ROSASOLIS

<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
台風一過
昨日から今朝未明にかけてほんと、よく降りました。

庭は草も一層大きくなり、荒れ果てている様子。
そのうち整理しなくちゃ!
f0160480_09201884.jpg
蓮は蕾がここまで大きくなりました。


f0160480_09213579.jpg
二重咲きキキョウ、横から見ると深みがあることがわかります。綺麗です。
f0160480_09220923.jpg
白鹿の子百合
f0160480_09220415.jpg
レンゲショウマもいろいろ咲き始めます。まずは基本種から





夏は蒸し暑いのだけれど、この時期汗かいて発散させ代謝良くした方がいいかなぁと思って、
長距離嫌いな私がまさかのランニングをしています。
と言っても全然大した距離じゃないけれど。
日の暮れる頃、日々変わる月を見ながら走るの以外と気持ちいいです。
まだ、山も登りたいし、太りやすくなっているので運動しなきゃだし、
状況見て怒るのも体力、気力いるしね。





[PR]
by sakillus | 2018-07-29 09:23 | Trackback | Comments(2)
尾瀬コウホネ
オゼコウホネ 
学名:Nuphar japonica var.ozeense
和名:尾瀬河骨 

北海道猿払原野、本州月山、尾瀬沼の高山から北ちの池沼に自生します。
本州東北地方、北海道東部の池沼に自生するネムロコウホネ/エゾコウホネが母種だということです。

f0160480_22411153.jpg
7月1日
水生植物の自由さからか、花が移動します。
f0160480_22411874.jpg
7月3日
大きな葉を傘のようにして日除けしているようです。

花弁のように見えるのはガク片で、内側に小さな花弁と雄しべがあります。柱頭盤(というのですね)が真紅色をしているのが特徴、
とても清楚で神秘的な美しさを持っています。
f0160480_22580948.jpg
以降も断続的に咲き続け、同じ水鉢に植えられている蓮の葉が大きく出てきたので、それが傘となり居心地良さそうです。
f0160480_22580565.jpg


..............................................................................................................................................................................................................................................................................

キキョウもいろいろ咲いてきました。夏に咲く花なのにどうしてか秋の七草に入れられてますね。
f0160480_23023826.jpg
これは一番オーソドオックスなもの

f0160480_23034538.jpg
これは野生種、園芸品種より一回り小さく青が濃い、花弁の筋が目立たずいっそう清楚です。

f0160480_23035602.jpg
これは八重咲き(二重咲き)スポルトだと思います。去年うちでも出ました。




f0160480_23142326.jpg
William R Smith は夏でもよく咲いています。
f0160480_23143086.jpg
いただいた Secret Gardenというバラ
ファウンドでノワゼットのようです。



..............................................................................................................................................................................................................................................................................
f0160480_23295850.jpeg

ところで、多くの皆さんはすでに目にしておられると思いますが、あれです。7月5日の「赤坂自民亭」宴会の図です。
この5日は午後2時には気象庁が大雨特別警報を出しているにもかかわらず呑み会を中止しなかったことや、翌日オウムの死刑囚が大量に死刑執行されることがわかっていて、上川法相もいてこの破廉恥ぶりと、ネット上では大炎上していましたが、後で、この親指を立てているポーズが何を意味しているかを知り、大変ショックを受けました。

落語家の立川談志楼氏が話していたことですが、この親指を立てる=サムズアップのポーズの意味するところは、刑務所界隈では死刑囚を意味するのだそうです。
親指は刑務官が死刑執行のボタンを押すことの意味でもあり、この自民党議員たちがどれだけご存知だったかはわかりませんが、少なくとも上川法相は知っていたと思われますし、何か意味ありげで奇妙なのです。

自民党の「政界備忘録」というブログで「赤坂自民亭」の記事があり、過去の記念写真が載っていますが、親指を立てるポーズを皆でしている写真はないように見受けられます。

おまけに呑み会の最後の号令が上川法相の「おめでとうございます」だったというのには恐ろしさを感じます。

オウムの死刑執行には疑念が残ります。法律上においては裁判が結審したので、3月以降遅かれ早かれ執行はあるとみられていました。
が、しかし、唯一検察に有利、オウム死刑囚に不利な証言をしていた井上被告は再審請求の準備をしていたにもかかわらず、
執行を急いだのではないかと思われても仕方がないのではないか?と思います。

オウムのような偽宗教、カルトにおいて、誰かが誰かの心を支配する、それが犯罪へと駆り立てる、その支配の構造の一つの行為を宮台真司氏は「アンカーを埋め込む」という表現で言っています。そのアンカー(おもし)が何かのきっかけで、(例えば麻原に対して良からぬ思いを抱いた時に苦痛を味わうとか)発動すると。そういうトレーニングを麻原は使ったのだろうと宮台氏は言います。そういった場合の犯罪をどのように罰するかの規定が日本にはないのだということです。裁判である程度のことはわかってきたのだろうけれど、そういった作用のことは全く対象にされなかったようです。また麻原が1審の間で精神を崩壊していった過程も解明されていません。

オウムの後継団体アレフには今でも信者が増えているということ、これからもその可能性が高いと言われてるこの状況で、もっと彼らに語らせるべきだったのではと私は思います。




[PR]
by sakillus | 2018-07-18 22:49 | Trackback | Comments(4)