ROSASOLIS

<< 屋久島シャクナゲとシャクナゲ ... サラサドウダンとクレマチス >>
湖北ヤマシャクヤク
f0160480_0131966.jpg

この湖北ヤマシャクヤクとの付き合いも長くなりました。

実のところ、湖北というのは中国の湖北だろうと思っていますが、情報がほとんどなくよくわかっていません。が、日本の通常のヤマシャクヤクに比べ数倍大きく雄大で神々しいのです。

うちに限ったことなのかもしれませんが、今年は面白い在り様を見せてくれました。
初めて開花してからずっと花は1本で咲いていました。ところが去年一昨年と根が大きくなり
2本咲くようになりました。つまり花茎が2本上がるということ。

その状態を彼女たち自身は快く思っていないことを私は感じていました。
なぜなら、私にとってこの花は特別な花であり、女神のようだと思っていたからです。

f0160480_0213581.jpg

            早朝は閉じています。目覚める前のうなじ


今年、花はまた1本で咲きました。 どうしたことかと株元を見ると、芽は地上部に出ているのに
そこから伸びていません。はは〜ん、とどめたのだなと思いました。
なかなか主張が強いですね。 女神は二人いらないのさと言わんばかり。

こういうことがあるんですね。植物って面白い。今年はまた私と庭の植物が次のステップに移ったと感じました。どれだけ癒され救われてきたかを彼女たち、彼らたちはわかっているのだなと思いました。
私はなんと大所帯なんだ!

f0160480_0282682.jpg

f0160480_0284229.jpg

花粉がすごいのでミツバチはウハウハの状態
f0160480_07413786.jpg

f0160480_0492175.jpg

f0160480_0493853.jpg

私は世間の休日に関係なくべらぼうに忙しくしていますが、ひょこっと小さい人が来てくれました。
女の子らしくなったように見えるかもしれないけれど、騙されてはいけません。
絶好調に野性味丸出しなのでした。
まったくひどい。笑 どれだけひどいか覚えていようと大人たちは思いました。

f0160480_0564039.jpg


f0160480_0581522.jpg

ごじゃりあんも咲いたよ〜

f0160480_10718.jpg

[PR]
by sakillus | 2018-05-03 00:27 | 植物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/29762296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by iroha8788 at 2018-05-03 07:59
おはようございます。

Sakiさん・・・小さい人さんのことを言われると、ドキッとしてしまうものが・・・約1名います・・・
野性味丸出しって♪♪♪すっかりお姉さんになってる♪と、驚いて喜んでいるのですが。
ここに住み始めて4年目で、すでにガッツリおばちゃんなのに野生化してきているわたくしめは、あぁあ~。

女神さま、素敵ですね。潔さが、またいいんですよね。

こちらエゾヤマザクラが満開になってきたのですが、ただ今大荒れ中のお天気で、オーノー!です。
Commented by kusuo522 at 2018-05-03 10:45
山芍薬の季節なのですね。近くに山芍薬の群生する林をお持ちの方がいらっしゃるのですが、いちばんの働き手のご主人が震災で亡くなって、荒れ放題になっているのでは・・・と思うと見に行けません。
一輪しか咲かない儚い、花と思っておりましたが、そうでもないのですね。

みくりちゃん!すっかり少女になって!時間の経つのが早いことを改めて感じました。わんぱく?いいじゃあないですか。その方が、いろんな意味で伸びますよ。私の子育ての経験からも!
みくりちゃんのそばのドウダンツツジ、こんなに大きいのですね。箱根つりがねツツジもちょっと植える所間違えたかな?時期を見て植え変えようかな?
Commented by sakillus at 2018-05-04 21:35
葉花さん こんばんは。

ミクリに反応してくださってありがとうございます!
なんというか、、あっけらかんと開放的すぎて笑えます。
恥ずかしいと本人がいつ思うのか見ものです。すぐ裸になりたがるのです。笑

年齢に関係ない?誰も止めてくれないと止まることを知らない、かもしれませんね。笑

湖北ヤマシャクヤクはやっぱり開花は3日ぐらいで短いんですが、それでも良いです。花がなくても葉だけでも雄大さが見えて。

北海道は天気が大変みたいですね。農作物に悪影響を及ぼさないといいのですが。
Commented by sakillus at 2018-05-04 21:44
kusuoさん、日本のヤマシャクが一番先に咲き、それから黄花系〜湖北、それから園芸品種とリレーが続きます。
今はないけれど、赤花は一番遅いですね。
あ、一茎には一輪なのです。株が大きくなり2芽でて2本の花が咲いていたんです。

よその子はあっという間に大きくなる気がしますよね?
ミクリは春から成長著しい感じです。関節が痛いのだそうです。なんというか、わんぱくというのとちょっと違って、好きなことし放題、興味にまっしぐら!なんです。笑
ちょっと書けないこともしているのですが、ぱ〜っと開放的に思う存分できる時期って人生のうちでもそうないかもしれないので、そういう時期があることっていいなぁと、大人たちは
こんな時も大切にしたいと思っています。

サラサドウダンツツジはもう10年ぐらいは経っていると思うので、大きくなってます。こちらの方が成長早いかもしれません。
Commented by iroha8788 at 2018-05-04 23:06
おっとー^^
それは私も見ものです?
でも、女の子ちゃんですもの♪
Sakiさんと、小さい人さんの♪のママさんから、大人になった時「それは、言わないでー!」という時が待ち遠しく思ってしまいます。
今日は打って変わっていいお天気で笑ってしまうほど穏やかでした。
バラさんたちは大雪の次にエゾシかっちょ選定の前に嵐剪定となりました。
でも「根っこが生きていれば大丈夫、大丈夫」と言ってまわった今日でした。
Commented by sakillus at 2018-05-05 09:49
葉花さん

まだ全体的には小さいのでまだ目玉のおやじみたいなんですよ。笑
うん、うん、将来赤面する時期が来るのでしょうね??

エゾシカ!バラには受難ですね。根っこが生きていれば。確かに!その大らかな気持ちが北海道的!
Commented by クミン at 2018-05-05 16:47 x
sakiさん、こんにちは。
みくりちゃんの様子、見せてくださってありがとう!
あとごじゃりあんも♪
ごじゃりあんがsakiさんの「大所帯」に入っていることが嬉しいです^^。
Commented by sakillus at 2018-05-05 22:32
クミンさん、こんばんは。

お久しぶりですが、あまり久しぶりな感じがしません。

今日はごじゃりあんの花殻を切って、次のための肥料を少しあげときました。なんとなく活性液うすめ液のお風呂に少し入れてと。

ただ、島崎嬢の機嫌がちょっと悪いのです。。。

クミンさんの自虐ネタに触発されて私も自虐ネタ思い出しましたよ!オープンガーデンやってた頃だったと思うのですが、自分としては、「それなりに」バラ、咲いたなぁと思っていたところ、来てくれたお客さんに「あの、バラの季節はいつですか?」と聞かれたことです。オイ、オイオイ、オイオイ
<< 屋久島シャクナゲとシャクナゲ ... サラサドウダンとクレマチス >>