ROSASOLIS

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
朝のお散歩
f0160480_23501234.jpg

冬寒くなると自然と起床もちょっと遅くなります。

北側の畑はびっしり白い霜に覆われています。
そんな時光が差すとキラキラ光って本当に綺麗。
霜が溶ける前に散歩に出かけました。

お地蔵さんのように行儀良く並んでいるのはトウガラシ

f0160480_23533870.jpg

f0160480_23535455.jpg

霜がなければ、光が当たっていなければなんてことはない風景、
でも、一瞬であえた光景は宝物

f0160480_23555073.jpg

ずっと耕作放棄されていた広い面積のところを重機を使って耕している途中
やっているのは80歳超えている方なのです。骨折したり何かとあった方なんですが、
やるのでしょうか?

f0160480_2358417.jpg

北側から見た我が家は8年半以上経っていい色に焦げました。笑

手前は隣のマメなおじさんの畑でブロッコリーに藁ぼっち!


もうすぐクリスマスです。
私は一人静かに祈ろうと思います。
クリスマスはイエス・キリストの誕生日だったという記録はなく、
冬至の、最も日が短くなったこの時期を太陽の恵み、神の恵みの最も小さくなったことになぞらえ、
イエス・キリストが光の使者としてこの地上に来てくれることを象徴しているということです。
私もそういう意味をもっともだと考え単なるお祭り騒ぎではなくこの世界が平和で穏やかになるように祈りたいと思います。

今の日本では残念ながらお相撲さんが殴ったことがさも重大であるかのようにずっと報道されているという。まったく馬鹿げたことです。そんなことはどうだっていいのではありませんか?
世の中にはもっと報道されていいことがたくさんあります。

オスプレイ一機買うのをやめるだけで生活保護費を削減する必要がなくなります。そもそも生活保護費を削減する理由がありません。まったくひどい。
お友達に税金をたらふく捧げることをやめたら、海外に総理の独断で莫大な援助をやめたら、大企業を優遇することなく内部留保を出させたら、
きちんと富の再分配を行ったら日本国民はもっと豊かになるはず、少なくとも労働に見合った報酬が得られるはず。
リニアがどれだけひどい環境破壊をもたらすか、ロヒャンギ族がミャンマー政府から迫害されてること、シエラレオネの惨状、動物の虐待が、絶滅に瀕している動物がたくさんあること、くだらない噂話よりももっと知らなければならないことは山ほどあります。
クリスマスは隣人に手を差し伸べる意味もあるでしょう。

何かに反対することの意味ももちろんあります、が、
この時期は祈りたい、そう思います。

まずは私たち人間たちの心が鎮まりますように。

[PR]
by sakillus | 2017-12-23 00:21 | 自然物 | Trackback | Comments(8)
遠山郷 霜月祭 2
霜月祭では湯立て神楽というのが執り行われる。かまどが本殿のほぼ中央に設えてあって、薪によって火が焚かれ鍋の水を沸騰させる。
奥から面を被った演者が登場しかまどの周りをぐるっとゆっくり回るのだが、その動きは不規則で役によって異なる。最後の方では。かまどでふつふつと煮えたぎった湯を素手で叩いてしぶきを上げる。そのしぶきは周囲に広がり観客の方へもかかり清めとなる。やはり火と水というのは重要なのだなぁと思う。

万物万象の五大元素の〈地・火・風・水・空〉のうちの〈火〉が想像力の活性化、何かを遂行する原動力となり、心を熱くし、性エネルギーの活性化、生きる力の喜び、明るさ、初が、成長させ開花させ熟成させる力や直感力を引き出す力であり、知性でもある。そして〈水〉は、浄化、平和、安らぎ、潤滑、すべてのものを一つに繋ぎ広げ調和する、安定感がある。(森井啓二 「君が代」より)

