ROSASOLIS

<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
巨大加速器の目的は何? そしてその危険性は?
f0160480_21361179.jpg

f0160480_21362788.jpg

昨年12月にある程度短く切ったバラの枝から、厳冬にもかかわらず新葉が出ていた。
これはウィリアム R スミス

f0160480_21381926.jpg

これはスタンウェル・パーペチュアル
スタンウェルは何をとっても美しいね。葉のこの色!
棘もなんて美しいのだろう、エロスさえ感じるわ〜。

.......................................................................................

このところも相変わらず忙しく、その日の仕事を終えると深夜になってしまいます。
もうそうなるとブログを書く気力がなく撃沈。それもいかんと、時を失してはいけない(もうすでに遅いけれど)と思い書いてます。
 
 Let's give it a try!

欧州スイスにあるCERNが持つ世界最大の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」は、スイス・ジュネーブ郊外の地下約100mに設置された円形の大型加速器で、直径が約8.6km、1周約27kmの巨大な実験施設です。

f0160480_2150483.jpg

これは地下100mに設置させられているということで、今日本で建設が予定されているリニアコライダーも同様に地下100mです。

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」の目的は素人にはよくわからないことですが、宇宙解明に臨む、ヒッグス粒子の発見、暗黒物質(ダークマター)という宇宙に存在する謎の物質の解明、あるいは、具体的な概要としては

「陽子ビームを 7TeV(テラ電子ボルト / エネルギーの単位)まで加速し、正面衝突させることによって、これまでにない高エネルギーでの素粒子反応を起こすことができる。」
 
というような言い方もあるようですが、以上のようなことであれば、なんかいいじゃん、新たな科学の進歩だねって思うわけですが、この実験に警鐘を鳴らしていた科学者はかの有名なホーキング博士です

余談ですが、我が尊敬する電気物理学者であった故楢崎皐月先生は生前「素粒子は過渡的な存在の物質であるからこれからいくらでも発見される」と40年以上前から述べていました。

戻ります。ホーキング博士は何故に危惧を抱いているか、それはこの実験装置の真の目的やそれに関わる副作用を理解しないといけません。

実際にLHCで働いておられる科学者の言葉で以下のような報道がなされました。

「並列している紙のシートのような2次元オブジェクト[幅と長さ]は、3次元[高さ]の中に存在することができますが、パラレル・ユニヴァースは、さらに高い次元に存在し得るのです。私たちは、この宇宙の重力が特別な次元に流出していくことを予測しており、そして、LHC で、小型のブラックホールをつくることができると考えています」

「私たちが意味しているのは、余剰な次元の中にあるリアルな宇宙です。私たちの宇宙から余剰次元に重力が流出する可能性が想定されていますが、このようなモデルは、LHC でのミニ・ブラックホールの検出により、テストすることができるのです」

「もし、このエネルギーでミニブラックホールを検出した場合、私たちは、『重力の虹』理論と、余剰次元が正しいことを知ることになるでしょう」



出たぁ、並行宇宙ですね!

現在量子力学の考えでは確か11次元まであるってことでしたよね。
その並行宇宙との扉を開けたいと考えているようなのです。

そして、LHC の稼働が再開して、わずか5週目の 2017年6月28日、LHC 加速器の各方向に 2556個のプロトン(陽子)束が循環し、過去の記録を大幅に上回る驚くような記録を樹立した、のだそうです。

これってなんのこっちゃ?って思うんですが、このころ同時にCERN上空に異様な光景が出現したとあります。

さらに、出力が大幅に上がり一時停電となり、その間その主任研究者が忽然と消えてしまったという内部告発もあり、その内部告発した研究者は直後に自殺を遂げた、あるいは他殺かもしれないと、上記リンク先記事にはあります。

そうそのとき異次元への扉が開いてしまったのではないか、ブラックホールに吸い込まれたのではないかと疑いが持たれます。ちょうどその光景が映画「The gravity」にもありました。

で、ホーキング博士はどう警鐘を鳴らしているかというと、

この研究を続けていくと最終的に宇宙が崩壊する。統計的にヒッグス粒子があまりに不安定な為、仮に実験の中で安定状態に近づけることに成功すると、真の真空状態が生じ、より低エネルギーの真空が光速度で膨張することで宇宙全体が破壊されてしまう。

凡人にはよくわからないんですが、かなりやばいのではと嫌な感じがするのです。
今のところ宇宙はまだ崩壊してないですが。

しかし!やばいことは他にもあります。

それは、同時期にCERN近郊で地震が多発しているということなんです!

7月1日から 2日の 70回以上の群発地震は、ほぼ、シャトー・デーという場所でだけだったのですが、7月2日になって、そこにゲルターキンゲンという場所が加わっています。(in deepさんからの引用)

f0160480_23155584.gif


やっとここまで来たわ!

そうです。これなんです。もちろん宇宙が崩壊してしまったら元も子もないんですが、
原発を多数抱えているこの日本で、しかも福島第一原発は未だ収束のめども立たず、青森の六ケ所村にある使用済み核燃料満載の施設が地震でやられたらどうなるかなんて考えたくありません。


それに、リニアコライダー建設に係る経費は1兆1千億円と言われ、その半分を日本が出すと、例によってあの愚かな日本の総理はOKしてしまったのです!

                      5500億円


あの、本当にこのお金、他に使えばいいんじゃないですか? 武器もそう、日本国民がどんどん貧しくなっていったこの十数年。


美しい岩手を汚すな〜!! あ、リニアコライダーは岩手 北上山地の地下100mに予定されています。


f0160480_10505359.jpg

                        ふくしまみんなのnewsより


もぅ、いろいろ懸念材料はあって、リニアモーターカーもそうなのだけど、穴掘った残土、どこに捨てるのですかね?

