ROSASOLIS

<< 辛い現実 〜チェルノブイリ以後〜 クリスマス スクエアリース >>
美濃 うだつの町に来ちゃったよ
f0160480_2359369.jpg


人との出会いが偶然であるとか必然であるとか

その問いは今はどうでもいいのですよね。

今のわたしに重みをもって訴えてくるのは

意味のある出会いというのがあって、(意味のない出会いというのもないかもしれないが)

それは、わたしが、何を、どうしたいかに深く関わってきます。

f0160480_012165.jpg


f0160480_094155.jpg


友たちの言う「あの樹がすばらしいの。」と興奮気味に語るその楠は

本当にすばらしく、雄大でおおらかで、ほらこんなに腕を広げています。

そしてあのひそやかで端正な瓦屋根

たしかに記憶しておきましょう。

f0160480_017447.jpg


f0160480_0192969.jpg


f0160480_023268.jpg


夜になると家いえにともされる灯り

この暖かさ、優しさは奇跡のよう

この出会いもまた奇跡のよう

f0160480_029092.jpg

こうして灯されているあかりを見ていると

わたしたちの魂のようにも見えるのです。

過去、現在、未来のほんの一瞬に生まれ消えゆくひとつの点としての魂に。

わたしはこれから何ができる?

何をどうしたい?

友と語らいながら静かにふつふつと想うものがあります。



それからね、縁というのは永遠だから、

わたしからは決して さようなら とは言いませんよ。


    ーーーーーーーーーーーーーー

AちゃんRさん、Sちゃん、楽しい旅をありがとうございました!

またよろしく!
[PR]
by sakillus | 2012-12-04 00:40 | 循環 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/18226746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rosedeco at 2012-12-04 01:49
こんばんは。
泣きそうになってしまいました。
(泣いてしまった)
現在過去未来森羅万象全てはひとつなんですよね。
有り難うございました。


そうだ、3週間後にまた〜〜〜!(笑)


歩夢
Commented by sakillus at 2012-12-04 11:46
歩夢さん、こんにちは〜!

いろいろお世話になりました。
こちらこそどうもありがとうございました!

わたしも歩夢さんのことを想うとじ〜んと暖かいものが流れ
泣きそうになってしまいます。
ありがたいことですね。

「ひとつ」という言葉って小さな単独の意味もあるし、
大きなまとまりの意味としてもありますね。
全てはひとつって、わたしの友人、鉄の「無責任男」もよく言っていましたよ。笑。でも、本当にそのとおり。
わたしも誰もかれもそんなに変わらない。

はい〜、3週間後にまた〜〜〜!  ^^。

Commented by kyoko at 2012-12-04 12:06 x
sakiさん、歩夢さん、こんにちは。

素敵な時間を過ごされたようですね。
アップを楽しみにしていました。

和紙のランプ?
ほんと、魂だわ。
地方にアートがさりげなく灯っていたのね。スゴイスゴイ!

機会があったら、ぜひ、私もその木に
魂のランプにふれてみたいわ!!

sakiさんのビオラ、元気に咲いてます。
玄関前の5鉢、招きネコならぬ招き花と言った人もいるけど
saki さんに守られているみたい、笑
Commented by sakillus at 2012-12-04 22:53
kyokoさん、こんばんは。^^。

とてもおもしろく有意義な時間を過ごさせていただきました〜。

行きの車の中で歩夢さん、言うのですよ。「今の鳥見ました?」って。
わたし残念ながら見損ねたのですが、「鳥が気をつけてと危険を知らせてくれた。」と
この日は数件事故に遭遇、そして翌日は笹子トンネルの崩落事故。
気をつけているといろいろなお知らせ?をキャッチできるのかな。

美濃は和紙の町でもあり、和紙のお店も数件あるんですよ。
同じ形でそれぞれの家によって絵が異なるあかりが夜になるとあったか〜く照らされています。
ぽつぽつと、こんな感触が残っているなんて・・・岩手でも似たような感触があったなぁ。

楠もまぁすばらしかった!どなたかの敷地内にあるようなので近くには行けないのですが、離れたところからでも感じられました。この町の守り神なんですね。

ビオラ、よかったです♪おぉ、招き花、よいですね〜。
遠くからkyokoさんを想うときがあります。そうしてわたしも守られているんだなぁ。
Commented by katataka at 2012-12-06 01:13 x
sakiさん こんばんは。
気の合う仲間との素敵な旅に、感激です。
美濃和紙 聞いた事があります。
こんな粋な企画があるなんて知りませんでした。
町並みと和紙、和紙と灯り、とてもしっくりしていて
心に響く感じがなんとも言えませんね。

先日訪れた青蓮院門跡のも、巨大な楠木が何本もありました。
あの雄大さは、チッポケなことなど忘れなさい!!って
言っているようにも感じられました。

事故への回避、まだまだ役割が導かれているのでしょう!
私も、過去Aさんとお会いした事があるのでしょうか?
初めての地、こころ静かに感応させていただきました。
Commented by sakillus at 2012-12-06 08:02
katatakaさん、おはようございます!

そうですか、それはうれしいです。

このうだつの町にも和紙を売るお店が3軒はあったり、和紙会館というのもあるようです。

>町並みと和紙、和紙と灯り、とてもしっくりしていて
そうなんです!
古い町並みが本当にきれいに残されていて、観光の町でもあるけれど、住んでいる息づかいがいきいきと感じられ、また、人々がいまでは信じられないほど柔らかくいい人なんです!

ちいさな商店が活きていて、近くにできたスーパー「イオン」がつぶれたと言いますから。笑。

katatakaさん、京都に行かれたのですね。
巨大な楠木、わたしの過ごした小学校にも大きな楠がありましたが、ほんとうに雄大で気持ちがいいですね〜。

事故が多発するときってあるんですよね。
なんでも歩夢さんの感触では先月の半ばから今月の20日過ぎまでおかしな感じがすると言うんですね。
23日頃からまた変わってくるだろうと・・・
美濃からの帰りは東名高速で、御殿場から北上しました。

katatakaさん、Aさんと・・・どうなのでしょうね?
同時代に生きていた可能性はありますよね。

お読みくださりどうもありがとうございました。
<< 辛い現実 〜チェルノブイリ以後〜 クリスマス スクエアリース >>