ROSASOLIS

<< あけましておめでとうございます 椿 茶々姫 >>
年中行事
f0160480_22503694.jpg

ゆうべはけっこう雨が降り、今朝は12月にしてはとても暖かい、ぬるいぐらいの天気でした。
しかし、12月の天気は変わりやすく、午後は強風、それにしても今年もあと1週間程度を残すのみとなりました。

年が変わり正月という一区切りを前に枯れた草などを切っておこうと思うから不思議、
体内時計は行事とともにもあるのですね。
が、庭の整理が間に合わなかったら旧正月があるからと言い訳もできます。

f0160480_22553627.jpg

冬はいろいろな鳥がやってくる、あまり気味のミカンをあげよう。
欠けているところはわたくしがいただきました。

f0160480_22563922.jpg

コウヤボウキ
植えて数年経つとこんな感じになると思います。^^;

f0160480_22573121.jpg

畑の記録まではなかなかできないけれど、
白菜とかキャベツは意外とうまくできました。
白菜向き進むとすごく丁寧に、幼子を抱えるようになっているので感動。

f0160480_22594689.jpg

コリダリス フレクスオーサは安定して落ち着いています。

f0160480_231278.jpg

ヤブコウジ 陽玉(ひだま)
かわいいので苔玉もつくりました。
f0160480_2325993.jpg

地植えもしたし。

f0160480_2334938.jpg

ベラドンナは12月に咲こうとして満開にはならなかったけれど、ずっと長持ちしていた。

f0160480_2352993.jpg

ストーブの前では仲良し
[PR]
by sakillus | 2016-12-23 23:05 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/27383350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kusuo522 at 2016-12-28 17:15
いよいよ押し詰まりました。庭のお仕事も目途が立ちましたか?終わりということはないですものね。コリダリスみごとに育っていますね。憧れの植物ですが、暑さにはどうかなーと思うと手が出ません。皿ヶ峰キキョウは、今のところ無事夏を越し元気です。
ネコちゃんたちも優しい飼い主に恵まれて幸せですね。今年は色々ありましたが、無事乗り越えました。
来る年もどうぞよろしく。良いお年をお迎えくださいませ。
Commented by sakillus at 2016-12-29 00:49
kusuo様

いよいよ今年もあと数日ですね。
あ、いやいや、まだまだですね。それ以前に本業の仕事が残っていて今も今までやってました。明日で終わればいいのですが〜。
コリダリスはうちでも鉢栽培だといけるのですが地植えでは消えてしまう確立が高いです。いろいろやってみないとわかりませんねぇ。

猫たちもなんか穏やかにしています。猫にとっても庭があるのはいいなぁと思います。もっともハナはもうあまり出られませんが。

本当に九州は災難でした。まだまだ元通りには戻っていないと思いますが、来年は穏やかな年になりますように!

こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
良い年をお迎えください。
Commented by すみごん at 2016-12-31 11:22 x
sakiさん

今年もいろいろお世話になりました。
ブログで庭の様子もたっぷり見せていただき、目の保養に
なりました。
冬の庭もどこか清らかな感じがしていいですね。
枯れ葉の色も優しい色で・・・
ハナちゃん、がんばっていますね。偉い!
日だまりのような毛色を見ているだけで、和みますね。

来年は機会があったら着物のことをいろいろ教えていただければと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。よい年をお迎えください。
Commented by sakillus at 2016-12-31 16:16
すみごんさん、こちらこそいろいろお世話になりましたし、
すみごんさんのブログからも考えることがたくさんありました。そうなんだぁ、すみごんさんは1日の記事を20分程度で書けるんですねぇ。さすが鍛えてこられた方は違うわぁと思いました。

冬の庭もいいですねぇ。1年いろいろな表情があり、自然界は決まりがある、その姿にほっとします。
ハナは今日もミクリにいろいろあそばながらもなんとか元気にしています。

はい〜、きもののことをかたらせたらうるさいかもしれませんよ〜!あ、うるさいというのは、決まり事にうるさいとうのではなく。
こちらこそ来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。
<< あけましておめでとうございます 椿 茶々姫 >>