ROSASOLIS

<< サラサドウダンとクレマチス Dicentra specta... >>
バラが咲き始めました
今年のバラは早い?
f0160480_21495670.jpg

わが庭の一番手は、Parks' Yellow Tea-scented China'
初めて数輪咲いたのが18日頃だったと思うので、それから一気に満開へ。

今シーズンは剪定、誘引やってる暇なく、この子は例年無肥料ときてますが、
それでも結構咲いてくれます。ポテンシャルすごい!肥料やったらどうなる?

続いて2番手はこのかた、
f0160480_2158454.jpg

Color of Jupiterです。珍しい! 綺麗です。
なんとなくなのですが、なんか間違えたような気がします。ちょっと早すぎ。


チューリップのシーズンはほぼ終わりですが、記録として残しておこうと思います。
f0160480_2203648.jpg

原種チューリップ アクミナータです。
原種「系」ではなく、ズバリ原種です。
よくある小型の原種系チューリップとは趣も高さも違います。
ひょろっと細長く、30〜35センチぐらいです。
なんでも200年前ぐらいからあるということで、大変な希少品種です。

これは去年植えたもので、植えっぱなしで翌年も出るのか疑っていましたが、
今年も出ました。なかなかやりますね。

f0160480_224322.jpg

’ミステリアス パーロット’
パーロット咲きは初めてです。
f0160480_225312.jpg

左側の淡いオレンジ色は’ラ ベルエポック’という品種です。
去年植えたもので、堀りあげることもせず忘れていました。
ボリュームも去年とほとんど変わらず、なかなか丈夫ですね。
咲き終わりは園芸品種のシャクヤクのようになります。
f0160480_2274611.jpg

この二つがあると濃い〜感じですがたまにはいいか。
青のスミレは、宿根のビオラ ソロリアのダークフレックルズかな?
日本のスミレの増え方が1株ずつポツッポツっと増えるのに対し、ビオラ ソロリアは
ぽつっプラスじわっと広がりますね。

f0160480_22143243.jpg

この子は野良ですが、最近よく来ます。
うちのチロは案外小食で、猫缶残すのでこの子にあげてしまう今日この頃。
すごく期待されている感あり。
最初は突っ張ったねぇちゃんのようにちょっと怖い顔してましたが、少し可愛くなりました。
ちなみにオスで「タマ」と名前までつけちゃいました。

         タマ!

f0160480_22173264.jpg

f0160480_2220526.jpg

姫リュウキンカも大きくなりました。


f0160480_222246.jpg

イカリソウ 初音と姫ケマンソウ
姫ケマンソウはそれほど認知度高くないしあまり人気があるとも言えませんが、私は庭植えに良いと思っています。返り咲きするし、丈夫だし、色が差し色になるしでね。
それにしてもなんでケマンなんだ?全然ケマンじゃないじゃん。どっちかっていうと花形はコマクサですね。四季咲きコマクサっていうのはあるんですが、
こっちの方が庭植えするには丈夫でいいと思うなぁ。まぁ、本来のコマクサの風情はないけれど・・・

f0160480_22241215.jpg

イカリソウ 安寿

f0160480_22251230.jpg

いただき物の 緑花八重咲きイチリンソウ

f0160480_22275282.jpg

日本クマガイソウ と オオバナノエンレイソウ

f0160480_2232464.jpg


f0160480_2229065.jpg

思いがけず季節はもう藤へ
他の木によじ登って高く上がっていました。

[PR]
by sakillus | 2018-04-22 22:00 | 薔薇 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/29738715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kusuo522 at 2018-04-23 07:00
もうバラが咲き始めたのですね。こちらは、白モッコウバラが満開で、後はオールドブラッシュが少しだけです。それにしても早いですよね。さりげない山野草や、原種のチューリップの植え込み、一度拝見したい!

こちらは、戴いた山アジサイ数種も小さなつぼみをつけています。四季咲きバイカカラマツ、いつまで咲くの?というくらい咲いています。終わった花柄取ってやった方がいいのかしら?あと少し、熱くなるまで庭の番人になります。
そちらの素敵な庭のようすも拝見させてください。
Commented by すみごん at 2018-04-23 08:31 x
パークス、いい感じですねー 色がいいわぁ〜
原種チューリップ、なんだか不思議な、独特の魅力がありますね。微かな炎が立ち上がったような・・・
チューリップも奥が深いですね。

ハナちゃんがいなくなって、猫がいるお庭の写真久しぶりのような気がします。
やっぱりいいですね!猫がいる庭。
たまちゃん、男の子だったら慣れるの早いかもしれませんね。
女の子の方が警戒心強いから。
今後が楽しみです(^^;)
Commented by sakillus at 2018-04-24 00:39
kusuoさん、パークスは早咲きで毎年1、2を争って咲くのですが、今年は一層早い気がします。うちはモッコウバラは伸びすぎて大変なので去年短くしてしまいました。

いろいろ日々あちこちでいろいろな花が咲くので面白いです。
とは言っても全体は緑が圧倒的なのですが、蕾が膨らんできたり、何と何が開花時期が重なったりとか、楽しみは多いです〜。

ヤマアジサイ、今年また見たことのないものも仕入れたので、私もこれから楽しみです。
四季咲きバイカカラマツはそうですね〜。次々蕾が上がってきますね。しばらく黙っている時もあると思うんで。
花殻、どうなんでしょうね?取った方が次の花のためにはいいかもしれませんが、お世話ですね。

今は蚊もまだあまりいないし、そう熱くなしれ庭仕事日和ですね!私もマメに更新できるようにしたいのですが、ちょっと滞りがちになってしまうかもしれません。
Commented by sakillus at 2018-04-24 00:46
すみごんさん、パークスは柔らかい黄色なのでたくさん咲いてもくどくなくていいですね。

このアクミナータというチューリップ、細こいんですが結構インパクトあります。百合咲きの元ではないかとの説もあるようです。チューリップって、1600年代初めからオランダでチューリップバブルというのがありました。
ものすごい値段で取引され、誰もが狂ったように手を出していたそうなのです。その頃も結構斬新な柄があったみたいですね。

タマはまだ警戒心が強く、食べる時もすごい勢いで食べてます。私があげてんだから、もう少し気を抜けって思うんですが、
でも、以外と我が物顔でくつろいでいたり、可愛いもんです。
<< サラサドウダンとクレマチス Dicentra specta... >>