ROSASOLIS

<< かねがね残念におもうことは レモン、シトロン、蝶の羽 >>
青森、山梨、長崎の甲状腺検査は本当に行われたのかな?
つい最近のニュースですが、放射能の影響が少ないと見られる、青森(青森市)、山梨(甲府市)、長崎(長崎市)において、
3〜18歳の甲状腺が行われ、その結果が56%と高かったことから、
「福島の42%の甲状腺異常は高くない、それは原発事故に由来するものではない」
という意見が発表されました。
 
   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

本日(3/15)この件に関するニュースソースが急になくなりました。

なので、ジャーナリスト 木野 龍逸さんによる記事と環境省のソースを2件載せることにします。
「安心神話」振りまく環境省の甲状腺検査は意味がない(木野 龍逸)」

環境省 当該記事


   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


私はこのニュースに触れたとき、違和感を覚えました。
もし、それが本当ならば恐ろしいというレベルではすまないことだけれど、
長崎でそんな割合〜?、嘘だろう。

なぜならば、2000年の長崎の7~14才の子どもの調査では、甲状腺異常はきわめて少ないことを、あの山下俊一みずから公表していたからです。
それは、0.8%というきわめて低い数値でした。


そこで、わたしは自分の耳で確かめることにしました。

まず、自分の県である山梨県庁に電話

これこれこういう調査があったのだが、わたしはどこの学校で検査があったのか知りたいので
教えていただきたい旨を話すと、
そもそも、この検査の主体は「環境省」なのですが、
環境省からは話が来ていないといいます。

次に本丸、環境省に電話

同じく、甲府市内のどこの学校で検査したのか知りたい旨を伝えると、
「今担当者がいないのでわからない。」と言います。
「またあとで、明日以降に電話ください。」とも。

そこで、わたしは、「担当者は一人だけなのですか?」と聞きました。
「そうです。」との答え。


翌日、甲府市役所へ電話
昨日と同じ内容の質問
学児科というところにつながる
「環境省から話は来ましたか?」と聞くと、
教育委員会の方へも聞いてくれたのですが、
「その話は当方では把握していません。」とかえってきました。

いよいよあやしいです。
環境省のお役人がいきなり学校や保育園に聞くでしょうか?
そもそもこの調査結果はあまりにもアバウトで、どこの自治体が何%なのかの内訳もありません。
男女比も年齢別人数も。比較というならなぜ0~3歳を除いたのでしょう?

もう一度環境省へ
昨日と同じ内容の質問をする。
電話に出た人は昨日の人とは違う人
「どこの学校でというのは答えられません。」
私「なぜでしょう?」
環境省「プライバシーにかかわることですので。」
(出ました。都合の悪いことはプライバシーに任せる)
私「個人的なことを聞きたいわけではありません。学校というのはプライバシーに関係ないはずですが。」
環境省「ただいま担当者がいませんし。公表している以上のことはお話しできません。明日以降に電話してください。」
私「いいです。明日かけても同じです。・・結局担当者ってそもそもいないんじゃないですか?
と聞くと、ぷつっと切られてしまいました!

このことが何を示すのか。これだけでは早急にこたえは導き出せません。
しかしながら、わたし個人としては、
そもそもこの調査自体がなかった可能性が否定できないのではないかと思っています。
仮にあったとしても、すごい改ざんがあったのは間違いないのではと思います。
もしも、もしもその結果が本当ならば、どんな理由でそんな高い数値が出たのか調べてみる必要があるでしょう。


なぜ今このようなニュースを流すか?
それは、確信犯的御用学者である放射線影響研究所の長瀧重信元理事長の誤意見のように、
福島の甲状腺異常を放射線由来であることを隠蔽すること、情報のかく乱があるのでしょう。
加えて将来起こる可能性のある関東に住む子どもの放射線由来の病気を隠蔽するのだろうとの意見もあります。

私も含めてのことですが、人間って易きに流れる、自分の都合の良い方に話を解釈する、
悪い結果を導く話には耳を塞ぎたがる、あまりにも理解を超えることは、それが自分にとって都合の悪いことであるならば、 思考を停止させてしまいがちな側面があります。
だから、あまりに信じられないことでも、「もしかしたらそうなのかも、ほかでもそんなに高いのだから福島の甲状腺異常って普通のことなのかも」と思ってしまうのです。

わたしたちは正しい情報が欲しいだけなのに!!
国にも東電にも責任はあるが、自分で判断しなければならないのだから、
デマを流すな!


ここに、松崎道幸氏という医学博士の「今、福島の子どもたちに何が起きているか? ー甲状腺障害、
呼吸機能、骨髄機能をチェルノブイリ事故から考察するー」という意見書
があります。

さきほどの山下俊一の子どもの調査に関する報告もあります。
ここに何が書かれているか?
どうぞお読みください。

チェルノブイリ事故からわかっていることはたくさんあります。
そして、機会があれば、映画「チェルノブイリハート」も観てください。
ご存知の方も多いとは思いますが一応、、チェルノブイリハートってチェルノブイリの心という意味ではありませんよ。心臓に穴が開いて生まれた子もいる、という話です。(くどいか?)

