ROSASOLIS

<< あれから 宿り木さんのアレンジ >>
パーゴラ 1
フランソワ・ジュランビルの竹の支柱が去年の台風で倒れてしまい、
元に戻すこともできなかったので、あらためて暴れん坊ランブラーローズの
支柱をつくってもらうことにした。
それをパーゴラと呼んでいいのかどうかわからないが、
アーチかもしれないが、
一番近いのがパーゴラだと思う。
f0160480_20114081.jpg

去年のフランソワ
竹だから長くは持つまいとは思っていたし、あんまり長く持ってもなぁ・・・というものだったので
晴れて次のものがつくれました。

今回はテーブルをつくってくれた友人の Steve Poole氏にお願いした。
f0160480_20155249.jpg

Steve は、このテーブルもそうなのだけれど、材料を買うということはほとんどしない。
これまで何かに使われていた廃材や流木、山の倒木など、打ち捨てられているものを
再びいのちあるものに変える。
その姿勢が大好きで見習わなければとしばしば思う。

f0160480_2021213.jpg

まずは足場を単管パイプで組みいよいよ素材が上に昇る。
これは桜。
曲がったものもそのままそれをいかして。
重く大きいものなどでこの足場が重要だということがわかる。

f0160480_20244813.jpg


ところで、Steve家は親子がとても良い関係で、初日はお嬢さんを、
2日目、3日目は息子さんをアシスタントに連れて来た。
ふたりともきっと父親を尊敬していることと思う。
いつも薪ストーブに使う薪の調達やSteveの仕事なども、
時間のある時は手伝いつつ教えてもらっているのだ。

ふたりの子どもははにかみ屋という印象があり、わたしはあまりちゃんと話はしたことはなかったのだけれど、ふたりとも成長しとても良い感じだ。

手前の男性が息子の0君で、今春TN大学の造園学科を卒業する。
造園よりは山や森に興味がある様子。

大学の頃からモデルをやっていたということは聞いていたのだが、
今も売れっ子なのかとても忙しいらしい。
モデルということがウケて、個人的に盛り上がってしまいいくつか質問すると
親子でモデルになったこともあったという。
見たい〜というと、たいしたものじゃないからと拒否。
しかし、実は今発売されている メンズノンノにも載っているらしい。あはははは・・・
メンズノンノなんてまったくSteveの世界と対極にあるものなのに!♪

  薪割りの時にも着れる服とか?
  いやぁ、そういうのだったらいいんだけれどね。
  でも、ほかのページとは異質な感じだよ。
  
そうでしょう、そうでしょう。。。

f0160480_20412389.jpg

徐々に形になってきたパーゴラ
手前にフランソワ
このパーゴラだけを見るとかなり大きい。
でも、大物フランソワ・ジュランビルやその他2、3本のつるバラを伸ばすにはこれぐらいあった方が良いし、家や庭全体を見た時のバランスも悪くない。
f0160480_20451832.jpg


f0160480_20453799.jpg

柱材は栗。倒木を山から運んで来てくれたらしい。
栗は家の柱にも使われるようにほとんど腐らないという。
足元には石を。この石に穴をあけボルトを入れ、栗と連結させる。
f0160480_20543251.jpg

本日はここまで。

  工事はまだまだ続く。
[PR]
by sakillus | 2012-03-16 20:55 | 庭づくり | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/17316754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2012-03-17 13:20 x
モデルさんが造園してたらカッコいいっすよね。
ファンからお仕事殺到ってならないかなぁ。

こんな俗っぽいこと言ってる僕には縁ないことだけど(爆
Commented by sakillus at 2012-03-17 23:08
sakaeさん、まぁ、
そうですねぇ、マダムの中にはそういう方もいるかもですね。
でも、見た目だけではね、、やっぱり実力がともなわないとね、
Commented by クミン at 2012-03-21 21:52 x
sakiさん、こんばんは^^。

このパーゴラ、すごくカッコイイです。
梁の曲がり方など、シュタイナーの建築みたいです。
ほんと、いいわ~♪
なんかもう、夢で見たパーゴラって感じよ!
Commented by sakillus at 2012-03-22 00:16
クミンさん、こんばんは。^^。
どうもです〜。もう少しで完成になりそうです。
今日はわたしも柿渋塗りで参戦してきましたよ。
おかげでお風呂はいっても柿渋の匂いがまとわりついているような・・・
この梁ね、1本の桜の木を4つに縦割りして、真ん中に鉄のプレートのようなもので、2つずつを連結させているんです。
縦割りはなにでやったのか聞いたらチェーンソーでというので驚きました。
今日もなかなかニクいことをしてくれていたのを見ましたよ。
それと中を通るといい感じなんですよ〜。
暖かみがあってね。
シュタイナーの建築って有名なゲーテアヌムとかですね?
共通するのは有機的な感じが強くするってことと思いました。
Commented by クミン at 2012-03-22 10:23 x
sakiさん、おはようございます。
>中を通るといい感じ
う~ん、そうでしょうね~。
このパーゴラは、sakiさんのお庭というかsakiさんにぴったりです。

>有機的な感じ
そうです。
ゲーテアヌムは最初木造だったんです。
その時の感じに似ていると思います。
私ね、ゲーテアヌムに行ったことあるんですよ。
これ私の体験の中で数少ない「自慢できること」です^^。
Commented by sakillus at 2012-03-22 21:50
クミンさん、こんばんは。^^。

中にいると不思議な安心感と風さえやわらぐようなんです。
赤ちゃんが母親の体内にいる時のような感じ、っていっても忘れていますが、そういう感じがあるような気がします。
おぉ、わたしにぴったりですか。
クミンさんはこの画像ですでに全体を把握しているんですね。さすがです!
わたしもあとでシュタイナーの建築物を少しネットで見たのですが、
シュタイナーは家に対して安心感を持たせる必要があると考えていたのかなぁと思いました。
いやいや〜、クミンさんは自慢できることをたくさんお持ちですよ!
<< あれから 宿り木さんのアレンジ >>