ROSASOLIS

<< 大きなシカ コウヤボウキ >>
巨大加速器の目的は何? そしてその危険性は?
f0160480_21361179.jpg

f0160480_21362788.jpg

昨年12月にある程度短く切ったバラの枝から、厳冬にもかかわらず新葉が出ていた。
これはウィリアム R スミス

f0160480_21381926.jpg

これはスタンウェル・パーペチュアル
スタンウェルは何をとっても美しいね。葉のこの色!
棘もなんて美しいのだろう、エロスさえ感じるわ〜。

.......................................................................................

このところも相変わらず忙しく、その日の仕事を終えると深夜になってしまいます。
もうそうなるとブログを書く気力がなく撃沈。それもいかんと、時を失してはいけない(もうすでに遅いけれど)と思い書いてます。
 
 Let's give it a try!

欧州スイスにあるCERNが持つ世界最大の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」は、スイス・ジュネーブ郊外の地下約100mに設置された円形の大型加速器で、直径が約8.6km、1周約27kmの巨大な実験施設です。

f0160480_2150483.jpg

これは地下100mに設置させられているということで、今日本で建設が予定されているリニアコライダーも同様に地下100mです。

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」の目的は素人にはよくわからないことですが、宇宙解明に臨む、ヒッグス粒子の発見、暗黒物質(ダークマター)という宇宙に存在する謎の物質の解明、あるいは、具体的な概要としては

「陽子ビームを 7TeV(テラ電子ボルト / エネルギーの単位)まで加速し、正面衝突させることによって、これまでにない高エネルギーでの素粒子反応を起こすことができる。」
 
というような言い方もあるようですが、以上のようなことであれば、なんかいいじゃん、新たな科学の進歩だねって思うわけですが、この実験に警鐘を鳴らしていた科学者はかの有名なホーキング博士です

余談ですが、我が尊敬する電気物理学者であった故楢崎皐月先生は生前「素粒子は過渡的な存在の物質であるからこれからいくらでも発見される」と40年以上前から述べていました。

戻ります。ホーキング博士は何故に危惧を抱いているか、それはこの実験装置の真の目的やそれに関わる副作用を理解しないといけません。

実際にLHCで働いておられる科学者の言葉で以下のような報道がなされました。

「並列している紙のシートのような2次元オブジェクト[幅と長さ]は、3次元[高さ]の中に存在することができますが、パラレル・ユニヴァースは、さらに高い次元に存在し得るのです。私たちは、この宇宙の重力が特別な次元に流出していくことを予測しており、そして、LHC で、小型のブラックホールをつくることができると考えています」

「私たちが意味しているのは、余剰な次元の中にあるリアルな宇宙です。私たちの宇宙から余剰次元に重力が流出する可能性が想定されていますが、このようなモデルは、LHC でのミニ・ブラックホールの検出により、テストすることができるのです」

「もし、このエネルギーでミニブラックホールを検出した場合、私たちは、『重力の虹』理論と、余剰次元が正しいことを知ることになるでしょう」



出たぁ、並行宇宙ですね!

現在量子力学の考えでは確か11次元まであるってことでしたよね。
その並行宇宙との扉を開けたいと考えているようなのです。

そして、LHC の稼働が再開して、わずか5週目の 2017年6月28日、LHC 加速器の各方向に 2556個のプロトン(陽子)束が循環し、過去の記録を大幅に上回る驚くような記録を樹立した、のだそうです。

これってなんのこっちゃ?って思うんですが、このころ同時にCERN上空に異様な光景が出現したとあります。

さらに、出力が大幅に上がり一時停電となり、その間その主任研究者が忽然と消えてしまったという内部告発もあり、その内部告発した研究者は直後に自殺を遂げた、あるいは他殺かもしれないと、上記リンク先記事にはあります。

そうそのとき異次元への扉が開いてしまったのではないか、ブラックホールに吸い込まれたのではないかと疑いが持たれます。ちょうどその光景が映画「The gravity」にもありました。

