ROSASOLIS

2018年 05月 27日 ( 2 )
バラの数は減っていた
最盛期には108本(煩悩の数)あった我が家のバラは先日ざっと数えてみたら言いたくないほど減っていて愕然としました。
が〜〜〜ん。50本ぐらいしかないなんて!!
まぁ、以前はちびっこみたいなのも結構あったので、見た目にはそれほどは変わらないかもしれません。

f0160480_23163493.jpg
Bell Isis 5/18日
でも、50本に満たなくなると精神衛生上良くないのでこのぐらいをキープしようと思います。
樹木が生い茂るようになってバラを地植えする場所は減っていき、自然淘汰やカミキリムシの被害に遭うなど段々に減っていきました。
日当たり良いところでは結構咲いてくれるのでボリューム的にはそれほど減ったという感じはしないのですが・・・
f0160480_23211341.jpg
William R Smith
f0160480_23245955.jpg
カキツバタと
f0160480_23230639.jpg
f0160480_23301810.jpg
f0160480_23304135.jpg
f0160480_23302512.jpg
今年はLaneiiがよかったなぁ・・・

f0160480_23340382.jpg
雨後にはキノコがにょきにょき 
これってどうなの?食べられるのでしょうか?

バラに変わって増えたのはヤマアジサイですが。
f0160480_23352446.jpg
久住コデマリ
シブイ感じのある淡い色がナイス
f0160480_23393531.jpg
扇テマリ
まだ両性花は咲いてないんですが、この感じ花冠みたいで素敵。
f0160480_23410635.jpg
この地味なガビシズカ、絶えたと思っていたので嬉しいっす。




[PR]
by sakillus | 2018-05-27 23:31 | 薔薇 | Trackback | Comments(2)
印半纏ワークショップ2


f0160480_01285736.jpg
Mollyは快活で体も大きくエネルギッシュで優しく理解力に優れている、これまたユニークなものを作りました。
一枚目の表はデニム地でなんてことはないものですが、裏はチャーミングです。
f0160480_01291491.jpg
2枚目、うまく写真に撮れなかったけれど、左袖の袖付け付近のこの柄は「心臓」!
f0160480_01313532.jpg
このモヤモヤっとした柄は、、あれです。CTスキャンで輪切りに切り取った「脳」の図。笑
彼女はお医者さんです。
f0160480_01415861.jpg
これは糊置きしたところ、染める前に布に彫った型を置いて、糊を乗せて乾かしています。
糊が乾いたら染めます。心電図っていうのも面白い〜。
f0160480_01463853.jpg
f0160480_01464421.jpg
Camillaは今回でもう4回目のワークショップ参加だそうです。慣れたものです。鯉の柄です。
今回は親子で参加。
f0160480_01491817.jpg
お嬢さんのHarrietは面白くて興味深いものを作りました。
1枚目、非常に受けました。笑「連帯」「解放」ポーランドですね。
f0160480_01551505.jpg
2枚目 背中は「薔薇と麦」
表地がとても硬いので苦労したと思います。黒の地色は墨染です。
f0160480_01584325.jpg
f0160480_01593491.jpg

裏がすごいんですよ。1911年に起こった火災事故で亡くなった146人の人命が全て書かれてあるんです。
トライアングル・シャツウェスト工場火災というものがあったみたいです。
ユダヤ人、イタリア人など移民の若い女性が多く亡くなったようです。
f0160480_02132501.jpg
Mellissaは大胆な松の柄です。いいですねぇ。構図もいいなぁと思います。
f0160480_02133330.jpg
脇の柄もバッチリ合ってます。
f0160480_02135091.jpg
f0160480_02215062.jpg
f0160480_02215624.jpg
絞りもとても凝っていて。
f0160480_02231898.jpg
映画「ブレードランナー」のレプリカント製造会社、タイレル社のマークなんだそうです。
f0160480_02291384.jpg
f0160480_02290979.jpg
イギリスでテキスタイルのワークショップをやっているAlexは明るく豊かで素敵な女性です。これは1枚目
f0160480_02311210.jpg
2枚目
f0160480_02311714.jpg
f0160480_03113137.jpg

すっきりと大きな柄はカイト(凧)
彼女も理解力に優れ手縫いもうまく、3枚目にも挑戦していました。
f0160480_02231158.jpg
忘れがたい人物、今回最も手こずらせたのはこの方Sophieです。
イギリス在住のフランス人、自他共に認める頑固者、笑 でも、なんだかとても好きでした。
建築関係のエンジニアであり、絵(版画)も実に素敵なものを描き、絞りもとても丁寧、
一つの建築に3年以上の年月をかけるといういつもの仕事からか、一つ一つの作業を納得しないと次に進まない!
今日はフランス本国で鉄道のストライキ中だから私もストライキと言って休むとか、全く、、、苦笑
f0160480_02413481.jpg
写真がぶれてしまったけれど、絞りもとても丁寧です。
でも、帰国までに2枚目が終わらないといけないので、最後の方は私も結構手助けしました。(私が縫うのは歓迎らしい)。
Alexと一緒に「袖が身頃についた〜!」と言ってはプロレスラーのようにガッツポーズで雄叫びを上げた時は大笑い。
f0160480_02482095.jpg
f0160480_02492271.jpg




f0160480_02503822.jpg
f0160480_02503365.jpg

最後、皆さんがそろってくれました。もうこのころはうるうるしてました。
1日12時間近くやっていて私もハードではあったけれど楽しくやれました。
ユニークで才能ある面々、ありがとう!ブライアンにも感謝!




[PR]
by sakillus | 2018-05-27 02:03 | 創作物 | Trackback | Comments(2)