ROSASOLIS

<< さようなら子猫たち 印半纏ワークショップ 2018... >>
猫がいっぱい
6月ごろだったと思うが、ある日ガリガリに痩せた猫がやってきて、「もう私はあなたが助けてくれないと生きて行けないからさぁ」みたいな感じでアピールするので、
餌をやると、案の定うちの庭に入り浸るようになっていた。というか、ほとんど離れない。

最初はいがいとなんでも食べる猫は、こっちがちょっと気を許すたびに贅沢になっていき、オカカご飯には見向きもしなくなった。
f0160480_22074138.jpg
7月1日のリンカ

短毛種で耳が大きい。シリア、エジプトあたりのアビシニアンの血が入っているのだろうか?
珍しいタイプだ。

私は、ハナの存在が大きすぎて、彼女のいない今もいつでもハナを思っているので、新たな猫にそれほどテンション上がることもなく、
ただそこに命があるからという理由で助けをしているのだった。

雌猫なので、避妊手術が可能な頃になったら避妊をしよう、しなきゃと思っているうちに、
みょうにお腹のあたりが太っていき、すでに妊娠していることが日に日にたしかになっていった。

ある朝外から家に入るやいなやトットットっと二階に駆け上がる。
あら?もしかして?私も2階に上がると既に産んでいた!

2匹、急いで段ボール箱と布を用意して、またしばらくしてみてみると、、4匹、さらに5匹目に突入。
こんなものかと思いきや、うわぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   8匹だぁ!!!

f0160480_22340516.jpg
f0160480_22341555.jpg
f0160480_22343250.jpg
f0160480_22343665.jpg
リンカは自分自身も生まれて間もないだろうに、ちゃんと母性を発揮して、ちゃんと子育てしている。
こういうところはすごいねぇ。本能ってすごい!

f0160480_22433182.jpg
リンカは暑さと8匹の子育てに消耗するのか、時々ダウン。


三毛が5匹、白にブチが1匹、茶トラが2匹。
そんなに飼うことはできないので、身の回りの友人たちやfacebookでシェアしてもらうと、予想外に貰い手が早く決まった。
今ではほとんどの猫が避妊、去勢しているし、野良猫の数が極端に減っている。猫を飼ってくれる方は少なからずいるものなのがありがたい。
本当に色々な方にお世話になりました。感謝、感謝です。

リンカにとっても一度は妊娠できたことは良かったことと思う。
昨日5匹貰い手に引き取られ、他2匹も決まっているので、あとは全身茶トラの仔のみが残っている。
それは成り行きに任せようと思っている。飼ってくれる方があればそれもよし、いなければうちで面倒みようかなという気もある。
f0160480_22433651.jpg
乳を吸っているところ、可愛いよねぇ。


    ......................................................................................................................................................................................



昨日でハナが死んで1年。今まで部屋に写真を飾ることもできなかった。
やっと飾れるかなぁ。
ミカちゃんとの付き合いも長かったし、ペットロスというのではなかったし、もう2匹とも十分に生きて、
あれ以上は逆に辛そうだったので、もう良かったのだと思う。
私の心の中にはいつもいる。庭でゴロンと転がっているような気がする。
楽しく過ごせて良かった、ありがとうという気持ちしかない。
けれど、あのふわふわした柔らかい毛が懐かしい。
トントン足に甘えるあの姿が懐かしい。

f0160480_22560863.jpg
f0160480_22564471.jpg
f0160480_22573062.jpg












[PR]
by sakillus | 2018-09-10 22:14 | 動物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/30041258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すみごん at 2018-09-12 09:06 x
そうでしたね。あれは息子の誕生日でした。そして、ミカちゃんは私の誕生日。妙な縁を感じましたっけ。
私もなにかにつけてゴンを思いだしています。
今いるダイスケの毛色が似ているということもあり、ゴンだったら・・・などと。今いる4匹には申し訳ないですが、やはりゴンは特別な存在でありつづけるような気がしています。

リンカさん、若いのに偉かったですね。こういう野生に出会うと感動します。
私もうちのメス猫には一度は産ませたかったです。
無理だとわかっていても、母としての経験をさせてやりたかったなぁ。

野良猫の保護活動が昔よりずっと積極的に行われるようになったことは喜ぶできことですが、やはり避妊・去勢が基本なので、このままだと自由気ままに、本能のままに生きる猫がいなくなってしまうのではないかと思い、淋しいです。

ともあれ、子猫ちゃんたち、行き先が決まってよかった、よかった。
茶トラ、sakiさんのところに残るといいなぁ、そうしたらいつか会えるもんなぁ、などと勝手なことを考えています(^^;)
いや、茶トラには思い入れがあるので、可能ならわが家に欲しいくらいなんですよ。
淡く期待しておきます。
Commented by kusuo522 at 2018-09-12 14:16
茶トラさんもすみごんさんに?・・・よかったですね。8匹となると、呆然となさったでしょう。
私もネコは大好きで、何匹も飼いましたが、毎年4匹4回生んだときはさすがに、困りました。こんな時ばかりはフェイスブックなるもののありがたさを感じますよね。

