ROSASOLIS

<< 空に昇っていったハナ タムラソウと白花タムラソウ >>
ハナは23歳になったけれど
f0160480_2151959.jpg

イザヨイバラ
9月に入りめっきり気温が下がり秋らしくなりました。この夏はすっきりとした夏らしい晴れ間が異様に少なかった年として記憶されるでしょう。
もっともここ数年はすっきりとした夏空は極端に減ってしまったのではと思います。
2017年9月の満月は9月6日ということで、おしいです!今日は立待月、十六夜ではありませんね。
f0160480_21144216.jpg

それでもイザヨイバラは夏中よく咲いています。


9月6日は23年前ハナが初めてうちにやってきた日でした。
その日から23年.長く楽しかった日々
人間の年齢で言えば108歳ぐらい?
f0160480_21175037.jpg

ハナ 9/3

いのちあるもの、いつかは終わりの時を迎えるように、今ハナのいのちの灯火は消えようとしています。この5日間ぐらいで急にそうなりました。
昨日今日はもう食べ物もいらなくなりました。
6日まではよく飲んでいた水もすこしだけ飲むだけでどんどんやせて小さくなっています。
足はよろよろで歩くことも難しくなりました。

ハナはおもっていた以上によく長く生きたので、もうあまり無理はしなくていいよと
私は言いました。
f0160480_21222983.jpg

9/5
f0160480_21224554.jpg

9/5
天使のような顔をしています。

f0160480_21234821.jpg

チロは最近ハナのことを案じていて、なにかあると寄ってきてはかいがいしくしています。
f0160480_2125160.jpg

家猫っぽくなるまで時間かかたね、チロ

昔の猫は死ぬ時にどこかへ行ってしまうこともよくありましたが、ハナはもう外にはいけなくて
どこかへ行くことはないだろうからほっとしています。行方はわからなくなるのは辛いから。

f0160480_21281872.jpg

タムラソウとギボウシ
f0160480_2128455.jpg

ヤブラン
[PR]
by sakillus | 2017-09-08 21:30 | 動物 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/28131102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すみごん at 2017-09-09 08:41 x
ハナちゃん、もう旅立ってしまったでしょうか・・・
記事を読んで、今迄何度か会った時のハナちゃんのことを思いだしていました。
おっとりやさしく、淡々としていてあたたかい。
23年も寄り添ってきたのですから、ハナちゃんがいなくなった時の気持ちは悲しいとか淋しいとかひとつの言葉では表せないものだと思います。
喪失感はたとえようもないと思いますが、23年間共に過ごした日々の記憶がそれをやさしく包み込んでくれそうな気がします。
ゴンを失ってもう2年近く経ちますが、いまだに近くにいるような気がしている私です。
もう会えないのは残念ですが、ハナちゃんに会えて本当によかったと思っています。ありがとう、ハナちゃん。
Commented by sakillus at 2017-09-09 09:18
すみごんさん、コメントありがとうございます。
今朝本当に危ないなぁと思い、娘に電話していたちょうどそのとき6時半に亡くなりました。ろうそくの明かりが消えるように逝きました。

すみごんさんには何度か会ってもらい、写真なども撮ってもらい、すみごんさんの猫に対する暖かく自然な態度は忘れることはできません。

まだ亡がらがそばにあるのでよくわからないんですよ。実感が、、もちろんもう動かない、息はしていないから、あぁ、もうすぐハナはハナでなくなるのかとか思いますが、すみごんさんのゴンちゃんに対する思いのように、近くにいてくれるような気もします。

わたしもたくさんのありがとうをハナちゃんには言いたいです。本当にたのしかった。
Commented by kusuo522 at 2017-09-09 21:39
そうですか。23年ですか。よほど居心地か良かったのでしょう。私も何度も別れを経験しましたが、もう、ハナちゃん充分感謝して、満足して旅立ったことでしょう。チロチャンにバトンタッチして・・・
Commented by kusuo522 at 2017-09-09 22:06
 そうですか。23歳ですか。よく頑張りましたね、ハナちゃん。sakiさんもご苦労さまでした。まさに天寿を全うしたハナちゃん、チロちゃんにバトンタッチして安心して旅立ったことでしょう。

 別れはつらいですが、生きとし生けるものの運命で、いつかは・・・と心にとどめなければいけないのですよね。
 姉の突然の死から、間もなく5カ月、ようやく受け入れられるようになりました。



Commented by wood-land at 2017-09-09 23:10
そうでしたか、ハナちゃんがんばりましたね。
どの写真も安心しきっているような可愛い姿ばかりですね。
sakiさんのお宅に来るまでには辛いこともあったけれど
その後はとても幸せな一生だったと思います。
どうぞ安らかに。
sakiさんもお疲れ様でした。
Commented by sakillus at 2017-09-10 18:15
kusuoさん、そうですね、よく生きてくれました。
タイミングも人間たちのことを考えてくれたかのような時でした。チロは元々野良でわりと静かにしているので、今日は急に静かになりました。

そうですね、少し前から覚悟はしていたのです、わたしも。
まだ、庭にいるような気がしています。
そうでしたか、近しい方の死を受け入れるには時が必要ですね。
Commented by sakillus at 2017-09-10 18:20
Mayさん、ハナ、がんばりました。最期しずかに息を引き取ることもできよかったと思っています。
ここ1年は目も耳もほとんど見えない聞こえない状態だったと思うのですが、動物ってすごいですよね。
そうですね、安心していられる庭があって、外の風や光の好きだったハナは居心地が良かったのだろうなぁと思います。
はい、ありがとうございます。
Commented by iroha8788 at 2017-09-12 08:55
ハナちゃん。もう・・・何年前になるのでしょう。
突然お邪魔させていただいたのに、私にも人懐っこくしてくれて、すりすりしてくれてなでなでさせてくれてありがとう。
どうか安らかに。
Commented by iroha8788 at 2017-09-12 08:57
うちも十六夜バラが咲いています。
十六夜バラは、ハナちゃんのバラにもなりそうです。
Commented by sakillus at 2017-09-13 09:25
irohaさん、コメントありがとうございます。

ホント、3.11より1〜2年前でしたか?
ずいぶん経ちますね。。。そうでしたね、ハナは誰でもではあるけれど、特に猫好きさんにはなついていました。

イザヨイバラ、咲いてますか。一部分の欠けた、というのがちょっといいですね。

外ではお向かいさんちのキンモクセイがかすかに匂ってきます。季節のめぐりは草木とともに。
<< 空に昇っていったハナ タムラソウと白花タムラソウ >>