ROSASOLIS

<< 夏の庭 ヤマユリ >>
原子力規制委員会って? 推進委員会?
f0160480_631455.jpg

キキョウが咲き始めました。


*********************

8/2 追記 メモ

海渡雄一弁護士 緊急インタビュー「中村佳代子・更田豊志氏の原子力規制委員就任は違法!」である。

中村佳代子・更田豊志氏は今回の委員会基準に対する法に違反しているため、
日本弁護士連合会では告訴する予定とのこと。

国会提出まで時間がないため我々国民にできること。
→国会議員に対して働きかけをする。(今回の採決に対して否定してくれるよう要請すること)
 次の選挙では、このような採決に対しどのような行動をとるか注意して見て、判断しましょう!

 とにかく脱原発に動いている議員を後押しするべく声をあげていきましょう!
 それと、やはり国民の意識を変えることが必要。もちろん自分も含めて。
 何が大切なのか? 感じる心が必要です。

仮に最悪、今回の人事が同意されたとしても、脱原発へのすべての道が閉ざされるわけではないとのこと。
国会で脱原発法をつくるなども可能。
日弁連では上の「中村佳代子・更田豊志氏の原子力規制委員就任は違法!」の訴訟をすることによって、その人たちの決定も違法と訴えるとのことです。
でも、裁判には必ずしも勝てるわけではありません。
でも、あきらめないようにしましょう。

広瀬隆さんも田中俊一氏に対し、福島県の住民を過剰に被爆させた罪により(この言い方は正確ではないかも)告訴をするとのことです。

  
来週あたり、首都圏反原発連合と野田首相の会談なる模様
これはひとつの成果なり。
首都圏反原発連合の人々は冷静で熱くしたたかだ。
「2012/07/31 首都圏反原発連合と、脱原発をめざす国会議員との対話のテーブル」
双方の危機意識、当事者意識に雲泥の差。




   ******************


このほど決められようとする原子力規制委員会、
そのメンバーたるやまさに原子力ムラにどっぷり浸かっている人物たちがほとんどのようです。
国民に充分内容を知らせていないにも関わらずその人事を急いで決めようとすること、
この委員会の権限はとても強大で、
この方々の一存でこれから原発を存続させることも新規につくらせることも
通ってしまうという恐ろしいものです。


特に委員長候補の田中俊一という人は年間「100ミリシーベルトまでは問題ない」と主張していました。たいへん危険きわまりない人物です。

厳選に中立に選ぶと言っていた細野大臣、
全く信用できません。
信用できないのは前からわかっていたことだけれど、その厳粛な言い方を笑っている場合ではなくなりました。

この人事誰がどうやって決めたのでしょう?
全く知らされていません。
我々の知る権利は?

時間がありません。
もうじき国会同意人事として国会に提出されようとしています。

これでこれまで「責任を持つ」という自分の発言にナルシシズムを感じていた野田首相も
責任も持つことができなくなります。

このような横暴が通るのなら民主主義は終わります。

どうすればよいのか呆然としてしまいます。

選挙区の国会銀事務所に電話するとか、、、本当にどうすればいいのか・・・

少なくとも署名をお願いします!

       署名はここ


   ****************

f0160480_646175.jpg

白いフロックス
[PR]
by sakillus | 2012-07-31 06:40 | 世界、社会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/17816946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sai at 2012-07-31 22:49 x
まことに腹立たしい人事です。
反対署名に実紅里の名も書いておきました。
Commented by sakillus at 2012-07-31 23:12
saiちゃん、ヤッホー!
署名ありがとうさんです。

全く信じられないよ、この国のトップや東電も経済界も。
この委員会自体がそもそも原発を推進させるものなんだね。
救いようないね〜。

でも、わたしたちは淡々とやらなければならないことをやるのみなんだよね。

追伸、眼鏡屋さんに行ってきました。
Commented by rosedeco at 2012-07-31 23:45
こんばんは。
怒りで体が震える事の連続です。

今日の夕刻に庭に出ると夏らしい匂いと長い長い光と陰。
熱い風も心地よく・・・・・・
放射性物質が辺り一面散撒かれた事がぐんと迫って来て悲しくなりました。
どこまで汚したらわかるのでしょうか。
先に死んじゃうからいいのでしょうか。

脱力とため息の繰り返しですが、
淡々と出来る事をやるしかないですね。

お嬢様素敵です。
サキさんが素敵なんだもの。。あたり前よね。。

歩夢
Commented by sakillus at 2012-08-01 17:12
歩夢さん、こんにちは。コメントありがとうございます!
本当にどんどんひどくなりますね。

歩夢さんの地域はとても厳しい暑さが続いていたことでしょうが、昨日今日はほんの少し楽になりましたね。
庭の緑も吹く風も変わらないのに目には見えなくても汚染されてしまっている事実が悲しいですね。

いじめは悪いことだと多くのひとは言いますが、これはいじめと同じと思うんです。こんなに地球が汚されひどい目に遭っている、故郷を追われ苦しい日々を送っている方々もいる。死と直面しながらフクイチで作業してくださる方々も・・・
自分さえよければとか、今がよければ後は野となれ山となれと考える輩の神経わかりません。

私たちが本来安心して生きてゆくことができるのもこの地球という大地があるからだし、この国の歴史や文化、伝統があってこそだというのに、どれだけ奪えばいいのでしょうかね?

娘のことそう感じてくださったこと、わたしもうれしいです。
歩夢さんとはこうしてまた同じ時代に生き交流できてうれしいです。
ネットがなければあり得ないことだったでしょうが、不思議なものですね。
<< 夏の庭 ヤマユリ >>