我が家は私がくたびれるのがわかっているので、息子がなかなか飼ってくれません。数年前まではいた、私だけになついた真っ黒のノラちゃんもいなくなり、近くで見かけることも少なくなりました。
そう言えば、ネコ屋敷と言われていた近くの家が震災で亡くなったこともあるのかなー
Commented by sakillus at 2018-09-12 22:38
すみごんさん そうでした。誕生日にこっちの猫の死んだ日で申し訳ないような気持ちです。

すみごんさんも同じ気持ちを持っているのですね。長い間本当に親しんで一緒に入られた事はずっと胸に温かい気持ちの残してありがたいことで、なかなか得がたいことでした。

わからないものですよね。縁って。ハナは野良ではきっと長くは生きられなかったでしょうし、一度は私たちも手放す予定でした。顔もどんどん丸くなって、性格も。面白いですね。

リンカは子育てよくやっています。中には子育て放棄する猫もいると、うちの前の家の猫もそうだったそうですが、リンカは偉いです。ただ、唯一目下の問題はチロに喧嘩ふっかけるのです。子育て中でナーバスになっているせいだったらいいんですけど。

避妊・去勢が基本ということ、私もすみごんさんのように思いますよ。あくまで人間の都合でやっていることで、猫にしてみれば不愉快極まりないですよね。猫の野生も失われます。人間も野良との共生をうまくできるといいんですが・・・
野生猫が復活してくれたら面白いのですが、人間が幅を利かせているうちは難しいのかな。
動物保護団体の方の中でも、避妊・去勢にうるさい人がいるので話し込むとイラっとする場合があります。

おかげさまでほとんど決まりました。ほっとしています。
すみごんさんち既に4匹ですものねぇ。茶トラはかわいいですが、次は別の柄がいいなぁなんて思っていました。娘は飼えばいいのにと思っているようですが。
Commented by sakillus at 2018-09-12 22:58
kusuoさん、チャトラはどうでしょうか?すみごんさんちは既に4匹猫を飼っているので、どうでしょうねぇ。

猫が8匹も産めるものだとは想像もしていなかったのでびっくりしました。調べてみると中にはあるようですね。
私も前の猫が最初産んだ頃は、ネットでどうこうする時代ではなかったので友人か、あとは動いて実行に移すしかありませんでした。今回はラッキーでした。kusuoさんにも手伝っていただきありがとうございました。稲妻ちゃんはたぶん10月になってからもらわれていくと思います。

猫はかわいいですが、実際エネルギーも、時には神経も使いますね。それでもかわいいと思えますが。

そうそう、震災などがあると動物たちもかわいそうですね。
日本は融通が利かなくて、家が壊れた人たちの仮の住まいは動物はダメという自治体もあるようですね。
Commented by kusuo522 at 2018-09-13 12:02
今は、「室内飼いで」という条件付きの譲渡とか販売が目に着きますよね。

子どもの頃から内と外と出入り自由な猫しか見てこなかったので、とても、違和感を感じます。庭のない都会の場合はしかたないと思いますが、外で自由に虫や他の生き物と遊びまわって、ごろごろとねっころがるのは猫にとっての自然な生き方で、部屋の中に閉じ込められているにはかわいそうに思います。
ただし、ノミやダニには気をつけないと、昔は家族総出でガムテープ片手にノミ退治したものです。その後、薬をいただいて首に着けるという退治法を知りました。

膝の上にネコを抱えて、のんびりとあの日向くさいにおいや毛の感触を楽しむのは私の夢なのですが、以前飼っていた猫が、真夜中に何度も私の寝室の網戸(決まって私の寝室なのです)にガサッとぶら下がって、私を起こすので寝不足気味でした。今だったら、暇なので構わないと思うのですが、息子が許しません。

すみごんさん、もう4匹も飼っていらっしゃるのですか?うらやましい。
せめて、ノラちゃんでも来てくれれば、こっそりと手なづけようと思っているのですが。
Commented by sakillus at 2018-09-13 23:40
私も猫の室内飼いだめなんですよ〜。自分がそうだったら息苦しくて窒息死しそうと思うものだから、猫は外で思う存分にお日様浴びてもらいたいものです。

とはいえ、住宅事情や近隣との兼ね合いなどで、どうしても室内でないといけないということもありましょうから、他家のことは干渉はしません。

猫はお日様を浴びることや草を食べることが健康を維持する術でありますし、室内だけだと猫砂にかかる費用もバカになりません。そうそう、近隣で猫の糞をされるのがいたという方は多いですね。そういうことも室内飼いにしようというきっかけになるのかもしれませんね。

人間があまりに幅を利かせて猫や犬の(犬なんてもっと飼い慣らされてしまってますが、)本来持っている野生を奪う事に疑問は感じますね。

寝室の網戸にぶら下がるのは大変ですね。kusuoさんのところは自然が豊かだと思うので、野良猫やってきそうですけどね。
ノミには私も泣かされました〜。猫も年取るとノミもつかなくなるのでそれは良かったです。
<< さようなら子猫たち 印半纏ワークショップ 2018... >>