ROSASOLIS

<< 星になにか一言お願いするならば トウモロコシ泥棒 >>
玉紫陽花
f0160480_1102572.jpg

一重玉紫陽花がはじけてきました。

紫陽花の中で一番遅く咲く種類です。
草丈は1メートル以上、大型です。

この辺りの山の林縁、道路の法面などにも生えています。

この時期見かけるとハッとします。
つぶやきは「えっ。」 息が止まるようです。

厳かでひそやかでありながら堂々と咲く様に
色気を感じます。
母性的な鼓動なども。
f0160480_1132232.jpg

両性花のまわりに一重の装飾花がこれから咲きます。


f0160480_1154943.jpg

これは、アネモネ・ムルティフィダ・ルブラ 
ルブラは赤、花径2センチほどの小さい花です。
その多くは初夏に咲いたのですが、なぜか今頃咲いているものあり。

この雫、わたしには涙のように見えます。
[PR]
by sakillus | 2012-08-12 11:07 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/17856738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 星になにか一言お願いするならば トウモロコシ泥棒 >>