ROSASOLIS

<< 香りが充満していた   5月2... 白いパラソル、白い手 >>
草ぶえの丘バラ園 2


バラの友だちと一緒にバラ園を訪ねる愉しさは、ほかの方の視線の先を共有すること。
自分ひとりではおもいもよらないことに、気づかないことに視線が飛ぶ。
バラの細部に、宿根草の彩りに会話が弾む。

時に離れ、おもいおもいのバラに気持ちが動くかと思えば、また集中し話題を集めるバラがある。
わたしたちの頬は紅潮していたかもしれない。
森のこびとたちが森で愉しく遊ぶように、わたしたちも、日常の雑事を忘れかろやかに歌い踊っていたかのようである。

f0160480_1212276.jpg


Rosa inodora   ロサ・イノドラ
inodorus (イノドールス)  香りのない

地面を這うような枝の流れ

イ ノ ド ラ・・・魔女のようなその名前は香りがなかったのか

f0160480_1264975.jpg


Rosa arkansana  ロサ・アーカンサーナ
arkansanus (アーカンサーヌス)  アーカンソー州の

f0160480_1342436.jpg


Rosa foliolosa ロサ・フォリオロサ
foliolosus (フォリオロースス)  小葉の多い

これの前を離れられなかった粋人、約一名・・・

f0160480_1391547.jpg


La Mortola (Hybrid Musk) 1954年 Hunbury
  異名  A Form of R.moschata
          R. brunonii 'La Mortola'

わたしの写真では残念ながらこのバラの良さが引き出されていないのだが、
とにかくこの日、このバラにはやられてしまった! 
なにがよかったのかはっきりと今言えないのだが、その細身の葉が奏でる雰囲気、
枝先の葉が微妙に色変わりする、その色気、
クローブというのではなかったが、その花のスパイシーでエキゾチックな香り、
のびやかな肢体、すべてが、すべてが!・・・・・まいりました。


それにしても、この日撮った写真はほとんど原種のばら
葉っぱばかりが目立つ

f0160480_1582821.jpg



この草ぶえの丘バラ園は、バラ文化研究所というNPOの組織が中心となり運営され、ボランティアの誠実な仕事にも支えられている。
ことさらにうたってはいないが、無農薬でバラを育てていると聞く。
広大な敷地に適度な間隔で800種、1800株のバラが植えられてある。
そのどれもが健康的な葉を持っている。

バラを繋ぐ支柱や構造物も自らの手で造ったものであるということ。
このバラ園が気持ちよく、人々が穏やかでいられるのは、そうした作り手たちの気持ちのありようが起因しているのだろうとおもう。

帰りの電車の中、わたしは自分たちがばらの匂いを発していることに気づく。
その日一日はそれほどまでにバラを吸ったのだった。
[PR]
by sakillus | 2008-06-15 01:35 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/8383551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 香水月季 at 2008-06-19 01:58
タイトル : 薔薇園にて。〜1週間後〜
「ちなみに...これは薔薇ではありません(笑)念の為」 ***************************************************************** 6月7日に 再び『草ぶえの丘』へ行ってきました。 正確には1週間後ではなく...6日後ですね(笑) 写真は午後2時頃から...夕暮れまでを追ったものです。 土曜日だったにもかかわらず...園内は意外に人もまばら...。 ***************************************...... more
Commented by AIKO at 2008-06-16 23:11 x
あの日の思いをこうして残してくださって、sakiさん、アップありがとう!
自分の記憶よりあの日らしいです。
記憶に残った薔薇はP様とsakiさんにお任せして良かったです。
私にはあの感触を表現できないとおもっていましたもの。

白いバラソル、白い手のお話で、私も十代半ばころ、高校の女性の先輩の後を
ついていってしまったことがります。
その方は長い足のジーパンの裾を折り曲げていました。
>その細身の葉が奏でる雰囲気
その先輩の爽やかさと重なります。

sakiさんのお庭の薔薇に私もため息・・・

Commented by sakillus at 2008-06-17 15:08
AIKOさん、こんにちは〜!