私たちが入場した時はすでに面が登場する祭のメインイベントとも言える頃合いになっていた。
残念ながら本殿の中はそう明るくはないので、写真はほとんどぶれていた。コンパクトデジカメ、オートで撮ったのだけれどシャッタースピードが遅くなりすぎてダメだった。

f0160480_1121619.jpg

これは四面(よおもて)と言って4人の若者が面をかぶり神様となり、4人(4柱)がスクラム組んでぐるぐる回ったり、一人(1柱)ずつ受けてのところに走って行きくるっと背中を向けてダイブしているところ
これは盛り上がるところで、何度もやり、観客と演者の距離が一層近くなる場面だ。

f0160480_1385128.jpg


若者たちは「ほら、よーせっ!ほら、よーせっ!」の掛け声に合わせ、遠慮することなく力いっぱい体を投げる。本来祭には蕩尽の意味もあり、それがある時にはやりすぎになり犠牲(死)を以って供物としたり、荒くれになったりするのだが、ここ遠山郷ではそうはならない、エネルギーの発散はあっても無頼にならないのは、ここの民が優しいからなのだろう。

通奏低音のように流れる笛と太鼓、若者たちが観客に近いところで吹いている。太鼓を打つのは長老組か。
f0160480_1511317.jpg


f0160480_1531131.jpg

 「大国様という人はもとより日本の人じゃない〜」とまわりで歌う
「唐から日本へ渡るとき〜」と続く

他に、榊を束にしたものを観客に振り下ろしていたバァサとか好きだったのだけど、写真がダメで残念!

f0160480_225760.jpg

f0160480_231092.jpg

f0160480_232493.jpg

体を低くして特徴的な舞をする「お狐様」あるいは「稲荷」と呼ばれるこの神様は熟練の舞で大好評だった。
f0160480_272793.jpg

ちょっとぶれてわかりにくいけれど「水王」
鍋の熱湯を素手で払いのける役
f0160480_293285.jpg

もっと派手に湯切りして欲しかったけれど、私にもちょっとしぶきはかかったぞ、よしよし。
f0160480_212093.jpg

何故に紙を口にくわえているのかわからないけれど「天伯様」
神々を追い払い、東西南北中央の五方鎮めるとある。
f0160480_2153495.jpg

長老組が刀を振りかざし、かまどを切る仕草
いよいよラストの場面


ということで限られた本殿という室内での祭りは、村人「縁者」とみるものの距離が近く一体感がある。
小劇場を思い出すようだった。写真で見せた限りでは怖がってみたくないと言っていたミクリも場内に着くとパッと目を覚まし楽しんでいた。迫力ある祭りはユーモラスさもあり土着的で根源的なさまが味わえてよかった。
外では満天の星が輝いていた。


**********************************************************************
  番外

f0160480_18483452.jpg

これは何かというと・・・・・ソリです。

More ソリ遊び
[PR]
by sakillus | 2017-12-18 01:19 | 文化伝承 | Trackback | Comments(0)
遠山郷 霜月祭 1
遠山郷は長野県飯田市上村・南信濃、南アルプス西側の深い谷間に位置する。周囲と隔絶されたというと今ではそういうわけでもないだろうけれど、鉄道に乗るにも山を越えなければならない土地は道路が整備される前は行き来も大変だったろうから極力自給自足だったのだろう。狭い山間の土地を段々畑のように開墾した風景は郷愁も誘うけれど、人の営みの苦労を物語る。

f0160480_1171183.jpg

http://tohyamago.com

霜月祭
のことを知ったのは今からもう15年以上前のこと、当時民俗学に興味を持っていた私は図書館や本屋で目に付いたものを手当たり次第見ていた。特に写真はわかりやすかったら写真集はよく見ていた。美しい女性の面が表紙になっていたそれを見た時は衝撃が走り幾多の面が登場するそのお祭りにはとても興味が湧いていた。しかし、遠山郷は遠く、旧暦の霜月というのは新暦では12月になる。その頃は仕事の有無を言わせない忙しさが私を押さえつけていた。そのうえ南アルプス山麓の深い谷間にあるところなど雪深いのではないか、車はチェーンをつけなければいけないようなところではないかと勝手に決め込んでいた。何年もこの祭りのことは封印され、消されそうなかすかな望みのようになっていたが、今年は行ける可能性が見えていた。

