ROSASOLIS

<< 一斉開花 秋色はほんのり赤い明るい色 >>
レンガ敷き目地苔計画、のはずが想いは飛び

この時期ワイルドオーツは緑と紅のふたつ色になっている。

f0160480_9282454.jpg

f0160480_9294057.jpg


かなり前に咲いていた夕霧草やカライトソウもまた咲き出した。

f0160480_932291.jpg

f0160480_9332354.jpg


朝顔は真夏には咲かない。うちにあるのは古いタイプで朝十時にはもうしぼんでいるがとてもきれい。
f0160480_935187.jpg

空色朝顔と勝手につけた。


さて、やきものの窯を壊したレンガでつくった敷き道にはいろいろな雑草が所狭しと生えている。
う〜ん、まずいな。
f0160480_9373931.jpg

プロはこうならないように庭作りの最初から土を処理するというが、わたしにはそれをどうやってするか聞いても、少なくともあの時点ではできなかったろう。
素人にできないことをするのがプロなのよと半ば開き直りともとれる発想・・・

地道に?これらの草を抜くも良し。
とそこにわずかではあるが苔を発見!

f0160480_9424675.jpg

これだけではよくわからないとおもうが、遠目でみるとなかなかいい。
よし!これでいこう。
これを増やして草には遠慮してもらおうという計画。
さて、乳酸菌でもまこうかな、そして草は夏に買った草取り(抜き?)鎌できれいに根っこもとろう、
とりたい。うまくできれば・・・

f0160480_9475810.jpg


ギラリ、これは手打ちなのである。
これを売っていた建材屋の社長の話によればつくった方はもう高齢でじきに作れなくなるだろうという。

想いは飛ぶ。
飛ぶがしかし今は時間がないのでつづくということで・・・
[PR]
by sakillus | 2008-09-22 09:55 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/9142120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クミン at 2008-09-22 10:17 x
sakiさん、おはようございます^^。
目地:苔の仕上げ、きっとカッコイイと思います。
ぜひとも完成してください!
そこで、苔を増やす方法を夫の伯父から聞いたのを思い出しました。
『増やしたい苔を集めて新聞紙の上でカラカラに乾かす。それを砕いて、生えて欲しい場所になすりつける。』のだそうです。
伯父が言いますには
『カラカラに乾かされた苔が驚いて種の保存をしようと頑張る。』との事。
ほんとでしょうか?
もしよければ試してみられませんか?
私もやってみようかな~。

>夏に買った草刈り鎌
なんだか高そう(ドキドキ)だけど、後編が楽しみです♪
Commented by sakillus at 2008-09-22 14:40
クミンさん、こんにちは〜。^^。

苔を増やす方法、ふふふ、伯父さんは試されたのですね。
苔にもかわいいのとそうでもないのがあるので、かわいい苔に繁殖してもらいたいものです。
北側の土地を見ましたら、少しだけありました!
この方法を試すのって、「少ない所持金をたいがい競馬で当てるひとに託すかどうか?」に似ているような気もしますが、苔でしたら多少失敗してもかまいませんよね。
ちょっとやってみましょうか。^^。

鎌は若干高いのですけれど・・・けれど、という話になります。

そうそう、今年クミンさんからいただいたバラなど、みな元気にしております。
教会のバラもまた咲きそうです。チングルマ だけ苦戦しております〜。うぅ・・・
Commented by ぴぴん at 2008-09-23 09:05 x
しばらく禁足していましたが、また足跡を残し始めることにしました。
空色朝顔、うちも今日も咲いてます。三十輪ほど。
今年の最高は七十輪でした。なかなかみごとです。
Commented by saki at 2008-09-23 13:56 x
ぴぴんさん、お久しぶりです。
おぉ、三十輪も!鉢で最高七十輪とはすごいですね!
うちはそんなに咲いていたかなぁ・・・?
今年は種を蒔かずに昨年のこぼれ種だけだったのですが、それなりに数カ所で発芽してほどよいです。

ぴぴんさんちはことしは留守のことも多かったでしょうがちゃんと見守ってくださった方がいたのですね。
コメント待ってましたよ。^^。
Commented by kimi at 2008-09-23 20:12 x
立水栓、素敵なものが出来上がりましたね!
sakiさんちのお庭にあるものは
敷石の間の雑草でさえも一見お洒落な山野草に見えますよ~^^
とはいえ、敷石をおおうほどになると困りますねぇ、、
うちは通路に敷いたレンガのまわりにはカタバミだらけです
これも根っこが深くて繁殖力は旺盛
こういう鋭い鎌があったらあったらいいなあ~
あ、でも、ちょっと怖いかも(実は先端恐怖症だったり・・^^;)

Commented by sakillus at 2008-09-23 21:30
kimiさん、お久しぶりです!
コメントこそしていませんでしたがいつも見ていましたよ!
ジェネラス ガーデナーもロゼンドルフ・・・も調子が良くて何よりです^^。
それに、現代農業の特集を先取りする発酵化成肥料! kimiさんの時代がきましたね!