で、ホーキング博士はどう警鐘を鳴らしているかというと、

この研究を続けていくと最終的に宇宙が崩壊する。統計的にヒッグス粒子があまりに不安定な為、仮に実験の中で安定状態に近づけることに成功すると、真の真空状態が生じ、より低エネルギーの真空が光速度で膨張することで宇宙全体が破壊されてしまう。

凡人にはよくわからないんですが、かなりやばいのではと嫌な感じがするのです。
今のところ宇宙はまだ崩壊してないですが。

しかし!やばいことは他にもあります。

それは、同時期にCERN近郊で地震が多発しているということなんです!

7月1日から 2日の 70回以上の群発地震は、ほぼ、シャトー・デーという場所でだけだったのですが、7月2日になって、そこにゲルターキンゲンという場所が加わっています。(in deepさんからの引用)

f0160480_23155584.gif


やっとここまで来たわ!

そうです。これなんです。もちろん宇宙が崩壊してしまったら元も子もないんですが、
原発を多数抱えているこの日本で、しかも福島第一原発は未だ収束のめども立たず、青森の六ケ所村にある使用済み核燃料満載の施設が地震でやられたらどうなるかなんて考えたくありません。


それに、リニアコライダー建設に係る経費は1兆1千億円と言われ、その半分を日本が出すと、例によってあの愚かな日本の総理はOKしてしまったのです!

                      5500億円


あの、本当にこのお金、他に使えばいいんじゃないですか? 武器もそう、日本国民がどんどん貧しくなっていったこの十数年。


美しい岩手を汚すな〜!! あ、リニアコライダーは岩手 北上山地の地下100mに予定されています。


f0160480_10505359.jpg

                        ふくしまみんなのnewsより


もぅ、いろいろ懸念材料はあって、リニアモーターカーもそうなのだけど、穴掘った残土、どこに捨てるのですかね?

[PR]
by sakillus | 2018-01-28 22:11 | 世界、社会 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/29400244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by iroha8788 at 2018-01-29 07:03
おはようございます。

なんかつくづく・・・思うんです。
もう頼むから、これ以上、壊さないで。と
もう十分壊して汚染して、フクイチの収束も見えない中で、一体、どこに向かっているのと思うんです。
私は、今ある自然をありがたく畏敬の念を持って愛していきたい。そう思っています。
山の中にいると、人間の愚かさばかりが見えてきます。
自分も含めた人間の哀れさばかりが目につきます。
お金は、ある人にとっては、ゲームなのかもしれない。
でも、私にとってはそれよりもこの景色を大切にしたい。
年が明けて、3月にはこの大雪原に融雪剤が撒かれ、茶色、もしくは真っ黒になっていく・・・
そうしないと大量生産は間に合わない。その労働力は、どこへ流れていくのでしょう。搾取されることばかりです。
うちはなすがままにしているのでGWまで雪が残る。笑われてます。
それでもいい。私は、ここで最低限だけで、もう余計なことはしたくない。と言い続けています。
ここは蝦夷地。それだけで十分なのですと。
やっと深呼吸ができるところに住めた。着地できた。この感覚を想像しようも何も思わない。
無関心は、本当に最大の犯罪だと実感しています・・・・・
Commented by すみごん at 2018-01-29 09:02 x
いやはや、私ももういいかげんにしてっ!と言いたいですね。
どこまでも知りたいと思うのは学者の性でしょうか。
それに利権がのっかって・・・有益なものももちろんあると
思いますが、土を深く掘って何かを作るなんていいことはないと思います。
宇宙が破滅するなら、それはもう致し方の亡いことで。
人間がそれを食い止めることなどできないと思うので、
それよりまずは地球を汚さない、壊さないことに注力してほしいものです。
岩手が・・・心配です。

スタン、いいですよね。本当にどこをとっても。
最愛の薔薇です。
Commented by sakillus at 2018-01-30 00:12
葉花さん、こんばんは。

おっしゃること痛切に感じます。その広い大地大自然の中で暮らしていると気づかされることも多いでしょうね。
いったい何をやっているのだと。もう十分だと。
第二次安倍政権になってから急速に何もかもが露骨に悪くなっていき、もう手がつけられない....