[PR]
by sakillus | 2018-01-28 22:11 | 世界、社会 | Trackback | Comments(6)
コウヤボウキ
f0160480_02568.jpg

f0160480_022479.jpg

コウヤボウキ
学名:Pertya scandens
キク科 コウヤボウキ属の落葉小低木です。
コウヤは荒野ではなく高野山の高野で、この細く固めの枝を使って箒の材料としていたとありますが、
それほど繁殖力の高い植物ではないので、箒1本作るのも結構大変だったのではないかなぁと思います。
よほどたくさん生えていたのでしょうか。

冬になるとホワホワの果実となり心揺さぶられる園芸家は多いと思います。私もその一人です。

f0160480_0112722.jpg

冬の庭は日々の大きな変化はありませんが、次のシーズンへの力を溜めているのだと思うと嬉しくなります。コブシ バレリーナの白いふわふわの蕾もそう。触ったら気持ちいいのだろうな。


..................................................................................................

ネットの無料動画 「ザ グラビティ」というのをたまたま観ました。
あぁ、これは! よくわからな人には何の映画か?ピントがよくわからないと思われたでしょう。
レビューのポイントも高くありません。

しかし、これが 今や役割を終えたCERN(欧州原子核研究機構)の
大型ハドロン衝突型加速器 (LHC) 批判であることがわかった私には、よくやった!と思わざるをえないのです。

この研究が実はとても危険なものをはらんでいた、奇怪な現象が起こったり、研究者が消えてしまったことなどが伝えられていました。消えてしまったというのは行方をくらましたというのではなく、瞬間的に消えてしまったということです。

そして、同じく地下のトンネルに設置される大規模な素粒子衝突実験装置を日本の地で行うよう今現在建設されていることもほとんど報道されていません。
今度は円形ではなくリニア=直線です。

私はそのことを数年前に知り、とても不気味なこととして感じています。

二つのリニア、リニアモーターカーとこのリニアコライダー、これは何かあった時に計り知れない脅威をもたらすと考えています。

その話はまた後日に! 眠くなりました〜。

[PR]
by sakillus | 2018-01-18 00:29 | 植物 | Trackback | Comments(2)
カニガラ撒きとお出かけ
f0160480_21571177.jpg

今日は午後から雨が降っています。外に働きに出ていないと休日には疎くなります。
ゆえに今日が何で休日なのかわかってませんでした。成人の日といえば15日というのはもう当然ではないのですね。成人式の日はよく雪が降ったものですが今年は雨、新成人は何かと洗礼がありますね。

さて、庭仕事はやりたいと思いつつなかなか思うようにできませんが、この時期のおなじみ、カニガラを撒きました。
カニガラは殺菌力の強い放線菌を増やすのに有効とされています。冬は腐敗菌の繁殖も少なく、
何かの菌を増やすにはもってこいですね。
毎年の恒例で、植栽部分は落ち葉はそのままでやはり微生物の温床としています。こんなことをやっているだけで次の芽吹きの時までホクホクした気分になります。

年末に焼いた剪定枝や落ち葉などの灰は畑とバラの根元に。こういった循環は気持ちの良いものです。

庭の枯れ草やクリスマスローズの古葉はぼちぼち切っています。すべて切ってしまうと寂しい感じがするんですよね。


f0160480_21518100.jpg

元日、河口湖から見た富士山、正月に富士山を見るのは嬉しくて、富士吉田の浅間神社とともに好きな場所です。
f0160480_21535096.jpg

アタシ、フランスに行ったの、というのは嘘。
富士急ハイランドの入場券は高いらしいのだが、このリサとガスパールのところだけは無料


f0160480_2255845.jpg

また別の日 とある牧場にて。山羊や羊、うさぎを見て大興奮のミクリでした。
彼女は今「アルプスの少女ハイジ」にはまっています。
山羊と羊、どっちを飼いたい?
f0160480_2294597.jpg

                                    え?

保育園の他の女の子はアニメが好きで、ハイジが好きなんてダサいなどと言われるらしいのだけど、
私たち周りの大人は、小さい女の子向けのアニメよりハイジの好きなミクリの方が好き。
動物の好きな子の方が好きだよ。

f0160480_22132944.jpg

ポニーにも乗ったのでありました。


これから少しづつ大きくなり小学校にもなると同級生同士でも好きなものがが違ったり、教育の場面でも
学習指導要領の改定だったか、道徳教育の強化が見込まれます。まず、普通に道徳習わなきゃならないのはどっちだって話ですが。。
違和感感じるようなこともあると思いますが、どう考えるか、どう感じるかをことあるごとに話していかなければなぁと思っています。
周囲に同調することよりも、心から素直に喜べることを見出すことの方が大事ですからね。

[PR]
by sakillus | 2018-01-08 21:59 | 微生物 | Trackback | Comments(6)
新年
2018年 あけましておめでとうございます!

f0160480_925872.jpg

f0160480_19381390.jpg

原種スイセン  バルボコディウム モノフィラス
スペイン・モロッコなどに自生する小型の原種水仙です。

プリーツ状の花弁が愛らしいです。

f0160480_93211.jpg

シモバシラです。


争いが起きず穏やかな年でありますように。
皆様にも日々新鮮でありますように。


今年もよろしくお願いします。

f0160480_9353870.jpg

[PR]
by sakillus | 2018-01-01 09:36 | Trackback | Comments(6)