立水栓、おかげさまでおもった以上のものができました。本来は入れるべきセメントが入って
いなかった粘土部分、大雨で大丈夫かしら?と雨のあとは赤ちゃんを見守るように粘土をさわっています。
だんだんいい味わいになってきています。^^。

敷石の間の雑草、いや〜、現物を見たらそんなことは言わないとおもいますよ。クク、苦笑ものです。うちのレンガ敷き道。
あの方たちの生命力って油断ならないですよね。
kimiさんちの難物はカタバミですか・・・うちはいろいろあるけれど、一番面倒なのはスギナですかねぇ。

フフ、この鎌、写真だとこわいですね。 なかなか仕事をしてくれています。
今では先端も土に汚れ光っていないので大丈夫ですよ〜。
Commented by sakae at 2008-09-23 23:35 x
この窯(いや)釜。
味がありますねぇ

個人的には刃物大好きなのでしばらく見とれておりました。
Commented by sakillus at 2008-09-24 00:12
sakaeさん、字、両方違うってば。
おぉ、刃物好きでしたか! わたしも、わたしも!。
鋼がねぇいいとおもうんですよね。あと少しカーブになっているのね。
その辺が大量生産品とは違いますね。
Commented by クミン at 2008-09-24 06:14 x
sakiさん、おはようございます。
>「少ない所持金をたいがい競馬で当てるひとに託すかどうか?」
sakiさんに座布団3枚!
Commented by sakillus at 2008-09-24 10:06
クミンさん、おはようございます。

あのね、娘のバイト先の上司なんですけれど、そういうひとが本当にいるらしいんですよ!
本気で考えましたね。ぶははは・・・

このところ座布団ならず、枕をちらほら作っています。
昨日からやっと天気が良くなり、さきほど苔も採ってきました。
どこまで乾かすか見極めが重要ですね。
今日は苔も枕のそばがらも干し日和です〜♪
Commented by YOKO at 2008-09-24 10:51 x
sakiさんぴぴんさんのおかげで、うちの庭にも山にも空色朝顔がたくさん咲きました。
たしかにきれいな花が見れるのは朝早いうちだけですが
季節を感じる花、そして時間を感じる花って素敵ですね。
露草、酔芙蓉、月見草、待宵草・・・
みんな大好きです。

しかし、この鎌はいいですねえ。
一生草取りできそうです。
Commented by sakillus at 2008-09-24 14:48
あ、YOKOさんのところにも空色朝顔いっていましたか!
種の移動は簡単でいいですね。
園芸品種にはない清楚さがあってこれはこれでいいですね。^^。
露草、酔芙蓉、月見草、待宵草・・・  そうですねぇ。いいんですねぇ。いかにもYOKOさんが好みそうです。
酔芙蓉は前のうちでは育てていたのですが、すんごく大きくなっちゃって・・・ここでは遠慮しましたが、
よそで見かけるとやはりいいなぁとおもいます。

せっかくYOKOさんからいただいた種、直まきしたのは春でしたが、その後土の移動が激しかったせいか
悲惨な結果になってしまい、かえすがえすもうしわけないし残念です。ーー。
でも!シナガワハギだけはもうすぐ咲くとおもいます。!

この鎌一生使えるようにしっかりと研いでいきたいとおもっています。

そういえば、YOKOさんのトップページのガイズ川というんですか、
これ川なんですか? 本当に川?  川?  え、川? と何度もオウムのように問うている自分がいます。
Commented by ぴぴん at 2008-09-24 20:20 x
はい、うちのベランダを中継地に、YOKOさんのところへも。

>季節を感じる花、そして時間を感じる花って素敵ですね。
ほんとにそうですね。

ガイズ川は、何で灰色なんだろうかと思いました。
山は赤いのに。
Commented by sakillus at 2008-09-24 22:00
ぴぴんさん、種の移動をひとりで頭に描いているとなにやらにやけてきます。
東京が一番東(北)で、南は九州と・・・北にはなかなか行かないですね・・・
元は四国なんです。

ガイズ川、干上がっているのでしょうかね?
それにあの山!赤土。そして緑の少ないこと!
Commented by YOKO at 2008-09-24 23:16 x
sakiさんぴぴんさん、こんばんは~。
お二人の疑問にお答えして・・ 
ガイズ川の川幅、あの辺りは実際にかなり広かったのですが
超広角レンズ撮影のために、手前の方は極端に広く写ってしまいました。
自分では実物を見ているので勝手に納得してるけど、画像だけではわからないものですね。
だけど、遠くの山は見たとおりの感じに近いと思います。

水の色に関しては、川底が炭でも含んでいるみたいなこまかい灰色の土だったからだと思います。
高山からの雪解け水でできているので、干上がることもあれば氾濫もするこわい川です。
とにかく、大自然に圧倒された旅でした~。

種のこと、そうですか。
元は四国の朝顔だったのですね~。それはまたうれしいことです。^^
いろんな種があちこちで花を咲かせて・・あ、咲かせない種もあるようですが(笑)
それはそれで楽しんでいただけたらうれしいですよね~~♪
Commented by sakillus at 2008-09-25 08:19
YOKOさん、おはようございます。

疑問に答えていただいてどうもありがとうございます!
なるほど、なるほど・・・

水もあったのですねぇ・・・
氾濫・・・まわりには水を蓄えられる植物がほとんどなさそうなので、来るときは一気に来そうですね。
我が日本のことも考えてしまいますねぇ・・・

種で日本全国あちこちで咲き、、、咲かない種もありますが〜 汗
それはそれで楽しんでいま〜す♪

<< 一斉開花 秋色はほんのり赤い明るい色 >>