自分が何かやることの基準に、自然に対してどうなのだろうという問いかけはあっていいと思うんです。日本人は確かに文化も享受(甘受)してきたから私なんかもまだまだ甘いと思うんですが。

大量生産、そうですね、私も去年広大な土地に1種類の作物がだ〜っと育っているのを見ました。「余計なことはしたくない」というのは大事なことですね。私も雪かなりほったらかしています。笑 

蝦夷地というのはいいですね。私は心の中に蝦夷(えみし)を持っています。それゆえに中央に対する義憤が強い。

そうですね。これ以上呼吸できない土地を増やしてはいけないと思います。事実を知ってこそですね。
Commented by sakillus at 2018-01-30 00:23
すみごんさん、本当に何から何まで。やることなすことやっていけないことばかりです。

やっている科学者は純粋に知的好奇心からなのでしょうけれど、科学者を動かしている人々が何をやりたいのかがわかりません。一般的には科学的究明には、「誰が」とか「どの機関が」とか「どの大学が」とか「どこの国が」とかあると思うんですが、この巨大加速器を使った研究はかなりの数の国が関わっている。そこがミソというのか怪しいなと感じるんです。

ネットを検索するとけっこうダークな情報も出てきて、やっていること自体がダークマターだわなんて思います。

そうなんですよね。大地を深く掘るな!って思います。
影響でないわけないので。それに磁場の乱れとかも出力が上がれば絶対あるはずなので、岩手が、、悔しいです。

スタンウェル、
すみごんさん、そうでしたね。素敵なバラですね。私は最愛ではないけれど、相当好きなバラです。
Commented by kusuo522 at 2018-01-30 14:09
私が知らないだけなのか、こんなことが計画され進んでいるのですね。そのことが、表面上成功したとしても、大きなリスクがある危険性の方がうんと大きいと思われてなりません。

私も蝦夷地とは反対の阿蘇の麓で、澄んだ空気を吸えるものと思っていたのですが、すぐ近くで米軍の軍事演習がいつの間にか始まっていたりして、どう考えても、一人一人の短い命のことを忘れて、研究のための研究、あるいは、目の前の保身のためのことに走ってしまう人間の愚かさを見せつけられているような気がします。私自身、このような発信はできませんので、シェアさせていただいてよろしいでしょうか?
Commented by sakillus at 2018-01-30 23:23
kusuoさん、多分日本人の9割以上は知らないと思います。
メジャーなニュースにはほとんど出てこないと思いますので。
もう一つのリニア、モーターカーの方は談合疑惑でこの頃出てますけど、それもマスメディアではずっとご法度でした。あまり知られると都合が悪いので水面下でやってしまいたいのでしょう。

宇宙の始まりの謎に迫りたい、もっと知りたいと言っても、その前に地球のことを知ったらどうですか?と言いたいです。
科学は進歩しているように見えても心はどうでしょうね。
人類は相変わらずとんでもないことを平気でやってしまいます。

これに似た装置ですでにつくばにスーパーKEKBというのがあるんですよ、もっと規模はずっと小さいですが、それでいいんじゃないですか、と思います。多分これの方がわかりやすいのですが、リニアコライダーの方は何か不気味です。
そういう技術を何に利用できるのだろう?兵器、気象兵器?
あるいは人をコントロールする方法か?あるいはもっと、本当に次元の違う宇宙とコンタクトを取り、力を授けてもらいたいのか?とか。

シェアはもちろんしてくださって結構です。
<< 大きなシカ コウヤボウキ >>