ROSASOLIS

<< 1年の終わりに 原始機 >>
パーゴラ柿渋塗り
f0160480_20593315.jpg

年内納めの仕事がやっと終わり久しぶりに庭仕事
やることはたくさんあるのだけれど、もう年内は少ししかできないので必要に迫られているところから。

パーゴラのジュランビル、この時点でもけっこうちょきちょき切ったのですが、まだまだ〜!

パーゴラ保護のため柿渋を2年ぶりに塗ろうと思います。
誘引もし直した方がよいのだけれど、この枝たちを見るとひるみます。
どうするんだー、わたし・・・

何日かかかりそうです。ふわぁ


年賀状は苦手でいずれにしても少ししか出さないのだけれど、
まだ全然手を付けていません。・・・毎年のことですが。
年末年始って苦手なんだなぁ、ちょっと。
折々の節目が嫌いなわけではないのですが、なんだか苦手です。クリスマスも。
旧暦の正月のほうがいいなぁ〜

そういえば、このインタビューは刺激的でおもしろかったです。
5時間越えですが。笑。

  キリスト教の「神話」のベールを取り去り、「史的イエス」の実像に迫る――岩上安身による上村静氏インタビュー

あたりまえと言えばあたりまえなのだけれど、キリスト自身もその弟子もユダヤ教徒だったのね。
その頃はまだキリスト教はできていなかったから。



f0160480_2112511.jpg

ポテンティラ ネパレンシス ‘ミスウィルモット’
この時期でも葉がきれいです。
ポテンティラはバラ科ギジムシロ属の植物です。和名ではキンバイと言います。
ネパレンシスは「ネパールの」という意味です。
ネパールのといっても、この品種は地植えでも安心して植えられます。
赤いさほど大きくない五枚花弁の花を咲かせます。



f0160480_21143680.jpg


おばぁちゃま猫ですが、性格は初々しくかわいいハナを咲かせます。
[PR]
by sakillus | 2013-12-29 21:15 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/21183983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-12-30 12:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakillus at 2013-12-30 23:39
鍵コメさん、旧正月は来年の1月31日みたいです。
私はその日に向けて準備をしようかな、、ってその頃には忘れているかも。^^;

あ、仙台でもお寺が立派になってるって友だちが言ってました。

残念なこと、くやしいこともいろいろありましたが、悪いことばかりではありませんね。来年は自治っていうのか、もう国は勝手気まままっしぐらで国民のことなんかこれっぽっちも思っていないから、
連帯できる人々で動いてゆくような自治がいいと思います。

鍵コメさんもその調子で進んでくださいませ。^^v
<< 1年の終わりに 原始機 >>