朝晴れていた天気も今になって雨となりました。あ、でも、急にやみました。
こんなつたない写真と文でも少し載せれば、記憶装置が働くのでいろいろなことが思い出されて
いいかなぁと思います。^^。
いろいろなこと・・・自分が研究者に群がるハイエナのようだなぁとか、私を含めたみなさんが、
一つの薔薇に食い入るように見つめる姿が不思議な種族に思えたり・・などです。

AIKOさんもついていったことありますか!やっぱり先輩ですよね!
私なんか、白状しますと、高校の頃は女子校だったので、本気で好きな先輩がいましたよ。
(一度だけね)ははは・・・・・
卒業してからわたしは引っ越したので、その後しばらく文通させていただいていました。
爽やかな方でしたか。私の憧れの方も中性的なひとでしたね。バスケ部のポイントゲッターで。

うちの薔薇もいよいよ終盤になりました。
今はランブラーのフランソワ・ジュランビルがいい感じです。
Commented by AIKO at 2008-06-17 21:44 x
sakiさん、文通~!
やっぱり行動派だわ、sakiさん。
私は廊下ですれ違うようにわざとその先輩の教室の前をうろうろ・・・
それくらいしかできませんでした。

全く話は変わりますが、最近ニューPCでブログを書いています。
と言っても写真だけです。
それが上手くいっているのかどうかわからないのですが、
一応アドレスを書きますね。
http://ifspringcome.at.webry.info/
これ、前と同じかな?
自分のアドレスを知らないわたし。。。

>自分が研究者に群がるハイエナのようだなぁとか、
キャハハ、かなり品の良いハイエナかも。
Commented by sakillus at 2008-06-17 22:57
AIKOさん、文通です、文通。はは・・・その頃はわりといろんなひとに書いていましたね。
おもしろいですよねぇ、十代って。わりと多いんじゃないかなぁ、同性に好意をもつことって。
なんでしょうね。自分の場合は未成熟だったのではないかと思うんですけどね。
でも、確実にかっこよかったですよ!その先輩は。

あ、そうか!おニューのPCに変わったから出なかったんですね。でも、なんでほかのひとは大丈夫なのだろう・・・?MACのせいかな?
フルテミアですね。なるほど、実物見てみたいです。
それと、ロクスブルギーのヒルトゥラとノリマリス。違いはなんなのでしょう?
ちなみにうちのイザヨイバラは欠けません。

ハイエナ・・・はやる気持ちをじっと抑えているハイエナです。ハイ。

Commented by MiscellaneousOGRs at 2008-06-19 02:16
とても想い出深い一日になりました。
背丈よりも高い薔薇の茂みをすり抜けながら交わす一言二言...。
皆さん目元も優しく穏やかで...且つ直球!(笑)
柔らかい雰囲気に包まれて 僕自身もとても素直だったのではないかと...(!)

今年の春の写真。まだまだ整理するにも追いついていない状況ですが
『La Mortola』の写真が意外にも少ないのです。
特に花は5枚位でしょうか?
それほど夢中だったってことですね(笑)忘我の世界です。
いやぁ...まことに美しい姿でした。

皆さん、帰りの電車の中で薔薇の香りに包まれていたんですね。
最後までご一緒できなくて残念でしたが、またの機会を楽しみに。
遅ればせながらTBさせていただきますね。

そう...視る...のではなく、視界に飛び込んでくるものに
常に正直でありたいと思いました。特にこの日は。
かけてますけど、実は必要ないくらい視力はいいのです(笑)
今年の健康診断で担当医に『?』って云われました。

また是非ご一緒させてくださいね。

G d D
Commented by sakillus at 2008-06-19 15:55
G d Dさん、わたしもご一緒させていただいてとても愉しい想い出深い一日となりました!
あの日は、いえ、あの日も欲望を慎ましさで!どこまで抑えられるかという闘いをしていました。
ははは・・・・ きっとみなさんもでしょう・・・
それでもG d Dさんがおっしゃるように、みなさんやわらかい雰囲気をお持ちで、わたしもそんなみなさんのことをとても好ましくおもっています。

G d Dさんの眼の動きにはひたすら感心しました。
感性はもちろんのこと、きっと動体視力も良いのでしょうね。!
は? 視力もそんなにいいのですか!  うらましいです。じつに。

わたしなんか、この日は天気が良すぎたこともあって、最初から写真はほぼあきらめていまして、本当に
少なかったですよ!  『La Mortola』も2枚だけで。
花弁数の多い薔薇なんて、ほんの数枚だけ!
見ているだけでした。
G d Dさん、写真を整理なさってまたアップしてくださいね!
 わたしだけでなくファンはたくさんいるのですから。
こちらこそ、また是非ご一緒させてください!
TB,どうもありがとうございました!
<< 香りが充満していた   5月2... 白いパラソル、白い手 >>