ROSASOLIS

<< もうすぐ仕込むんだから! 発酵熱 >>
ダンボール生ゴミ発酵

近頃注目を浴びているらしいダンボール生ゴミ堆肥づくりは、私の知っているバラ栽培家の中でもやっていらっしゃる方が複数いるようで、なるほどこれまで密閉した容器で不具合だった
余分な水分を飛ばすことが可能になるし、経費がかからない電気代をはらう必要もないなど
きわめて簡単で有効な方法のようだ。
それにこの時期にもなれば、いやな虫の発生もかなり抑えられるだろうし、腐敗という点においてもやり方さえちゃんとしていれば避けられるだろう。

ということで、わたしもやってみた。
いままで生ゴミはポリバケツのゴミ箱、(底を抜いて逆さまにたてておいたもの)に入れてきたのだが、暖かい季節には必ず虫が発生して、それの死骸がおそろしくもあり、できたものも
マルチにさえできたものではなかった。
それは山土に混ぜたり、なにか腐敗をなくす処理をしなければ使えないだろう。

f0160480_23334732.jpg

生ゴミを受け入れる基材は米ぬか、去年作った発酵肥料、落ち葉、林業を営んでいる方にいただいた山の細枝や落ち葉など(土が見事に団粒化している)、数日経った本日、もみ殻くん炭も適量入れた。
f0160480_2339448.jpg

段ボールの底は二重に、設置する場所は屋根のあるデッキに、段ボールのしたにはレンガをおいた。

屋外ということもあるがさすがに冷えてきたこの頃、簡単には温度上昇が望めない。

これはそのうち作ることを予定している発酵肥料の中に投入しようとおもっている。

f0160480_23452667.jpg

これは庭の落ち葉を集めて積み、強風で飛ばされないように藁を上においているところ。
少ないのでそのうちどこかから集めてこよう。

こんなことをしていると、極力買わない、外から持ち込まないで庭の余剰物を循環させながら植物を育てることができないかと想う。
庭だけではどうしても産出できないもの、たとえばもみ殻くん炭や油粕、骨粉、その他いろいろあるわけだが、なければないで育たないということもないだろう。
おそらく何をどの程度育てることが循環の輪をうまく運営できるかという答えはあるのかもしれない。薄々?感じていることだが一番のネックはバラかもしれない。
そのバラでさえ、光合成さえしっかりやっていれば、つまり極力葉を落とさないようにすれば、
それなりに花は咲くのではないか?
今の段階では夢想の域を出ないが、わたしの気持ち次第では一気に加速するかもしれない。全く何も買わないということはないだろうが。


さて、先日までいろあざやかな世界を繰り広げてきた景色は一転、日ごとに色を失ってきている。紅や黄に染まっていた葉も落ち、裸木になっている。
それもまたよしである。
息をひそめるように静かになりまた力を蓄えている。
わたしはそんな静かな時も好きだ。

静かな庭で早咲きの椿が咲いてきた。
f0160480_043553.jpg

   雪灯籠

f0160480_083380.jpg

   Le vesuveは寒そうにしている。

f0160480_092429.jpg

   シラユキキンバイはこの時期咲くものだったのかしら?

f0160480_011269.jpg

この細い笹のような葉を持つシダはヘラシダというのかな?
なかなか格好いいかもしれない。
支柱のような竹は猫が木の幹をとがないように!


追記
25日昼、段ボール内の温度は30度、この懐かしい匂いは!
麹菌の甘い匂いです!
仕込んで約1週間、波に乗った様子。
[PR]
by sakillus | 2008-11-25 00:24 | 微生物 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://bacillussa.exblog.jp/tb/9748122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2008-11-25 02:52 x
土作り堆肥作ち始まりましたね!
Commented by sakillus at 2008-11-25 09:07
sakaeさん、おはようございます。

こちらに越してきてまだ1年半、土がすぐさまゴキゲンな状態になるとも思えませんが、多角的にいろいろ試みたいとおもっています。
体力のある限りはやっていくつもり。全然苦労だとは思わないので、そういった意味でも庭は私の遊び場ですね。^^。
Commented by 一拙 at 2008-11-25 09:23 x
ダンボール式生ゴミ堆肥のキットを売っているお米やさんが言っていました。
「基材の配合なんか、適当でいいのよね」
要は、土壌微生物がいるのかどうか。そして米ぬかのようなエサがあるのかどうか。
そして肝心なのは、適当な水分量を保つこと。
あとは時たま切り返してやるだけ。それだけでうまく行くはず。^^
Commented by sakillus at 2008-11-25 13:37
一拙さん、「基材の配合なんか、適当でいいのよね」と言うお米やさんのはなし、わたしもまさにそうおもいました。
注意点も一拙さんが書いてくれた通りだとおもいます。
水分量は日々見ながら注意する。電動生ゴミ処理機がやるかくはんを手動で生ゴミを投入するたびに
すればいいということですね。
さきほど本文にも追記しましたが、温度が30度まで上がり、こうじ菌の甘い匂いもしだしました!
これでいけそうです。そうなるとわたしはけっこう自信がありますよ〜。
Commented by クミン at 2008-11-25 17:29 x
sakiさん、やっほ~。
今日からお店のほうが休み(事務所はやってるけど)なので、気分が明るいです。
パソコンの前に座って書き込みをする余裕もあります。
今日は作品の搬出と銀行まわりをしましたので、明日は庭の仕事をしようと楽しみにしています。
ふふふ・・・楽しみばい^^。

