ROSASOLIS

<< 吹掛け花ツリフネソウ 台風と9、11と安全保障 >>
荒れた庭をなんとかしたい
f0160480_23143690.jpg

  イワカガミダマシは思ったよりも強かった。早池峰ウスユキソウも多少バッタに食われましたが
  健闘しています。


初秋らしからぬ猛暑や台風など、ここしばらく庭に手を入れられなかった日が続くと、
やるせないほど荒れてきて、落ち着かなくなります。
ちょっと前にはジューンベリーはモンクロシャチホコとおぼしき虫にあれよあれよという間に葉を食べられ、なんとか脚立に乗り、申しわけないけれど捕殺してはみたものの、
半分以上は葉がなくなってしまいました。
来年の花及び実に影響があるでしょうか?がくっ。

丈の伸びるものは草姿が乱れたりなどして見苦しくなりがちです。
ある程度間引いて態勢を保つなどしていますが、、、来年度への反省として
もっと早い時期での切り戻しも検討したいもの。

バラは、地植えのものはこんなものかなぁとおもいますが、鉢ものは
ちょっと葉が少ないですね〜。こんなとき全部地植えにしてしまいたい欲求が生まれます。


f0160480_2317276.jpg

庭では食用になるものも適当にあります。
蕗はもともと生えていたもので、取れども取れども繁殖力がすごく、
そっちのほうが勝っています。もっとも春から初夏にかけて3〜4回は収穫して
料理しますから、家計のお助けにもなります。
その他、シソや茗荷はこれも毎年出てきます。
茗荷の繁殖力も恐ろしいほどで、翌年には5倍ぐらいにふえるのではないでしょうか?
これも何度も収穫していただきました。
わたしは薄くスライスして塩と赤梅酢をかけたものが好きです。
麺類にもよく合います。
シソも今日は葉と実を収穫してそれぞれ適当に保存食にしました。

いずれも鑑賞用としては悪くもないという程度ですが、以前、蕗が一番いいですね、なんて
嫌みとも本気ともとれる(きっと本気で思っていた)ことを言われたこともありましたが、
まぁ、蕗の大きな葉っぱはわるくもありません。

庭にちょっとした食用ものがあると余裕ができますよね?なんとなくね。
畑は畑でありますが、こっちはなんといっても草取りがたいへん!
来年は借りている畑、2枚のところ1枚に減らしま〜す。

f0160480_2329319.jpg

水場ではヨメナとミズヒキがいい感じです。
左の木はカイナンサラサドウダンツツジ
[PR]
by sakillus | 2011-09-23 23:32 | 庭づくり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/16594844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 吹掛け花ツリフネソウ 台風と9、11と安全保障 >>