夏にキャンプを兼ねて下見に出かけた私たちはそこが祭りの頃、少なくとも12月の半ば前ならばほぼ積雪はないことがわかった。

………………………………………………………………………………………………………

霜月祭は、近年まで12か所(13社)であったが、現在は9か所(10社)で伝承されている。
旧暦霜月には必ず冬至が含まれる。1年のうちで最も日照時間の短く太陽の力の最も弱まるこの季節に霜月祭を行うことで、万物の生命の再生、清まりと新たな生まれに願いを込める。

祭は日中から夜を徹して行われる社と夜中に終了する社とがある。本来はどこも夜を徹して行われていたものと思われる。
太陽が沈んだ後長い夜を越え翌朝の新たな太陽を迎えることで新たな生まれを感じることとなるのだろう。今では珍しいディープな祭は国の重要無形民俗文化財に指定されている。また宮崎駿はこの祭に感銘を受け、「千と千尋の神隠し」はこの祭がベースにあるという。

霜月祭は、言霊信仰に基づき、詞や神歌によって進行する。ことのはの力によって清めた祭場に全国の大社や地域の神々を招く。お清めの舞や詞、神歌にはそれぞれ意味があるようだが、私たちはそのあたりは見ていない。神様がおいでになった後の行事を見たのであった。

f0160480_1215480.jpg

私たちが見たのは木沢 正八幡神社でそこにはかまどが3つありゴージャスだ。
かまどの上には多種類の紙飾りがありそれらも意味があるようだ。

f0160480_1401518.jpg

これは四面四番 猿田彦命 の登場の場面


    つづく
[PR]
by sakillus | 2017-12-15 01:31 | 文化伝承 | Trackback | Comments(2)
初冬のバラ
f0160480_884412.jpg

William R smith は一年中よく咲くバラで、この時期でも結構咲いています。
この時期の花は花持ちが良く、一番好きです。
f0160480_810847.jpg

これもそう

f0160480_8103229.jpg

Alister stella gray
そこそこたくさん咲いているように見えますが、冬は花持ちが良いのでそう見えるだけです。
こういうのを見ると四季咲きのバラも良いなぁと思いますね。

f0160480_8132566.jpg

f0160480_8134390.jpg

水場周りも午後の光を浴びて良い感じです。一瞬色が冴えて見えます。

f0160480_8144511.jpg

パーゴラあたり

f0160480_8151269.jpg

カエデの赤が見事でした。今年は思ったより紅葉が綺麗でしたね。
手前のツリバナの黄色も儚くて好きです。


...........................................................................................


大手メディアでタブーだったジャーナリスト伊藤詩織さんのレイプ事件がやっと国会でも少しずつ取り上げられるようになりました。詩織さんの精神的肉体的苦痛はいかばかりかと思います。
でも、それを超えてもこの国の警察、検察、司法が大きな権力によって曲げられているということが明らかになり、変わってゆくことを願っての行動、本当に勇気があり胸を打ちます。

改めて思うに、日本は性暴力に対し、いや、性の不平等や人間の尊厳に対する意識が低すぎるのだと痛感します。

詩織さんは自分のような辛い思いをする人がいなくなるよう切に願い行動に出ました。
たくさんの証拠もあります。何があったか真実を見極め、今般のモリ、カケ疑惑と同様、いかに安倍晋三という愚かで無能なこの国のリーダーの周りで起こったか、私たちは知る必要があると思っています。

また、その被疑者である元TBSワシントン支局長山口敬之という男がいかに卑怯で卑劣でみっともない人間であるかに唖然とせざるをえません。

この件については機会があればまた。

⭐️

[PR]
by sakillus | 2017-12-08 08:25 | 薔薇 | Trackback | Comments(2)
ジーン・セバーグでお願いします。
f0160480_22341438.jpg

サラサドウダンがいよいよ枯れてきていい感じ。来年の芽もしっかり見えている。


   .....................................................................................


