ROSASOLIS

<< ホトトギス 晩夏〜初秋に咲いた花 >>
遺伝子組み換えに思う 2
具体的なところを少し見てみましょう。

米国マサチューセッツ州に本社があるアクアバウンティ・テクノロジーズ社が開発した「アクアアドバンテージ」は、タイセイヨウサケもしくはチヌークサケ(キングサーモン)の遺伝子を組み換えて成長の速度を速め、食卓に上るまでの時間を短縮できるようにした。一部では「フランケンフィッシュ」とも呼ばれたいへん獰猛であると聞いています。
遺伝子を組み換えた動物が食品として認可されたのは初めてとのこと。

遺伝子組み換えサケは、キングサーモンの成長遺伝子とオーシャンパウトocean poutと呼ばれるゲンゲ科のウナギに似た魚の遺伝物質を組み合わせた遺伝子を、タイセイヨウサケの卵に注入して誕生させた。遺伝子を組み換えてできたサケに繁殖能力はなく、養殖はカナダとパナマにある2カ所の施設でのみ許可されるとのことです。

これは、市場に出回るのが具体的にいつ、どこで、というのは未定のようですが、日本へは来るだろうと言われています。アメリカでは反対が強いようですが、さしたる情報も与えないまま易々と言いなりになる日本はかっこうの市場となってしまうでしょう。

わたしはかつて所属していたバラの愛好者の団体で製薬会社に勤務していた方から、遺伝子組み換えはそれほど危険なものではないと聞いたことがありますが、それをそのまま信じてはいません。その方は本当にそう信じていたかもしれないけれど、それがどういうものか視野を広げて検証してみる必要があります。
実際遺伝子組み換え食品をマウスに与えた実験ではガンになることが知られていますし、長い眼で見て人間、そして人間以外の動物へどのような結果をもたらすかは何代も経なければわかりません。要するに危険を伴うということを百も承知で「実験」をしたいのだということが読み取れます。



    ****************************************


遺伝子組み換えとはまったく関係なく・・・

八重咲きシュウメイギクの花に個体差がかなりあっておもしろかった。
実生なのでしょうか、わたしはこういうほうがずっといいなぁ
f0160480_043666.jpg

f0160480_0432522.jpg

f0160480_0435858.jpg

f0160480_0444698.jpg
f0160480_0443313.jpg
f0160480_0441996.jpg


どきどきします。
[PR]
by sakillus | 2016-10-01 00:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/26164370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ホトトギス 晩夏〜初秋に咲いた花 >>