ROSASOLIS

<< ツリバナ 初開花 >>
レンガの道、修復完了

庭の改造にあたり一部道を壊していたレンガの道がやっと修復を終えた。

以前は大きな石が縁取りとなっていて、その高さにつなげていたのだが、
今回は道路の高さまでゆるやかに落としていく
f0160480_942830.jpg

なにしろこのレンガは定型レンガとちがって、ひとつひとつ形も厚みも違う。
それごとに深さを変えなければならないところがおもしろいところでもあり、
めんどうなところでもあった。
しかし、それはいいかげんな必殺目分量のわたしのような者にとっては言い訳にもなる。

でも、この緩やかに落としていくところが、ちょっと急だったかなぁと反省している。
太鼓橋のように盛り上がって下がるのでちょっと最後の方が・・・
わたしはいいけれど、誰か転ばなければいいなぁ。。。

それでも自分としてはよくやったという感慨があるのでアップ画像も出しちゃう!
f0160480_9113480.jpg

ずっと前に庭師さんにアドバイスをもらっていたように、目地は深めであります。
その方が重厚感が出るから。

娘の感想はというと、「上手くなった。」というのと「メルヘンっぽい。」というもの。
メルヘン?!
そんな言葉はとっくの昔に捨ててきたはずだったのに! (あったの? あったの。 自問自答)

今はジャーマンアイリスなども咲いているからいっそうメルヘン感が増す?。
f0160480_9152581.jpg

そうそう、この道は新しい駐車場の東側にあります。
そのレンガと同じものを使っているし、石も両方交えているから関連性は出ているとおもう。

道の奥、画像では右上の方にはいただきもののマダム・ジョルジュ・ブリュアンも
あります。その下にはプタオホンと「教会のバラ」も植えました。(トリオですね)

次なるターゲットはこちら
f0160480_9223123.jpg

レンガの道を進んで左に曲がったところ、枝垂れ梅の下を通り石の階段まで。
これも時間がかかってしまうだろうなぁ・・・

レンガの道の先にはこういう光景が今輝いている。
f0160480_9332756.jpg

ノムラモミジとヤマボウシ、右には開花間近のサワフタギ、
手前にファイルヘンブラウ(大きくなりました。感激)

そのサワフタギはスタートラインに並んだ短距離走者みたい
f0160480_9283233.jpg

[PR]
by sakillus | 2009-05-01 09:28 | 庭づくり | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/10952399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kaffe at 2009-05-01 13:04 x
sakiさん

凄い! 凄い!
これ自作なんて頑張りましたね!
しかもまた別の場所に挑戦しようとしていて、その気合に完敗です。

レンガ、いい味出してますね。不ぞろいがまたいいっ。いや ほんといいです。
私が以前レンガ敷きをちょこっとやってみたところ、レンガの右を踏めば左が
左を踏めば右が持ち上がるという、何ともお粗末な出来でしたから。

メルヘンと言っても、大人のメルヘンですよ。これで一年草でも派手に咲き乱れて
いたら、そりゃあメルヘンかもしれませんが、色味がぐっと抑えられている庭ですから
その感性は・・・ 見習うべきこと大♪
Commented by sakillus at 2009-05-01 17:27
kaffeさん、どうもありがとうございます!

このレンガは普通のじゃなくてやきものの窯を壊したのを(野積みにされていたので)もらってきたんです。
何度も車で往復してけっこうたくさんゲットしたんです。だいぶ前ですけれど。
高温で焼かれたものなので色も面白いですね。おっしゃるとおり味があります。

kaffeさんは実際どうかわかりませんが、わたしは最初の頃はひどかったですよ〜^^;
今おもうと笑えます。コツを教えてもらったり、実践の中ですこ〜しうまくなったかも。

レンガも数が少なくなり、次の道は少し趣を変えるつもりです。
材料調達がたいへんなんです。^^;

この辺の植栽はまだ整えなければならないのですが、あはは大人のメルヘン!
庭なんて大人の遊び場ですよね〜!

