ
f0160480_22355343.jpg
f0160480_22355745.jpg
Petite Lisette
作出はVibistだよ〜


f0160480_22421015.jpg
f0160480_22421482.jpg
Baron de Wassenaer
この薔薇も本当に良い薔薇です。

f0160480_22400307.jpg
f0160480_22401169.jpg
Belle Isis
なんて花付きが良いのでしょう!
蕾が灯火みたいで素敵
f0160480_23074337.jpg
Allium shubertii いいですね!
f0160480_23115312.jpg

















# by sakillus | 2019-05-30 23:02 | Trackback | Comments(0)
日日是好日
つい先日、恒例となっている外人を招いた印半纏ワークショップが開かれ終了しました。
今回も2週間で2枚、最初の一枚目は形に慣れる意味もあり、特に染めや絞り、印には関わらない布地で、
2枚目は各々が考案したデザインを主に藍を使った染めで表現してゆく「印半纏」を縫っていきます。

今回特に気持ちを揺さぶられた文言がありました。それは「日日是好日」というものです。
これまで私は、この言葉の字面だけは知っていたものの、意味は知りませんでした。
知り合いの部屋にも飾られていたような気がします。 
「毎日が良い日」という浅薄な意味で捉えると何かある意味能天気な感じさえしてきて、あまり引っかかる言葉ではありませんでした。

ところが、これをなんと読むのか?から始まり、家で調べてみると通り一遍の意味ではないことがわかります。

「禅語を味わう」というブログではこう書かれています。
この語は中国の唐未から五代にかけて活躍された大禅匠、雲門文偃うんもんぶんえん禅師の言葉です。
たぐい希な、鋭い機峰と、すぐれた禅的力量の持ち主であった禅師は、簡潔な語句を駆使して、自由闊達に禅を説きました。
日々是好日は雲門禅師の悟りの境地を表した、最高の言葉であります。
毎日いい日が続いてけっこうなことだ、などといった浅い意味ではありません。
一般に私達が、今日はよい日だ悪い日だという場合、天気だけでなく、お金が儲かった・損をした、よいことがあった・嫌なことがあったなど、そんなものさしで判断します。
しかし、これは優劣・損得・是非にとらわれた考え方です。
それではたとえ、ある日幸運が訪ずれても、その後に来る不運に脅えなければなりません。
日々是好日とは、そんなこだわり、とらわれをさっぱり捨て切って、その日一日をただありのままに生きる、清々しい境地です。たとえば、嵐の日であろうと、何か大切なものを失った日であろうと、ただひたすら、ありのままに生きれば、全てが好日こうにちなのです。



わたしなりに解釈してみると、日々の自分をめぐる状況はいい事ばかりではなく、残念なことや悲しいこと、頭にくることもあります。
物事の見え方、感じ方はその時々、ちょっとしたことで変わり、今まで思っていたことが覆されるようなこともあります。
そのどれもがその時は真実だったのかもしれません。なぜそういうことが自分に襲ってくるのか?不可解だったり理不尽に思えることも時にはあります。

しかし、俯瞰してみれば、その不愉快なことも、何かを気づかせてくれることでもあるのかもしれない。
自分ではクリアーできていたと思っていたこともできていなかった。そのことを気づかせてくれたのかもしれない。
何が不愉快なのか、その不愉快なことを私は手放さなければならない時に来ているのだと最近つくづく思います。

例えば、腹がたつのは「いい人ぶっている」と言われること。
私はぶってなどいない。客観的に見て(ほぼ)いい人だよ、と思っています。笑
なぜその言葉に引っかかるのか?なぜなんだろう・・・


ともかく、自分が引き寄せ、至らない自分があり無理もあったかもしれない、
気づかせてくれることであれば、全てはありがたいこと。
(起こった直後はそうは思えないことでも)

またこういう考え方もあると感心したのは、
「自分に起こることは、自分の人生の操縦を自分でしているのだから、文句は言えない。
こだわっていることを手放した時に別の何かがやってくる」というもの。
何かがやってくるのは、結果としてであって、最初から目論むことは違う。
何かを強く願うことは「欲」なのであって、それに執着することは間違い、と思います。


これらのことは、自分が何のために今生まれてきたのかということとも関連してきます。


f0160480_00030231.jpg
f0160480_00025683.jpg
毎年愛らしい花を咲かせて楽しませてくれるサラサドウダンツツジやツリバナ

f0160480_00044862.jpg
湖南ヤマシャクヤクは今年も美しく。
花弁の縁にほんのり紅が!
通称「島崎のバラ」は2番目に早く咲いてくれました。

f0160480_00120711.jpg
f0160480_00121494.jpg
天城シャクナゲと、私にとって特別な花がどんどん咲いてくれます。
f0160480_00161218.jpg