それにしても、sakiさんの土作り作業の手のこんでいる事!
いつもながら感心してしまいます。
私なんか思いっきり手抜きで、混ぜたのは米ぬかと庭の草が土になったものだけですもんね。
ただ、明日は花壇の土に混ぜようと思っています。
笑点で言うと、一番に手をあげて歌丸さんに『大丈夫?』って言われてる菊蔵さんみたい(笑)。
Commented by クミン at 2008-11-25 17:32 x
sakiさん、つづきです。

それにsakiさんみたいに深く考えることもなく、今朝から『今年は冬の肥料をどのくらい買おうかな?』何て考えていたので、反省しきりです。
>外から持ち込まないで植物を育てる
それ、S茶園のご主人が言っておられましたよ!
お茶のほうは嗜好品なので米ぬかや油粕、微量要素など入れておられるようですが、田んぼのほうは合鴨を使って循環させておられるようです。
それこれ考えると、家庭の生ゴミを上手に利用出来れば一番いいです。
こうやって、バラから始まって色々考えさせられるのって楽しいですね。
誰かに『上から』言われたら絶対に反発する性格ですが、sakiさんが実践される姿を見て、私もやろうかな~と思ってしまう所がスゴイです^^。
Commented by sakillus at 2008-11-25 21:08
クミンさん、やっほ〜です〜!

仕事一段落しての開放感いいですよね〜。
わたしはバラ仲間から仕事している時間あるの?と聞かれることもありますが、ちゃんとしています!
とりあえずの開放感まであと一息、がんばれ。と自分に叱咤激励してと・・・
庭をどうしようかなぁ、何から手をつけようかなぁ?と考えるだけでもたのしいですよね。
わたしなんかやることが多すぎてうれしい悲鳴です。ふふふ。

いやいやそれほど手はこんでいませんよ(と謙遜なんちゃって)
クミンさんも土着菌醸しと微生物を仕込んだ米ぬかを播く用意ができいよいよですね!
今日はこちらは雨で本当はもう一度ぬかをぱらぱらっと播きたかった。
たまの雨はいいですね。植物も喜んでいるようです。

え?クミンさん菊蔵さんかなぁ?もっと落ち着いていますよ〜!

Commented by sakillus at 2008-11-25 21:08
クミンさん、つづきです。

いやぁ、深く考えているというほどじゃないんですけれど・・・自給自足の園芸に近づけられたらいいなぁなんておもっています。
篤農家のS茶園さんの畑や田んぼはそれ自体が宝の山なんでしょうね。
時間をかけて丹念に土づくりをやってこられてすばらしいですね!
わたしは昭和初期頃の農家の様子などがいいなぁなんておもうのです。それにはほど遠いんですけれどね。どうしても手に入らないものは遠方から買ってきたりときには物々交換したこともあったのかなぁ?
んで、外から持ち込まないと言っても、頂き物は大歓迎ですね。ははは。
炭焼きのおじさんなんかと仲良くなれたらいいなぁなんておもっています。ぶふふ。

生ゴミ、段ボール堆肥づくり、けっこうおもしろいですよ〜!
生ゴミが戦力になってくれたらいうことありませんよね!
おもうに生ゴミもなるべくフレッシュなうちに投入する方がよりよいのかなとおもいました。
Commented by AIKO at 2008-11-26 21:27 x
>外から持ち込まないで庭の余剰物を循環させながら植物を育てることができないかと
そうそう!sakiさんはもうそろそろ到達されるだろうな~って、見てましたよ。
段ボールは良いですよね。
それを簡易温室みたいなところに入れたら、もう少し温度を保てるでしょうね~。
えっ、sakiさん、次は炭焼きのおじさんと仲良くなりたい?
ぷっ、え~、いつ仕事します?~(笑)



Commented by sakillus at 2008-11-26 23:19
AIKOさん、こんばんは〜。

ありゃ、そうですか。^^;。 わたしも肥料屋さんのカタログなどを見てこれもよさそうだ、あれも・・・なんて眺めているのは嫌いじゃないのですが、なんだかんだいっても自分のところで必要なのはそうはないのかなぁなんておもってきました。
山の環境はその中だけで充足していますものね。
我ら園芸ものもたくさん育てている中にあっては多少は加えていくことも必要かともおもうのですが、
なんだか余剰物を活用させていくのが清々しくってねぇ・・・。

段ボール生ゴミ、そうですねぇ、無加温にしても、外界と遮断できるスペースがあるといいですよね、
これからいっそう冷え込みますものね。
うちは物置という手もあるのですが、台所のドアを開けてすぐの位置が捨てがたくって。
今後は何かでくるむというのも場合によっては必要になるかもしれませんね。

仕事、ふふふ、AIKOさん、秋冬の夜は長いのでね〜!
<< もうすぐ仕込むんだから! 発酵熱 >>