ROSASOLIS

<< ハナ 記憶 番外編 原発なき世界へ >>
studio fujino
f0160480_21131774.jpg

出たぁ!ぎんちゃん!
そして実紅里(←男の子っぽいともっぱらの評判)のツーショットです。

ぎんちゃんってまだいたの?という皆様、
はい、安曇野で里親になってくれるというご夫婦の家の建築が遅れていてまだいたのです。

でも、この20日にいよいよ連れて行かれることになりました〜。え〜〜ん。

ぎんちゃん、おたっしゃで〜!


    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


  しかし、本日のメイン記事はぎんちゃんでもミクリでもありません。

これまで大切にぎんちゃんを育ててくれていたFさんは、
グラフィックデザイナー&アートディレクターだったのです。
で、ご主人は木工?家具?職人なのです。
そのお二人が9月、自宅にもほど近いところにギャラリーをオープンしました。
 
   studio fujino と言います。

藤野にある古い民家を1年かけて自分たちでリフォームしました。
これがすばらしいのです♪

f0160480_21344846.jpg

入り口の土間から見て

f0160480_21351865.jpg
f0160480_21355879.jpg

灯り

f0160480_21364784.jpg


f0160480_21372469.jpg

低いテーブルと花瓶

f0160480_21385822.jpg


f0160480_21392221.jpg

テーブルとガラスケース、お盆
テーブルは胡桃材
ガラスケースの意匠は古典的な文様をちょっとひねりました。
それがモダーンです。
ご主人は細かく緻密な作業が得意です。

f0160480_21414146.jpg

ブックスタンド
f0160480_21421767.jpg


f0160480_21425091.jpg

障子
この障子はわざと紙を切り接ぎしています。
その継ぎ目が細くなくてはださいということで、たいへんきれいにできあがっています。
障子の「さん」も、元のは大きかったので小さくつくり直し、松煙で色を付けたのだそうです。


この家、以前わたしの友人一家が借りていてその頃も知っていたのですが、同じ家とは思えません。笑。
変貌ぶりに脱帽です。

f0160480_6504460.jpg

コースターやお皿に。いろいろな木の材質や色風合いを楽しめます。きれいです。
奥は箸置き。経木を植物で染めたものを張り合わせています。


f0160480_21464217.jpg


庭もなかなかのものですが、これは大家さんが大事に手をかけているのだそうです。

Fさんはクラフトデザイン展などでも数回受賞していたり、
ご主人はスカイツリーの寄せ木の壁絵などもつくったりと細かでやさしい匠ぶりが評価されています。
おふたりともまだお若くこれからがますます楽しみです。
なにしろおふたりの人柄がさわやかで良いのです。
企画展なども随時やる予定とのことなので、こちらの方へおいでの時には
ぜひお寄りになってみてください。
その際は、HPに電話、メールアドレスがありますので、ご連絡してからのほうがよさそうです。


f0160480_21494861.jpg

座敷童ミクリ
[PR]
by sakillus | 2012-10-10 21:50 | 創作物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/18054913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rienzo at 2012-10-12 22:25
sakiさん、こんばんは。
実紅里ちゃん、5か月たちました~? 
なんか、土間がよく似合いますね~(笑)
可愛いなぁ 私も抱っこしたい。
そして、ぎんちゃん! まあ~ずいぶん立派になったものですね、
赤ちゃんも にゃんこも、成長ぶりには目を見張るものがあります。
あっと いう間ですね? それに引き換え、自分の退化ぶりには
目をつぶりたいこと、このうえない。。。

 studio fjinoさん、とても気になります~
特に、花瓶とかコースターとか。。。
ウチの近所の多摩クラフトフェアに出展されてたんですね?
行けば良かった。
Commented by sakillus at 2012-10-13 08:18
りえんぞうさん、おっはようございます!

実紅里は5月20日生まれなので、もうじき5ヶ月です。
月齢並以上に育っているみたいで重いんですよ〜。7.5キロぐらいあります。
そうなんです。こういう古びた家が似合いますね〜。
時々大五郎などと呼ばれています。笑。

ぎんちゃんも大きく立派になりました。6キロあるのだそうでずっしり重いです。でも、男の子って甘えん坊なんですね。それになんだかこっちのことを忘れている?

退化ぶりなんて、なにをおっしゃいますか!フットワーク軽いではありませんか〜。

studio fujino,機会があったらぜひ伺ってください。
とても気が利いていますよ。
藤野駅北口、車で10分ちょっとのところで、陣馬山のふもとです。
コースターはわたしも数種類ゲットしました。むふふ。
多摩クラフトフェア、ってどこなのだろうと思っていたらそうかぁ、多摩センターのほうだったのですね。
来年も出店するかなぁ・・・けっこうまめにクラフトフェアは出ているみたいですよ。
Commented by sakae at 2012-10-14 05:07 x
おはようございます。
古民家改造計画すごいっすね、それも自分たちで(汗
最近そういうのはやりっすか、ソレが出来る時間の使い方カッコイイと思います。
ぎんちゃ~ん、、、、、やっぱかっこいい(笑
座敷童ミクリもっとかっこいい(大笑
Commented by sakillus at 2012-10-14 19:31
sakaeさん、こんばんは。

古民家改造計画、ご主人の仕事柄もあって大工仕事もできちゃうというのは強みですよね〜。
時間の使い方、そうわたしも不思議に思っていました。
仕事も忙しいはずなのに・・・今度聞いてみよう。
Fさんなんかを見ていると集中力があるなぁとは思います。

ぎんちゃん、どっしり重いです。毛をとかしてないとドレッドヘアみたいにからまっちゃうんですって。笑。

座敷童ミクリ、渋いですよ。なかなか堂々としていて立派な赤ちゃんです。って親ばかならぬばぁばばか?
<< ハナ 記憶 番外編 原発なき世界へ >>