人気ブログランキング |

ROSASOLIS

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
カニ殻撒き
f0160480_23335051.jpg
朝少しづつ枯れた地上部を気になることころから切って地上部はだいぶスッキリしました。
冬の恒例作業であるカニ殻を撒きました。
これは放線菌を呼び寄せるため、というふれではあったけれど、実のところ放線菌って何?何が良いの?でした。忘れたのかも。
f0160480_23335740.jpg
そこで改めて検索してみると、厳密な特徴づけは今では難しいとされながら、  
細胞菌糸を形成して細長く増殖する形態的特徴を示す」
ということらしい。
多くは絶対好気性土壌中に棲息するが、土壌以外にも様々な自然環境動植物病原菌としても棲息している。」(wikipediaより)
ということも記しておこう。

放射菌は多様なキチン質を利用するために最も適応したゲノムを持っている。キチンは、カビや、昆虫や甲殻類(カニ殻やエビ殻等)の外骨格に含まれ、土壌改良材に使われている。土壌にキチンを加えることでキチンキチナーゼという酵素によって分解され、糸状菌等の病原菌の活性を抑制する効果があるとされる。」(wikipediaより)

ということで、結果的に糸状菌などの病原菌の活性を抑えるということになるのでしょう。

今年はカニ殻単体ではなくモミガラくん炭もその半分ぐらいの量で混ぜて撒いてみました。
こういうことって料理に似ています。何と何を合わせれば1プラス1が3以上になるかもしれないというやつです。
私は結構料理好きで、作っている最中に、あ、これを入れよう、あれも、と方向さえ定めると勘が働きます。
(屋台で料理出したいと考えることもある)
f0160480_23565367.jpg

美味しい土壌ができますように!

植物がいきいきと育つにはバイオ(生物)マス(量)が大事ですものね。

土壌も自分の体も同じ、大切にしたいのです。
種子法が廃止された今、自治体で主要作物の品種を守ってくれることを期待しているし、何より種子法が復活してくれることを望みますが、
米(コメ)にしてもどこまで守られるかわからないし、売れればいいだけの民間企業(モンサントや住友化学など)は農薬とセットで売る約束事があり、
これを許していると土地はますます貧しいものになってしまいます。

私たちの力で土壌を豊かにしていこうではありませんか!

f0160480_23582994.jpg











by sakillus | 2019-01-11 00:00 | 微生物 | Trackback | Comments(0)
明けましておめでとうございます
f0160480_23595332.jpg
後ろ向きのチロとバイカアマチャの枝と戯れているイワラ 


このところ晴天で、風さえなければ穏やか、と言える日々が続いています。
が、ひが沈むや否や気温はどんどん下がり、いよいよ寒さも本格的にまりました。
家族との穏やかな年末年始も過ぎ日常に戻ろうとしています。

初詣には何年かぶりに川越に行き、久しぶりに好きな老舗刃物屋に出向きました。
庭仕事で一番よく使うハサミは「芽切ばさみ」というタイプで、剪定ばさみよりも細い枝や草ものを切るのに適しているものです。
ここ数年はステンレスの持ち手の赤いものを使っていましたが、最初はいいのだけれど、1年もすると切れ味が悪くなる、それほど高いものではないし、ステンレスを研ぐ気力もなく買い替えか、というところだったので、もっといいハサミが欲しくなったのです。

f0160480_00111675.jpg

買いましたよ〜。刃長も重さもありますが、切れ味よく草などは数本まとめて切れるのが良いです。しかし、最初に切ったのは枝葉ではなく自分の指だったというのも忘れられない思い出になるかもです。

川越まちかんでは仕立てに使う裁ちばさみで「長太郎」があったので、それも見せてもらいました。「長太郎」は名工で、私の知る限り裁ちばさみでが最高峰と思うのですが、三代目は引退されたようで、その後継者もいないようでつくづく残念な限りです。日本の伝統文化に関する職種でまた一つ火が細くなってしまったのです。どうしてどこもかしこもこうなってしまうのか、本当に残念無念です。これは、国が文化伝統を守る気概がないというのが一番の理由ではないでしょうか。技術を上げ維持していくのに相当の努力を要する、そういう仕事で食べられるようにするべきなのです。
山本太郎議員は与党議員に対し「保守というな、保身と言え」と言いましたが、その通り。我が身のみが可愛いのです。すっかりタガの外れた人たち、ここまでひどくなるとは。後年この時代のことは暗愚政治と言われることでしょう。歴史の捏造さえなければ。


話を元に戻し、私の裁ちばさみも「長太郎」です。もう30年も前に買ったものです。当時は素性を知ることもなく近くの手芸店に置いてあったのです。買った時は高めのお値段でしたが、今ではほとんど市場に出回らない(まちかんの長太郎も非売品でした)あってもやはりかなり高価です。でも、もし私がそれを持っていなかったら、無理をしてでも欲しいと思える、布を掴む力とか軽さとか、他に類を見ないのです。仕立屋は一度に最高で8枚の布を切る場合があります。それを崩さずすっと切る必要があるのです。それができるハサミは多くはないかもしれません。

................................................................................................................................................................................................................................................................................



8月25日に産まれたイワラは4ヶ月を過ぎましたが、ずっと暴れん坊です。
ミカ・ハナはその時期でもそんなに困らせることはなかったので違うものだなぁと、、早く精神的に大人になってほしいものだと思っています。

ちょっと振り返って記録しておきましょう。
f0160480_00261302.jpg
10月1日、左がイワラ、右は貰われていったイナちゃん。
f0160480_00271579.jpg
11月8日
f0160480_00273701.jpg
11月21日
f0160480_00275752.jpg
11月24日
こうチロのことを襲うのが一番やめてもらいたいこと
甘えん坊のチンピラ体質です。
f0160480_00292613.jpg
12月31日
でも、かわいい
f0160480_00321434.jpg
かわいい

f0160480_00325910.jpg
1月3日 老木になったファンタン・ラトゥールに挑んでいる。やめて〜。
あなたにとっては全てが新鮮、陽の光、枝葉の動き、落ち葉の舞、鳥のさえずり


f0160480_08272531.jpg
すっかり年老いて弱くなったチロ
昨秋はストレスもかかり体調崩しました。。。


f0160480_00311814.jpg
コウヤボウキ
f0160480_00335105.jpg
開花は秋でしたが、リュウノウギク
f0160480_00341091.jpg
リュウノウギクには色に幅があります。
少しサツマノギクに似ているように思えます。
可憐でかわいいです。

















by sakillus | 2019-01-04 00:21 | Trackback | Comments(0)