ROSASOLIS

<< ジュランビルの誘引はあきらめました コブシ  >>
春の庭にイカリソウ
桜の花も今をさかりににぎわっています。
このあたりでも民家の庭先や川縁ではやはりソメイヨシノが多いようですが、
山を見ればぼぉっと山桜が霞んで見えます。
ソメイヨシノはこういってはなんですが、やや単調な気がしないでもありません。
それに引き換え,山桜はなにがどうというのではないけれど、
過剰に主張するわけではないのに雰囲気がいいですね。
匂うというのかな、あたりをやわらかくつつみこみ幻想的な雰囲気を漂わせます。

わたしは特別どこかに花見に出かけるということはない代わりに,同時期に咲く
コブシや園芸種のバレリーナなどを眺めてそれを花見と称しています。
それで十分、はじまりから終わりまで晴れのひも曇りのひもきりさめにけむる日も、
瞬間の一期一会を見せてくれています。
今日も、雨に白くけむる中,コブシの白と薔薇の新芽の赤茶色の対比がなんとも美しく、
これは二度とないのだ、と景色を胸に刻んでいた。

f0160480_21501080.jpg

この時期の庭は、庭が立つ、とでもいいましょうか、
背が高くなるもの、低くおさまるもの、
いろいろなものが日々生長し変化する中、輪郭がいっそう見えてくるような気がします。

はやいものはもうユリの芽も出てきて、
ジューンベリーも今年は花が異様にはやそう。
Parks' Yellow にはつぼみがたくさんついている。
やりたい作業、やらなければならない作業、
やるのをあきらめた作業、^^;

植物は一木一草、点々としているが、庭の中ではすべてがひとつ
すべてが私に語りかける。

そして,数日前にはなかったイカリソウも咲いている。
f0160480_21505934.jpg

山梨県東部産
f0160480_21511967.jpg

ピンクエルフ
f0160480_21513660.jpg

あずさ


それから,サンギナリア カナデンシスもひょっこり出て来た。
f0160480_2154233.jpg


f0160480_21544217.jpg

ヤマルりソウは暖かくなり花茎が伸びてたくさん花を咲かせている。
花期も長い。
f0160480_21572676.jpg

これは駐車場に咲いていたスミレで、どうも明神スミレみたい。
不思議と駐車場にはいろいろなスミレがその年々で出てきます。
これなんか、しばらく種が眠っていたのかしら?
[PR]
by sakillus | 2016-04-07 21:58 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/25114400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2016-04-12 19:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saki at 2016-04-13 07:30 x
鍵コメ様
そうでしたか。それは辛かったですね!
この時期に外に出られないのは、、、その苦しみお察しいたします。わたしは結膜炎程度ですみましたが、それでも10日間ぐらいは眼が痛くて,視力も下がるしで不快でした。本当に健康が一番と思います。今回のが最後となりますよう願っております。
はい、そうです。

それから、イカリソウのことは,次の記事にも書きましたが、鍵コメさまのブログに鍵コメントしておきましたが,読んでいただけました、よね。
<< ジュランビルの誘引はあきらめました コブシ  >>