ROSASOLIS

<< ジャガイモの収穫と種子法廃止、... ヤマアジサイ 2018 その2 >>
ヤマアジサイ 2018 その3


昨日今日は秋のような気温でした。本格的な梅雨空と相まって心もとない気さえします。
が、植物の管理は楽ですよね!
何せ晴れると油断ならないですから。

さて、ヤマアジサイの続きは、
f0160480_22515535.jpg
不動の人気を誇る普賢の華
キリッと装飾花が細弁で色合いも冴えてます。
f0160480_22514425.jpg
f0160480_23053836.jpg
ハウスで勝手にできた実生のアジサイはやや普賢の華と似ており、
小ぶりでキリッとしてます、装飾花は渋い紫ですね。
f0160480_23004080.jpg
羽衣の舞
小ぶりな樹形、花付きは決して良いわけではないです。
が、花弁の縁に細くくっきりと紅が入る様がナイスです。
f0160480_23035850.jpg
舞つながりで、笹の舞
こっちは花付き良いです。
枝がガシッとしていなくてふわふわといい感じです。


f0160480_23070146.jpg
f0160480_23071120.jpg
エゾクガイソウは雄大なクガイソウです。
モンシロチョウなどに好まれています。
f0160480_23182756.jpg
青花ギンバイソウ
幻想的な花。
f0160480_23191818.jpg
樺色カキランは初めて見たのですが、花、全体ともに一般的なカキランよりも大きくとても素敵です!
色合いも微妙で印象深いです。
f0160480_23205202.jpg
ウチョウランもやってみます。









[PR]
by sakillus | 2018-06-17 23:16 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/29869013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kusuo522 at 2018-06-23 16:22
山アジサイの季節ですね。とてもすてきです。我が家は、庭造り初期の頃、ありきたりのアジサイや、大きくなりすぎるアジサイを植えずぎて、しばらくアジサイから遠ざかっていました。
sakiさんの庭を見て、アジサイを見直し、すこしずつ植えていますがまだ小さくて、今年花を咲かせなかったのもありま、本領発揮には程遠い状態です。
この冬のあいだに、滅茶苦茶に広がったカキの木の下の貰いものの木苺を整理して、春には山アジサイのコーナーにしようと目論んでいます。
昨日のびすぎた庭木の剪定の他に、初めて草取りもお願いしました。もう600坪の敷地の管理は夫婦2人では無理になりました。
それでも、あそこはこうしたいとか、ここはこうしようと、体は動かないのに妄想だけは広がります。クガイソウも素敵だし、樺色カキランもいいなあ。
モッコウバラの下には、今年植えつけるには早すぎると思われる、かなりの苗が鉢でひかえているにもかかわらず・・・
Commented by sakillus at 2018-06-24 09:04
kusuoさん おはようございます。

ヤマアジサイは花期の長いのも魅力で早いのは5月中旬から、
今でもだいぶ旬は過ぎましたけれど、まだまだ見られます。

九州にはヤマアジサイはたくさん自生してますよね。特に九重山あたりにはまだ発見されていないものも結構あるのでは?

私は大きいアジサイは他で見ればいいやと。園芸品種で人気のアナベルなんかは前は育ててましたが嫌になりました。単調すぎて。やはり小型中型の引き締まったもの、変化に富むものが好きです。
kusuoさんがお買い上げになった「満点星」は本当に素敵なアジサイかと思います。

わぁ、600坪は広いですねぇ!うちは庭部分は50坪程度ですが、それでも結構やることあります。
構想を考えているのは楽しいですよね。
このエゾクガイソウは軽く1mをこし伸びやかで良いです。暑さにも普通に強いです。樺色カキランも素敵ですよ〜。
<< ジャガイモの収穫と種子法廃止、... ヤマアジサイ 2018 その2 >>