ROSASOLIS

<< 睡魔 今ごろ咲くんだね >>
物置に関心が集まる
仙台在住の高校時代の友人二人は東京などに用事がある場合、我が家を定宿にしています。
先日もそのうちのひとりがまたその友人を連れて二泊していきました。

どんな話の流れだったかは忘れたが、米ぬかや生ゴミをどう処理しているかという話になりました。
私の友人Fの友人(わたしは初対面)のOさんは、コンポストに生ゴミとぬかと土を
入れていると言いました。
ちょっといやな予感がしたので聞いてみました。

わたし:「切り返しはしていますか?」
Oさん:「していません。」

やっぱり! それではだめなのです。
切り返しをしないでただそれらを積み重ねても生ゴミが堆肥として使えるようになるわけではありません。
また、市販のコンポストは密閉されたもので、水分が過剰になりがちなのではないでしょうか?
なぜ米ぬかを入れるか?なぜ土を入れるのかの理解もないようです。
土は放線菌を期待しているのでしょう。しかし、土を入れずとも安定した堆肥づくりが望まれるのではと、私は思います。(腐敗した時などに入れるのは有効です。)


米ぬかを庭土に撒くことも浸透しているようですが、なぜそうするのか、量などについても
曖昧な理解しかないようです。

米ぬかは微生物のエサになるためです。
だからこちらにとって有用な微生物の繁殖ばかりではなく、有害なものも時によっては増えてしまうこともあるし、量はあくまでも少量で十分です。

f0160480_0165419.jpg

わたしが物置で生ゴミを堆肥化していると言うと、俄然そこに興味が沸いたようでした。
翌朝、朝一番、皆で物置を見に行きました。

物置の床はコンクリートになっており、そこに直接生ゴミを毎日捨てて、同時に米ぬかを加え、
その度毎にスコップで切り返しています。

ほんわかと低温で安定した発酵で、腐敗したような匂いはありません。
仮にカビのついた物を入れたとしてもすぐにそれは消えてしまいます。(水分は決して過剰にしない)

もし、家庭に物置があって、少しスペースがあり、家族に苦情がでないのでしたら、
物置の生ゴミ処理はおすすめです。


   ****************************

f0160480_0271069.jpg


道路から見た地植のバラは今年いっそう元気。
耐病性が年ごとについていった様子です。


f0160480_029855.jpg


白鷺菅と紅チガヤは順調に茂ってきました。



f0160480_0314193.jpg


アサギリソウ



f0160480_0324260.jpg


これはカラマツソウ デラバイ

シキンカラマツと似ていますが葉は小ぶりで風情が異なります。
[PR]
by sakillus | 2010-08-20 00:36 | 微生物 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/14430523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2010-08-21 05:29 x
おはようございます。
今回の話は興味深いっす、でも当家では難しいっす。
でも、知識としてもらっちゃいました(笑
Commented by あっちゃん at 2010-08-21 09:30 x
そうなんですよね。

「米ぬかを撒けばいいのね。」
「生ごみを積んでおけばいいのね。」
・・・ではきっと失敗しますね。

私もその口から入ってきてます ^^;


私は生ごみ乾燥機を使っているのですが、米のとぎ汁や米ぬかと混ぜて適量ずつ土嚢の袋に入れて、穴を開けた蓋付きポリバケツに入れてます。
混ぜる(切り返す)のが簡単なのです ^^
Commented at 2010-08-21 16:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-08-21 16:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakillus at 2010-08-21 20:24
sakaeさん、こんばんは。

そのためにいきなり物置をつくるというのもね。^^:
雨がしのげて通気も確保できる装置とぬかがあればいいのですけれどね。
屋上にいかがですか?
知識というほどのことでもありませんが、どんどん持って行ってください〜。^^。
Commented by sakillus at 2010-08-21 20:31
あっちゃん、こんばんは。

あっちゃんならきっとなにか工夫をしているとおもっていましたよ。^^。
>混ぜる(切り返す)のが簡単
それは重要なことですよね!段ボールも流行ってますが、適当なサイズでいやにならないというのがいいですよね。

私もかつて(案外近い過去)生ゴミを底を抜いたポリバケツにただ混ぜないで入れていたら、たいへんなことになり、とても堆肥として使えるような代物ではなかったという失敗がありました。いずれ質の悪い土になるのがオチぐらいなもので・・・

苦い経験も時には必要なのでしょうけれど、ただ生ゴミの処理だけじゃなくて堆肥として使うのなら、なるべく良い物をつくりたいですね!
Commented by sakillus at 2010-08-21 21:20
鍵コメさん、こんばんは!!

今年そうですか〜、楽しみですね♪では庭のほうも変化があるのでしょうか?考えているときってわくわくしていいですよね。
興味ありますか!上にも書いたように混ぜないとたいへんなことになります。虫がわいたり・・あとは米ぬかで水分調整ですね。最初はなにか良性の菌を入れてあげてもよいかもしれません。庭に、雨をしのげて通気性のある木枠でもつくるというのも一つの方法かもしれませんね。

あはは、昨日は突然失礼しました!
「○○を知っている?」と聞いて「今いた」というその流れって普通ないでしょう?直接はわたしの経験ではありませんが、まったく絡んでいないわけでもないので、そういった偶然が起爆剤になりました。ふふふ。でも、もちろん、鍵コメさんは信頼できる人だという、確信に似たものがあったからこそです。話におつきあいくださりどうもありがとうございました!
なにかの雑誌の撮影っぽかったということです。かっこいい、たしかに・・・

Commented by sakillus at 2010-08-21 21:21
鍵コメさん、続きです。


へぇ、口に出すとそうなんですか?呪術的ですね!いいなぁ、楽で。
いやぁ、わたしはそう簡単にはいかないんです。
どちらかというと、日頃の行いを見られていて、自分の願望などあるとしても、その願いが自分にふさわしいかどうか?
をまず判断される感じです。何かに。
本当に自分にとって大切なことはすごく努力を強いられて、
がんばった末に、適当な頃合いで何かや、誰かがやってくるという感じなんです。
むしろ叶わないこともあるということを知らされますね。
そういうことは年々強くなります。もう人生修行の連続。。

鍵コメさんも音楽の幅が広そうですね!残念ながら知りませんです。80年代半ばで子どもを産んだのでそれ以後のマイナー系はわからないんです。でも、きっと特に3人目の方などはわたしの友人とニアミスしているのではとおもいます。
そうそう、わたしも昔はマイナーなのが好きでした。
今はジャンルにかかわらず、結局はミュージシャンその人の音楽が好きかどうかですね。
Commented by sakillus at 2010-08-21 21:30
鍵コメさん、まだ続きます。^^;

そうですか、ご親族の方々がそうなんですか、それはすごい!
たくさん集まりそうですね。
おばぁさま、そうでしたか。うちの祖母もわりとそうだったかもしれません。
着物はシンプルなのが良いですね。素材も、絹にしろ麻にしろいいですし。形になるまでたくさんの手が入っているのですものね。わたしもその中に関われることをありがたくおもっています。
新たな仕事と二つの共通点は、ことによっては(ものによっては)絶滅の危惧があるということです。

メインの仕事については最後の一人になってもやっていたいという気持ちはもっています。(何かありましたらよろしくお願いいたします。)
まぁ、この仕事がこの先どうなるかわかりませんが、なにかどういう形でか、残しておきたいという気持ちが今は強くあります。

うちの方へもぜひぜひRさんとおいでください!
お待ちしております〜♪
<< 睡魔 今ごろ咲くんだね >>