残念ながら土壌汚染に関しては関東もかなりひどいです。

幼い子どもを持つお母さんたちが、疎開することにどれだけ苦労をしているか、
今でも、したいけれど周囲から冷たい眼で見られたり、止められたり、帰ってこいと言われたり、
疎開してからの苦労もたいへんでしょう。
お金があるから疎開できるわけではありません。
問題は子どもの命なんです。

f0160480_22593748.jpg

[PR]
by sakillus | 2013-03-14 22:14 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/18755349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rosedeco at 2013-03-15 01:04
こんばんは。

私も同意見です。
あやしい!
結局、これから出るであろう甲状腺異常を有耶無耶にしたいだけとしか。。。
私も役人のこの手口ですっごく苦労しました><
数が必要になって来る事もありました。
ちょっと私も問い合わせてみます。

今日はお話し出来てよかったです。
子供を大事に出来ない世の中に未来は在るでしょうか。
でも一人でも多く、助かってもらいたい。

歩夢
Commented at 2013-03-15 08:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-03-15 08:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hako at 2013-03-15 11:11 x
sakiさん、ありがとうございます。
怪しい!そんなのウソだ!
と思うだけの私と違いきちんと自分で確かめて、公表してくださる。
ありがたい事です。

反原発デモの最中にも、最近話題になっているレイシスト達のプラカードの中に
「福島で甲状せんガン増えたはウソ」
というものがありました。
(後から写真で見て気付いたのですが、先日の国防軍反対デモの時、「Let's国防軍」のプラカードを持っていた女性でした  笑)

彼らの程度の低さは誰もが知る所ですが、環境省も同じなのですね。
(NHKニュースのリンクが切れているようなので、環境省のリンクを貼ります)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16419

調査は
NPO法人日本乳腺甲状腺超音波医学会
http://www.jabts.net/index.html

という所が行ったようですが、みんなでここに問い合わせるのもいいかもしれません。

大人が毅然とした態度を示さないせいで、子供たちは「嫌だ!やめろ!」と騒がずに静かに受け入れてしまっています。

子供たちの心まで殺してしまっているようでとても悲しいです。
私は反省しなければいけません。
Commented by sakillus at 2013-03-15 21:33
歩夢さん、こんばんは。

あやしいですよね!56%はいくらなんでも高すぎ。
すでに出ている福島の3人の甲状腺ガン、おまけに7人にも濃厚な疑いがあることは動かしがたい事実なのだけれど、それも放射能由来ではないと言われてもねぇ・・・

やることがしらじらしいというのか姑息というのか、情けなくなってきますね。
そうそう、きのうも電話で聞きましたが、歩夢さんたちが行ってきた活動に対する役人のだめさ加減が想像つくようです。
でも、あゆちゃんたちが行動したおかげで真実がわかってきたり、こどもの被爆を軽減させることができたりと、疲れることも多かったでしょうがすごいなぁと思います。!

3月末にこの件で詳細が発表されるということなので、どうつじつまをあわせてくるか楽しみにしています。

わたしもきのうお話しできてよかったです。
体調大丈夫ですか?
どんな時でも明るい声を聞けるとうれしいです。
この国のやることはこどもにとってつらいことばかり。
放射能、早くなくなれ〜。
Commented by sakillus at 2013-03-15 21:57
鍵コメさん、こんばんは。

この国で起こった公害では、年月がかかったり、充分に過失が認められなかったかもしれませんが、でも、人々は汚した当事者は悪いという認識があり、それなりに責任をともなう結果が出たとおもいますが、この比類なき原発事故では誰一人としてまだ責任を問われていません。

現在の首相が前に首相であった時、「原発は安全に問題ないからこれ以上対策を講じる必要はない。」というようなことを言っていましたね。その人間がまたしてもトップになり、今日はTPP交渉参加を発表しました。
「強い交渉力で云々。」なにをばかな!90日間は交渉に参加できないということを知らないはずはないのに。

本当になんという国なのでしょう!