そういえば、kaffeさんのお宅はけっこう遠いんですね! 牡丹園の記事を読んで・・・
園芸のさかんな県ですよね。私もバラの素晴らしいお宅におじゃましたことがあります。
Commented by ぴぴん at 2009-05-01 19:24 x
駐車場のレンガがどうかなと思いましたが、こうしてレンガ道ができると、いい感じでしょうね。
メルヘンの気配は、風雨日照植物に洗われて、消えて行くかもしれないですね。どうでしょう。
Commented by sakillus at 2009-05-01 21:43
ぴぴんさん、この写真では洗って濡れている状態なのでわりに色がはっきりしていますが、
乾くともっと地味な色になるんです。
そして、土埃で汚れるとさらに土と紛れるように存在感が薄くなります。
でも、あんまり薄くなりすぎても意味がないので、あんまり汚さないようにこれから時間をかけて
対応したいとおもいます。^^。
わたしとしてはそんなにメルヘンでもないのですが、多少はかわいい感じがあってもいいのかなとは思っています。
駐車場のところ、全部周りを覆えるぐらい石があったらどうなのだろう、
それもいいだろうなとはおもいますが、ないものはしょうがなかったですね。
でも、わたしはこのレンガ使いの駐車場も気に入っているんですよん。

このレンガを拾ってくる前にホームセンターで相当数のクラシック風?レンガを買ってきてはいたのですが、
どうも自分の感じには合わない。それでもこの道にもたま〜に入れてます。
この砕けたレンガと石は自分の感覚にとても馴染みます。

課題はまだまだありますが、それもいいですよね。
Commented by クミン at 2009-05-02 22:57 x
sakiさん、こんばんは^^。
すごいな~。
今度も頑張りましたね!
しかも仕事がプロっぽくなられて・・・。
これなら師匠も満足してくださるでしょうか(笑)?
Commented by sakillus at 2009-05-03 11:19
クミンさん、こんにちは〜^^。
 
今朝も石をいくつか埋めてきました!
いやぁ、まだまだですけれどそう言っていただけるとほっとします。
最後の方は勢いでやりました。
師匠は何かは言うでしょうね。
アヤツ(オッと失礼!)の得意なご意見は、「僕ならこうはしませんね。」
まれにちょっとうまくいったところがあると、「教え方がうまいのかなぁ。」
たいへんくやしいです。あはは・・・
Commented by クミン at 2009-05-03 15:55 x
sakiさん、また来ました^^;
このところ非常に疲れていて、昨晩ぼ~っとして書いたので肝心の事を書き忘れました。
ルゴサっ子とその仲間達の居場所、素敵な所~♪
こういう風にお庭の景観の一部になるように植えてあげれたら最高ですね!
私もいつかこの場所に行けるといいな~と思います。
こちらでは里子の小梅ちゃんが思ったよりずっと大きくなってしまい、どこか別の場所に移してあげないとミセスHとの小競り合いが絶えません(笑)。
他にも、ジャムおじさんの命令?で場所の移動を余儀なくされているバラたちが居て、またも綿密な移動計画をせねばなりません。
庭にバラを植えるって、ほんと難しいですね~。
Commented by sakillus at 2009-05-03 21:11
クミンさん、お疲れさまです!
いろいろな用事がクミンさんの肩にのしかかってくるのでしょう。
休めるときはしっかり休んでくださいね。

マダム・ジョルジュはとても健康で今年もたくさん蕾をつけています。
大きいことは大きいですが、にょろっと暴れるタイプではないので、切り戻しでコントロールできる
良いバラですね!秋にもきれいに咲いてくれましたよ♪
プタオホンはそんなに大きくなるバラではないですが、「教会のバラ」!あんなに咲くなんてすごすぎる!
そしてやはり大きい。うちのは挿し木ですし、そんなに急激に大きくなるとは思えませんが・・・
クミンさんにもいつか来て頂けたらうれしいなぁとおもいます。
小梅ちゃん、うちのも改造で道から目立つところに植え直しました。
袖すり合うの多生の縁と申しますが、小競り合いはねぇ・・・
いいところが見つかるといいですね。
ジャムおじさん、移動命令を出されましたか〜。複数なのですね。
うちにもバラじゃないんですが、どうにもまだ場所を決めかねているのがあります。
なかなかバラも・・・だんだん困ってきますね・・・
といいつつ、わたしは明日コ○ツガーデンにちょっくらいってきま〜す♪
<< ツリバナ 初開花 >>