いけない、いけない!忘れるところでした!
「日日是好日」を印半纏にした彼女は、本当に素晴らしく完璧な柄合わせもしたのでした。
裏も見事な木目絞りです。

f0160480_00201272.jpg
f0160480_00200409.jpg

鼓の家紋の意味は「天上の声を聞く」というものです。










# by sakillus | 2019-05-18 22:45 | Trackback | Comments(0)
4月の雪とイカリソウ
今シーズンは少しもクリスマスローズのことに触れていなかったので、ちょこっとだけメモも兼ねて載せておこうと思います。

大木さんのもので密かに自分用にしたのはこれです。
f0160480_22404571.jpg
f0160480_22410290.jpg
2種類のアトロの交配です。地味、かもしれないけれど、かわいいです!!

それから、
f0160480_09494803.jpg
これはトルカタスなのだけれど、新たな葉がムルティフィダス・ヘルツェゴヴィヌスみたいに細長く、深く切れ込んでいる!!
あれ、こんなんだったっけ?面白い!



今シーズンの冬、雪は珍しいほどに雪が少なく雨も少なかったので水不足が心配、
そして、まさかの4月の雪はみぞれのようでもあったがうっすら積もりました。
f0160480_22440402.jpg
バンクシアエ・ノルマリスの上にも積もって花のように見えます。
f0160480_22465038.jpg
珍しいピンクのムスカリ、ピンクサンライズの上にも。

大好きなイカリソウが次々と開花しています。

f0160480_22481795.jpg
あずさ
f0160480_22483992.jpg
ピンクエルフ
f0160480_22490520.jpg
花吹雪
f0160480_22492580.jpg
Epimedium 'Flowers of sulphur'
f0160480_22493355.jpg
フラワーズ オブ サルファーは上から見たところがフリフリしていて素敵
f0160480_22511371.jpg
曙 左のくるんとしているのはクジャクシダの出始め

f0160480_22593567.jpg
E.lishichenii × 甲斐源平
この花はゆったりと優雅で美しいです。とても好き
f0160480_23025036.jpg
f0160480_12142163.jpg

そして、やはり大好きな山梨県東部産
花色と大きさ、伸びやかでいいんです。
惚れ惚れします。

f0160480_23034988.jpg
スルフレウム 

f0160480_23053023.jpg
このハルオコシは何年もずっとここでよく咲いています。


f0160480_12155004.jpg
これも忘れてはいけない。
いただき物の緑花八重咲きイチリンソウ
上手く根付いてくれたようで嬉しい。












# by sakillus | 2019-04-14 22:52 | Trackback | Comments(0)
イワラのこと
イワラは8月末の生まれなので、早いものでもう7ヶ月経ったということになります。
猫は最初の1年で人間にすると20歳ぐらいまで行くらしいので、イワラは中学生ぐらいになっているということなんでしょうかね?

f0160480_22345169.jpg
f0160480_22345989.jpg

なぜか賢そうに見えるけれど、全然そうではないんです。どっちかというとアホ。
単純というのか、10分後には何やったか忘れてるんじゃない?って感じです。
f0160480_22372553.jpg
どうしてもアップしておきたかった、たまたま。笑。マロングラッセみたいでかわいいでしょ?
そして、自慢の長い尻尾。

f0160480_22300525.jpg

f0160480_22390183.jpg
イワラの乗っている座布団はすっかり擦り切れたものに刺し子を施したもの。
結構密に刺したので、時間がかかりました。でも、有意義な体験でした。
f0160480_22410676.jpg
そこで研ぐなぁ〜!

f0160480_22413358.jpg

f0160480_22414426.jpg

エネルギーが有り余っているので外遊びも大好きです。
短毛種のせいか、全速力で走っている姿はヒョウとかチータのよう。そこは好き。

話は逸れますが、私はネコ科の大型動物も好きなんですが、科の代表が猫でいいんですかね?トラなどのほうがふさわしくないですか?
f0160480_22501522.jpg


それはともかく、イワラの困ったところは先住猫のチロを襲うことで、チロはそれでナーバスになってしまうのでかわいそう。
早く大人になってもらいたいものです。

可愛いところは、私が下のハウスや畑に行くとだいたいついてきて、その時間ずっと周辺をウロウロしていて、一緒に帰るということですね!

f0160480_22543843.jpg
コブシも満開になりました!

f0160480_22555652.jpg

庭も少しずつ音を奏でるようになりました。


















# by sakillus | 2019-03-26 22:45 | 動物 | Trackback | Comments(4)