補助金とか賠償金とか、わたしはくわしいことはわかりませんが、少なくとも県民である以上誰もがもらわなければ行けないと思います。県外に避難したから何か不利になったりするのはおかしいです。
効果のあまり見込みのない除染に大金をはたくのならどうしてもっと県民にわたらないのか、全然かんけいないところに復興支援金が払われるのか納得いきません。

あぁ、そうなんですよね。
現場はたいへんですね。

Commented by sakillus at 2013-03-15 21:58
鍵コメさん、つづきです。

妹さん、そうなのですか!
なんて、、それだって因果関係は認められないのでしょうね?
胸がずきずきしてきます。
申しわけないという思いと悔しいという思い。
鍵コメさんもお体どうぞお大事になさってください。
なんというか、どうにもできないことがはがゆいです。

鍵コメさんもどこに怒りや嘆きをぶつけてよいのやらわからないでしょうね。ここでよければどうぞ少しでも吐き出してください。
わたしはなにもできませんが。
直接の声をきけることは自分のためにもなります。
Commented by sakillus at 2013-03-15 22:14
hakoさん、こんばんは。

hakoさんもそう思いました!?
いや、わたしは結構前から直撃インタビューが好きなんです。
バラに関して以前はよく大先生にうかがったりしていましたが、今はこういうことのほうが大事です。

>レイシスト達の
あぁ、大久保とか韓国人たちの居住、商店地域でやるひとたちのことですね?
いやですねぇ、恥ずかしいですねぇ。
あのお若い女性ですか?
自分たちの都合の良い情報ばかり拾っては無責任に拡散している。
恥ずかしいですね。対立ばかりを誘導してもなにもならないのに。

リンク切れのお知らせと環境省のリンク、どうもありがとうございます!
ゆうべはこの件に関するニュースがたくさんあったのにいっせいに消えています。なんだかあたふたしているのかなぁ。笑。

NPO法人日本乳腺甲状腺超音波医学会
ここもあやしいですね。あの山下俊一も、福島県立医科大の鈴木なんたらもいますね。
山梨県になにか放射能に関する市民団体がないかなぁとさっき調べていました。
探りを入れるところは多方面から。

子供たちの心まで、そのお言葉、わたしもずきっときます。
なんというか、あの日を境に別の世界になってしまいました。
Commented at 2013-03-18 00:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakillus at 2013-03-18 20:05
鍵コメさん、リンクどうもありがとうございます♡

わたしの鉄作家のイメージは熱いというのがあるので、この方の作り出すものや世界は意外です。静かですね。
仕上げも赤っぽい色になっているのもあるのかなぁ、鉄なのか?とおもってしまいました。
熱い火の中から生まれるのに、こういうところに落とし込むのが不思議というか、ふぅんという感じです。
いしころとかその辺に打ち捨てられてあるようなものに惹かれるっていいですね。

残欠展、おもしろそうですね。わたしも、こういう古いかけらにはすごく惹かれます。土器をつくっている方も参加されるのですね。上野原在住らしいのですが、活動は藤野でやっておられるようです。

鉄をやる人は個性的な人が多いですね。
けんじろうもそうだけれど、中里絵魯洲さんという人もいるんですが、http://www.eros-nakazato.jp/index.html
このひとの作り出すものにもやられますねぇ・・・からくりっぽいところとか、妙にかわいげのある人形や、四谷シモンのような人形、すごいです。
Commented by rosedeco at 2013-03-19 02:14
さきさん
↑ありがとう〜
リョウさんの静けさは実物を見るともっと驚きますよ〜
そして、尖った所がないのです。
だからと言って野暮ったい訳でもないんですよ。
じっと見ているとこの世が生まれた頃の黒い夜や闇を感じる鉄です。
静かな迫力を持ってる。
彼の鉄コロは魔除けになるとおもう♬

何を隠そう私も鉄でした!
不思議な物で私が購入させてもらってるアンティーク商さんは鉄のアーティストが2人います。
引き合うんですよ、きっと。
中里絵魯洲さん興味あるなあ〜
名前からして。。。!
人形と云えば私は天野カタンのカタンドールを持っていました〜
20歳の時。
私は人形か鉄かで悩んだときが在るんですよ。
今の私からすると想像つかないですね^^

歩夢
Commented by sakillus at 2013-03-19 07:34
歩夢さん、おはようございます。

昨日も風が強く苦手な一日でしたが、今日は雨上がりでおだやかです。
リョウさんの作り出すもの、実物を見ると、、そうでしょうね〜!
そう思いました。そのうち見られるかなぁ?
魔除けっていうのはいいですね。

そうですよね!あゆちゃんも鉄。わたしも鉄の感触は落ち着くから好きなんです。
中里絵魯洲さん、いいですよ!彼も天才かなぁと思えるひとりです。
藤野のイベントのときにちょくちょく出没していました。
息子さんは優秀な方でベルギーの有名なデザイナーの学校に行っていたと噂で聞いていましたが、今はYUIMA NAKAZATOになっていてもしかして有名?

カタンドール、久しぶりに聞きました!彼女も天才ですねぇ。
もう時効だからいいやね。健次郎は夫である天野さんとも仕事でつきあいがありましたが、カタンさんからも相談を受けていました。彼女はバイクで高速にのり、それであっけなく逝ってしまいましたが、そのとき健次郎のところに行くはずだったそうです。
好いていたんだね。
天野カタンの世界がすきなら絵魯洲さんは気に入ると思いますよ。
あゆちゃん、人形か鉄か、、、すごいものができそう!魔除けになるか?
<< かねがね残念におもうことは レモン、シトロン、蝶の羽 >>