ROSASOLIS

<< 八重咲きタマアジサイ 「戦争法案」は否決できるか? >>
ハウス前の鉢バラ
梅雨が明けて以来晴天日は暑いですね。
我が家は標高と家の周りを木々に囲まれているためエアコンなしの生活をしていますが、
連日の猛暑でややばて気味。
お腹はすくのだけれどたいして食欲もなくこうしてブログを書いています。

暑さをもろともせず元気なのはハウス前の鉢バラです。
f0160480_20515059.jpg

庭ではどうしても日照が不足気味なので、今年久しぶりに買った新苗は鉢で
日当りの良いハウスの東側で育てることにしています。
一部2年苗もありますが新苗が調子よいです。
少しの病気は織り込み済みで勢いさえあればそれほど問題ではありません。

f0160480_2054645.jpg


根の生長も良いため鉢底から出てしまい、2度鉢増ししました。
勢いもあるので毎日しっかり水やりしないとしなっとなってしまいます。

バラには日照と風通しということをつくづく感じます。
そして勢いをそがないこと、早め早めに鉢増しをしたり肥料をやったりすると
素直に伸びてくれます。うれしいです。

バラって栽培という点においてもおもしろいなぁと今でも思うのですよね。
なかなかすべてのバラをうまく育てることはできていませんが、調子悪くなったバラをなんとか復活させるのも甲斐あることですが、できれば調子悪くさせないほうが後々うまくいきますよね。

f0160480_2113753.jpg

夏のアリスター・ステラ・グレイ
f0160480_2122933.jpg

f0160480_2125516.jpg

ロックヒル・ピーチ・ティー
f0160480_2133581.jpg

ブロンズフェンネルがわたしの背丈を超えて高いところで咲いています。
f0160480_21112018.jpg

白いフロックスとイザヨイバラ


f0160480_216261.jpg

f0160480_2161828.jpg

ミカを拾ったのは何日だったか覚えていないのでわかりやすいよう7月20日を誕生日としています。
21歳になりました。
だいぶ足がよろよろっとなってきましたが食欲もありなんとかやっています。
ミカは漢字でかくと実夏というんです。

   実夏ちゃん!!
[PR]
by sakillus | 2015-07-26 21:08 | 栽培 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/24290522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 八重咲きタマアジサイ 「戦争法案」は否決できるか? >>