ほんの小さな冒険をしたい、でも、しなくてもいいかと立ち止まる。そんな些細なことで呻吟する、その結果冒険をすることなく数十年が過ぎていった。別にそんな大げさな話じゃないのだが、それが私のヘアースタイルだった。
過去において短かったのは多分30代前半だったかな、それ以降は肩より少し上からセミロングぐらいの間で収まっていた。

割と髪の毛は多いので長くすると重くなる、それがうっとうしくもうあまり長くすることはないと思う。ずっとvery shortの髪には憧れていた、でも、それが似合う顔じゃないしね、でも、
この先死ぬまでの2、30年それさえもできないなんてちょっと残念だ。でも、それをやってもらうのだったら誰でもいいというわけではない、センスのない人だったら単なるおばさんになってしまうから。私はおばさんというカテゴリーは大嫌いなのだ。(年齢的にはとっくにそうなんだけどね)

その話を聞いたのは当地の喫茶店ハシドイで、都内勤務の美容師さんが上野原に越して来るそうで、休みの時に自分でせっせとリフォームしているという。
f0160480_2236465.jpg

                                                            これはハシドイの外観  素敵でしょ?


その美容師さんが試しにカットをしたところとても評判がいいという。11月の終わりにも5人のみカットをする、あと一人枠があるという。ということで、じゃぁ、私もカットしてもらおうかなぁとなった。

その美容師さん、Nさんとは前日メールで「どんな髪型にしたいですか?」と聞かれ、ちょっと悩んだ結果、思い切って短く切ってもらうことにしたのだ。「ジーン・セバーグみたいな感じでお願いします。」わぁ、言ってしまった。!
ジーン・セバーグはゴダールの映画「勝手にしやがれ」に出てきた主人公で、アメリカの女優であるのだが、フランス映画なので、私はなんとなくフランスの女性のように感じていた。よくフランスの女性で思い切り短くしてそれがキュートな人っているよね?。ずっと憧れていた。関係ないけど、あの頃のジャン=ポール・ベルモンドってすごくかっこいい❤️


都内のきらびやかなところから上野原に越して来るなんて変わっていると思うのだが、Nさんは、
60歳ぐらいになった時、崖のようなところに店があって、借景に自然が広がっていたらいいなぁと思って。」と言う。今リフォームしているところはしばしの場所かもしれないが、Nさんにとっては秘密基地のようなところでたのしみながらやりたいのだという。
少なくとは今のところは(?)代償にはお金ではなく、何か別のもの、今回はリフォームに使いたい「錆びた古いトタンの波板」をできれば欲しいということだった。
家の周辺を探したが、それは使っている状態では見かけるのだが、用済みの状態ではまずなかった。
そこで、鉄やっている友人Kに聞いてみたところあるという、あげるよという。ラッキー。で、同じくLABOの友人Gちゃんに運んできてもらった。
 

f0160480_22374362.jpg

                          インダストリアルな感じにしたいのだそうです。


Nさんはとても丁寧にカットしてくれて、初めての客なので癖とか当人にどうしたら似合うようになるかなどよく考えてくれていたようで、うまいなぁと感じた。とても短くと言ってもどの長さが適切なのかがある。私の場合結果的にはジーン・セバーグよりも少し長いのだが、多分これ以上短くしてはまずいのだと思う。それでも十分に短いこの頭は男の子のようでもあり結構気に入っている。




[PR]
by sakillus | 2017-12-03 22:40 | Trackback | Comments(4)